00_e0

 まるで古いSF映画の小道具のようなデザインだが、ここで紹介するものは、70年以上前にイギリスの極秘軍事研究所で開発されていた本物の兵器だ。

 “チャーチルのおもちゃ屋”とも呼ばれていた国防省1課は、英国の元首相であり、連合国側を勝利に導いたウィンストン・チャーチル(1874年 - 1965年)によって1939年に設立された兵器研究所である。チャーチルは戦争における科学技術の重要性を確信していた人物であった。

 そこでは奇妙な発明品の積極的な試験が奨励されていた。その多くがほとんど使い物にならなかったものの、中には第二次世界大戦を終結させるほどの重要な役割を担った兵器も開発された。
スポンサードリンク

1. パンジャンドラム ー ロケットを覆う巨大な車輪

1_e1

 “太平洋の壁”とは、連合軍の侵攻に備えてナチスが築いた海岸防衛線のことだ。連合軍にとっては厄介な障害であり、これを突破するための方法が考案された。

 パンジャンドラムは一見したところ兵器には見えないが、巨大な木製車輪の車軸には大量の爆発物が内臓されている。コルダイト・ロケットによって最大時速97kmで走行するとされたが、火薬を搭載していない状態でも1800kgの重量があった。何度も実験が行われた末に、進路を大きく逸れたプロトタイプが海でバラバラになってしまい、それが最後の実験となった。


2. タイム・ペンシル ー 総統の命を狙った隠し起爆装置

10_e

 えんぴつ型の時限信管で、一方の先端には腐食性塩化銅が充填される容器を内蔵している。爆薬に挿入し、起爆タイマーとして使われた。先端の容器を壊すと、塩化銅が金属ワイヤーを溶かし始める。ワイヤーが切れると、バネによって撃針が内部の空洞を信管まで走り、爆薬を点火するという仕組みだ。アフリカでは、SASによる隠密作戦で多用された。1944年7月20日のヒトラー暗殺作戦に用いられたこともある。


3. リムペットマイン ー 人間魚雷

2_e2

 爆薬を人間に取り付けて人間魚雷にするというアイデアは、第一次世界大戦末期に発案された。チャーチルのおもちゃ屋では、さらに改良を加え、潜水工作員に2kgの爆薬を携帯させ、当時世界最強の磁石で敵艦に取り付けるというものを開発した。船底に大穴を開けられたらたまったものではないだろう。1943年のシンガポール港での戦いでは、日本軍艦7隻を沈めるという大戦果を残している。


4. ハバクック計画 ー 巨大氷山空母

3_e2

 大戦中、鋼鉄とアルミは高価であったことから、安価な大西洋航路支援拠点が必要とされていた。これに対して、発明家ジェフリー・N・パイクが出した答えは氷であった。

 氷山には転覆しやすいという欠点があったため、木材パルプと氷の組み合わせた素材パイクリートが編み出された。沈むことがないうえ、氷単体よりもはるかに強靭で砕けなかったため、加工も容易であった。しかし、コスト的な問題など、その建造途中で数々の技術的困難に直面し、さらに大西洋の戦局が有利に傾いたこともあり、1943年に計画は中止となった。


5. 粘着手榴弾 ー ときには自爆してしまう強力爆弾

4_e1

 ニトログリセリン500gを充填したガラス製球形容器を強力接着剤でくるみ、これを板金ケースに収めたものだ。柄の部分には5秒の遅延信管と安全ピンが収納されており、ピンを引くとケースが外れ、接着部分が露出するようにできている。

 設計者の狙いは、もちろんこの接着部分を戦車などに粘着させることだ。だが、実戦での戦車は泥まみれで容易に接着できないうえ、取り扱いを誤ると利用者自身にくっつく危険もあった。それでも1940〜43年には250百万個が製造され、実戦に投入されている。


6. 人造港 ー 戦車の上陸を支援した即席港

5_e

  人造港とでもいうべき“マルベリー”は、主に第二次世界大戦中に設計された持ち運び可能な仮設港である。ノルマンディー上陸作戦が始まる数年前、西ヨーロッパ大西洋沿岸への大規模な上陸にはフランスの港の利用が不可欠であることが明らかとなった。だが、そのためにはナチスの大西洋の壁を突破する必要があり、容易に実現することはできなかった。

 その代案として考案されたのが、マルベリーをフランスの海岸まで輸送し、クレーン、道路、桟橋を備えた即席港を作ろうというものであった。1944年6月に実施されたノルマンディー上陸作戦では、マルベリーAおよびマルベリーBが見事に展開された。アメリカ軍が作成したマルベリーAは嵐によって損壊したが、イギリス軍製のマルベリーBはD-デイから6ヶ月間の間その役割を果たしている。


7. ピアット ー 歩兵の対戦車戦切り札(博打レベル)

6_e

 第二次世界大戦中期、ナチス軍戦車の装甲性能は大きく向上し、旧式の歩兵グレネードランチャーでは貫通することができなくなっていた。これを打開するために開発されたのが、歩兵用対戦車投射器(Projector, Infantry, Anti-Tank)、通称ピアットだ。

 強力なバネで1.1kgの弾体を射出するもので、110mの射程を誇った。実戦に配備されたのは1943年で、以降終戦まで連合軍によって使用された。命中率はせいぜい60パーセント、信管作動率も75パーセントと必ずしも信頼性が高いわけではなかったが、当たりさえすれば戦車を破壊できる対戦車線の切り札であった。

 ウィンストン・チャーチルの映像(1942年)

Churchill vows to open the world to larger freedoms
via:dailymail.・原文翻訳:hiroching

▼あわせて読みたい
当時圧倒的科学技術力を持ったナチスドイツが開発していたクレージーな10の兵器


第二次世界大戦中の歩兵用武器トップ10


激動の第二次世界大戦末期を記録した衝撃的画像


第二次世界大戦中に使用されていた世界各国の軍用バイク


第二次世界大戦時代の軍用犬とガスマスクの歴史


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2015年04月18日 20:56
  • ID:E0CtfYcw0 #

70年代、80年代の日本に勢いがあった頃に官民が自由に兵器研究できてたら、
けっこう今頃すごい成果がでてたかもな。レールガンとかレーザーとか宇宙兵器とか。

2

2. 匿名処理班

  • 2015年04月18日 21:08
  • ID:OUHvPqx10 #

ちなみに、人間魚雷的なものはイタリアでもあったそうである。
といっても、未帰還前提のものではなく、水中スクーターに跨って敵泊地に潜入、船底に爆薬を仕掛け、爆破→逃走するもの。これで実際に戦火を挙げてるんだからイタリア人は人数少ない方が強いのかもしれない。

3

3. 匿名処理班

  • 2015年04月18日 21:15
  • ID:v.Y3cHMe0 #

戦時は人間の命が一番安いって本当だなあと思いました。

4

4. 匿名処理班

  • 2015年04月18日 21:42
  • ID:ryTRxlovO #

今ならDARPAって所だなw

5

5. 匿名処理班

  • 2015年04月18日 21:43
  • ID:SDChmFSx0 #

パンジャンドラムがあると思ったら、あった。
パイアットがあると思わなかったが、けっこうな珍兵器なのよね。

氷山空母ハバクックは、この絵のような物にはなれず、建造?したら海面スレスレになっちゃうそうだ。
一方メリケンは週刊護衛空母を創刊した。

6

6. 匿名処理班

  • 2015年04月18日 21:55
  • ID:Y.jDQVov0 #

PIATは命中率は、米軍のバズーカや独軍のパンツァーシュレックと比べても
劣っているように思えない。

バネで飛ばすって発想が英国式過ぎて問題。
それでtiger兇魴眷砲靴討い襪ら評価に困る。

7

7. 匿名処理班

  • 2015年04月18日 21:58
  • ID:MHmZ2ofS0 #

パンジャンドラムよ永遠に
冗談でなく永遠にネタにされ続けられるであろう伝説の兵器
大英帝国は偉大なり

8

8. 匿名処理班

  • 2015年04月18日 21:59
  • ID:GtBul2QY0 #

パイアットじゃないかな

9

9. 匿名処理班

  • 2015年04月18日 22:33
  • ID:U1shbdvy0 #

人間地雷ってくっつけた人は逃げることができる…よね?
吸着グレネードがくっついた人は絶望的そう

10

10. 匿名処理班

  • 2015年04月18日 22:38
  • ID:WJDST9QZ0 #

人間魚雷の原型みたいなもので爆破火具師いて
強固なドアや塀を火を付いた火薬をくっつけてくる
でもタイミング悪いと自分も吹っ飛ぶので命懸け
イギリスってこの手の危険な職多すぎ

11

11. 匿名処理班

  • 2015年04月18日 22:39
  • ID:7QYG1jcw0 #

※2
回天も元々はそうでしたよ
計画書の段階では脱出装置付いてたし
あまりにも命中率が悪くて結局ああなったけれど

12

12. 匿名処理班

  • 2015年04月18日 22:48
  • ID:UXQdBQR00 #

6の人造港マルベリーが必要だったのは、ノルマンディー地方の海岸の干満の差が大きく揚陸艦が砂浜に取り残されたりそもそも海岸まで近付けずに座礁する事が考えられ、作戦に支障を来すから。これは有名なあの上陸作戦後の物資輸送において非常に役立った。

13

13. 匿名処理班

  • 2015年04月18日 22:56
  • ID:vUGEgvlX0 #

※1
宇宙に兵器持ってくのは国際条約で禁止されてます

14

14. 匿名処理班

  • 2015年04月18日 23:06
  • ID:ElHjIAe10 #

タイムペンシル信管は実際、ヒトラーの演説会場でも絵画の裏に仕込まれた爆弾に使用されましたが、いつもの演説なら45分掛かるのですが、その日は恋人の健康的心配から早めに演説を済ませた事からヒトラーは難を逃れた、という話も有ります。

15

15. 匿名処理班

  • 2015年04月18日 23:49
  • ID:Oh5kS9Ms0 #

奇抜な兵器ばっかりだけどリムペットマインや人造港、ピアットは普通に活躍してるね
しかしあまりに変なものを作ろうとしたら企画した時点で怒られたりしなかったんだろうか…
パンジャンドラムや氷山空母とか作り出す前に誰か止めろよ

16

16. 匿名処理班

  • 2015年04月19日 00:01
  • ID:j53lscEA0 #

対空手榴弾(空気圧で敵機に向かって打ち上げる・時限式なので命中率はゼロに等しい)とか対空火炎放射器(風に煽られて自滅しかけた)、対空ワイヤー(空気圧で敵機目掛けて落下傘付きワイヤーを打ち上げる・ワイヤーで敵機の主翼を切り裂く戦果あり)なんかが無いな。
パンジャンドラムを挙げるなら実用的だった兵器より英国面を持った兵器を紹介すべきだろう。

17

17. 匿名処理班

  • 2015年04月19日 00:08
  • ID:jt5oJRr00 #

日本にもいわゆる「不名誉な兵器」がありますね。
有名なのが旧帝國海軍が兵器開発工廠に依頼して試作した、誘導式爆弾です。
海軍のお偉いさん、陸軍将校、皇室からの来賓の前でお披露目をしました。が、
発射スイッチを押した直後、標的艦に向かって飛…ばずに、近所の温泉宿の
女子脱衣所に向けてまっしぐら!(笑)因みに陸軍将校が付けた名前の方が有名です。
「エ ロ爆弾」と(笑)

18

18. 匿名処理班

  • 2015年04月19日 00:24
  • ID:AMQ1urk60 #

パンジャンドラム開発者が後にSF作家になってるのが語るに落ちてるというかなんというか

19

19. 匿名処理班

  • 2015年04月19日 00:48
  • ID:1EBkYsG80 #

※6
PIATはバネ強すぎて背筋傷めるらしいね

20

20. 匿名処理班

  • 2015年04月19日 00:51
  • ID:1EBkYsG80 #

※13
ダウト 宇宙に持っていけないのは大量破壊兵器だけで通常兵器は持っていけます

21

21. 匿名処理班

  • 2015年04月19日 01:36
  • ID:KbG73AuB0 #

2次大戦中に
木製爆撃機(軽量化に成功)
布張り雷撃機
道路に専用燃料で火の壁を作ろうとした
イギリス版竹槍

対空ワイヤーそれなりに効果あったはず 
(爆撃機にワイヤーカッターを付けるハメになり重量過多で爆弾搭載量が半分になった)
やっぱり英国面の本場ですな

22

22. 匿名処理班

  • 2015年04月19日 02:46
  • ID:jt5oJRr00 #

日本にも対空ワイヤーは有り、一部実用化されましたが
、日本のは気球を使用する吊り下げ式を採用した為コストがかさみ、
更に目立つ気球は米軍機の格好の的とされ、あまり真価を発揮する事無く中止となったそうです

23

23. 匿名処理班

  • 2015年04月19日 03:37
  • ID:wQ2QhyBB0 #

英国面か

24

24. 匿名処理班

  • 2015年04月19日 07:12
  • ID:EBJnlArz0 #

ノルマンディー上陸の際の支援用に作った特殊工兵車両群、通称ホバートファニーズも当時としては奇妙な車両だっただろうけど、現在の軍事にはなってはなくてはならない車両だし、英国は理論倒れしそうなとんでもなく奇天烈なものを作る一方で、先見性のある有用なものを作るところがあるんだよな〜。

でも最近の英国は、あまりパッとしないかな?

25

25. ・・・

  • 2015年04月19日 08:12
  • ID:d92CrReb0 #

おや、実戦に投入されてきちんと戦果も挙げてる空中機雷がないようだが…
あと何考えてこんなもの作ったのかよくわからないダズル・ガンとか、誰かにだまされてるとしか思えないタービン・ライトとか、フロッグメンを殺すためだけの兵器CDLとか、地震爆弾とか自走塹壕掘削機カルチベーターとかetc…

ちなみに有名な話だけど、パンジャンドラムを作ってたのは、「渚にて」とか「パイドパイパー」を書いた作家のネビル・シュートだったり
それとシンガポールで日本軍相手に活躍したのは、リムペットマインじゃなくてX艇だった気がした

26

26.

  • 2015年04月19日 08:21
  • ID:i0zeumHf0 #
27

27. 匿名処理班

  • 2015年04月19日 09:29
  • ID:7erxJ2U20 #

皮肉な事にナチスドイツの兵器研究の成果は、
その後の宇宙開発に大きな影響を与えている。

28

28. 匿名処理班

  • 2015年04月19日 10:34
  • ID:WcwEanPn0 #

※24
L85A1「…なんかごめん」

29

29. 匿名処理班

  • 2015年04月19日 11:17
  • ID:H2Xqug9x0 #

※13
神の杖も禁止されてるけど普通に開発してるよね。
しかも開発してる事自体をアメリカ空軍が公表してる。

国際法なんて、敗戦国の軍事強化を抑えこむための口実であって、世界の平和を維持するためのものじゃない。

30

30. 匿名処理班

  • 2015年04月19日 12:33
  • ID:1ntNL6rR0 #

大西洋の壁だよね?小学生レベルのまちがいしてるよね

31

31. 匿名処理班

  • 2015年04月19日 21:02
  • ID:8uA.yv0.0 #

この頃ナルニア国が同じ国で書かれていたんだなぁ

32

32. 匿名処理班

  • 2015年04月20日 09:22
  • ID:HrQnzgUd0 #

対空手榴弾の実用性はともかくアイデアは新兵器VT信菅としてきちんと結実したじゃないか
アレで日本の敗戦は1年は早まった位に

33

33. 匿名処理班

  • 2015年04月20日 10:38
  • ID:s.1g4S.m0 #

※9
『磁石で取り付ける』ってなってるから、時差で作動できるんだろ。日本の回天みたいなのだったら、流石に世論が黙っちゃいないだろ。

34

34. 匿名処理班

  • 2015年04月20日 18:51
  • ID:sdYqENKQ0 #

CODで出てきた、マググリップとグラップルを実現して欲しい。

35

35. 匿名処理班

  • 2015年04月21日 11:07
  • ID:c4lsgwx.0 #

こういう訳のわからないものでも偉い人に握り潰されずにちゃんと予算出て試作させてくれるって技術屋的には天国だろうな

36

36. 匿名処理班

  • 2015年04月21日 17:08
  • ID:djWotiP70 #

何のかんの言っても、チャーチルが「これだ!」とベタ惚れしなければ戦車は生まれなかった。

37

37.

  • 2015年04月22日 06:44
  • ID:9309ZsuL0 #
38

38. 匿名処理班

  • 2015年04月23日 14:23
  • ID:smooiW6b0 #

粘着爆弾はなんかの戦争系ゲームで使って「便利な道具だなこれ」って思って使ってたなぁ
でも、実際に使ってもし握りつぶしちゃったらたまったもんじゃないね。想像するとマジ怖い

39

39. 匿名処理班

  • 2015年04月25日 21:34
  • ID:DWEFvWFZ0 #

>>2
ルイージさんだっけ?結構昇進してたような…
あ、緑の永遠の二番手の次男坊じゃないよ?

40

40. 匿名処理班

  • 2015年04月26日 05:37
  • ID:Q96Qg8EI0 #

パンジャンドラムは、まともに使えない兵器だと分かってからもわざと(目立つところで)開発続けてたらしいね。
目的は、連合軍が「大西洋の壁」攻略を本気で考えているとドイツ側に思わせ、本当の攻略目標であるノルマンディー上陸作戦から目をそらすこと。

41

41. 匿名処理班

  • 2015年05月29日 16:33
  • ID:Pu1D5BkQ0 #

この手のお粗末兵器なら日本軍の特攻専用兵器のほうが圧倒的に上だろう
しかも人間は脱出できても特攻ゆえにさせないと言う徹底ぶり

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク