00_e1

 1907年、アメリカのマサチューセッツ州の医者、ダンカン・マクドゥーガル医師がある奇妙な実験を行った。ダンカン医師は人間の魂はあると信じ、塊ゆえに重さもあるという考えにとりつかれていたのだ。当時としては精度の高い秤をベッドにくくりつけ、実験に協力してくれると約束した末期患者をそのベッドの上に寝かせ、彼らが死ぬを待った。
スポンサードリンク

 マクドゥーガル医師の実験は当時としては正確性を極めた。彼は各患者がベッドにいた合計時間、死亡した時刻を正確に記録した。そして、死が近づく瞬間の微細なる体重の変化も記録し続けたのだ。

 体液や汗や尿や酸素や窒素もその計算に入れていたという。その結果彼が出した結論は

 人間の魂の重さは21g(4分の3オンス)

 となった。

 現代の科学では到底受け入れられないような実験だが、彼の考え方や結果はある意味において、今でも支持されている。

魂の重さをめぐっての激しい議論

 マクドゥーガル医師が行った研究は1907年3月の『ニューヨークタイムズ』に掲載された。掲載された記事をみて内科医のオーガスタスPクラーク氏が激しく反論し、2人の間で議論が続いた。オーガスタス医師はマクドゥーガル医師のお粗末な軽量方法を紙面上で大いに馬鹿にした。オーガスタス医師は、人間は死ぬ瞬間に肺が停止し血液を冷やすことができなくなり、体の温度がわずかだが上がるため肌から汗をかく、という事実をつきつけ、その汗こそがマクドゥーガル医師の主張する「失われた21グラム」だと述べたのだ。

 また、マクドゥーガル医師は数匹の犬に対しても同様の実験を行ったが、犬の場合体重の変化はなく、人間の場合だけ21グラム失われたと結論付けていた。それに対し、オーガスタス医師は、犬にはそのような機能がないため犬で実験しても体重の変化が見られないのは当然だと述べた。

 マクドゥーガル医師も黙っておらず、血液の循環は死ぬ瞬間に止まるのであって、体温の上昇で肌が温まることはないと反論した。こうして彼らの議論は1907年の終わりまで続いた。そして議論が進むにつれ、科学者や一般市民もマクドゥーガル派とオーガスタス派に分かれていった。

1_e25

 一旦は白熱した議論もその後の4年間はマクドゥーガル医師がおとなしくなり、終焉を迎えたように見えた。しかし、マクドゥーガル医師は1911年に『ニューヨークタイムズ』のフロントページを飾り、「今回は人間の魂を測ることはせず、魂が体から抜ける瞬間を写真に収めることに成功した」と主張した。

 死んだ時の魂の物質は、写真に収めようとすると少し興奮状態になる可能性があると懸念を表明した上でマクドゥーガル医師は魂が抜け出た写真を公表した。そして魂は「星間エーテル(宇宙空間に存在し光を伝える働きをすると考えられていた化学物)に似ている光」と説明している。その光は死ぬ瞬間に患者の頭蓋骨周辺に現れるというのだ。

 マクドゥーガル医師は彼の熱烈なサポーターたちを残したまま、1920年に自身が星間エーテルとなって亡くなってしまった。やがてマクドゥーガル医師の実験は話題にならなくなっていった。しかし、完全に忘れ去られたということではない。

奇異の遺産

 ビクトリア時代から現代まで、マクドゥーガル医師の実験は数年ごとに大衆文化で注目を浴びるようになった。「魂の重さが21グラム」という考えは小説や音楽や映画などにも使われることもある。映画『21グラム』のタイトルは、マクドゥーガル医師の説を元にして出来た。ベストセラーとなった『ダ・ヴィンチ・コード』の作家であるダン・ブラウンはマクドゥーガル医師の実験の詳細を『ロスト・シンボル』で書いている。

 結局のところ、魂の計量に関する科学的証拠は、タロットカードで運命を占うことや降霊術者に頼ることと同じ安らぎなのだ。マクドゥーガル医師の実験に懐疑的な人々でさえ、このトピックを口にすることは度々ある「昔、魂の重さを測ろうとした男がいなかったっけ?」。

6_e13

 実験の実際の結果や科学界で承認されなかった失敗などは関係ないのだ。科学と大衆文化の進む方向は違うのだから。機能的神経イメージングはすべての機能と結びついている、そして脳の構造や分野などとも
物理学は亜原子粒子とのつながりを作った。なので、霊的・超自然的な力の余地は残っていない。

 そして...

 魂の計量という考えは現在の私たちに根付いている。その考え方はロマンチックだでストーリー性に満ちている。1907年にマクドゥーガル医師の読者の心を捉えた、死という未知の事柄に対する私たちの深い憧れと恐れ、は現代に生きる私たちも虜にする。


別の種の不気味さ

 マクドゥーガル医師が魂の重さを量ろうとしたきっかけは何であろうか?そしてなぜ彼はそれが可能だと思ったのだろうか?それを理解するには彼の環境を理解することが役に立つ。

 彼の仕事は、心理学者フロイトやユングの考えに大きく影響されていた。MRIやDNAがまだ存在していなかった世界で、意識や人生などを意味する“精神機能”や“生命原理”などが多く語られていた社会だった。

 科学が進歩した現代でも、私たちには分からないことがたくさんある。正直な科学者ならそれを認めるだろう。量子粒子などは私たちを困惑させるばかりだ。脳の働きを完璧に理解するのはまだまだ遠い道のりだ。宇宙の80パーセントを占める未知の物質、暗黒物質(ダークマター)についての調査や研究はまだまだ続いているが、これまでにたった1つの原子もその中から見つかっていないし、正確にどこにあるのかも分かっていない。

2_e21

 ダークマターの懸念がある一方でまだ魂を探している人たちもいる。やがて量子粒子だということが分かるだろう、と言う人もいれば、脳が生みだす電磁波だと主張する人もいる。ほとんどの科学者が両者の説を否定しているが。しかし、彼らのような研究者や理論家はいつの日か魂の計量に成功するという望みを捨ててはいない。

 実際マクドゥーガル医師の研究は共感を得ているのだ。そしてこれからも共感を得続けるだろう。それは彼が発見したこと(もしくは発見できなかったこと)が理由ではなく、彼が示したことが重要だったからだ。シンプルすぎる彼の考え方が魅力的だったのだろう。ニューヨークタイムズ上での討論を追っていた多くの人たちにとっても、魂を量るという考え方こそがマクドゥーガル医師の研究が討論されるに値すると感じたはずだ。

 しかし1907年では、現代のように現実的なことやテスト可能なこと、証明できることが超心理学を押さえつけていた。なぜ光子は粒子や波の性質を両方持つことができるのに、どちらでもないのか?なぜ我々の銀河にはこれほど多くの惑星があるのに、生命体が暮らせる星はわずかしかないかの?この宇宙は実際に解けない謎で溢れている。そして答えはどこかで眠っているのかもしれない。

 一連の実験を作り上げるのに死人の魂は必要ない。計測可能で、物理的宇宙の方が遥かに不気味なのだから。

via:The Man Who Tried to Weigh the Soul・translated melondeau / edited by parumo

▼あわせて読みたい
死後の世界は存在するのか?量子力学的にはありえる(米科学者)


超常現象を信じた8人の有名な科学者たち


有名な科学者たちにまつわる10の都市伝説(逸話)


やっと科学が追いついた。科学が解明しつつある10のミステリー


テレビとオカルトの意外な関係。科学者を魅了した”遠くの世界を見る”ということ。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2016年05月27日 20:51
  • ID:IjcJVjYV0 #

幽霊先輩ダークマター説

2

2. 匿名処理班

  • 2016年05月27日 20:55
  • ID:ZxOd9WWz0 #

ありゃ、魂の重さ21gは周知の事実だと思ってたよ。それにまつわるエピソードは興味深かった。星間エーテルになるなら死もそれほど悪くないね。

3

3. 匿名処理班

  • 2016年05月27日 21:00
  • ID:Mna2VIOV0 #

霊体をエネルギーと捉えれば正しいと思う。
そもそも俺ら物質もエネルギーが変質した存在だから、霊体と何ら変わりない。

4

4. 匿名処理班

  • 2016年05月27日 21:07
  • ID:FF9ObcS00 #

たださ、虫にも五分の魂ってあるわけで、じゃぁ21g以下の生物の魂は?ってなるとうんたらかんたら

5

5. 匿名処理班

  • 2016年05月27日 21:09
  • ID:FYcbVAyX0 #

その21gはきっとミディ=クロリアン
フォースの霊体も計ってみれば体重21gなんじゃなかろうか?

…とスターウォーズ教信者の私は信じている

6

6. 匿名処理班

  • 2016年05月27日 21:21
  • ID:XTY6ank90 #

細胞は死んで刻一刻と入れ替わっていくのに
自分という考え方や行動は一定である不思議
魂とはなんぞや

7

7.

  • 2016年05月27日 21:22
  • ID:Gs9FHheo0 #
8

8. 匿名処理班

  • 2016年05月27日 21:27
  • ID:tNU3.0O.0 #

魂が重い奴は強かったりすんだろうな(テキトー)

9

9. 匿名処理班

  • 2016年05月27日 21:28
  • ID:N.CFoF580 #

死体って重くなるんだよね。

寝たきりの年寄りも重くなるんだけど、
これは意識しているときは軽くなるからなんだそうだ。

10

10.

  • 2016年05月27日 21:29
  • ID:0qWhbKWO0 #
11

11. 匿名処理班

  • 2016年05月27日 21:38
  • ID:7LKGbYRb0 #

※4
21gより軽い生き物はどーなるのよと

12

12. 匿名処理班

  • 2016年05月27日 21:49
  • ID:GVsCnn6w0 #

確かに21グラムの側面だけ見ると記事通りの話なんだけど、これ本当はちょっと違うよ
犬は死んでも体重変化は無いが人間にはある「だから人間の方が優れている!」という
人類至上主義者による人類が至上の存在であるという事を裏付ける為の実験の話なんだよ
本当は科学でもなんでもない宗教の話

13

13. 匿名処理班

  • 2016年05月27日 21:52
  • ID:g.7SbbLH0 #

『魂の重さの量り方』レン・フィッシャー/著 でも読んだ話だけど、「それ以降誰も検証してない」ことのほうが気になって仕方ない。現在なら、タニタあたりが強い味方になってくれそうなんだけど。

14

14. 匿名処理班

  • 2016年05月27日 21:53
  • ID:D41xQNe70 #

科学ではわからないことがまだまだ世の中にはある。
だから、それを解明できるようにまだまだ研究しなければならないことはたくさんある。
自分の想像の結論有りきでは思考していると言わんよ。

15

15. 匿名処理班

  • 2016年05月27日 22:15
  • ID:ZYgIwSl50 #

近年に同じ実験やった人は居ないのかね?
今の測定技術なら相当正確に測れるのに。

16

16. 匿名処理班

  • 2016年05月27日 22:16
  • ID:mdAxFAL40 #

※11
質量に差があるのでは

17

17. 匿名処理班

  • 2016年05月27日 22:17
  • ID:1oLwaiyY0 #

結局、魂に重さはあるのかないのか、いまだにわからない。

18

18. 匿名処理班

  • 2016年05月27日 22:28
  • ID:nCZvjztF0 #

そうそう、これその後の検証があったかが一番知りたい。
今現在でさえも「どの時点をもって死んだと判断するか」は諸説あるから
追検証でもし「魂が抜ける瞬間」が分かったら
それをもって死んだとすることが出来るんじゃないだろうか?

19

19. 匿名処理班

  • 2016年05月27日 22:33
  • ID:1xIbwXvv0 #

※6
そして思考とか感情も自分自身ではない。
とすると俺本体とは何なのか?
ってことを考え続けると宇宙意識とか人間本体はアバターである、
とかスピリチュアルな方向に行ってしまう。

20

20. 匿名処理班

  • 2016年05月27日 22:36
  • ID:flJl.HqW0 #

マジレスすると、死んだ直後に肺から呼気が漏れてその分だけ体重が軽くなるんですけどね。

21

21. 匿名処理班

  • 2016年05月27日 22:53
  • ID:qW.1WAhD0 #

45gってのは聞いた事あったけど、こっちの出典は何だろう? 

22

22.

  • 2016年05月27日 22:58
  • ID:LjlMVXv20 #
23

23. 匿名処理班

  • 2016年05月27日 22:59
  • ID:MTtFPnXV0 #

直近のファフナーでこのネタ使ったらしいね
真に魂について論ずるには脳についての研究がまだ不十分だと思う
人間が肉体と精神と魂の三位一体だとするのなら、接続部位たる神経の束器官は重要だと思うんですよ

24

24. 匿名処理班

  • 2016年05月27日 23:01
  • ID:50.VB.AZ0 #

走馬燈を見るときに脳がカロリーを消費するから体重が軽くなるんじゃねーの?

25

25.

  • 2016年05月27日 23:06
  • ID:J71zQ53E0 #
26

26. 匿名処理班

  • 2016年05月27日 23:22
  • ID:nB9wSn.e0 #

魂ね・・・・
でも魂がありあの世があるのなら

それは幸せなんだろうか?
それは不幸せなんだろうか?

終わらない永遠なんて地獄そのものだぞ

27

27.

  • 2016年05月27日 23:23
  • ID:N8qktZfi0 #
28

28. 匿名処理班

  • 2016年05月27日 23:42
  • ID:86oCjjB80 #

※20
死んだ時に肺の空気が抜けて軽くなるんだけど、全部が抜け切る訳じゃない
だからたまに死後解剖する時に遺体を動かしたりすると空気が抜けて
「ボエー」とか「ウ゛アー」みたいな声を出したみたいな音がする事がある
医学生とか研修医のビックリ系あるある

てか、魂の重さに斬首後の意識に前世の記録的な実験系のオカルトは
変に学者が関わってたりするんでタチが悪い
学者にもマトモな人とそうじゃない人が居るって事は
ちゃんと認識しておくべき

29

29. 匿名処理班

  • 2016年05月27日 23:46
  • ID:MTcT3oIa0 #

魂に重さがあるって発想自体が何だか新鮮だ
魂の存在の有無自体の次行ってるのが面白い
ある意味物凄いリアリストだよな

30

30. 匿名処理班

  • 2016年05月27日 23:53
  • ID:6awFRhYt0 #

サムネがルパン三世の逆バージョンに見えた

31

31. 匿名処理班

  • 2016年05月27日 23:57
  • ID:xT5ajeFV0 #

モーガン・フリーマンが「100年ほど追試がされてない」て言ってたが100年超えてるんだw、
犬の話が面白い「犬には魂がない」のか(カトリック教もキリスト教も「魂があるのは人間だけ」という)
「汗腺が足の裏くらいしかないので汗をかかないのか」どちらなんだろう?
まあ追試しないと始まらないね

32

32. 匿名処理班

  • 2016年05月28日 01:07
  • ID:.GiKlztL0 #

※31
追試といっても難しいだろうなあ。というか実験デザイン自体が難しいというか。

仮に魂に質量があったと仮定する。

死んだ瞬間に失われる色々なもの(オーガスタス医師が言うところの汗)が逃げないように死体を箱に密閉すると、今度は魂まで逃げられず、箱の質量は変わらない。魂だけは逃げられるようにしようとしても、魂が何なのかはっきりしないと、魂だけ逃すような箱は作れない。
一方で「魂には重さはあるけどあらゆるものをすり抜けるんだ」とすると、今度は魂の“質量はあるのに電磁気力はやすやすと突破する”性質は何なのかという、これまたエライ難題に直面することとなる。

33

33. 匿名処理班

  • 2016年05月28日 01:33
  • ID:7Ywq7GQJ0 #

人間が魂と呼んでいるものの本体は「情報」=「エントロピー」です。

34

34. 匿名処理班

  • 2016年05月28日 03:52
  • ID:fHYMb.4k0 #

学研のいるいないの秘密みたいなマンガでこれ読んだ記憶あるわ。

35

35. 匿名処理班

  • 2016年05月28日 08:16
  • ID:9P.1Pkn80 #

魂の物質的な重さなんて考えもしなかった
しかもそれを激論してるとは(白目)

魂自体に重さはないが
魂=命は何にも増して重いと自分は思ってる

36

36. 匿名処理班

  • 2016年05月28日 09:22
  • ID:HEZjG0EA0 #

質量=エネルギーだから、もし、死でエネルギーが減少するなら軽くなってるのかもね。
(真に受けないでねw

37

37.

  • 2016年05月28日 09:57
  • ID:WIFXRuaS0 #
38

38. 匿名処理班

  • 2016年05月28日 11:55
  • ID:aYnf8B9Y0 #

死の瞬間ってどこよって話だな
心配停止なのか脳死なのか
最近、死んだ後も三分間は意識があるって話も無かったっけ

39

39. 匿名処理班

  • 2016年05月28日 13:38
  • ID:NGn.Ug0F0 #

汗で重さが減ったとしても蒸発するまで重さ変わらないだろ。それともそんな何時間もかけて測ったのか?

40

40. 匿名処理班

  • 2016年05月28日 15:07
  • ID:7HVdBacP0 #

この21gって話になると与太話として知ってる人に混じって事実として記憶してる人が必ず数名現れるよね

41

41. 匿名処理班

  • 2016年05月28日 15:34
  • ID:HE6Ai4EG0 #

魂=幽霊なのだとしたら
ぶん殴れば吹き飛ぶのか

42

42. 匿名処理班

  • 2016年05月28日 15:34
  • ID:HE6Ai4EG0 #

魂=幽霊なのだとしたら
ぶん殴れば吹き飛ぶのか

43

43. 匿名処理班

  • 2016年05月28日 16:21
  • ID:8Eoy0z4p0 #

100年以上前じゃぁな〜・・・。現代の重力波検出くらいの精度で一万回ほど測定した平均値とかならまだ分かるけど、100年前のたった一件の実験記録に尾ひれが付いて、未だに生きながらえてるとか驚きだわ

44

44. 匿名処理班

  • 2016年05月28日 16:39
  • ID:Zc8RekTJ0 #

今の時代は計測機器の精度が
上がってるから
其のうち誰か始めるだろう

45

45. 匿名処理班

  • 2016年05月28日 16:46
  • ID:rz27mhdO0 #

魂の重さは21gだと知ってたよ。
だから次のステージ(5次元)へ進むには重さを0gにする必要があるの。
生身の人間が5次元に行って帰って来ると体重が0gになってるからね。
あの世とこの世の間で魂はダイエットしなけりゃ成仏しないんじゃないの??(笑)

46

46. 匿名処理班

  • 2016年05月28日 20:24
  • ID:hcTYxo.30 #

※13
1907年当時の基準でも測定がずさんで認められなかった実験ですからね
しかも標本数がヒト6、犬15、科学的に意味があると思えるほうが不思議

47

47. 匿名処理班

  • 2016年05月28日 21:01
  • ID:QwbhZikv0 #

※35
気体も物質なんだけど、魂が「気体」のようなエネルギーだと仮定して、お前は酸素や二酸化炭素を殴れるの?

48

48. 匿名処理班

  • 2016年05月29日 03:14
  • ID:Y9R7DcQs0 #

伊藤計劃の本で読んだやつだ!

49

49. 匿名処理班

  • 2016年05月29日 10:06
  • ID:ESpTTv9T0 #

魂か
あるかないかはわからないが
脳の情報をコピーし実行でかるチップがあるとして
1%ずつ脳組織とチップを交換
最終的にチップ100%になったとき
脳100%の自我意識=チップ100%の自我意識
なんだろうか
もしそうなら、魂の証明になるのでは?

50

50.

  • 2016年05月29日 11:21
  • ID:tyrPqpBW0 #
51

51. 匿名処理班

  • 2016年05月29日 18:26
  • ID:DDZh.hDB0 #

犬の体重が変化しないいうてる時点でお察し
人間だけが魂(主観)を持つとか言ってるデカルト派のカス(デカルトを除く)と一緒

まぁ、これは置いといて今同じかもっと精密な実験したら、実際に体重の可変があるのかとか、それの原因はなんなのかとかわかりそうやね

52

52. 匿名処理班

  • 2016年05月29日 19:50
  • ID:9S.28z5t0 #

※49
それは現意識をCOPYして発展させたもので魂じゃない
生まれ変わりは魂そのものであり記憶はオマケだろ
時に過去世を覚えていると輪廻の証明みたいにいうが
記憶は魂じゃない

53

53. 匿名処理班

  • 2016年05月29日 20:05
  • ID:9S.28z5t0 #

※49
それは現意識をCOPYして発展させたもので魂じゃない
生まれ変わりは魂そのものであり記憶はオマケ
時に過去世を覚えていると輪廻の証明みたいにいうが
記憶は魂そのものじゃない

54

54. 匿名処理班

  • 2016年05月30日 00:33
  • ID:ZHlWWLNW0 #

21gって映画あったよね〜

55

55.

  • 2016年05月30日 01:02
  • ID:Mwek.tj90 #
56

56. 匿名処理班

  • 2016年05月30日 09:59
  • ID:.gCzgggZ0 #

仮に本当に犬の魂に重さがない、あるいは人間の魂より軽かったとしても
魂の重さ=魂の価値
とは言い切れない…と思いたい

57

57. 匿名処理班

  • 2016年05月30日 12:47
  • ID:vA1Gqbw00 #

※41
雷帝か、君は

58

58.

  • 2016年05月30日 16:51
  • ID:Sthbx4k.0 #
59

59. 匿名処理班

  • 2016年05月31日 12:26
  • ID:yyT7qZd70 #

当時としては精度の高い秤でも結局100年前のだし
図り方もかなり杜撰だったと本で読んだよ

60

60. 匿名処理班

  • 2016年05月31日 19:11
  • ID:z.SjDBeU0 #

非現世的存在を現世的基準で量れるとは ...

61

61. 匿名処理班

  • 2016年06月02日 19:50
  • ID:dUEBNu.U0 #

※9
意識があって体が自由に動かせる相手なら、持ち上げようとしたときに協力してくれるからね。お姫様だっこがいい例。
お姫様だっこだと仮に50kgの女でも、健康な青年だったら持ち上げれるだろうけど、女が意識を失っていれば男二人がかりでも大変になる。体がだらんとなって重心が不安定になるのも原因のひとつ。

62

62. 匿名処理班

  • 2017年09月25日 12:08
  • ID:Nz2a3yx00 #

犬に魂がない、という考え方が普通に受け入れられる社会があることに驚愕…
いや、犬の魂は重さがないのかもしれないが…

63

63. 匿名処理班

  • 2017年10月03日 22:29
  • ID:oZvg3.v00 #

蒸発する水分とかも込みで考えろってんなら箱に入れて窒息死させるしかないなと思う

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク