0_e35

 高くそびえたつ密集した木々の葉が重ならずにまるで空が割れが起きたかのように見えるこの現象は「クラウン・シャイネス」と呼ばれている。

 これは樹冠が重なり合うことなく、空間を分け合う、多くの樹木が同時に成長した時にのみ起こる現象だそうだ。お互いの葉が重ならないように、「どうぞ、どうぞどうぞ」と譲り合いながら成長していく。

 この現象は1920年代から科学者により議論されていたが、いまだその理由は十分に解き明かされていない。
スポンサードリンク


Kapur Tree "Crown Shyness" Canopy

 クラウン・シャイネスは熱帯地域に多く見られるフタバガキ科の樹木が同時期に成長した際に見られる、とても珍しい現象である。木が遠慮し合い成長する姿に日本語では「樹冠の遠慮」と呼ばれているそうだ。

1_e42

2_e34

3_e38

 フタバガキ科の樹木のうち、樹高50m前後になる巨木がクラウン・シャイネス現象を引き起こす。この樹木はアジアの熱帯雨林を構成する代表的な樹種であり、スマトラ、マレー半島とボルネオ島などに生息する。

 とても幻想的な光景であるが、なぜ木々が間隔を空けて育つのか、正確な理由は解明されていない。

4_e31

5_e24

 この木の木材はラワン材として利用されているが、生長が遅いため乱伐や乱開発により絶滅が危惧されるものも少なくないという。

via:amusingplanet

▼あわせて読みたい
植物には到底かなわない。数千年から数万年も生き抜いている生きている、地球で最も長生きな10の植物


植物のなんちゃって能力が半端ない。何かの顔や形そっくりに擬態した17種の植物


やっぱ植物すごいわ。樹木の持つ驚くべき7つの能力


何目的だよ?ホラーすぎる造形をした10の植物


植物だって相当ヤバイ、恐怖の殺人植物ベスト10




この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
4504 points
孤児になった子熊たちが大量のりんごを目の前に、猫のゴロゴロのような音をだす

孤児になった子熊たちが大量のりんごを目の前に、猫のゴロゴロのような音をだす

2020年10月21日
3364133233
2位
4449 points
雪積る日、猫をくわえ自分の犬小屋に運び寒さから守ろうとした犬

雪積る日、猫をくわえ自分の犬小屋に運び寒さから守ろうとした犬

2020年10月26日
2284171248
3位
4375 points
野良犬のピットブル、迷子の子供を発見し自らボディーガード役となり親と再会するまで守り抜く(アメリカ)

野良犬のピットブル、迷子の子供を発見し自らボディーガード役となり親と再会するまで守り抜く(アメリカ)

2020年10月22日
894249235
4位
4247 points
野良の子猫、犬の散歩をしていた人にロックオン。粘り強く後をついていき永遠の家を手に入れる(アメリカ)

野良の子猫、犬の散歩をしていた人にロックオン。粘り強く後をついていき永遠の家を手に入れる(アメリカ)

2020年10月25日
1334094119
5位
3940 points
ちっちゃかわっ!5匹のコツメカワウソの赤ちゃん生まれたよ(ニュージーランド・オークランド動物園)

ちっちゃかわっ!5匹のコツメカワウソの赤ちゃん生まれたよ(ニュージーランド・オークランド動物園)

2020年10月19日
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 14:34
  • ID:6Sb9Q2gM0 #

自分らの子が育ちやすい環境を作るため?
それとも、重なった部分は光合成の効率が悪いから下の方が枯らしちゃうとか?
わからないけども神秘的だな

2

2. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 14:40
  • ID:5s0Jzzc80 #

空から撮しているように見えた

3

3. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 14:40
  • ID:jpYzvyi70 #

幻想的だね〜こういうとこ行ってみたいな〜

4

4. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 14:48
  • ID:9.jRYgYj0 #

これだけ高い木であるから、上方は風である程度揺れる
風が吹けば隣に普通に接触するし
隣りの木が邪魔でそっちに葉を伸ばせないだけでしょ

5

5. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 14:48
  • ID:1.YVo9u40 #

これって譲り合いとは真逆のアレロパシー
(自分の縄張りで、化学物質によって他の植物の成長を阻害する機能)じゃないのかねえ
互いに先んじて領地を広げようとした結果としてできた国境みたいなもんじゃないの

6

6. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 15:03
  • ID:lCHxGdgS0 #

接触することで成長が止まっているか、歯が落ちているだけだね。

7

7. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 15:03
  • ID:2OSOTS5c0 #

重なりあったところが自然に枯れていくとかいう簡単な理由なら、学者さんも悩まないんだろうけどなぁ。

8

8. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 15:03
  • ID:.6qaK3ze0 #

マレーシアに旅行に行った時に見た!
今でもよく覚えてるわ

9

9. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 15:10
  • ID:tUrlj2HQ0 #

う〜ん、杉林でも見れる気がするんだけど別物なのか?

10

10. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 15:10
  • ID:v3TkJmm70 #

明「良い丸太になりそうな木はねぇか!?」

11

11. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 15:11
  • ID:u0UOTB8V0 #

日の当たる部分を隠したくないんじゃないの

12

12. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 15:18
  • ID:VGOJ6yc.0 #

>樹冠の遠慮
やっぱ日本語って好き

13

13. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 15:20
  • ID:2y9da6hy0 #

「ここまで育ったからにはお互い邪魔せず一緒に成長しようや〜」
的な共存意識でもあるのかしらん。

14

14. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 15:47
  • ID:LIsX1Xbk0 #

サムネ見たとき外に出たら見上げて探してみよう思ったのに特定の種類だけかー、ざんねん。 
植物はやっぱり面白い。

15

15. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 15:53
  • ID:2Q1Mxtgc0 #

普段自分より成長が遅い植物がいた場合限界まで枝葉を広げるので、遅い方は光合成できずに朽ちて行くのが常だけど、このサイズになってよそと被るのは体力の無駄ってことで境界線ができるのかね

16

16. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 15:53
  • ID:XkA5T8ho0 #

答えは流氷にあると思う。水面で互いぶつかり合って隙間ができるのが沖合の隙間がある流氷。接岸して重なりあう流氷は一般的な高さがバラバラで密集した森と同じ状態。

17

17. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 16:23
  • ID:5iuRUlxt0 #

やっぱり植物にも感情とかあるのかな・・・・

18

18. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 16:26
  • ID:AT7AU1Qi0 #

園芸をやっててわかったことだけど、恐らく植物にはテレパシー能力がある。

19

19. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 16:29
  • ID:EGiBkAC40 #

日向に向かって伸びればこうなりそうなもんだけど、
そんな簡単な話じゃないのか

20

20. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 16:32
  • ID:uqTeR4eU0 #

俺は、俺達は空を……割るっ!

21

21. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 16:35
  • ID:9aryYm.e0 #

(何故、俺たちが思いつくようなことは科学者も思いついて検証してみてると思わない人がこんなにも多いのだろうか)
それはともかく、確かに割れた流氷とかに似てる。
あと下から見上げた感じが非常にトライポフォビアを刺激する。かゆい。

22

22. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 16:40
  • ID:00dK3l8Z0 #

人間で言うと、向かいから来た人をスッと互いに避けた感じ?

23

23. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 16:52
  • ID:mtCQPrVM0 #

何かお互い忌避物質出してそう

24

24. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 17:16
  • ID:aFPHYT9R0 #

一種類の木でしかならないのであれば、生物としてそういう風に作られていそう
この木一本ずつが個なのではなく、この森のこの木全てで個って感じ
全体の個とするなら、亀の甲羅や魚の鱗に隙間が出来ないように逆にわざと隙間を開けて育つということも可能なんじゃないか?

25

25. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 17:30
  • ID:W4Rv1tLc0 #

>>25
マジか。俺も園芸やってるけど、テレパシーあるとか思えた事なんて一回もないわw
俺は園芸を続けてたら、植物は生物ではなく「水の流れ、川の流れ」に近いと思うようになった

26

26. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 18:10
  • ID:qjA7QlTx0 #

※10
だいたいコメントにでるような仮説を考えてるんだろうけど、相手が木じゃ実際に検証するとなると数年単位で観察し続けなきゃならないし、大変そうだな

27

27. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 18:10
  • ID:PBuz0wAJ0 #

なぜか腐海の森を連想した

28

28. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 18:17
  • ID:aS7apV.I0 #

植物は人間が思ってるほど無意識じゃない
むしろ想像以上に感受性が高い
よく植物に声をかけると育ちがいいというが、それは正しい
人間が植物に送る感情を感受できる能力が植物にはある
だから愛情の逆も植物に伝わってしまう

29

29. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 18:17
  • ID:PXxYIrqQ0 #

画像なんか一瞬ケロイドの盛り上がりに見えてゾクッときた:(;゙゚'ω゚'):

30

30. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 18:53
  • ID:P1F0ZdK50 #

根っこがつながっていて情報共有している

31

31. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 18:54
  • ID:ltDuvdBF0 #

これって同時に同じ高さに育たないと成り立たたない?それとも同じ高さになってから枝葉を引っ込めるというのか…?

32

32. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 19:56
  • ID:1Q0K.YsI0 #

木とお喋り出来る伊藤三巳華さんを派遣して木の話を聴いてみたい

33

33. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 20:45
  • ID:JUUizRjo0 #

縄張りにしか見えんが

34

34. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 20:46
  • ID:KUAOfbNi0 #

或いは満員電車で痴漢冤罪を避ける為に両手を挙げているような

35

35. 匿名処理班

  • 2015年09月19日 22:11
  • ID:yCPC9Hm.0 #

※28
まぁまぁ、良いじゃない。ここは別に学会なわけではないんだし。それに、学者はとっくに考えている仮説だとしても、思いついていない人にとってはコメントを見て「なるほど、こういう考え方があるのか」と思うこともあるだろうし。

36

36. 匿名処理班

  • 2015年09月20日 00:04
  • ID:NSbkZg4M0 #

前に読んだ漫画か小説か何かで、「私たちはお互い相談しあって枝を伸ばします」って植物が言ってるのがあったな。アレなんだっけ〜〜。思いだせなくてスッキリしないいい!

37

37. 匿名処理班

  • 2015年09月20日 00:59
  • ID:TsuLp9I.0 #

お互い先端から嫌な電磁波でも出てるのかと思ったw
でも自分だけ大きくなって下の草木を枯らすと、結局根元の土も痩せるんだよね

38

38. 匿名処理班

  • 2015年09月20日 01:53
  • ID:nMKmP.6f0 #

たぶん全部親族だから

39

39. 匿名処理班

  • 2015年09月20日 04:19
  • ID:PSizj7JJ0 #

花を育てているんだけど、たぶん横の葉と重なると病気になるからじゃないかな?
花なんかは病気になる種類もあったりするよ。

40

40. 匿名処理班

  • 2015年09月20日 05:33
  • ID:.s71jsI30 #

※25
岡崎次郎先生の漫画にそういう話があったよ。
あの人の漫画は図鑑のように面白いからよかったら読んでみ

41

41. 匿名処理班

  • 2015年09月20日 07:11
  • ID:pxfcKNXe0 #

この木が遺伝的に近い木が一箇所に密集する傾向を持っていているのなら、血縁選択の結果として説明できる。
遺伝的に近いグループの包括適応度を上げるには日光を巡って競争するよりも、無駄な成長(コスト)をして枯らさずに、葉が重なりそうになったら成長を止める方が効率的。
したがって競争を止めさせる遺伝子が(利他的遺伝子)がプールの中で頻度を増していく。
これは動物の親子や兄弟が食べ物を分け合う事と同じ。
もちろん(遺伝的に近い木が一箇所に集中する)という前提が正しければなのだが、真偽は分からん

42

42. 匿名処理班

  • 2015年09月20日 14:22
  • ID:gTevC1420 #

※28
学者が考えそうなことは、一般人は無闇に書き込むもんじゃないなんて言い出したら、
コメ欄は白紙と化しちゃうよ。

43

43. 匿名処理班

  • 2015年09月20日 21:56
  • ID:N8HRqRo30 #

こういうのは仮説はあるんだろうけど
証明は難しいんだろうねえ

44

44. 匿名処理班

  • 2015年09月21日 00:00
  • ID:hSLXdW.c0 #

とりあえず、思いついたことは言ってみよー\(^o^)/

45

45. 匿名処理班

  • 2015年09月21日 06:15
  • ID:ZDehcguw0 #

葉がこすれ合う振動と虫が咀嚼する振動が似てるとかじゃないかな

46

46. 匿名処理班

  • 2015年09月21日 07:13
  • ID:IJfU4Deq0 #

※5
だったら、他の木にも同じ現象が現れるはずじゃないのか?
自分が知る限り、木は重なり合って成長してるけどな。

47

47. 匿名処理班

  • 2015年09月21日 13:24
  • ID:UDx7pjLj0 #

譲り合いとは逆な減少だよなコレ
自分達の生存性を高めるために高い場所で光合成を行い低い場所への光を遮る
光を遮断する事によって他の樹木を絶滅させようとしてるだけ
これも戦略の一種だろう

48

48. 匿名処理班

  • 2015年09月22日 17:30
  • ID:yzOqZeg90 #

どうぞどうぞ、で
ダチョウ倶楽部を思い出してしまった俺には
ロマンを語る資格はない

49

49. 匿名処理班

  • 2015年09月23日 03:47
  • ID:Oj7FVIQi0 #

理由が判明して無いというより仕組みが判明してないのではないだろうか。

50

50. 匿名処理班

  • 2015年09月23日 20:43
  • ID:LY5tjcw80 #

逆に空から見たらどうなってんだろうこれ

51

51. 匿名処理班

  • 2015年09月25日 17:37
  • ID:FkXGUqgj0 #

細胞みたいだな

52

52. 匿名処理班

  • 2015年09月26日 08:38
  • ID:TGiRRgAt0 #

風で揺らされてぶつかり合い、そのぶつかった部分が摩耗が激しいので自己防衛のために成長をかなり緩めたからだよ。

53

53. 匿名処理班

  • 2015年09月27日 14:33
  • ID:PIxyUk0R0 #

人間みたいだね。自分のテリトリーは塀を作って囲いこんじゃう。それに似ている印象を持ちました。でも、レース編みのようでとても綺麗。

54

54. 匿名処理班

  • 2015年09月27日 15:14
  • ID:mbsFHGqX0 #

※33
成長の早いのは良いぞ
暴力的にすら感じる

55

55. 匿名処理班

  • 2015年09月28日 21:43
  • ID:ya3mOUl90 #

本来なら光の取り合いになるはずなのに。なんだこれ?

56

56. 匿名処理班

  • 2015年09月30日 16:37
  • ID:Aeibo42.0 #

成長を阻害するから、下の草木が枯れるから、縄張りだからって発想だと
その根底には植物には思考・予測するだけの知性があるってことにならん?

57

57. 匿名処理班

  • 2015年10月05日 14:37
  • ID:CbVNOtJr0 #

>>65
33だが、俺も成長の早い木は大好きだよ
色んな樹を育てているが、中でもニセアカシア(の変異種)はキチガイじみた成長の早さでな・・・
毎年二回剪定しているが、一本の木で枝の合計が20mくらい?毎回伸びて苦労する。
しかもトゲだらけで血が出るし、昔は本体が何度も倒れたし、
遥か遠くから自分のコピーをいくつも生み出すしw
だが、そのキチガイじみた特性が大好きw
しかし木に意識みたいなもの、マジであるのか?
挿し芽、挿し木、接木したらその辺はどうなっているんだろう
俺には「川の流れ的な法則」+「樹種ごとの簡単なプログラム(枝の角度、木全体からの枝の位置、日光の当たり具合など)」で、
各パラメーターが自動的に特定の法則で割り振られているように見える。
まあ、そういう俺も昔から無意識に木の幹をナデナデして話しかけたりしてるんだけどなw
奴等は実は何かしら認識していたのか?w

58

58. 合わない見方で生きて居ない

  • 2016年02月09日 09:43
  • ID:3H3mxn8w0 #

まずですねここに居る方みなさんおかしいと思うんです
それはですね、まず木には足がありません
足があったりして動いたりすることが一切ないわけです。
流れに身を任せて生きているなんてことは一切ないわけです。
普通の動物のように考えている方はおかしいと思います。
木は前提にしたがって生きていかないと死ぬんです。
その場から動かないからといって、生きて居ないわけではないんです。
横に動くとかそういうベクトルじゃありません。
上に行くんです。
上に行くと言う意味で生きているんです。
木の生き方に合わない見方で生きて居ないとか言わないでください。
生きて居なかったら死んで居ます。

59

59. 匿名処理班

  • 2017年01月25日 09:17
  • ID:jyyzyajd0 #

※6
プラスもマイナスも評価出来ない。

60

60. 匿名処理班

  • 2020年03月31日 11:15
  • ID:EO74YrHQ0 #

ゆずりあい、空。

61

61. 匿名処理班

  • 2020年04月23日 03:48
  • ID:7J5bFM7w0 #

枝の広がりは根の広がりに比例する。とすれば、根がギュウギュウに張ってしまって枝ももう広がれない、という状態なのでは?

62

62. 匿名処理班

  • 2020年04月26日 07:37
  • ID:lSXQdgMR0 #

たまに日本の杉林でも見ますね。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク