1_e7

 この写真は、ヘリコプターの赤外線サーマルカメラがとらえた、沼で倒れている男性と犬の姿である。犬は動ける状態なのだが飼い主のそばから離れず、発見されたときは7時間が経過していた。

 英国サフォーク州に住むマーティン・ケイ(67)は、2016年1月18日(月)、いつものように飼い犬であるラブラドール・レトリバーのメス、ホーリー・ブルーを連れて散歩に出かけた。とても天気の良い日で、いつもとは違うルートを通ってみようと、ソーナム・パルブ村近くの野を横切ろうとしたその時、沼にはまって身動きが取れなくなってしまった。
スポンサードリンク


Thornham missing man found after being stranded for seven hours

 「そのルートはもう2年も歩いていなかったんだ。湿地を行くとき足元がちゃんとしているかどうか試したのだが、真ん中あたりまできた時、急に地面が沈み始めた」。ケイさんは当時を振り返りそう語った。助けを呼んだが声は届かず、もう誰も見つけてくれないだろうと絶望的になって、その後意識を失ってしまったという。あまりにも寒かったのだ。

 ケイさんが自宅に戻ってきていないことを知った友人が、夜19時30分頃、警察に通報した。彼が散歩に出かけてから既に5時間が経過していた。サフォーク警察はヘリコプターが出動させ、地上と上空から、あたり一帯を徹底的に捜索した。

 捜査開始から1時間半、遭難してから約7時間後、ヘリコプターの赤外線サーマルカメラが横たわっているケイさんと、そのそばでうずくまっている愛犬のホーリー・ブルーの姿をとらえた。このとき気温は-3度。ケイさんもブルーももう、限界ギリギリであった。

no title

 捜査を行った警察官によると、発見現場は真っ暗で、とても辺鄙な場所にありヘリのライトや懐中電灯に頼らざるをえなかったという。

 ブルーは警察官の気配に気が付くとすぐに起き上がり、「ここだよ!助けてあげて!」と、警察官を誘導するかのように、沼の中を必死に動きながら、横たわるケイさんに近づき頭を押し付けた。

no title

 ケイさんはすっかり泥に埋もれていたという。体だけでなく、頭も埋まっていた。ヘリがなかったら彼らを発見するのは難しかっただろう。救出作業も難航した。ケイさんを引っ張り出そうとすると、今度は警察官らが沈んでいってしまうのだ。

 元気を回復した後、ホーリー・ブルーとともに空軍基地を訪れ警官らに感謝の意を表わしたケイさん。

2_e5

 「彼らに会えて本当によかった。命を救ってもらって心から感謝している。救出の様子はあまり記憶にないが、だんだんあたりが暗くなっていったのだけ覚えている。次に気がついたときは病院だったんだ」

 ケイさんが助かったのは警察官らの尽力のたまものであるが、それにもうひとつ、ブルーの存在も欠かすことはできない。氷点下の中7時間もの長い間、ケイさんのそばを離れず、励まし続けていたのだから。

5_e5

 ブルーがいなければケイさんは生きる気力を失ってしまい、そのまま意識を回復せず凍死していたかもしれない。ブルーがケイさんの意識を呼び覚まし、時に体を温めることで、ケイさんは長い間生き延びられたのだ。

 6_e4

7_e3
via:mirroredp24skyなど translated konohazuku / edited by parumo

▼あわせて読みたい
飼い主がひき逃げにあった現場から断固として動こうとしなかった犬、悲しみに暮れ餌を口にせず(アメリカ)


飼い主が死んでから5年。いまだ毎日、事故現場を訪れ、飼い主の帰りを待ち続けるボリビアの忠犬「ハチト」


飼い主が亡くなった病院に2年間、ひたすら通い続けるロシアの忠犬、マーシャの物語


野良犬だって恩を忘れない。日頃お世話をしてくれたおばあさんの葬儀にやってきた犬たち(メキシコ)


犬は仲間を見捨てない。貯水槽に落ちて出られなくなった友達に寄り添って1週間も助けを待ち続けた犬(米)



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1.

  • 2016年03月18日 11:42
  • ID:cFMPst2w0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2016年03月18日 11:45
  • ID:AxpomwAl0 #

ええ話や(´;ω;`)ブワッ

3

3. 匿名処理班

  • 2016年03月18日 11:57
  • ID:3Sh8FX6l0 #

犬はあたたかい(両方の意味)

4

4. 匿名処理班

  • 2016年03月18日 11:57
  • ID:97ioRNSr0 #

愛だなぁ

5

5. 匿名処理班

  • 2016年03月18日 12:00
  • ID:zQLsD01l0 #

夜の7時半に帰宅していないからといって
友人が警察に通報、警察もヘリまで出してくれるってすごいと思ったらおじいちゃんだったのか
救助の音に尻尾を振るワンちゃんの姿が健気だ

6

6. 匿名処理班

  • 2016年03月18日 12:01
  • ID:MovA44EL0 #

わんわんお(T-T)

7

7.

  • 2016年03月18日 12:03
  • ID:dIA.9pwR0 #
8

8.

  • 2016年03月18日 12:06
  • ID:Nqe7UFPr0 #
9

9. 匿名処理班

  • 2016年03月18日 12:22
  • ID:j.j5dtqf0 #

すごい話だ

10

10.

  • 2016年03月18日 12:36
  • ID:oEuny34k0 #
11

11. 匿名処理班

  • 2016年03月18日 12:47
  • ID:pFgdtR4Q0 #

人も犬も助かってよかったのお

12

12. 匿名処理班

  • 2016年03月18日 12:49
  • ID:8.hjMcZm0 #

この犬もお手柄だったと思うが、なんと言っても科学の進歩が人命を助けた好例だと思った。もし捜索ヘリにサーマルカメラが装備されていなかったなら…夜間の捜索はサーチライトだけを頼りに行わなければならず、かなりの困難を伴っていたはずだ。結局に暗くて良く判らないから明け方を待って…という事になると人間側の体力が持たなかったかも知れない。飼い主も犬も、捜索してくれた隊員の方達も、良く頑張ってくれたと思う。

13

13.

  • 2016年03月18日 13:06
  • ID:jYSrJx740 #
14

14. 匿名処理班

  • 2016年03月18日 13:09
  • ID:ef1kVxh70 #

うちの犬はあんな風に待っててくれないなぁ
ここぞとばかり喜んで逃げて行く

15

15. 匿名処理班

  • 2016年03月18日 13:13
  • ID:MiP0npIs0 #

トリビアの雑種犬シリーズ思い出した

16

16. 匿名処理班

  • 2016年03月18日 13:23
  • ID:8mzRjOg90 #

助かって良かった。
尻尾振ってる姿とか見てうるっとした。
あたたかいわー。

17

17. 匿名処理班

  • 2016年03月18日 13:24
  • ID:aUBNbW0Z0 #

やっぱり犬は人間の親友だわ

18

18. 匿名処理班

  • 2016年03月18日 13:33
  • ID:5PGmVrKs0 #

※14
犬はちゃんと飼い主を見てますよ。だからヒャッホーしていい時とそうでない時をきちんと判断してる。犬がはしゃぐのは飼い主がそばにいて安心して遊び回れる環境だから。あなたが本当にピンチになっていたら、あなたの犬も本気で心配するでしょう。

19

19. 匿名処理班

  • 2016年03月18日 13:36
  • ID:7bMhTo1c0 #

※14
うちのもだなww

20

20. 匿名処理班

  • 2016年03月18日 13:47
  • ID:eLJZVWvz0 #

※14
普段はそう思わせておいて、いざとなったら必死で助けてくれるツンデレ犬だと思われる

21

21. 匿名処理班

  • 2016年03月18日 15:58
  • ID:il22y2WM0 #

年寄りが育てた犬は大人しいし賢い気がする

22

22. 匿名処理班

  • 2016年03月18日 16:53
  • ID:.jAVJ1sM0 #

警官が近づいたとき、犬もぐ本当はぐったりのはずなのにしっぽ振りながら動き回ってるね。来たのが悪いやつでなく助けてくれる人間だというのもわかったのかな。

赤外線サーマルカメラ搭載ヘリすごいなというのもあらためて感じた。

23

23. 匿名処理班

  • 2016年03月18日 18:09
  • ID:ao3lajkh0 #

> 救出作業も難航した。ケイさんを引っ張り出そうとすると、今度は警察官らが沈んでいってしまうのだ。

警察官『我々の分も犬を用意してくれ。』

24

24. 匿名処理班

  • 2016年03月18日 18:43
  • ID:8.hjMcZm0 #

飼い主のソバに寄り添って、なるべく体温を下げない様に頑張るとか、
本当にジンと来る話だぜ。ワンコ、本当に最高だ

25

25. 匿名処理班

  • 2016年03月18日 19:10
  • ID:.IGJrHiS0 #

これこそがフランダースの犬が嫌いな理由

26

26. 匿名処理班

  • 2016年03月18日 19:35
  • ID:o957D5mG0 #

犬が座ってた所ずっと白くて可愛い

27

27. 匿名処理班

  • 2016年03月18日 20:12
  • ID:.bi22Hn40 #

日本でも消防とか警察のヘリにサーマルカメラは標準装備なの?

28

28. 匿名処理班

  • 2016年03月18日 20:30
  • ID:1A1qSaHM0 #

何もかもが凄い
日本にはこのサーマルカメラとかいうのは導入されてるのかな?
自然災害多い国なんだから、救助活動を要請される機関すべてに導入して欲しい
津波被害のあと使えたんじゃ・・・(火災起きてたところはダメだろうけど)

29

29. 匿名処理班

  • 2016年03月18日 20:36
  • ID:pMdqPHSy0 #

さすが人類の友。
今までもそしてこれからも友達でいてくれありがとう

30

30. 匿名処理班

  • 2016年03月18日 23:40
  • ID:IiKbyYy30 #

うちの猫なら訳も分からずいなくなるだろうな
(ΩАΩ)…
…それでもうちの猫が好きだから諦めるよ

31

31.

  • 2016年03月18日 23:44
  • ID:p7znc7TU0 #
32

32. 匿名処理班

  • 2016年03月19日 01:36
  • ID:SV9kweI70 #

警官もわんこもグッジョブだ。

33

33. 匿名処理班

  • 2016年03月19日 10:17
  • ID:wUDEg80N0 #

犬は人間の友達

34

34. 匿名処理班

  • 2016年03月19日 11:17
  • ID:Dy5IAVrm0 #

泥炭人はこうやって出来たんだな

35

35. 匿名処理班

  • 2016年03月19日 19:16
  • ID:HMPm5P7m0 #

※22
助けてくれるヒトだと すぐ理解したようだね
しかもブルーさん 離れた所に下がって見守ってる
救助作業の邪魔にならないように気を遣ってるんだね
すごいな

36

36. 匿名処理班

  • 2016年03月19日 21:35
  • ID:gdMDeUuh0 #

この賢そうな目を見て!1月のイギリスなんてとても寒かったでしょう。しかも湿地。わんちゃんの忠犬ぶりに涙・・・。

37

37. 匿名処理班

  • 2016年03月20日 02:37
  • ID:jqGgZdJt0 #

救助隊が到着したとき、ブルーさん湿地に足をとられながら飼い主さんの場所を知らせてるね。しかもそのあとは足場のしっかりした場所に移動、まるで誘導するように。とても賢い行動だ。ホーリー・ブルー、名は体を表すんだなぁ。利発で勇気と慈愛を持ち合わせた彼女にぴったりだ。どちらも助かって本当によかった。

38

38. 匿名処理班

  • 2016年03月20日 06:31
  • ID:iqwahToF0 #

私は、こういう例を見ると人間の技術の進歩というものを考えずには居られなくなる。サーマルカメラの始祖は第二次大戦の後期頃に開発されていた赤外線暗視装置が最初の例だった様に思う。当時は自分の方から赤外線を照射して、反射して来る赤外線を捉えるアクティブ式だったけれど、時を重ねて、それぞれの技術が高度化して、今では人体が発する赤外線を直接に映像化できるパッシブ式が普通になった。(おそらく感度は当初の物の数千倍とかになっていると思う)

こういう機器が高度化して、それによって助けられる命も有るが、こういう物が戦争の道具として使われれば、それによって失われる命もまた存在する事になる。本当に人間の技術の進歩というものは終りが無いと思うし、複雑なものだと思う。

39

39. 匿名処理班

  • 2016年03月20日 13:13
  • ID:AxFmn6J.0 #

思ってたよりじいさんだった。じいさんー迂闊な行動しちゃダメよー!

40

40. 匿名処理班

  • 2016年03月23日 16:18
  • ID:uSRocbXv0 #

※12
日本の場合、余程のことがなければヘリなんて出してくれなさそう。
そもそも赤外線サーマルカメラ搭載してるヘリって何機あるのかな…。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク