4

 米航空宇宙局(NASA)は毎年木星の映像を更新しているが、今年のプロジェクトは特に魅力的だった。NASAでは毎年ハッブル宇宙望遠鏡でこの巨大惑星の現在と未来に渡る変化を撮影し続けている。この観測は、風、雲、嵐、大気の化学的性質などの幅広い特徴を捉えるよう意図されたものだ。

 高解像度で撮影された木星の画像は既に赤道の北側にある珍しい波と、これまで知られていなかった大赤斑の核にある独特のフィラメント状の特徴を明らかにした。

スポンサードリンク


NASA | Jupiter in 4k Ultra HD

 NASAのゴダード宇宙飛行センターでは、ハッブル宇宙望遠鏡に搭載されている広視野カメラ3を使用して行った観測から、2枚の木星のグローバル地図を作成した。この2枚は回転する木星の表と裏を写したもので、その風速を推測することができる。

 また、画像からは、大赤斑に何年も起きていた縮小を続け、円形に近づく傾向が現在でも変わらないことを確認できる。この特徴的な嵐の長軸は、2014年の時と比べて240km短くなっている。最近は通常以上の速さで縮小が続いていた嵐だが、最新の変化は長期的なトレンドと一致したものである。

 大赤斑は赤よりはオレンジっぽい色合いになり、通常はより強い色合いをしているはずのその核は、以前ほど目立たなくなっている。また、独特の小さい微かなフィラメントが大赤斑の幅全体に渡って観測される。大赤斑の連続画像からは、このフィラメント状の流れが秒速150m以上の風によって歪められながら、10時間間隔で回転していることが分かる。

 木星の赤道地帯北側では、数十年前にボイジャー2号によってたった1度だけ発見されたことがある、微かな波が観測された。波は非常に視認しにくく、北緯16度付近の低気圧と高気圧が点在する領域を移動する姿が発見されるまでは、かつて観測されたものとはかなり違った姿をしていた。地球の大気の低気圧が形成される場所では、傾圧波というこれに類似した波が出現することがある。

2_e12
木星の北赤道地帯で発見された非常に珍しい波。着色合成画像からは低気圧(矢印)と波(縦の線)が確認できる(出典:NASA/ESA/Goddard/UCBerkeley/JPL-Caltech/STScI)

 研究者によれば、波は雲の下の澄んだ層で発生したもので、これが雲層まで伝搬した時に視認できるようになる可能性があるようだ。この説は、波高点の間にある空間によって裏付けられる。

3_e
一番目の地図と二番目の地図を比較することで、木星の雲の動きを見て取れる。青枠と赤枠の大赤斑の拡大画像から、これまで見られなかったフィラメント状の特徴が確認できる(出典:NASA/ESA/Goddard/UCBerkeley/JPL-Caltech/STScI)

 木星の他に、海王星と天王星も観測された。両惑星の地図もいずれ公開アーカイブにアップされる予定だ。その後には土星が追加される。ハッブル宇宙望遠鏡は毎年、外惑星大気遺産プログラム(Outer Planet Atomospheres Legacy program)に貢献している。

1_e12

 このプログラムによって作成された地図は、巨大惑星の大気について理解を深める手がかりになるだけでなく、他の惑星の周囲に発見された大気、さらには地球の大気や海洋の理解にも役立つ。長期的には大きな価値を秘めたものであるそうだ。

via:nasa・Translated hiroching

▼あわせて読みたい
NASA、衛星「エウロパ」に生命体探しの旅へ。魚型生命体に出会えるか?


地球外生命体の存在が更にアップ?木星の衛星エウロパに巨大地底湖


木星付近を高速移動するミトコンドリア型の謎の飛行物体が確認される


ロシアが木星の衛星「ガニメデ」に本気を出しているらしい。探査機を送り込むミッションが進行中


7月1日、金星と木星が最接近! 肉眼で見える貴重な惑星ランデブーを見逃すな!




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2015年10月18日 09:05
  • ID:4gvOY0QE0 #

真空での観測すげーよ、空気の層ってやはり邪魔なんだな

2

2. 匿名処理班

  • 2015年10月18日 09:28
  • ID:2hUPQMPm0 #

「さよならジュピター」って映画を思い出した

3

3. 匿名処理班

  • 2015年10月18日 10:12
  • ID:O5lQP9Df0 #

木星ってサーティーワンのアイスにありそうな見た目してるよね

4

4. 匿名処理班

  • 2015年10月18日 10:23
  • ID:Hv43eOU20 #

いやー乱世乱世!

5

5. 匿名処理班

  • 2015年10月18日 10:34
  • ID:oqe4iFNy0 #

大赤班小さくなったなぁ。

6

6. 匿名処理班

  • 2015年10月18日 11:05
  • ID:0GhRHEVe0 #

俺は「2010年」を思い出した。

7

7. 匿名処理班

  • 2015年10月18日 11:08
  • ID:8sY.69fY0 #

地球よりでかい斑点なんでしょ

8

8. 匿名処理班

  • 2015年10月18日 11:29
  • ID:FMJWG1Ff0 #

こんだけ有機物質があるなら、何かいそうだけどなw

9

9. 匿名処理班

  • 2015年10月18日 11:55
  • ID:lSUb8RBv0 #

改めてじっくり見ると感慨深いものがあるね
こんな不可思議な模様で途方もなく巨大なものが無数にあるんだよな
ただずっと観察したい

10

10. 匿名処理班

  • 2015年10月18日 11:58
  • ID:rXvFN.nI0 #

いいねぇロマンがある

11

11. 匿名処理班

  • 2015年10月18日 12:09
  • ID:7uYxCSA.0 #

※8
木星には確実にいるよ!エウロパやエンケラドスよりもね
ただ、重力がとんでもないから発見する手段がないので
NASAも見送ってるだけ

12

12. 匿名処理班

  • 2015年10月18日 12:47
  • ID:e.3quT.70 #

木星には物凄い量の液体水素があるから「ほぼ無尽蔵のエネルギー資源の塊」なんだよなぁ
持ち運べればの話だけど…

13

13. 匿名処理班

  • 2015年10月18日 13:31
  • ID:C6.BnFbR0 #

ピテカントロプスになる日も近づいたんだよ

14

14. 匿名処理班

  • 2015年10月18日 13:55
  • ID:7uYxCSA.0 #

※11
重力→気圧
の間違い

15

15. 匿名処理班

  • 2015年10月18日 14:38
  • ID:ikL3Wdua0 #

大赤斑ほんとに小さくなってるなあ。
木星のシンボルマーク的魅力があるから、出来ればこれ以上縮んで欲しくないけど、自然現象だからなぁ。

16

16. 匿名処理班

  • 2015年10月18日 15:59
  • ID:J.8vuN0g0 #

大赤飯の下には超巨大火山クロノスがあるそうな

17

17. ・・・

  • 2015年10月18日 16:34
  • ID:zdBd1YHM0 #

木星の表面画像の下の方にポツポツとあるのは、いつぞやの彗星の激突痕だろうか

18

18. 匿名処理班

  • 2015年10月18日 16:59
  • ID:JMqqS20d0 #

大赤斑が小さくなってるじゃん
中赤班程度に

19

19. 匿名処理班

  • 2015年10月18日 18:09
  • ID:yIaGWM5S0 #

望遠鏡は良いぞ望遠鏡
みんな買おうぜ・・・

20

20. 匿名処理班

  • 2015年10月19日 04:48
  • ID:vdnzDun30 #

※15
「止まない雨は無いのさ・・・」の凄い奴

21

21. 匿名処理班

  • 2015年10月19日 17:54
  • ID:jRR.m3730 #

大赤斑を見るたびにデススターのレーザー発射口を思い出す

22

22. 匿名処理班

  • 2015年10月20日 15:06
  • ID:vsa6jFjh0 #

何故だかわからないけど、木星とか土星とかの姿って、ゾクゾクする(いい意味で)
いつか近くで観察できたらなあ、と思う。

23

23. 匿名処理班

  • 2015年10月24日 08:54
  • ID:BeuIimhN0 #

低圧帯とか高圧帯とか基本的に地球と同じデザインなんだな。地球にもアメリカ東海岸とかユーラシア大陸東岸の島嶼とかやたらと台風が来るところがあるから分厚い大気層の下の地形を読み取れたりしないだろうか?

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク