1_e0

 これまで発見された中で最も近い距離に、生命の存在も期待できる地球型惑星が発見された。地球から14光年の距離にある本惑星「ウルフ1061c(Wolf 1061c)」は、地球の4倍ほどの大きさで、ハビタブルゾーンの範囲に完璧に位置してるという。暑すぎもせず、寒すぎもせず、液体の水もきちんと存在できる。

スポンサードリンク

 オーストラリア、ニューサウスウェールズ大学の研究チームによって発見されたのは、太陽よりも小さく若干冷たいが、安定した恒星を公転する3つの惑星だ。生命の存在が期待されるのは、ウルフ1061cと呼ばれるそのうちの1つだ。

3_e0

 地球外生命が存在するために必要不可欠な岩石でできた硬い表面を持つ惑星が、これほど近くで発見されたのはほぼ初めてのことと言っていい。

 「特に素晴らしいのが、3つの惑星すべてが岩石と硬い表面を持つのに十分な低密度で、真ん中のウルフ1061cに関しては、ハビタブルゾーンに位置し、液体の水あるいは生命の存在すら期待できることです」とダンカン・ライト博士はコメントしている。

4_e0

 研究チームが調査に使用したのは、チリのラ・シヤ天文台にある3.6mの高精度視線速度系外惑星探査装置(HARPS)だ。さらに得られたデータの分析を改善する新技法を考案し、これまでの10年分の観測に相当する研究を行ったという。

 同惑星が恒星の正面を通過する瞬間を捉えれば、その姿を確認できる可能性もある。実現すれば、大気の研究を通じて、生命が生存可能であるかどうかが判明するだろう。


UNSW discovery of closest potentially habitable planet - Wolf 1061c
Science.unswindependent・translated hiroching / edited by parumo

 ハビタブルゾーンとは、宇宙の中で生命が誕生するのに適した環境と考えられている天文学上の領域のこと。この領域内にある惑星はハビタブル惑星と呼ばれ、その星は生命の居住候補として優れ、また地球外生命が存在する有望な候補であると考えられている。

 これまでに発見されたハビタブル惑星
HEC_All_Distance_e
phl.upr

 こんだけあれば、どれかにヤツらがいてもよさそうなもんだが。

 ちなみに今回発見されたウルフ1061Cは14光年なので、1光年を9兆4600億kmとして計算すると、132兆4400億kmってところか。月と地球の距離は約38万4400辧う〜ん、もう距離感が凄すぎて、近いと言われてもピンとこないや。やっぱ宇宙って広いんだな。

▼あわせて読みたい
「今後20年以内で地球外生命体が発見される、確実にだ」。NASAの主任科学者が強気の発言


地球外生命体の期待度アップ!2惑星を持つ連星系を初めて観測


スーパーアースが新たに3個発見される。宇宙的な意味では地球のわりと近くで


地球はあと何年くらい人類が生息可能な場所であるのか?(英研究)


地球外生命体が存在している可能性が高い、5つのハビタブル惑星





この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 09:07
  • ID:G054qs2Q0 #

これだけ多くのハビタブルな惑星があれば、
ハイパースペースさえ開発できれば意外とすぐに地球外生命は見つかりそうだ。

2

2. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 09:12
  • ID:2d92IfXe0 #

ワームホールで移動できなければ結局のところ生命の存在云々って説は証明されないんだろうな

3

3. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 09:16
  • ID:QTkZn6jN0 #

ウルフ人って結構地球に移り住んでるけど
イケメンだからもてて羨ましいわ
理系も得意だし

4

4. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 09:21
  • ID:DVQS88zb0 #

地球人の宇宙侵略が始まる?

5

5. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 09:23
  • ID:JL1J8qEI0 #

行ってみなければ、人が住めるかどうかわからん・・
最低でも、木星くらいまで旅行可能な、数日滞在できる宇宙コロニーとか宇宙ステーションが多数出来ないと宇宙進出とか無理だろ。
14光年とか言っても、人の移動する距離だと100年以上かけてやっと到達できる距離だし。近くはない。
人類は火星や金星にすら到達していないというのに。

6

6. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 09:23
  • ID:gy4TRmr10 #

地球の4倍ほどの大きさなら重力が強いだろうし、
ウルフ人はガタイが良さそうだな。
ガタイが良いウルフ…千代の富士?

7

7. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 09:31
  • ID:.nSDaEmj0 #

ワオォーーーーーーン

8

8. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 09:34
  • ID:3VO0.mKv0 #

人類最速のヘリオスBで向かえばたったの59770.641年で着きますね。人類滅びるわ

9

9. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 09:46
  • ID:3CKEc7.i0 #

互いの系の相対速度はどうなんだ
近づいてるのか遠ざかってるのか

10

10. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 09:56
  • ID:wvF9Zf9h0 #

で、探査チームを送り込んでみると、凶悪な地球外生物が居て、乗り組み員が寄生されたまま地球まで来てしまって、アバババ…ってのは、良く有るB級SF映画の王道ストーリーだね?(でも、地球に居ないタイプの寄生生物なら、本当に判らないかも?)
地球外生命体ってのは、居るのなら、早くお目に掛かってみたいものだと思う。(案外と地球型の生物と似ていて「あれれ?」って事になって、それもまた楽しいかも?)

11

11. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 09:58
  • ID:wvF9Zf9h0 #

「ウルフ人」ってのは、まさかオオカミ男の事か?

12

12. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 10:15
  • ID:2H5UyWFv0 #

もっと近い星はないんか
せめて5〜8光年とか

13

13. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 10:18
  • ID:uqqqyClx0 #

電波を出せるレベルの存在がいないのは確かだな

14

14. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 10:23
  • ID:U.huweQ40 #

>ちなみに今回発見されたウルフ1061Cは14光年なので、1光年を9兆4600億kmとして計算すると、132兆4400kmってところか。月と地球の距離は約38万4400辧
解りやすい!!つまりとにかく広い!
…うーん…宇宙広すぎ…宇宙は何かと距離感がおかしい…

15

15. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 10:25
  • ID:UtflWkmY0 #

「俺のことをウルフって呼ぶ奴もいる」
俺はたくましい犬歯を見せつけるようにニヤリと笑った

16

16. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 10:34
  • ID:U36KJutZ0 #

人狼vs人間、オオカミ男の出身地ですね

17

17. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 10:39
  • ID:niUJpcy90 #

光の90%くらいで飛行したら中の人は4年くらいで着くな

18

18. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 10:39
  • ID:KFGAxJ2A0 #

この惑星、自転の周期と公転周期が一致してて、常に同じ面が太陽に向いてるって、どこかで読んだ気が…
でもトワイライトゾーンには何か居るかもね

19

19. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 10:44
  • ID:mjWZ0gNE0 #

もし交信できれば生命と文明の存在を直接証明できるね。電話かかって来ないかな〜

20

20. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 10:48
  • ID:C0jJS3by0 #

スターウルフが攻めてくる((((;゜Д゜)))

21

21. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 11:11
  • ID:vpQVa8PA0 #

みんなの米のせいでウルフ人のイメージがウルトラマンレオに出てくる同じ名前の宇宙人かチューバッカみたいなモフモフ宇宙人に固まってしまったじゃないかwww

22

22. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 11:30
  • ID:sYON1APg0 #

ここに人間が移り住んだとして、
ウルフ星に単身赴任したおっちゃんが
地球に住んでる嫁さんから
「赤ちゃんは無事生まれました」って報告を
受け取るのは、その子が中学に上がってる
くらいに成長してて、返す刀で
「よくやった!」って返信したのが
地球につくころには、その子はもう
結婚するかしないかって年齢に
なってるんだな。

23

23. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 11:35
  • ID:jgCrTkqL0 #

光速で通信しても片道14年か、
宇宙は生命体のためにあるんじゃないってのがわかるね。

24

24. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 11:40
  • ID:MBUDLaY40 #

要するに居たとしても距離が遠すぎて、地球に生きたまま来ることは絶対にないということか。

25

25. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 12:23
  • ID:G054qs2Q0 #

???「それがどうした‥‥たかが4倍の重力などオレはなにも感じない‥‥」

26

26. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 12:24
  • ID:6jM3PClf0 #

仮に何らかの理由で人類が地球を脱出しなくてはならなくなった時、
目的地として最も有力な候補になるのかね
そういう意味でも可能性はできる限り見つけておいた方が良いよね

27

27. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 12:32
  • ID:bagXUw2w0 #

14光年?おっ!近いじゃん!て思うようになったら天文マニア

28

28. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 12:39
  • ID:cDAtwCWd0 #

重力が地球の1.8倍
自転公転周期が地球の月と地球の関係と同じの様で
恒星に対して一定の面(側)しか向いておらず、表と裏で気温差が凄い
となっていたような?

29

29. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 12:41
  • ID:PWZBxMf30 #

映画化決定「新・地球最後の日」

30

30. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 12:51
  • ID:PPY6yW3i0 #

地球もどっかからの移住かも

31

31. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 12:56
  • ID:C.rTUIQu0 #

ワープ技術まだー!?

32

32. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 13:15
  • ID:Y8xAMOqJ0 #

※29
でなければSFマニアだなw 14光年なら、現行技術でも数十年スパンの計画で直接観測機を軌道に打ち込める距離じゃんって思っちゃうよね。観測データが届くのにも14年かかるけどw

33

33. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 13:22
  • ID:NWmko0kV0 #

100光年以内の惑星なら、向こうから既に夜の地球の光が観測されてるかもしれないな

34

34. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 14:02
  • ID:yU7gesNn0 #

最近生命が居住可能なご近所の惑星見つかりすぎじゃない?
新しい観測手段でも出来たの?

35

35. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 14:03
  • ID:wvF9Zf9h0 #

※28
まあそうなんだろうけど、今の人類の科学レベルでは到達するまでに数百年くらいは掛かるだろう。何世代か掛けて行くか?コールドスリープ的な技術を使うか?いずれにしても、なん百年も作動し続けるシステムを構築するのは困難だと思うし、修理に帰る訳にも行かないだろうし、困難は山積みだと思うよ?(出発したはいいけど着いた時には全員ミイラ化していた…なんて可能性大だ)ワープ技術でも開発できれば一気に解決付くんだけど。

36

36. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 14:06
  • ID:rAzljZcl0 #

スターウルフっていう日本の特撮ものがあったな。
主人公は重力が地球の倍だかの星で育ったとか、そんな設定だったような。

37

37. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 15:34
  • ID:rFJ7Edls0 #

恒星と違って惑星って明るくないから発見しづらいらしいよね。
現在の科学力では、まだまだ見る事だけで精一杯だけど、日々技術は発展して今まで発見出来なかったハビタブルゾーン内の岩石惑星が見つかっている。
昔は地球型惑星が発見って報だけでワクワクしたけど、今はどんどん近い場所で見つかっている。。。
もしシンギュラリティが本当に起こるならば、宇宙科学の分野も飛躍的に進歩して今よりもっと身近な存在になるかもしれない。
と思うと熱くなる。

38

38. かわうそ

  • 2015年12月23日 15:52
  • ID:HAFIHXTR0 #

現在の科学力では到達不可能な距離だな、うん10分の1でも無理
ワープは不可能だろうから、現実的には大型船でなん世代にもわたって行くかコールドスリープで行くかなんだが
どちらにしても人間が太陽系外にまで到達するまで我々は生きちゃいないw
ただ、火星に移住するようになったら、その必要性から宇宙船の性能は飛躍的、加速度的に上がるようにはなるだろう
だから、まず火星から マーズだけに

39

39. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 16:14
  • ID:N3ll7MhF0 #

星の密度にもよるけど赤道近くの高地じゃないと大気は濃いは自重支えられるかどうかの重力だわで電動サポーターか何かがないと活動できそうにないな。
原住生物はおそらく可視光帯ならぎりぎり緑まで含むかどうかの赤外線辺りで世界を見ていることだろう。
二足歩行はまず無理でムカデやゴカイのような生命体が主流かな、
四足歩行でもかなり足腰にバネの必要な体躯をしていることだろうなぁ。
こういうところに進化する生命体や食物連鎖を考えるのは面白い。
おそらく海が生物の大半を占めて両生類的な生命体が地上を歩くこともあるくらい、
木の背は低く、横に広がり、枝でも自身を支えるような感じかな。
どこをどう旨くすればあるいは殆ど翼って感じの鳥類に似た何かは居るかもしれない。

40

40. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 16:23
  • ID:YNXO9UDF0 #

遊びは終わりだ!スターフォックス!

41

41. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 16:32
  • ID:wvF9Zf9h0 #

※36
新しい観測衛星が次々と打ち上げられているし、通常光だけでなく、赤外線とかX線観測衛星とかも有るし、色々な面から精度の高いデータが集まり始めたって事なんじゃない?恒星の観測は比較的簡単だけど、惑星の観測は難しいとか聞いた事が有る。恒星の前を惑星が横切る時の恒星の光の減少を観測するんだとか。それだけに精度が高い観測機器がないと検出不可能なんだろうけど、今はそれができる様になったんだろうね。地上の観測では空気の影響を受け易いけど、観測衛星を使った調査ならばより高度な解析が可能だし。

42

42. ・・・

  • 2015年12月23日 16:38
  • ID:kF0VI1Vh0 #

九重部屋「親方の秘密を知った者を生かしてはおけない…」
某アニメで太陽から1/4光年離れても(冥王星軌道のはるか外側)まだ太陽系という話を聞いたので、14光年は本当に近所ということに
100年保つ探査機が作れれば、今からでも行けなくもない距離か
そういえばアルファ・ケンタウリには、惑星が存在しないのがこないだ判明しちゃったんだっけか

43

43. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 16:46
  • ID:t1xVaIQm0 #

地球が誕生して46億年でそこそこの文明を持った生物が誕生してから1万年くらい
向こうの星は赤色矮星だからおそらく100億年超
その中で文明を持たないとしても生命体がいる期間てのは限られるわけで、それが地球のそれと重なる確率はほぼ皆無

44

44. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 17:19
  • ID:6o1BIAsu0 #

重力は地球より高いいけど同じように遠心力も高いのである程度は相殺されているはず

45

45. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 17:30
  • ID:1j0Mmtc70 #

そろそろマクロス作らないとな

46

46. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 17:46
  • ID:FJCQchvX0 #

おーい磯野〜 ワープしようぜ

47

47. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 17:51
  • ID:V3duPmm90 #

宇宙、そこは最後のフロンティア。

48

48. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 17:56
  • ID:rkIxw6jg0 #

よく分からないけど、恒星が発している光のスペクトル分布が、我が太陽に似ていないと、可視領域の分布量が少なかったりすると、人間にとって薄暗い惑星ってことになるのかね。

49

49. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 18:22
  • ID:MKAovASx0 #

ウルフ星人「インベーダーエースッ!インベーダーエースッ!」(凄まじい音割れ)

50

50. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 18:37
  • ID:SNKEvdrt0 #

※41
ズバリ、ハル・クレメント作「重力の使命(あるいは重力への挑戦)」ですな。
この作品では、地球人がラグビーボール型の超重力惑星を調査しようとしたところ、探索機器を見失い、この惑星で友好関係を結んだ土着のムカデ型の生命体に探索機の発見を、要請するというストーリーですが。

51

51. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 18:58
  • ID:YBxRfr4x0 #

今まで発見された物と比べると確かに近いが14光年ってとどう考えてもクソ遠いよ!
ボイジャー1号の距離が現在0.002光年だぞw
人類の科学力がここ100年早いと言っても、量子コンピューターが進化しない限り後1000年は行けない気がする。

52

52. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 20:45
  • ID:Y22bQ0z30 #

何も起こらない
到達出来るより先に人類は滅びる絶対

53

53. ???

  • 2015年12月23日 21:00
  • ID:QW3RK4Dz0 #

ヒューッ
ウルフ星人たぁこんなやつらばっかりなのかいぃ?

54

54. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 22:11
  • ID:e3uZQ6mn0 #

みなさん地球を大切にねっ☆

55

55. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 22:13
  • ID:kfzneKBx0 #

何光年も先の星に行く手段としてコールドスリープとかよく言われるけどね、それもいいけど移民船団のような宇宙船の中で何世代にもわたって目的地を目指すという方法もあるね。
船の中は完全に循環した環境で時々宇宙から氷や金属などを取り込んで活用する。航行中に高速な移動法を開発して更に早く目的地に近づくこともできるらしいね。

56

56. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 22:38
  • ID:rAzljZcl0 #

推進剤を噴射して加速してそのあとさらにフライバイで加速という、今の宇宙航行技術の延長だと1光年いくのに約2万年かかる。多大なコストをかけてさらに10倍くらい速くすることも可能かもしれないけどそれでもはるかに遠い道。

57

57. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 23:23
  • ID:9WshBNzJ0 #

NHKのコズミックフロントだかで、核爆発の反動で進むスペースコロニーで
太陽系外へ移民っていう仮想地球脱出劇やってたけど、これは非現実的なん?

58

58. 匿名処理班

  • 2015年12月23日 23:58
  • ID:6zIJuFt40 #

現在最速のニュー・ホライズンズが約1 600m/s、光は299 792 458m/s
これだとウルフ1061cに到着まで26万2318年かかる
現在の1000倍くらい速度を出せる技術がないと探査は無理かな

59

59. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 01:25
  • ID:rekmSuVV0 #

米24<それ子供仕込んでから出発して14年と10ヶ月以内に着かなきゃいけないんだぜww

60

60. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 02:45
  • ID:ZCMdf0fD0 #

光って遅すぎるよな

61

61. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 03:24
  • ID:GcUZm3QP0 #

とりあえずこの星のあたりに有機物積んだミサイルでも打ち込んでおこうぜ!
数億年後面白くなるだろ

62

62. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 05:43
  • ID:n6TG6OzT0 #

※19
中の人は4年でも外の時間は何十年も経つんだろうな
ウラシマ状態

63

63. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 07:31
  • ID:jZSGyG.90 #

イオンエンジンのように長時間加速し続けられるエンジンがあればもしかすると探査に行ける可能性がある。それでも数百年はかかるかもしれないけど。仮説に仮説を重なるようだけど生命地球外起源説があるとすれば、近さから言って地球と同じ種がまかれたかもしれないし、地球にそっくりな生物がいる可能性は十分ある。

64

64. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 11:33
  • ID:HJdtNNHQ0 #

良く宇宙人が地球に来てるって話があるけど
こういうニュースを見る度に
わざわざ何世紀もかけて地球に来るかなと思ってしまう
いつか光のスピードを超えるものが出来るのかな?

65

65. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 12:13
  • ID:DkR2awO50 #

※66
現時点では予想でしかないけど、人類は将来的に次元の壁も超える様になると思うよ。それには量子力学等の研究がどのくらい進むかに掛かっているんだろうけど、異次元の存在は既に理論的には証明できる所までは来ているらしい。後は自由に行き来できる技術の確立に、どのくらいの時間が掛かるか?だろうね。個人的には、次元のコントロールも数百年後くらいには実現しているんじゃないかと思っている。現在開発が進められている陽子加速器みたいな物が解決の糸口に繋がるのかどうか判らないけど、研究は続けられて行くだろうね。

66

66. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 14:14
  • ID:5Ua1Oq1R0 #

アルファケンタウリの建造はよ

67

67. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 16:29
  • ID:EvVb2iiE0 #

※63実は、地球上に多種多様な生命体が存在する理由が、それだったりする。かもしれない。
ていうか、SFでは「生命搬種計画」はネタとして、結構使われていて、例えば「star trek tng(ピカード艦長のシリーズ)」では、太古の昔にヒューマノイド型の生命体の祖先にあたる種族が、自分たちの遺伝子をいろんな惑星に巻いた結果、地球人類以外にバルカン人やロミュラン人、カーデシア人クリンゴン人など、様々な遺伝的な共通点を持つ人型生命体が生み出されたって設定になってたし。
あと、※66この時間と空間の壁を超えるために重要な意味を持つのが、実は「禅」かもしれない。
例えば、禅では「千里離れたろうそくも居ながらにして吹き消すことができる」とか考えたりするけれど、これは普通に考えると不可能。
がしかし、禅の修行が進んで時空間を超越した意識を得ることができれば、それも可能かもしれない。
そして、量子力学が人の意識のあり方と物理現象の関連性を証明して、そこに「禅」が重要なカギとしてかかわってくるかもしれないし。
だから、それほど遠くない未来に、修業を積んだお坊さんがある種のエンジンの役代わりをする「禅ドライブ」とかいうものが、生み出されるかもしれない。

68

68. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 19:12
  • ID:KK8SDfIh0 #

※29
近いって思ったw
観測可能な宇宙の大きさだけでも半径465億光年。実際の大きさは未だ不明。
その宇宙の壮大すぎるスケールを考えると14光年なんて鼻くそ飛ばせる距離に感じてしまう。

69

69. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 19:24
  • ID:F.IEFQ1d0 #

ビヨンドアースはよ

70

70. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 19:56
  • ID:EvVb2iiE0 #

※70距離も時間も結局は、人の意識のあり方次第で、どうにでもできるのかもしれない。
465億光年という宇宙の大きさを基準に考えれば、文字通りの意味で14光年先は目と鼻の先。
同時に、今の人類は恒星間を移動する手段を持たないから、その目と鼻の先の距離がものすごく遠く感じられる。
けれど、江戸時代には新幹線で数時間の距離を、1ヵ月以上かけて歩いて移動していた。
そのころは、江戸から見た大阪や京の都は果てしなく遠く感じられたと思う。
そして、現代では飛行機を使えば、新幹線よりも短時間で長距離移動できるわけだし。
しかも、ほんの100何十年前までは飛行機を作って空を飛ぶことすら、不可能と思われていた、が、それもライト兄弟の登場で覆され、いまでは当たり前に飛行機が飛んでいる。
そう考えると、「ハイパードライブ」や「ワープドライブ」もあながち実用化されないとは言えないと思う。

71

71. 匿名処理班

  • 2015年12月24日 22:29
  • ID:UN0eQUZO0 #

宇宙人の侵略より、地球からの植民地化が早いだろうな

72

72. 匿名処理班

  • 2015年12月25日 01:19
  • ID:dTBHU7S.0 #

向こうも同じこと考えているよ

73

73. 匿名処理班

  • 2015年12月25日 07:51
  • ID:FeNZK4VK0 #

もし私が生きてるうちに会えたら酒でも交わそうぜ。遠い星の兄弟たち

74

74. 匿名処理班

  • 2015年12月25日 07:58
  • ID:k3HxAWS70 #

ハッピーターン美味しいよね、俺もよく食べるよー

75

75. 匿名処理班

  • 2015年12月25日 08:07
  • ID:1PQVw4.n0 #

※59
放射線で死にそうw

76

76. 匿名処理班

  • 2015年12月25日 12:07
  • ID:klg07gae0 #

14光年かぁ・・・遠いねぇ
現在の常識をひっくり返す様なテクノロジーが発見・開発されない限り無理だろうね
人類が滅びるのor技術を開発出来るか?どっちが先になるかって感じ

77

77. 匿名処理班

  • 2015年12月25日 12:33
  • ID:dp3oMnzN0 #

※63 ※69
映画『プロメテウス』のテーマもそれだったよね。最近じゃあ「古代宇宙人説」は『神々の指紋』の影響もあって、すっかり見下される様になってしまったけど…。でもSF的なテーマとしては今でも充分、魅力的なネタだと思う。

78

78. 匿名処理班

  • 2015年12月25日 14:41
  • ID:oIDkp9Qn0 #

生命が存在するには必ず水が必要なのかな?地球に居る生物の適温と、地球外に存在するかもしれない生物の適温は違うかもよ。どうなんでしょう。考えると止まらなくなる。

79

79. 匿名処理班

  • 2015年12月25日 19:06
  • ID:ruKvkuh.0 #

※80
SF的なネタとして考えると、岩石生命体っていうものも成立しうるから、灼熱のマグマが流れる惑星上で、知性と意識を持った岩石生命体が文明を発達させるってこともありうるかもしれない。
そう考えると、必ずしも、生命にとって、「水」は不可欠な物とは言えないと思うけど。
さらに言うと、電離プラズマの体を有する「恒星生物」というものすら、想定可能だから。
一度、長谷川祐一さんの「マップス」を読むといいかも。
この作品は、人造生命体である「ピメイダー」がいたり、岩石生物の武器商人がいたり、恒星生物の勇者がいたり、いろんな生物が入り乱れて、最終的に巨大な「脳」の怪物である伝承族との戦いになだれ込んでいく。
第1作が書かれたのはもう30年前だけど、今読んでも十分面白いと思う。
ただ、出てくるピメイダーに関しては、好き嫌いははっきりとわかれると思うけど。

80

80. 匿名処理班

  • 2015年12月26日 09:58
  • ID:KVVIPXTi0 #

最新のロケットでも数万年もかかるの?
やっぱり人類史の続くうちに太陽系外への移住ってのは無理そう
この星へも生ものの人間が目指すより
人類の播種って意味でアンドロイドさんに遺伝情報持たせて
長旅してもらうのが良さそう

81

81. 匿名処理班

  • 2015年12月26日 13:13
  • ID:jhe4k63v0 #

※50
目が青い人々にとっては具合よさそうじゃん
海外ドラマの室内の暗いこと暗いこと

82

82. 匿名処理班

  • 2015年12月26日 13:41
  • ID:7c32mY4H0 #

※60を書いた者だけど
今見直したらニューホライズンの速度が間違ってた ×約1 600m/s ○約16 000m/s
ただ、ウルフ1061cに到着までは26万2318年で合ってる
それと補足として、ウルフ1061cに例えば262年で行こうとする(ニューホライズンの1000倍の速度)
この場合、月に24秒で行けるエンジンが必要になる(加速、減速は無視)
ただし、これでも光速の053%にしかならないので、ウラシマ効果の恩恵は受けられない
このまま宇宙開発と技術革新が進んだとしても、数百年は待たないと難しいと思う。

83

83. 匿名処理班

  • 2015年12月26日 14:10
  • ID:LW.9gPUn0 #

※64
光速の90%で4年だと、静止してる方は9年ぐらい

84

84. 匿名処理班

  • 2015年12月26日 23:53
  • ID:2BjDieE.0 #

千代の富士みたいのがいっぱいいるんだろ?
知ってるんだから。

85

85. 匿名処理班

  • 2015年12月27日 20:21
  • ID:9AYyRvOs0 #

今どんどん見つかってるこういう惑星って軌道が地球とその恒星と惑星がほぼ直線になるものだけしか観測できないんでしょ?
ということは実際はその何十倍も‥いやもっと多くの惑星が存在してるんだろうね

86

86. 匿名処理班

  • 2015年12月30日 23:46
  • ID:Y.pZ.i9S0 #

すでに地球人より高度に進んだ異星人が住んでる予感しかしない...

87

87. 匿名処理班

  • 2016年01月01日 07:38
  • ID:NeVc0z.q0 #

132兆とか人間の寿命使い切ってもそこまでいけるかどうかすら怪しいレベルだなぁ、見つけることはいいことだけどそこにたどり着く術が無ければ意味がないよね

88

88. 匿名処理班

  • 2016年01月16日 03:18
  • ID:P1vibL.I0 #

ウルフ・・・近くでボーグとの戦闘が勃発しそうだな

89

89. 匿名処理班

  • 2016年05月20日 22:29
  • ID:WDRyWe5l0 #

粒子を加速すれば無抵抗の宇宙空間で理論的には亜光速では巡航できるんだけどね…(加速器では光速に限りなく近い速度まで電磁力でその質量の有る陽子を加速してる)

90

90. 匿名処理班

  • 2018年12月22日 13:59
  • ID:qfJURMwf0 #

その速さで船体や人体がもつかね?

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク