0_e2

 もしあなたが科学者で、何か大発見をしたとしたら、その化合物には自分の名にちなんだ名称を付けることだろう。

 では心理学者は?彼らは文学に頼ってきた。フロイトをはじめとする有名な心理学者は、お気に入りの物語に登場する架空のキャラクターにちなんで新しい症状を命名した。不思議の国のアリス症候群やピーターパン症候群から、ラプンツェル症候群にいたるまで、ここでは文学の登場人物にちなんでつけられた15の様々な心理的症状、症候群を見ていこう。
スポンサードリンク

1. ハックルベリー・フィン症候群


4_e2

 『ハックルベリー・フィンの冒険』にちなんだもの。子供の不登校などを示す定義のはっきりしない用語だ。いかだに乗って釣りに行ってしまったり、最近ならゲーム漬けになっている子供を想像するといい。心理学者、J・C・セガンによると、しばしば小さい頃の反抗期として始まり、大人になっても仕事が長続きしない、しょっちゅう欠勤するといった症状に至るという。両親からの拒絶や劣等感などへの反応として発症すると考えられている。


2. オセロ症候群


5_e2

 1955年、ジョン・トッドとケネス・デューハーストは”オセロ症候群”について論文を発表。「精神病の危険な形」と言及されたこれは、配偶者が不貞を働いているという妄想が主な症状である。浮気を疑い妻のデズデモーナを殺害したシェイクスピアのオセロにちなむ。いくつかの研究からは、精神病というよりは、神経疾患を患う年配の男性に一般的であることが示唆されている


3. ポリアンナ症候群


6_e2

 半分まで水が入ったグラスを見て、半分も水が入っていると考えるタイプの人間なら、1913年にエレナ・ホグマン・ポーターが書いた『少女パレアナ』に登場するパレアナと言えるかもしれない。日本では小説を原作としたテレビアニメ『愛少女ポリアンナ物語』で一般に知られるようになった為、パレアナ症候群ではなくポリアンナ症候群と呼ばれている。

 心理学者の中には、あまりにも非現実的な、危険なまでの楽観主義をポリアンナ症候群と呼ぶ者がいる。これは実際のポリアンナの問題解決のための楽観主義とは異なり、その家族や本人に悪影響がある場合もある現実逃避のための楽観主義である。


4. ドリアン・グレイ症候群


7_e0

 オスカー・ワイルドが生み出した「ドリアン・グレイの肖像」に出てくるドリアン・グレイのように、醜形恐怖に苦しむ人々は肉体的魅力に対する妄想的な執着がある。加齢を受け入れることができず、整形手術、性的不能治療薬、植毛などに頻繁に頼り、できるだけ若さを保とうとする。それらの人をさしてドリアン・グレイ症候群と呼ぶ。


5. シンデレラコンプレックス


8_e1

 作家のコレット・ダウリングが同名の著書の中で1981年に提唱した。無意識的に自立を恐れる女性特有の症状である。

 ダウリングによると、「成人しても男性に依存し、男性なしでは心許なさや不安を感じる女性……シンデレラコンプレックスは、仕事において不適切かつ非効果的な行動へ至らせ、成功を不安に思い、自立を恐れることで、女性らしさも喪失させる」。依存への潜在的な願望によって、女性は人生を変えてくれる男性のパートナー(王子様)を待ち続けることになる。


6. スーパーマンコンプレックス


1_e2

 スーパーマンコンプレックスには二つの意味がある。マンガ嫌いで有名なフレデリック・ワーサムのような心理学者なら、「他人が繰り返し罰され、ヒーローはお咎めなしという加虐的な歓び」のファンタジーを好む有害な状態と答えるだろう。だがこれは支持されていない。

 マックス・キャリーの定義の方が一般的だ。彼が言及しているのは、燃え尽きる危険も顧みず、しゃかりきに頑張る人物のことだ。キャリーによると、スーパーマンコンプレックスの人々は自分がどんな問題でも解決できると考えており、そのために睡眠も食事も犠牲にすることを厭わない。またご想像の通り、彼らは人を操ろうとし、自己愛的で、一緒に働くことが躊躇われる人物だ。


7. 眠れる森の美女症候群


9_e1

 クライン・レビン症候群とも言われる。数週間も眠り続けるのが主な症状だ。発症すると日常的な活動はほとんど行われず、患者は寝て、食べて、トイレに行くだけになる。起きているときもボーッとして、行動に混乱が見られる。性欲亢進を伴うこともある。治療は難しいが、8〜12年もすると頻度が減る傾向がある。


8. エディプスコンプレックス


10_e0

 文学にちなんだ心理的障害名で最も有名で、ジークムント・フロイトが提示した概念である。息子が母親を手に入れようと、父親に対して対抗心を抱いたときの状態。フロイトはソポクレスの戯曲『オイディプス王』にその名をちなんだ。彼は、子供期において正常なステージであるとした。ユングはこの少女版であるエレクトラコンプレックスを提唱している。


9. ピーターパン症候群


11_e

 これは成長を拒む人間の症状のことだ。緑の帽子をかぶって空を飛ぼうとはしないかもしれないが、彼らは大人になることを拒む。実現不可能な目標を定めたり、アルコールや薬に溺れたり、だらだらと職探しを続けたりといったこともある。

 ピーターパン症候群は正式な心理学的症状とは認められていないため、それほど広く研究されていないが、女性よりは男性に多いようだ。また過保護な親も一因であるとされている。


10. ミュンヒハウゼン症候群


2_e2

 現在、虚偽性障害と呼ばれる症状の古い別名。この患者は他人を騙して自分が病気であると信じ込ませる。その目的は同情してもらうことであり、話に信憑性を持たせるために自傷行為すら行うことがある。名前の由来は、”ほら吹き男爵”と呼ばたミュンヒハウゼン男爵という架空のドイツ貴族だ。作者のルドルフ・エーリヒ・ラスペは、実在した貴族をモデルにこの人物を創作した。


11. 不思議の国のアリス症候群


12_e

 薬を飲んだアリスが大きくなったり小さくなったりするエピソードに因んで、1955年にイギリスの精神科医トッドにより名付けられた。

 この患者は認識に重大な問題を抱えている。彼らにとっては日々が不思議の国のアリスで描かれた「食べて」と「飲んで」の場面のようなものだ。つまり物が異常なほど小さかったり、反対に大きかったり感じてしまう。子供時代に発症し、治療方法はない。だが成長し、十代後半になる頃には治る傾向にある。


12. オフィーリア症候群


13_e

 オフィーリアとは『ハムレット』に登場するの悲劇の人物である。イアン・カー博士は自分の十代の娘の症状にその名を付けた。彼はまず娘との会話において利発な的確さが消えたことに気がつく。やがて彼女は記憶喪失、幻覚、鬱といった症状を呈するようになった。

 これはホジキンリンパ種による影響で、その治療に成功すると、娘の神経の症状もほぼ回復した。ただし数か月間に及ぶ記憶の齟齬は残ったという。後の研究からは、ホジキンリンパ種の患者にはしばしば奇妙な人格の変化が起きることが判明している。


13. バンビコンプレックス


15_e

 これはアメリカ精神医学会では認められていない。むしろ、自然に対して過度に感傷的な態度をとる人へのレッテルとして用いられる、ポップな心理学的用語である。ディズニー映画はハンターが不当なまでに悪者扱いされた自然ファンタジーである、と論じた環境史家のラルフ・H・ルッツによって提唱された。


14. リアコンプレックス


3_e2

 エディプスコンプレックスの派生であるが、父親が娘に性的な関心を抱いている点で異なる。リア王が末娘のコーディリアに示した病的な執着にちなむ。


15. ラプンツェル症候群


16_e

 髪の長さで有名なラプンツェルであるが、ラプンツェル症候群の患者はそれを食べてしまう。非常に珍しい症状で、抜毛癖(自分の毛を引き浮かずにいれない強迫的な衝動)と食毛症(自分の髪の毛を食べたくなる衝動)が合わさった結果生じる。食べた毛は胃の中に毛髪胃石として溜まり、消化器のトラブルを起こす。

via:15 Psychological Conditions Named After Literary Characters/ translated hiroching / edited by parumo
▼あわせて読みたい
日本人が陥りやすい「パリ症候群」とは?


脳神経学者が解き明かす「不思議の国のアリス」に隠された脳に関する5つの事実


自分の能力を過小評価するあまり、成功すると周囲を騙しているように感じてしまう「インポスター・シンドローム(詐欺師症候群)」とは?


経験したすべての出来事を覚えている、驚異の記憶能力を持つハイパーサイメシア(超記憶症候群)についての8つの事実


特定の国、民族にしか存在しない10の奇病・症候群

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2016年12月26日 20:39
  • ID:KN3bMl4O0 #

なんか考えよう。
シャア症候群
若さゆえの過ちを認めたがらない

2

2.

  • 2016年12月26日 20:57
  • ID:03axFaWq0 #
3

3. 匿名処理班

  • 2016年12月26日 21:04
  • ID:SuMX8i1D0 #

金太郎症候群 なんでもかんでも相撲で解決しようとする

4

4. 匿名処理班

  • 2016年12月26日 21:08
  • ID:OvsJGLuQ0 #

>配偶者が不貞を働いているという妄想が主な症状である。
>神経疾患を患う年配の男性に一般的であることが示唆されている

それ実際に・・・

5

5. 匿名処理班

  • 2016年12月26日 21:25
  • ID:EaPA4PM50 #

ライナスの毛布は…
と思ったけど症状じゃなかったな

6

6. 匿名処理班

  • 2016年12月26日 21:26
  • ID:DxHJoqCj0 #

ポリ“あんな”症候群になってますぜ

7

7.

  • 2016年12月26日 21:27
  • ID:eksBfVG30 #
8

8. 匿名処理班

  • 2016年12月26日 21:27
  • ID:iogTcHax0 #

元作品と病状がかけ離れてるのばかりね
なんでその名前になったんだろ?

9

9.

  • 2016年12月26日 21:27
  • ID:cGLUgHDE0 #
10

10. ・・・

  • 2016年12月26日 21:29
  • ID:2MdUXQtD0 #

あれ、カサンドラ・コンプレックスがない?
いや鬼が哭く街じゃなくて、どれほど理路整然とした内容であっても、自分の将来に対するネガティブな予測をすんなりとは信じられないというやつ

ちなみに自分は、一度眠りの森の美女症候群に近いことになったことがある
1日2時間くらいしか睡眠取れないような状況を半年くらい続けたら、ある日1週間ほど寝たきりになった
一応飯とトイレの時は起きてるはずなんだけど、その間ずっと頭にモヤがかかってて、記憶も飛び飛びだった

11

11.

  • 2016年12月26日 21:31
  • ID:DxHJoqCj0 #
12

12. 匿名処理班

  • 2016年12月26日 21:46
  • ID:Po24zZzj0 #

ここに出てきた殆どは教科書にも載っていないようなものだけど
ミュンヒハウゼン症候群は今でも時々いる
医療関係者に多くてなぁ
困るんだよね

13

13. 匿名処理班

  • 2016年12月26日 21:52
  • ID:1yz7bmuf0 #

阪神淡路大震災の後で、ポリアンナの「良かった探し(原作では歓びの遊び)」が被災した人々の心を元気づけたのを、この記事を書いた人物は知らないな。

14

14.

  • 2016年12月26日 21:55
  • ID:Ej.nCFsr0 #
15

15. 匿名処理班

  • 2016年12月26日 21:59
  • ID:ZhTmVj2N0 #

オイディプスは別に父と知っていて殺したわけでも、母と知っていて結婚したわけでもないし、むしろその事態を回避しようとしたのが裏目に出て絶望したというのに
こんな症候群の代名詞にされてオーバーキルすぎじゃないかといつも気の毒に思う

16

16. 匿名処理班

  • 2016年12月26日 22:00
  • ID:iDwOyTAp0 #

ゲーテの「若きウェルテルの悩み」から来たウェルテル効果もこれに近いものかな?

17

17. 匿名処理班

  • 2016年12月26日 22:02
  • ID:VYxn3k0z0 #

ハエの内臓が逆になる遺伝子を北斗の拳にちなんでサウザー遺伝子と呼ぶ

18

18. 匿名処理班

  • 2016年12月26日 22:10
  • ID:Z.Im8i.s0 #

※13
本文ちゃんと読みました?

19

19.

  • 2016年12月26日 22:14
  • ID:h1.lG7CT0 #
20

20. 匿名処理班

  • 2016年12月26日 22:15
  • ID:Ba6lFBrU0 #

ダーティーハリー症候群は?

21

21. 匿名処理班

  • 2016年12月26日 22:24
  • ID:y2YyqtYg0 #

お正月は眠れる森の美女症候群

22

22.

  • 2016年12月26日 22:24
  • ID:43s9gnXe0 #
23

23. 匿名処理班

  • 2016年12月26日 22:27
  • ID:kSk7CPhc0 #

※13
いや、これらは元ネタの人物の性質とは関係ないんだよ
例えばシンデレラだって、自立を恐れて誰かを頼りきりにしていたわけじゃないし
オセロも、肌の黒いオセロと結婚してくれた妻が部下と密会しているという嘘を遂には信じてしまったのも、単純な嫉妬と妄想ではないしね(ていうか、オセロは妻の密会相手のキャシオーを殺害するように命じたのだけどここではスルーされてるのはしょうがない)

24

24. 匿名処理班

  • 2016年12月26日 22:44
  • ID:dWclMPZd0 #

この手の記事にあれがないこれがないと指摘するのは無粋だろうが
ウェルテルは入っててしかるべきでないかな

25

25.

  • 2016年12月26日 22:52
  • ID:clX.U84V0 #
26

26.

  • 2016年12月26日 23:10
  • ID:D1quk2YU0 #
27

27. 匿名処理班

  • 2016年12月26日 23:22
  • ID:KENHTuWf0 #

タックルベリー症候群は重度の軍オタだ。

28

28. 匿名処理班

  • 2016年12月26日 23:41
  • ID:k5GJyMqj0 #

2. オセロ症候群

何にでも白黒つけたがる人かと思っちまった

29

29. 匿名処理班

  • 2016年12月27日 03:21
  • ID:RdldPn7B0 #

おしい。ホジキンリンパ種じゃなくてホジキンリンパ腫

30

30. 匿名処理班

  • 2016年12月27日 03:22
  • ID:Bv4Xce6l0 #

*18*23
*13のコメントをした者です。
「記事を書いた人物」ではなく、「心理学者」書き込むべきでした。
申し訳ありません。訂正します。
逆に
心理学者なのに何故
原作やアニメを、理解していないのか気になります。

31

31. 匿名処理班

  • 2016年12月27日 07:24
  • ID:bXirroKU0 #

ラプンツェルの命名が一番わからん
「とりあえず第一印象・髪」ぐらいの気持ち?

32

32. 匿名処理班

  • 2016年12月27日 08:57
  • ID:L8SJhx2Y0 #

※30
いや、いいからwikiの「ポリアンナ症候群」読んできなよ

33

33. 匿名処理班

  • 2016年12月27日 09:26
  • ID:e5zi8YlJ0 #

眠れる森の美女症候群は普通に病気やんけ!

34

34. 匿名処理班

  • 2016年12月27日 09:49
  • ID:jXkh5W5p0 #

10代くらいまでずっとアリス症候群出てた
暗いところで発症する事が多かった
自分の手の先や部屋が急に遠くなったように見える
時間の感覚が遅くなった(自分だけ時間に取り残された)ような感覚もあった
脳の認識の関係なのか、不思議な体験だったよ
今でも暗い所に行くとアリス症候群が出そうで不安になる

35

35. 匿名処理班

  • 2016年12月27日 11:09
  • ID:3N8XpOTs0 #

原作 シェークスピアって多いね、それだけ欧米人に浸透してるのかな?それとも彼は学者が症例を研究する前からそんな人物がいることを見抜いて 上手くキャラを作ったのかな?

36

36.

  • 2016年12月27日 11:09
  • ID:9oX.h8pa0 #
37

37. 匿名処理班

  • 2016年12月27日 11:54
  • ID:dULxJOB10 #

なんていうか、せっかくの名文学を悪意的に解釈してるぽい命名が多いよね(笑)。もとの作品の良さを消してしまいかねないわ。

38

38.

  • 2016年12月27日 14:05
  • ID:.lK1B88W0 #
39

39. 匿名処理班

  • 2016年12月27日 16:31
  • ID:b.8ZWWp.0 #

モニターをみてるとき例えでなく携帯電話ほどの大きさにみえてしまってつらいときがあるんだけどこれアリスシンドロームなんだろうか
明らかにピントじゃなく大きさがおかしくなってしばらく休まないとダメなんだよね、左右の視力差おおきいから脳に負担かかるせいなのかな

※4
そんなレベルじゃなくウン十万の警察/軍用無線機や盗聴器かったり動機ではなく行動がおかしいんだよ

40

40. 匿名処理班

  • 2016年12月27日 16:36
  • ID:QUANENhr0 #

ハックルベリー〜は、今なら多動とかADHDという診断なんだろうな。

41

41. 匿名処理班

  • 2016年12月27日 17:19
  • ID:LypDFjvU0 #

ポリアンナ症候群だけ具体的な症例がないので、どういうものなのかイマイチわからないなあ

42

42. 匿名処理班

  • 2016年12月27日 19:14
  • ID:3pAmwf4d0 #

ターミネーター症候群、人類がアンドロイドに滅ぼされるのではないかと不安になる、とかイルミナティーの世界支配や陰謀論を盲信しているとかの神経症的な不安は今の時代にありそうだな。

43

43. 匿名処理班

  • 2016年12月27日 21:14
  • ID:c2.x6Xme0 #

※12
医療関係者の場合には、「代理ミュンヒハウゼン症候群」だと思う。

これは、10年くらい前に某番組でも取り上げられていたけど、自傷行為を頻繁に繰り返して整形外科などを受診する女がいる。

それから数年後、ある病院の小児科だかで様態の急変した患者がいて、ある看護士がいたことで最悪の事態は免れたものの、その看護士が当直した日に急変する患者が集中することに不信感を持った、その病院の医師たちが監視カメラを設置したところ、その看護士が急変の原因を仕組んでいることがわかる。しかも、その看護士は、前述の自傷行為を繰り返して、医療機関を受診していた女だった。

その後、彼女はミュンヒハウゼン症候群と診断されるものの、彼女が仕組んだ「急変」劇は彼女が「救世主(患者の急変に駆けつけて献身的な看護をするヒロインとして注目される)」になることを目的とした、「代理ミュンヒハウゼン症候群」だったという話。

44

44. 匿名処理班

  • 2016年12月27日 22:41
  • ID:5cfMHqm70 #

※1のせいでコメント欄がすっかりお題スレ状態にw

45

45. 匿名処理班

  • 2016年12月28日 01:03
  • ID:uPL2IAO10 #

※23
オセロってさ、イアーゴーにそそのかされてはいるけど、
結局妻を殺したのはオセローの疑心だって書き方がされてるよね
シェイクスピアはねっとり皮肉ぶち込んでくるから好き

46

46. 匿名処理班

  • 2016年12月28日 01:07
  • ID:uPL2IAO10 #

※15
それ言ったらカサンドラ・コンプレックスだって
カサンドラは少しも悪くないのに
アポロン・コンプレックスやトロイア・コンプレックスて呼ばれないんだぜ
あんまりじゃん

47

47. 匿名処理班

  • 2016年12月28日 09:10
  • ID:bUARLSrK0 #

※39
俺34だけど、可能性はあると思う
至近距離の物も大きさが違って見えるのと、ピント自体は合ってるんだよね
経験則だと、前兆とか(一時的に)治める方法はあると思う
俺は暗い所見てると渦のようなものが見えてくるのが前兆
明るいところで気持ち落ち着けていると収まるよ
症状出たらひとまず何か飲んで気持ち落ち着けたらどうだろう

48

48. 匿名処理班

  • 2016年12月28日 10:25
  • ID:MKh.nleW0 #

小学生の頃不思議の国のアリス症候群だったが、親に相談しても気のせいと一蹴され、大人になる前に治っていた。そのうち条件が揃えば自在に操れる様になっていたので残念。

映画ミザリーの様な代理ミュンヒハウゼン症候群が原因の事件は国内でもよく起きるね。

49

49. 匿名処理班

  • 2016年12月28日 21:15
  • ID:pdzfliNR0 #

シンデレラはペローの原作を読むと ただ待ってる女じゃなくて 困難に対処できて機転の利く賢い女性で王子様が魅了されたのも納得できる娘さんだよ  

50

50. 匿名処理班

  • 2016年12月29日 18:25
  • ID:QzyQbfkf0 #

ミュンヒハウゼン、本当は機知に富んだ話術で皆におとぎ話を聞かせて楽しませることが趣味のごくごく善良な人物だったのに、
後世彼のエピソードを曲解した奴らに「ほらふき男爵」なんて悪意に満ちたあだ名を付けられた挙句、精神疾患の病名にされてしまうとは…。

51

51. 匿名処理班

  • 2016年12月29日 20:57
  • ID:zOQbm.LQ0 #

※10
神話はノーカンなんじゃない?

52

52.

  • 2016年12月30日 10:55
  • ID:knIUbWvN0 #
53

53. 匿名処理班

  • 2016年12月30日 18:11
  • ID:Gi7l8.kB0 #

※15
本当はたぶん登場人物のオイディプスにちなんだ命名ではなく
『オイディプス』の話の筋がそういう人間心理をうまいこと表象してるからっていう命名だと思う

54

54. 匿名処理班

  • 2016年12月30日 18:13
  • ID:Gi7l8.kB0 #

※37
むしろ心理学的(精神分析的)文芸批評のおかげで
新たな読み方や魅力が引き出されて、再発掘された作品ってのもいっぱいあるんだけどね

作品の「良さ」は一つの何かじゃなくて、沢山の解釈を許容する懐の深さ
(だからあんまり何でもかんでも精神分析的に解釈するのも本末転倒ではある)

55

55. 匿名処理班

  • 2016年12月30日 23:28
  • ID:NfRVcxSg0 #

サトシ・ポケモン症候群 定期的に自分の身に着けた実力をリセットして新鮮味を求める

56

56. 匿名処理班

  • 2017年01月02日 03:21
  • ID:TQGBThhP0 #

4 の画はカラヴァッジョ作「ナルキッソス」。自分自身の美しさに見とれる自惚れ屋,自己愛者を描いたもので,ナルキッソスはナルシシズムの語源になった。ドリアン・グレイとは正反対。

57

57. 匿名処理班

  • 2017年01月12日 18:56
  • ID:CAr03LAi0 #

※56
ナルキッソスもエコーを振った呪いで自分しか愛せなくなってしまったのだから、ナルシズムの権化にされるのは可哀相ではある

58

58. 匿名処理班

  • 2017年01月23日 15:11
  • ID:E5r0vVMq0 #

※32
代理ミュンヒハウゼンのほうが、最近はよく聞くような気がするね

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク