0_e6

 うつ病は、心の病と言われているが心だけではない。人それぞれに症状が違い様々な影響をおよぼす。その病について、「まるで虚空に捕らえられるようだ」と表現する人もいれば、「暗雲のようだ」という人もいる。

 その個人的な感覚がどのようなものであろうと、その病が体にも悪影響をおよぼすことがあるのを知らない人は多い。


スポンサードリンク

身体と心に悪影響をおよぼすうつ

 うつ病患者は診断されているだけでも、世界で3億5千万人いると言われている。一口にうつ病といっても、単純にその病の過酷さを語るのは難しい。うつの特徴には”悲しみ”があげられることは多いが、その体や心への影響はそれをはるかに超え、しばしば日常生活を困難にしてしまう。研究によると、うつはやる気だけでなく、仕事の成績や生産性を低下させることがあるという。

うつの影響とは以下のようなものだ。

身体的症状

3_e5

頭痛:
米ミシガン大学総合うつ病センターの責任者であるジョンF・グレデン医師によると、このような苦痛はうつの兆候の中でも代表的なものの一つであり、特に青年期に多いという。うつを患う多くの人々からは、それは鈍い痛みで、緊張性頭痛を引き起こす場合があるという報告がある。また、うつは人々に高い偏頭痛のリスクをもたらすこともある。

消化不良:
同医師によると、さらにうつを患う人々は胃腸の調子が悪くなることが多いという。それだけでなく極度のストレスによって大腸炎や胃潰瘍を悪化させる可能性を示唆する報告もある。

エネルギーの欠乏:
様々な形のうつを抱える多くの人々が疲労感を訴え、さらに共通する症状の一つを作る。研究によると、うつはやる気を減らし、仕事の成績を下げることがあるという結果が出ている。たとえうつと診断をされなくても、「自分の元気の無さは低血糖や甲状腺のような別の病気なのではないか」と考える人は多いという。

食欲と体重の増減:
うつは食生活を著しく変化させることがある。つまり食事の量がひどく増えたり、逆に極端に少なくなったりするのだ。その結果、体重が増えたり減ったりしてしまう。

関節と筋肉の痛み:

うつはその症状に苦しむ人々に痛みをもたらすが、それが特定の疾患の初期症状につながっている可能性もある。同医師によるとうつによって関節と筋肉の痛みが増えるという。むしろ線維筋痛症とうつの間には強い関係性があるともいわれる。

睡眠不足:
睡眠パターンの変化はうつの最も典型的なサインの一つ(うつによる情動不安)。さらに不眠症や閉塞型睡眠時無呼吸症と関連している。

吐き気:
うつにより引き起こされる胃の病状の一つとして、胃のむかつきや吐き気だけでなく、下痢になってしまうこともある。どれも不安症に起因する症状だ。


心の症状

5_e4

不安症:
うつの症状は色々あるが、一般的にうつと不安症は同時に起こるという。この症状には心拍数の上昇や手のひらの発汗、さらにはパニック発作といった身体的な症状を引き起こすおそれがある。

気が滅入り、いつまでもくよくよする:
うつで最悪なのは、非常に視野が狭くなり、他の選択肢が見えなくなってしまうことだ。この中には良いことを無視し、どうしても悪いことにしか集中できなくなってしまう、という状態も含まれる。うまくいかない事に関するネガティブかつ暗い思考にいつまでも集中するのは、うつと強い関係があるかもしれない、とする研究結果もある。

身体の健康を極端に心配する:
あらゆることが体で起こり、全てが身体的苦痛に感じる場合、うつは見過ごされてしまう場合がある。このような痛みがあると、仕事に行ったり集中したり、笑ったり、課題に専念するのが困難になるという。

涙もろくなる:
うつを発症しているあいだは、涙ぐんだり悲しい気分になる時がある。"うつ"と聞くと、多くの人々がこの独特な感情を連想するが、"うつ"と"悲しみ"は同じものではない、という点に注意するのは重要なことだ。
「うつは臨床用語です。"うつだ"と口にする人々がいますが、彼らの言う"うつ"は悲しみを指しています。私たち医師が使うこの言葉は非常に強力で、その区別をするのが大事なんです。」とグレデン医師は話す。


複数の症状の組み合わせ

2_e6

 複数の症状が組み合わされることで、自殺傾向、あらゆることに悲しむ、挫折感、楽しみや普段していた事に興味を失う、罪悪感などを伴う。

 うつ病の権威であるグレデン医師によると、身体的な症状が多数あり、それが気分の変化と関わりがある場合、臨床医はうつとの関連性を考慮すべきだという。2種類の症状の同時発生は、怒りや罪悪感から自殺に至るなどの命に関わる結果を引き起こす可能性をはらんでいる。それらの危険な事態が起こる可能性に対処するためには、心と体の両方の有病率に注意することが重要なのだそうだ。

 さらにグレデン医師は最後に次のように語っている。「残念ながら私たちは健康管理において、ときとして心と体を別々にしてしまいがちです。なので誰かがいくつかの身体的な症状を訴えれば、臨床医はその症状を診ようとします。すると、気分症状も患う人の身体的な症状が優位になり、その病の根本がつぶされてしまう場合があります。ですがそういった複数の症状は同時に起きるんです。無関係ではありません。その諸症状の根本は同じ症候群なんです。」

via:10 Most Depressing States in the U.S.・原文翻訳:R

 うつ病を自覚していない人が体の不調を訴えて病院に行っても、臨床医が心に問題を抱えていることに気が付かなければ、その症状は更に悪化する。上記肉体的症状がある人で、病院にいっても一向に良くならないという人は一度心療内科に行ってみると良いかもしれない。

▼あわせて読みたい
「私は」、「自分は」一人称をよく使う人ほどウツになりやすい傾向(ドイツ研究)


うつ病の人を理解するための8つのこと


うつ病に関する5つの思い込み(実際にうつ病を経験した男性の手記)


うつ病を治す鍵は不眠症にあり(スイス研究)


うつ病の人こそが世界を正しく認識しているという説:抑うつリアリズム理論


うつ病にかかりやすい若者はヘヴィ・メタルを習慣的に聴く傾向がある(オーストラリア研究)





この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 14:42
  • ID:DLdX.TOy0 #

そういえば高島忠夫もパーキンソン病併発してたなぁ。

2

2. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 14:55
  • ID:7Yb.53m80 #

全部当てはまってる。でも医者には軽い鬱寸前だけど鬱じゃないって言われた。軽い安定剤だけ頓服で飲んでって言われたけど身体症状きついよー。特に不眠と体の痛みはつらい。一番良いのは環境をかえることだけど、体がなかなか動かない。

3

3. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 15:02
  • ID:5b4wyVma0 #

当たり前
心の病なんて無い
脳の病なんだから肉体に影響を与えないわけがない

4

4. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 15:08
  • ID:TdZewAgA0 #

気分良い時は明らかに体の調子もよくなってる感じする
逆もあるだろうなあ

5

5. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 15:10
  • ID:cSDLVTc50 #

まあ、うつ気質の者にとったらまったく当たり前の記事内容だけども。
うつ気質じゃない者には、たぶん想像もできないんだろうなあとも思う。

6

6. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 15:12
  • ID:S8KLKDNY0 #

体が痛くていろんな病院回ったけど、結局うつだった。
その後、喉のつまりと吐き気に悩まされてる。サインバルタ服用する前の頃は、「食道がんで死んじゃう!!」って泣き喚いて大変だった。

7

7. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 15:25
  • ID:cDtMZYDV0 #

体の動く日にぼーっと海を眺める
日常生活でなら晴天の朝に30分の日光浴
あとビタミンB群やミネラルのサプリ摂取

8

8. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 15:38
  • ID:cUKFv1tR0 #

これ見て思ったのはやっぱりどこか恵まれた部分がある奴がうつ病になるんだなって思った
小さい頃から精神疲労してると頭痛なんかおきないもん

9

9. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 16:00
  • ID:CjGLJmFJ0 #

※2
一度逃げた方がいい。人生からではなく自分が生きるために。

10

10. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 16:18
  • ID:.PcmVpnN0 #

うつは病気であって、甘えではないことが分かってない奴が多すぎる。しかも例えば不摂生による糖尿病や喫煙による肺がんはある意味自業自得だけれど、うつの場合多くは原因が3歳までの性格形成期の親の愛情不足だから、本人のせいですらない。愛情不足でうつになって引きこもりになった人が親に責められている場面はいつもおかしいと思う。

11

11. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 16:31
  • ID:miY6ms0r0 #

日本を含めた東洋は文化的に、
心も体と同様に怪我をするってことが軽視されがちなんだよね。
大事なときに甘えって切り捨てるから、
治療にきても手の施しようがなくなってる。
もっと心療内科の存在が身近になって、偏見もなくなってくれれば良いのに。

12

12. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 16:47
  • ID:T.DBT4g20 #

心療内科=薬漬けってイメージがあるからなぁ。実際そういうところも経験したし。
うつや不安障害にはいろんなアプローチ法があって、自分にあった治療法やそれらの併用をするとより改善&再発防止になるんじゃないかなと思ってる。
薬以外のアプローチ、認知行動療法とかがもっと日本で一般的になればいいんだけど。

13

13. 楽

  • 2014年10月09日 16:55
  • ID:Yiom3soL0 #

米8さん
私もそう思ってました。
しかし、後から来ると身をもって解りました。
それは、何年も掛けてじわじわと来た後、一気に来ます。
もし運動不足を感じていらしたら、
ストレスに対応出来てる今のうちから、
運動習慣を身に付ける事を心からお勧めします。

14

14. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 17:18
  • ID:7Yb.53m80 #

※11
逃げるというか、色々とやってみたよ。良くなったり悪くなったりだね。しかも不運が続いてしまった、厄年的な。
一度脳が病むと、本当になかなか治らないと実感したよ。洗脳も怖いよね。
脳とても大切

15

15. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 17:28
  • ID:8GI9lMZB0 #

┐(´∀`)┌東洋ってひとくくりにせんでくださいな。
いわゆる「東洋」は「文明の衝突」で明確に複数の文明圏に区分けされている。
>日本を含めた東洋は

16

16. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 17:33
  • ID:.4yCw4Pr0 #

目の前にクマがいるストレスを想像してくれ
常に体も臨戦態勢を続けるわけで、どこかしら異常が出ても不思議じゃない
戦うわけじゃないが、恐怖から対処法を考え続けるって意味で
うつの人は、それと同じような状況に常にいる
しかし仮想恐怖でしかないのだ
クマなんていないから
テディベアをクマと思ってしまうように親に洗脳されたのだ
だからまったく周りに理解されん

17

17. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 17:45
  • ID:Yij.xUQM0 #

※3さんが書いているように、
うつ病は身体にまで影響を及ぼしていることを
多くの人が知らず、また認めない。これが問題。
アレルギーやお酒に弱い体質なども同様で、
自分がそうでないからと不理解のままでいては、
その重大さに気づくのは各々自身や近しい大事な人が
手遅れになってからになってしまうだろう。

18

18. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 17:49
  • ID:vlHT4U2a0 #

結構な割合で呼吸がおろそかになっている場合がある
とりあえず、腹式呼吸で口をすぼめて、程好く息を吐ききってから、鼻から息をすーっと吸うを繰り返せば良いよ
呼吸法でググれば色々出てくるから気長に焦らずにやりましょう

19

19. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 18:20
  • ID:QlIgNwl.0 #

※7
東洋医学で言うところの梅角気(ストレス由来の喉の異物感)の典型
漢方薬局か鍼灸院に相談するのが有効

20

20. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 18:39
  • ID:N89OSBn20 #

※2
他の医師にも見てもらったら良いと思う。
結構一つの病院の診断で終わっちゃう人が居るけど、
明らかに症状が重いと自覚があるなら別の病院に行くのも手ですよ。

21

21. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 18:45
  • ID:5N4HyF.S0 #

自分に合う薬を見つけるのは難しい・・・・

22

22. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 18:47
  • ID:QBEUBqhB0 #

体が重く動かなくて好きだったことにも興味が持てなくなって頭が働かなくて、人前に出るとパニック障害みたいになる、、うんそうだった、、
心療内科は薬漬けみたいなイメージが強かったから、病院行かなかったんだけど良かったのか悪かったのか。
選択した病院で大分変りそうだもんな、だって本人はいつもより動けなくて選択能力もないってのに。

23

23. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 19:13
  • ID:Vr9Wm4sT0 #

※10
似た思いです
いい時が無かったから落ちようがない
そんな感じがします
いい時が無いから悪い時との落差がわからないです

24

24. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 20:07
  • ID:LKPHVmSC0 #

鬱になったことがないのは「恵まれているから」苦労したとかしてないとかは関係ない。あなた方より苦労してる人なんて大勢いるよ。鬱というのは気分じゃなくてもっと物理的な物。体が本当に動かないし頭も働かなくなる。

25

25. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 20:23
  • ID:US9fO55K0 #

抗うつ剤も副作用で吐き気があるから、どっちにせよつらい

26

26. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 21:14
  • ID:0dBdEt3K0 #

ここで言うのも何だけど、ネット断ちをしてみるといいこともあるかもしれないよ。
自分は病院には怖くて行けなくて、ネットでアレかもしれないコレかもしれない…と調べるうちに余計不安になった。
そのうちネットに頼る時間が長くなって、よせばいいのに人の意見が気になって掲示板やコメント欄見ずにはいられなかったり…。
顔が見えない匿名だからと心無いことを言う人もたくさんいるし
不安な時に在住地方で立て続けに良くない事が起きて、地方の名だけで誹謗中傷コメントだらけだった時には、自分もしねと言われてる気さえして参った。
現実社会ではそんなこと言う人いなかったのにね。
ある日あまりにも酷いことを書かれたショックでしばらくネットを遠ざかったら、何かが少し軽くなった。
もちろん人によるけど、狭くなりがちな視野をますます狭くしてることもあるから、ひとつの例として。

27

27. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 22:09
  • ID:gBZFzq5Z0 #

病気に対して理解がなかったり差別的な人自体が病気になったときって本当面倒なことになるよ
自分は精神病なんかじゃない!
ってやたら毛嫌いして病院自体行きたがらないから
取り返しがつかないところまで症状が進むんだ。うちの身内がそう
だからほかの内科や外科と同じように
心療内科もうちょっと気軽に捉えられるようになると
病気がひどくなる人が減ると思う

28

28. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 23:03
  • ID:gUS28JZi0 #

ただ、心療内科に通ってうつ病だと診断されると保険にしばらく入れなくなるとかデメリットもでかいんだよな。

29

29. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 23:24
  • ID:hW9ittTq0 #

筋肉が痛くなったりするのは知らなかった!

30

30. 匿名処理班

  • 2014年10月09日 23:56
  • ID:DkPth2Io0 #

誰でもなる可能性があるからって言われてるけど「心の風邪」って言い方そろそろやめた方がいいんじゃないかと思う
脳の病気だってわかってない奴が多すぎる

31

31. 匿名処理班

  • 2014年10月10日 00:37
  • ID:7xnvkesW0 #

緊張すると肩が凝ったりする。
そう考えると、心の緊張がいろいろなところの不調を招くのもわかる気がする。

32

32. 匿名処理班

  • 2014年10月10日 01:24
  • ID:F2ZSJj350 #

病は気からって言うけど、気は病からでもある。ネットなどで睡眠不足になってる人は、自律神経の失調から全身不定愁訴だらけになって精神も鬱気質になっていく。

33

33. 匿名処理班

  • 2014年10月10日 01:31
  • ID:oNZsytJV0 #

うつは脳と心の病気かもしれない 両方に異常をきたしている
特に嫌な事を思い出し、イライラする。いじめにあった事、教師や上司に怒鳴られたこと等々・・・・。ランダムに思い出してしまう・・・・・・。1年以上気分がおっくうになりやる気もなくなった時もあった・・・・・。自殺も考えた。

34

34. 匿名処理班

  • 2014年10月10日 02:54
  • ID:yRV2owus0 #

原因不明の痛みが酷くて何年間も寝る事も出来なかった時期があった。
最初は自分で欝だなんて思わなくて、こんなに痛いんだから何か病気なんだろうと色んな科を巡って色んな病院に行ったけど結局理由が分からず、心療内科のきつい薬で寝る以外の対処がなかった。
今は環境を変えて随分よくなった。欝の診断はされなかったけど今の健康な精神状態で考えると確実に欝だった。
10代でもストレスが原因で歩けないくらい痛みが酷い腰痛を患った事があるから、体質的にそういう痛みが出やすいタイプってのがあるのかも。

35

35. 匿名処理班

  • 2014年10月10日 03:46
  • ID:AK14LIXv0 #

※8
分かる、俺の場合はそう
上京したら、暖かな地元とは環境が違い過ぎて
色んな喪失感が辛くなって鬱になった
故郷で、良き仲間達に巡り合っていなかったら
このショックは無かったと思う

36

36. 匿名処理班

  • 2014年10月10日 04:01
  • ID:unMMCrIv0 #

心と身体は繋がってるんだよね
感情によって脳から様々な物質が分泌されて、体に影響を与えるんだよね
逆に程よく体を動かすことによって感情にいい影響を与える物質が出たりして逆の効果もある
心を健康にするためには、自分の好きな形で体を思いっきり動かすといいのかも
実際にマラソンをするだけのうつ病の治療もあるし・・・ただし疲れすぎない程度にね!
山登りが良いかもしれない!
自然を感じて癒されるし、頂上についた時は開放感があってスッキリするよ^^

37

37. 匿名処理班

  • 2014年10月10日 05:56
  • ID:ZB6b0svb0 #

病は気から。

38

38. 匿名処理班

  • 2014年10月10日 08:15
  • ID:YJR96yPe0 #

※19
良いこと言うなぁ
感謝する

39

39. 匿名処理班

  • 2014年10月10日 08:20
  • ID:YJR96yPe0 #

※37
環境を変えて の部分詳しくおしえて欲しい
どう変えたの?

40

40. 匿名処理班

  • 2014年10月10日 09:20
  • ID:5442Gpez0 #

うつって、一般から言われるのは、心の風邪とか言うけど
医者とかに言わせると、風邪っていうより癌に近いんでしょ?
誰しもなる可能性があって、確率は低いものの発症すればほぼ治らない
抗うつ剤とかも、抑えるためでしかないしな……

41

41. 匿名処理班

  • 2014年10月10日 10:02
  • ID:PCTRzQuW0 #

人が怖いんだ
ドクドクするんだ
でもそれがどうしてなのか
わからないんだ

42

42. 匿名処理班

  • 2014年10月10日 10:57
  • ID:WDnWR0Rl0 #

※43
癌に例えるのは正しくないと思うよ。癌は放っておくとほぼ進行するけど、うつは薬と認知改善、トラウマの解放などで治るし、環境の変化とかでいつの間にか治ることもよくある。問題は「風邪のようなものだから自分で治せちゃう」と勘違いすること。専門家やカウンセラーにかかった方が確実に早い。自分の頭の中であれこれ考えているとそれだけドツボにはまってしまう。

43

43. 匿名処理班

  • 2014年10月10日 14:35
  • ID:h3nU0QrL0 #

うつ病の記事には必ず「私は〜」ってコメがつくよね
だれもあんたの不幸自慢なんて聞いてないっつうの

44

44. 匿名処理班

  • 2014年10月10日 14:39
  • ID:a8TPP3NP0 #

※46
「私は」、「自分は」一人称をよく使う人ほどウツになりやすい傾向(ドイツ研究)
ttp://karapaia.livedoor.biz/archives/52132430.html

45

45. 匿名処理班

  • 2014年10月10日 15:19
  • ID:7cqFsdIQ0 #

ここのコメント欄って全然荒れてなくて感心した
この間意識はあるのに布団から起き上がれなくなったから金縛りかと思ったら鉛様麻痺だと

46

46. 匿名処理班

  • 2014年10月10日 16:10
  • ID:WDnWR0Rl0 #

※46 自分の状態を書いて確認すること、人に知ってもらうことは十分治療になるんだよね。他人のコメを見るのは嫌かもしれないけれど、自分んでセラピーしていると思って優しく見守って欲しい。それからあなたには「投影」という心理学用語をプレゼントするよ。

47

47. 匿名処理班

  • 2014年10月10日 17:15
  • ID:eKherKAX0 #

あらゆる欲が無くなるのになんで食欲が出るのかが謎
基本真面目で融通のきかない人間がなるはずの病気がここ10年で
あたりまえに増えてておかしい
アスペとやらもスペスペ増えてるけどあいつもアスペこいつもアスペと

48

48. 匿名処理班

  • 2014年10月10日 17:43
  • ID:JQDtvbYu0 #

ヨガとかストレッチを続けるだけでメンタルの調子だいぶよくなるよ。
ストレッチとか気持ちよいと感じる程度の運動を習慣に出来たら大分いいんだけどね。
僕もそれでメンタルの状態がかなり安定したし

49

49. 匿名処理班

  • 2014年10月10日 18:01
  • ID:T.RfNX.l0 #

普通に仕事を熟していて突然体が痛くなり内科を受診したが異常なし
病院を梯子すること2年後それはうつ病だと知らされた・・・・・
それまで仕事にやる気を無くすのがうつ病だと思ってたわ

50

50. 匿名処理班

  • 2014年10月10日 20:05
  • ID:iL5ZRt3V0 #

幼少からの虐待(毒親)の影響で、ストレスホルモンによる脳の損傷から、慢性疲労や様々な心身の障害があらわれることがある。
本当に嗜虐性の強い親に継続的に虐待されれば脳が縮小し、健康な身体ではいられないよ。
日本はその辺の社会認識があまりにも乏しいし遅れ過ぎ。

51

51. 匿名処理班

  • 2014年10月11日 07:50
  • ID:0d4BfoA10 #

世間一般に「脳の病気」と認知されれば誤解も少なくなるだろうか・・。
心の風邪、どころじゃない。
風邪ならもう治ってるだろうし、こんなに長くて辛いはずないよな。
普通に過ごしたいのに終りが見えなくてクヨクヨして。情けなくなる。

52

52. 匿名処理班

  • 2014年10月11日 21:08
  • ID:ZST.fWPb0 #

※42
思い切って仕事を辞めたよ。
痛みが酷くて仕事に集中できなくなってたから、それを理由に辞めさせてもらった。
ちなみに学生の頃のストレス性腰痛も中学生で始まり、高校生になると自然に治癒したよ。

53

53. 匿名処理班

  • 2014年10月12日 09:40
  • ID:gDCwTvPw0 #

※7
自分もストレスがのどにくる。
漢方の半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)がおすすめだよ。
鬱病の薬を飲んでいるなら、医者に相談してみたら良いよ。

54

54. 匿名処理班

  • 2014年10月17日 13:21
  • ID:uCRlp7wm0 #

心の病気が理解されにくいよ特に日本は
自分の親は典型的な「根性がない、おまえの心が弱い」みたいな人で嫌。

55

55. 匿名処理班

  • 2014年12月01日 14:49
  • ID:qLGyQznX0 #

※13
ありがとう。救われた。
自分が発症したのはここ数年だけど、2歳の時に母親が普通ではない死に方をしてるんだ。
医者にはこの話はしてないんだ。原因のひとつがわかった気がする。

56

56. 匿名処理班

  • 2014年12月04日 08:41
  • ID:Ir73e.Vg0 #

鬱で、体の痛みがある人は、血液検査したら。
原因不明の炎症反応があるよ。白血球が、異常に増えてる・・・
痛み止めが効きにくいし・・・

57

57. 匿名処理班

  • 2015年11月08日 05:41
  • ID:6LjfbjgA0 #

※43
自分は一生治らないであろうタイプ。
物心ついた時からずっと心身症と鬱。
短期の人がうらやましい。
ぶっちゃけ早くぽっくり行きたい!

58

58. 匿名処理班

  • 2016年01月07日 14:50
  • ID:PNwuNoNW0 #

※19
それPTSDじゃあるまいか?
虐待の影響で同じ症状あるが

59

59. 匿名処理班

  • 2016年10月25日 08:18
  • ID:4JeSPIlK0 #

いろんな種類があるともうけど、主には全てにおいて悲観的になる感じじゃないかね?

60

60. 匿名処理班

  • 2017年03月05日 03:52
  • ID:Oc0s4mjp0 #

※13
異常のタイプとして鬱として顕れるかは、ほぼ遺伝的・先天的
・栄養環境的・・・に決まる
どんなストレスも「何かの異常を招く」ことしか出来ないから
どのタイプの病気になるかは、ほぼ、当人の「体質」で決まる
・・・「気質」ではなくてw

61

61. 匿名処理班

  • 2017年03月05日 04:11
  • ID:Oc0s4mjp0 #

※66
愛情不足・虐待等で鬱になるのはむしろレアで、
悲観についても他のもっと重度の症状がある。
喜びにつながる発想が無力化されるが近い。
発想自体は可能なので他の人を愛したり
慰めたりには問題がなかったりもする。
その中で当人だけが潰れていく訳だ。
うつ病では身体症状オンリーの場合も多いし、
うつ症状の原因としては↓の方が重要かも。
発想力自体の障碍は主に精神分裂病で起きる。
拘禁や恐怖によって関連障碍が誘発される。
愛や情動に関連する問題もこっちの方だ。
うつ病は情動の性質ではなく、むしろ
情動毎のパワー配分の異常だからね。

62

62. 匿名処理班

  • 2019年02月26日 18:27
  • ID:tswLdCgt0 #

耳鳴り、首肩背中の強張りコリ、顔面の引きつり痙攣、頭の中での閃光や破裂音、眩暈、視覚から色が消えて白黒やセピアなどモノトーン化、アリス症候群様の視覚情報の拡大、とかもっと有るよね?

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク