0_e12

 現代医療技術を目の当たりにしたら、昔の人は魔術と信じて疑わないだろう。それほどまでに医学は進歩を遂げている。ところがかつて、数十年・数百年前の人々は今では考えられない治療法を施されていたのだ。

 ここで紹介するのはそういった「過去には認められていたが、今見てみると身の毛がよだつ恐るべき医療」の数々だ。
スポンサードリンク

1.瀉血(しゃけつ)

1_e0

 医学の世界で「瀉血」という行為は長い間浸透していた。これは人体の血液を外部に排出させることで症状の改善を求める治療法の一つである。

 当時、医学の世界で信じられていた説は人の体内に四体液というものが存在するという物だ。そして病気を患った人体には「悪い体液」が溜まっており、その悪い体液を流す為に患者の皮膚を切り、血を抜いていたそうだ。


2.頭部穿孔

2-1_e

 頭部穿孔とは、医者が患者の頭部(頭蓋骨)にドリルで穴を開けて病気を治す民間療法である。この技法はてんかんや他の精神疾患を治す物だと長い間信じられていた。

2-1_e


3.マラリアに感染させる

3_e0

 当時、発熱は梅毒を治すものだと信じられていた。その為、当時の医者は患者を意図的にマラリアに感染させ、発熱させることで治療を試みたそうだ。当然だが、マラリアに感染した患者は梅毒よりも先にマラリアのもたらす副作用により亡くなった。(ページ下に追記あり)

4.ネット・サスペンション

4_e1

 この写真はハンモックに乗るのに失敗した人の写真ではない。この患者は現在、脊椎側弯症の治療の真っ最中なのだ。この当時の医者は「背筋のゆがみを直すには、患者を引っ張るのが一番だ」と心の底から信じていたようだ。


5.放射性物質注射

5_e

 1960年代、アメリカ・メリーランド州の医者がある患者のニキビを治す為に放射能を使用(放射性物質を注射)した。この患者はどうなったか知らないが、ニキビが治るよりも皮膚がんの心配をしたいものである。


6.ペディカル・グラフト

6_e0

 この患者は第一次世界大戦中負傷した兵士で、鼻を失い、応急処置としてパイプをつなげられた。勿論この技法は後の皮膚移植を作り上げた大きな一歩となるのだが、実験対象となったこの男性は気の毒である。


7.日光療法

7_e

 ホラーを感じさせるこの写真、ここに写っている子供達は肺炎治療の真っ最中だ。当時信じられていた説では、日光は万能薬であり、強いランプの近くに立つ事で体内のビタミンDが増え、肺炎が治るとして信じられていた。


8.DDT:ジクロロジフェニルトリクロエタン散布

8_e

 現在は殺虫剤として知られているDDTを当時の人々は髪に散布していた。髪にかける事でシラミ等の繁殖力の強い寄生生物を撃退できると信じていたのだ。勿論このDDTを散布する事で癌が引き起こされ、大気が汚れたのは言うまでもない。


9.大便に含まれるバクテリアによる治療

9_e0

 実はこの療法、有効であり現在も使用されている。クロストリジウム・ディフィシルという菌による感染に対して効果的なのだそうだ。治療法としては、健康な人の大便を自分の腸内に送り込むという物だ。これにより、崩れていた腸内の細菌バランスが整えられると信じられている。


10.ヒル治療

10_e1

 これも現在でも取り入れられている治療方法のひとつである。1.の瀉血と同様、当時は人の悪い体液を抜き取る為に使用されていた。現代では、血栓を取り除くためにヒルを使って治療法が用いられている。


11.水銀治療

11_e

 不思議の国のアリスに登場する「帽子屋」も水銀治療を受けていたと言われるが、帽子屋のように狂ってしまうのが、この水銀治療だ。16世紀、ヨーロッパで梅毒患者に対して蒸気の吸入や軟膏の塗抹などによる水銀療法が用いられていた。日本でも行われており、杉田玄白やシーボルトらがその治療法を書き残した。


12.マゴット・セラピー(蛆虫治療)

12_e3

 もし身体の何処かを傷つけてしまい、その部位が腐敗してしまったらマゴット・セラピーを受けてみてはどうだろう?蛆虫は傷口の腐敗した部分だけを取り除き、健康な皮膚を壊す事はないという。そしてこの治療方法も現在でも有効であるとされ、使用されている。

 2004年に米国のFDA(食品医薬品局)が医療用蛆を認可したことがきっかけで、マゴットセラピーを用いる医療施設が世界中に増加した。


13.飲尿治療

13_e0

 数多くの文明が過去に一度は「尿を飲むことが身体に良い」と信じていた時期があるはずだ。尿を飲むことでアレルギーや皮膚病が治ると本当に信じられていたのだ。古代ローマでは歯を白くするために使われた記録も残されている。ちなみに、この写真に男性は「集中力が上がるから」という理由で飲んでいるそうだ。


追記:この記事は海外記事を抄訳したものですが、コメント欄によると、マラリア療法は抗生物質発明以前は医学的に安全が保障された梅毒の治療法で、完治はせずとも有効だったとの情報がありました。

via:viralnova・原文翻訳:riki7119

▼あわせて読みたい
体にいいと信じられ、今尚続けられている世界各国の代替医療行為の画像特集


実際に行われていた10の恐ろしい人体実験・手術


今の時代に生まれてよかった。背筋がゾクゾクするかつて実際に使用されていた15の医療用器具


生まれてきた時代が違っていたらと思うとぞっとする、中世の奇妙な10の医療行為


インドで再びブームとなっている出産前の牛の尿を飲む健康法。ガン予防に効くらしい。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2014年09月23日 20:54
  • ID:X1i2TUyx0 #

現代の痛みを伴う医療技術も将来的には野蛮なものと思われるようになるといいな。

2

2. 匿名処理班

  • 2014年09月23日 20:58
  • ID:jEOFfq9Y0 #

頭部穿孔からイメージだけど、ロボトミーとかもそうじゃないですかね

3

3. 匿名処理班

  • 2014年09月23日 21:03
  • ID:KateOwsX0 #

現代の大真面目も500年も経てば笑われるような事もあるんだろうね

4

4. 匿名処理班

  • 2014年09月23日 21:10
  • ID:FXF4jigY0 #

飲尿療法の写真、生ビールジョッキで空けてるみたいじゃねーかこんちくしょー

5

5. 匿名処理班

  • 2014年09月23日 21:11
  • ID:vtKfd74G0 #

確かEDの治療で猿の性器を移植するとかいうのもあったな

6

6. 匿名処理班

  • 2014年09月23日 21:16
  • ID:UCu8jgiL0 #

古代エジプトって確か頭を鈍器でぶん殴って気絶させてから手術してたらしいけど、普通に撲殺もあったとか

7

7.

  • 2014年09月23日 21:16
  • ID:yZKlOrEz0 #
8

8. 匿名処理班

  • 2014年09月23日 21:20
  • ID:81nDQf2j0 #

確か嘗てのアメリカの大統領も血を抜く治療に失敗し、
抜血し過ぎて亡くなられた方が居たと記憶しています。
マゴットセラピーは戦場の軍人さんが負傷した際に、
蛆が付いた患者さんの方が早く直ったからみたいですが、
それを知らないと、やっぱり…ね(笑)

9

9. 匿名処理班

  • 2014年09月23日 21:29
  • ID:8GhrpvYu0 #

※2
ロボトミーなんてノーベル賞だしな

現代の医学だって肝心の病気は一向に減らせないし
将来「21世紀初頭の医療wwwww」と笑われる日もいずれ来る

10

10. 匿名処理班

  • 2014年09月23日 21:32
  • ID:nw9WMOCh0 #

昔って腕やら足やら悪くなったら即切り落とすイメージがある
床屋のオッサンが麻酔も無しで

11

11.

  • 2014年09月23日 21:39
  • ID:wvp83aD.0 #
12

12. 匿名処理班

  • 2014年09月23日 21:41
  • ID:fBnnAqJS0 #

ホムンクルスやね

13

13. 匿名処理班

  • 2014年09月23日 21:43
  • ID:irm8iRV.0 #

スタートレックの映画でクルーが現代にタイムスリップしてくる話があって
透析を受けてる患者を診たマッコイ医師が
「なんだこりゃ、中世の拷問か?」と呟くシーンがあったなあ
なおつい同情でナノマシンを注射した結果患者は完治した模様

14

14. 匿名処理班

  • 2014年09月23日 21:57
  • ID:.I6Ov84l0 #

沢山の人体実験や犠牲の元に今の医療が有るのだから
偉人には感謝しないとなぁ

15

15. 匿名処理班

  • 2014年09月23日 21:57
  • ID:chXgPOO70 #

ちなみにしゃっ血は今もあるんだけど

16

16. 匿名処理班

  • 2014年09月23日 22:08
  • ID:aHVrGWMi0 #

DDTについてですが
基本DDTは昆虫の神経系統にのみ作用する殺虫剤です
DDT発明した人はノーベル賞を貰ってます
人体に蓄積はされるけど、発癌性迄にはならない
安定し過ぎて環境に残りやすいと言う欠点がある程度です。
事実無根のダイオキシン類と同程度
アメリカが過信し過ぎて使いまくって昆虫を食べる鳥が
いなくなったのも有名な話です。

17

17. 匿名処理班

  • 2014年09月23日 22:10
  • ID:Q0mBuvcr0 #

民間療法といえば、育毛や発毛に関する療法が笑える。本人にしてみれば真面目なことなんだろうけど・・・

18

18. 匿名処理班

  • 2014年09月23日 22:13
  • ID:XXdHUu2F0 #

副作用などを度外視すれば有効な治療法のものがいくつもあるじゃないか

19

19. 匿名処理班

  • 2014年09月23日 22:19
  • ID:tDqJHzZr0 #

もう何十年かしたら、虫歯治療としてドリルで歯を削って金属製の詰め物などをするっていうのが「考えられない行為」ってなるかもしれないね。
再生医療とかで歯を新しく再生するっていうのが普通になるかも。

20

20.

  • 2014年09月23日 22:19
  • ID:YGBZukvK0 #
21

21. 匿名処理班

  • 2014年09月23日 22:24
  • ID:sTFIX.380 #

マッドハッターは水銀療法を受けていたのではなく、帽子の皮をなめす際に水銀を使っていたから中毒になったんじゃなかったかな?

22

22. 匿名処理班

  • 2014年09月23日 22:34
  • ID:d5nwyz.O0 #

飲尿は喉の所にセンサーの様な物があって尿に含まれるホルモンなんかを検知して足りない物があると脳が○○が足りないと認識してそれを出すよう指令を出すってパタリロでは言ってたな

あと古代中国の麻酔方が
痛みを忘れるほど囲碁に集中してください
だったとかあったな

23

23.

  • 2014年09月23日 22:34
  • ID:zP0eWdFP0 #
24

24.

  • 2014年09月23日 23:09
  • ID:r8eqA0dV0 #
25

25. 匿名処理班

  • 2014年09月23日 23:18
  • ID:p458awCP0 #

水銀といえば赤チンって水銀入ってたんだっけか
昔はよく使ったがいま赤チンなんか使わないよな

26

26. 匿名処理班

  • 2014年09月23日 23:19
  • ID:d.qq1FYU0 #

>>8
そういや水木氏が南方のズンケンにてマラリアでぶっ倒れている時、爆撃にあって腕グッチョングッチョンになって治療法もなく軍医殿に切り落としてもらったと。
で、その後ラバウルに送られて40度レベルの熱が出てもうだめだと言われてたけど、縛って止血しすぎて壊死してた切り口に大量にウジが沸いて数日後そこから赤ちゃんの匂いがするようになって、後は順調に回復しました。めでたしめでたし。って話しがあったけどこれってマゴットセラピーだったのかもしれないね。
文にするとすごい事なってるな。さすが現代の妖怪の生みの親。

27

27. 匿名処理班

  • 2014年09月23日 23:29
  • ID:gGcO8QH30 #

アサシンクリード2(15世紀頃のイタリア)で町の医者がよく
「血を抜いて健康になりましょう!」とか呼びかけてたな

28

28.

  • 2014年09月23日 23:35
  • ID:cXDip6B.0 #
29

29. 匿名処理班

  • 2014年09月23日 23:36
  • ID:eETuLFCi0 #

DDTは環境運動の欺瞞の犠牲になった物質で、実は毒性も環境への影響もかつて批判されていた頃に言われていたほどはなく、さして危険じゃないってことが判明してるよ。というか、環境運動のせいでDDTが廃絶されたせいで、一時期減っていたマラリア感染者が急激に増えて逆に大変なことになってる。最近ではWHOも蚊が媒介する感染症を防ぐためにDDTの室内散布を「推奨する」宣言すら出してたりするよ。

30

30. 匿名処理班

  • 2014年09月23日 23:42
  • ID:QTdL1e6N0 #

体内の善玉菌までもを殺し、将来的にウイルスにより強力な耐性能力を与える抗生物質なんかもいい例かもね。

31

31. 匿名処理班

  • 2014年09月23日 23:53
  • ID:WgBP6GyZ0 #

こういうのを経て今の医療があるから先人には感謝しないとな

32

32. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 00:09
  • ID:.DZf7xUh0 #

>>19さん
それはおそらく三国志にでてくる関羽の話だと思います。実際にやろうとしていた人もいるそうですが、あくまでも創作です。

33

33. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 00:11
  • ID:pC7omCca0 #

※22
それ麻酔法じゃない。
関羽の豪胆さを伝えるエピソード(麻酔なんかいらないぐらい強い)で、彼の執刀医だった華佗は普段はちゃんと麻酔を使っていた。

ただしその調合法は失伝、麻酔を使える華佗が超名医だっただけで一般的に麻酔が使われていたわけではないが。
でも囲碁に熱中することで気を逸らすという方法が一般的だったわけでもない。

34

34. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 00:28
  • ID:ou4ZF4Cl0 #

なにいっ ロボトミーがない・・・

35

35. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 01:09
  • ID:g2s3oDjYO #

男は生理がないから献血で血を減らすと、新しい血が作られるから健康にいいって話の真偽は?

36

36.

  • 2014年09月24日 01:10
  • ID:.tchCw17O #
37

37. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 01:14
  • ID:Yg5WYSI00 #

現代にも
ずんずん体操があるしな

38

38.

  • 2014年09月24日 01:28
  • ID:WkrDLxMR0 #
39

39. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 04:57
  • ID:qlpldjde0 #

虫歯治療とかレーシックとかガン治療とか
未来だとすげえ馬鹿にされてそう。

40

40. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 05:19
  • ID:YJE09NpO0 #

種類によってはその時代の最先端の医療だから
その先が崖か橋かはわからんよ

41

41. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 06:57
  • ID:iPm1Ty840 #

まぁ、抗がん剤とかが笑われるようになる時代が来るといいね

42

42. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 07:01
  • ID:qW0l7kRn0 #

実際医療器具ずらっと並べられて
「拷問器具です」って言われても違和感無いぞ

43

43. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 07:29
  • ID:5mx4a8ad0 #

今も健康の為に、死産した胎児を食べる国が近くにあった様な無かった様な

44

44. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 08:33
  • ID:yi.NYw.p0 #

うわっ 2014年てこんなことしてるんだ。
急いで未来にもどろっと。

45

45. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 08:54
  • ID:M.IaI0E.0 #

美容脱毛のために放射線照射ってのがアメリカであったというのを思い出した

46

46. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 08:58
  • ID:M.IaI0E.0 #

今の人がやってる蛭治療と医療用蛆治療は関係無い

47

47. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 09:13
  • ID:CTVSpHRX0 #

痛いの痛いの飛んでけー

48

48. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 09:38
  • ID:3ROPLoQo0 #

ケガとかした時に当たり前のように消毒してガーゼするけど、
これも最近では実はあんまり良くないらしいってのは聞いた事がある
素人にはもう何が正しいかわかんねぇな

49

49. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 10:22
  • ID:spNNHo3S0 #

※19
虫歯を硫酸で焼くなんて治療があった時代もあるしね
早く再生治療実用化して欲しい

50

50. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 10:47
  • ID:HEKMnRo70 #

マラリア法は抗生物質が発明されるまで有効な駆梅療法だったぞ。
下手すると死ぬけど、上手く行くとものすごく健康になってすっきりするらしいよ。
大川周明がこれで脳梅駆除して頭さえまくって元気になったのは有名。

51

51. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 11:10
  • ID:cwujCh6K0 #

DDTは危険だろ
相手の頭をわきに抱え込み、そのまま後ろに倒れこんで床に叩きつけるんだから

え?プロレスの話じゃない?

52

52.

  • 2014年09月24日 11:27
  • ID:EfPT7cya0 #
53

53. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 11:40
  • ID:rsl.2vIg0 #

最後の人は好きで飲んでるだけだと思う

54

54. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 12:26
  • ID:vTJnN08.0 #

DDTは戦後の日本でも行われてたみたいね。

ヒルと蛆は有効な治療法でしょ。
ヒルは血の循環を良くするから、凍傷とか切断された指を縫合したあとにやるらしい。

水銀治療は、「散歩」という言葉の由来じゃなかったかな?

55

55. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 12:56
  • ID:fVQNdUdY0 #

荒療治って恐ろしいな・・・・・・・・・・  しかし医療の発達が遅れたのはどうしてだろうか・・・・・?。千年以上掛かっているじゃないか・・・・

56

56.

  • 2014年09月24日 13:40
  • ID:02bMj8.f0 #
57

57. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 15:02
  • ID:8WZ.MfS60 #

マラリア療法は抗生物質発明以前は梅毒の有効な治療法でしたよ
マラリアはキニーネが量産されて治療法が確立したので、意図的に発熱させて梅毒を治療しました
完治はしませんでしたが、かなりの患者さんが治療を受けていますし、マラリア療法自体医学的に安全性が担保されたちゃんとした治療法でしたよ
なんかちょくちょく誤記や誤りがこの記事多いですね

58

58. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 17:42
  • ID:.NRLfUpg0 #

どういう理屈が合ってそういう治療法に至ったのか、想像できないな。
言い方が思いつかないけど、凄く適当な発想でやってるように見えてしまう
のだが・・・。

59

59. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 19:26
  • ID:wQutg0DV0 #

ヒルとウジはちょっと…

60

60. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 19:29
  • ID:9XYzpsaU0 #

ちなみに医療用の無菌ヒルは1匹2万円らしい

61

61. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 20:44
  • ID:oBPjMRUh0 #

ヒルは痔の治療にも使う。痛みを伴わないんで合理的なのよ。

62

62. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 21:17
  • ID:AIgLuT7M0 #

しつこい様だけど、「DDTには、少なくとも人体に対する有意な発癌性の上昇はない」「土壌では2週間、海水中でも1ヶ月でほぼ分解される」。これは確定です。

スリランカでは、年間250万人のマラリア患者が、DDT散布開始で一気に年間発病者数31人にまで激減(なんて次元ではないw)したにも関わらず、DDTの発癌性が取り沙汰されて散布中止されたのに伴い、5年後にはマラリア患者は再び200万人以上。致死率までは分からないけど、少なくとも「癌死者」とは比較の対象にならない程の人が犠牲になってる。

現生人類がこの世に出てから、推定800億人が命を落とし、その半数がマラリアで死んだという予測すらある、究極の意味で「人類の敵」そのもの。
それを根絶する機会を奪った環境運動家と、それを真に受けたWHOの責任は、人類史上でも最も重い。核兵器の比ではない。

もっとも・・・仮にマラリアやその他の虫媒感染症が根絶出来たら、人口爆発で人の世は終わるんだけどね・・・。

63

63. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 21:20
  • ID:ds18Weg90 #

現代だと歯科医療は言われるだろうねぇ

64

64. 匿名処理班

  • 2014年09月24日 21:31
  • ID:umtkov5G0 #

頭空けるのに手回しドリルで穿孔は今でもやる

画像診断のために放射性医薬品を注射することがある

光療法には実際に効果が証明され運用されているものもある

65

65. 匿名処理班

  • 2014年09月25日 01:05
  • ID:4eAzec4e0 #

歯の治療が再生治療になったら、すごく便利でいいかもな。ドリルで痛い思いをしないで済むし、本物の歯はニセモノより良いし。

66

66. 匿名処理班

  • 2014年09月25日 01:19
  • ID:4eAzec4e0 #

2050年の医療技術はどれくらい進歩しているんだろうか?。骨折をしたら再生医療で数週間で完治が出来る時代が来るかもな。

67

67. 匿名処理班

  • 2014年09月25日 03:31
  • ID:DLdO2H7z0 #

最後に見知らぬ人のオシッコを見るとは・・・。

68

68.

  • 2014年09月25日 04:08
  • ID:Cg36D1zu0 #
69

69. 匿名処理班

  • 2014年09月25日 10:50
  • ID:ER.xRCKK0 #

※56
確か電気だか低周波だかで治療を早めるギプスは研究されてるんじゃなかったか?

70

70. 匿名処理班

  • 2014年09月25日 12:30
  • ID:6F.XNRyx0 #

水銀と飲尿以外は、形を変えていまも残ってる印象

71

71. 匿名処理班

  • 2014年09月25日 13:12
  • ID:wQdCOfx.0 #

ペディカル・グラフトはパイプでなく自家移植ですね。腹部の皮膚の一部剥がして一方を前腕部に血管等を生かしたまま移植し、ある程度定着したら、今度は腹部の部分をカットしてチューブ状にしてその一方を鼻の部分に移植して、鼻の部分に定着したら前腕部をカットして鼻の形成をするのだと思います。腹部から前腕、前腕から鼻へ、しゃくとり虫法だと教えてもらった気がします。

72

72. 匿名処理班

  • 2014年09月25日 13:13
  • ID:.nDR53Fw0 #

マラリア療法は、オーストリアの医者が開発した治療法。進行性痴呆(脳梅毒)に効果があった。サルバルサンだと、脳梅毒の治療ができないので、こういうのが出てきた。
梅毒スピロヘータが熱に弱いので、マラリアで高熱を発せさせ、梅毒を駆逐、しかる後、キニーネでマラリアを治す。ノーベル生理学賞受賞。
なお、抗生物質ができたので、この治療法はすたれた。

73

73. 匿名処理班

  • 2014年09月25日 13:20
  • ID:.nDR53Fw0 #

※54

水銀というよい、五石散という鉱物性の漢方薬。
鍾乳石、硫黄、白石英、紫石英、赤石脂の5つ。
これ飲むと発熱するので、これを発散させるために、歩くことが散歩の語源とされている。
昔、世界不思議発見でやっていた。

74

74. 匿名処理班

  • 2014年09月25日 19:13
  • ID:weL1uTCH0 #

お?ロボトミーが無いのか

75

75. 匿名処理班

  • 2014年09月25日 20:08
  • ID:sk5yOfvr0 #

今の医療技術も未来から見たら正気の沙汰じゃないのだろうな。
特に「治す」のではなく「医学上の基準で生かす」事だけを目的にしてる
日本型の無意味な延命処置あたりは。

76

76. 匿名処理班

  • 2014年09月25日 21:17
  • ID:VTa.r8sE0 #

おい…写真だけで地獄の沙汰だぜ…
昔の人に病院嫌いがいても納得するわ

77

77. 匿名処理班

  • 2014年09月25日 22:07
  • ID:62.lI6Yw0 #

DDTに発がん性はありませんよ。グループ2Bなので、よく言われますがコーヒーと同レベルです。

78

78. 匿名処理班

  • 2014年09月26日 00:09
  • ID:lNooFUI60 #

脳外傷に伴う脳浮腫における脳圧上昇の状況での
脳圧低下が頭蓋穿孔の目的で、現在でも有用だよ。
脳を外から守るのは皮膚があれば大抵は足りるし、
腫れ上がった脳が残りと自分を押し潰す状況では
回復困難な脳障害が進行し、事故における主要な
死因になるのに対して、圧力を逃がしてあげれば
腫れが引いたらフタをすれば元通りになるからね。

79

79. 匿名処理班

  • 2014年09月26日 11:28
  • ID:XlXonJMO0 #

蛭治療のおかげで切断した指が繋がったおっさんが、すっかり情が移ってその蛭をもらい受けてペットにしたという話を読んだ。
たまに自分の腕から生き血を飲ませてあげるんだって。個人的にはほっこり。

80

80. 匿名処理班

  • 2014年09月26日 11:43
  • ID:rZLrFEm30 #

瀉血は一応現代でも行われてる
血液中に毒物が混ざった場合とかはやるね
勿論同時に輸血したりするけど

81

81. 匿名処理班

  • 2014年09月26日 12:44
  • ID:7EVCught0 #

※25
赤チンに水銀が入っているのではなく、赤チンを製造するのに水銀を使うため、環境問題が起こるために製造されなくなっただけ

82

82. 匿名処理班

  • 2014年09月26日 16:38
  • ID:8rasnXZh0 #

瀉血は循環血液量が多すぎて血圧が高すぎる場合や毒が入った場合などに行われる。
頭蓋内圧が上がっている時には頭に穴空けることもある。
腫瘍治療のために放射性物質を封入したカプセルを体内に入れておくこともある。

過去に認められていただけでなく、今でも残っている手法はたくさんあるのですよ

83

83.

  • 2014年09月26日 20:35
  • ID:wigZUfYf0 #
84

84. 匿名処理班

  • 2014年09月26日 23:34
  • ID:2Ijicz7Y0 #

うげえ〜 と思ったけどこういう時代があるからこそ今の時代があるのだよね。

85

85. 匿名処理班

  • 2014年09月27日 19:05
  • ID:Sa0n8zYQ0 #

※16
DDTはIARCの発がん性評価で発がん性のある可能性があるという評価があるぞ。

86

86. 匿名処理班

  • 2014年09月27日 20:25
  • ID:4zFLjxKZ0 #

ロボトミーがノミネートされてないのは意外だった。

87

87. 匿名処理班

  • 2014年09月28日 14:38
  • ID:Ip8ouugW0 #

マゴットセラピーね、蛆は壊死した組織以外の新鮮な(=健康な)部分も喜んで食っちゃうから、傷の様子を確認しながら行えとサバイバルマニュアルには記載されてたよ。
あと、感染症の危険があるから本当なら無菌状態で飼育した蛆を使うべきで、実際に医療施設で行うマゴットセラピーにはそういう蛆が使われるらしい。

88

88. 匿名処理班

  • 2014年09月28日 14:42
  • ID:Ip8ouugW0 #

イギリスでは三月うさぎと帽子屋はキ印の代名詞なんだが、確かシルクハットを作る際、フェルトを加工する工程で水銀を使うから当時の帽子屋には水銀中毒が多かったという話をどっかで。

89

89. 匿名処理班

  • 2014年09月28日 15:07
  • ID:MlA1RpHw0 #

8番は首がもげてるみたいに見える・・・

90

90. 匿名処理班

  • 2014年09月29日 05:02
  • ID:2LzJbldL0 #

6番の写真は、ちょっと意図的な物を感じるな。

あれは、欠損した部分を再構築するために必要な組織を作っている段階の写真であって、あれが治療完了の状態じゃない。

欠損部分にわざと他の部位を結合させる事で血管や神経が通った組織を定着させて、後に、不要になった組織や部位を切り離し、整形再構築するんだよ。

そうしないと、やけど治療の様な上皮組織だけの移植なら簡単だが、血管や神経を伴った皮下組織もろとも他の部分から移植する事は困難だし、仮にどこかの部位を使って再建を行った場合は、移植に使った部位は新たな欠損になるし、移植した部位も組織に定着しづらい。

半年以上はあんな状態で患者は不便ではあるが、組織再建には必要な治療過程なんだよ。

なので、今日でも大きな欠損を修復する場合、同じ方法が用いられている。
特に珍しくもないし、残酷でもない。

91

91. 匿名処理班

  • 2014年09月29日 05:24
  • ID:2LzJbldL0 #

マゴットは、壊死を伴う外傷の治療には、かなり効果的のよう。
壊死の治療は壊死組織を含む回りの組織もろとも切除しなければならないが、
マゴットならば、壊死部分のみをウジが食べてくれる上、ウジが出す分泌物には
細胞増殖因子や麻酔様物質などが含まれているらしく、回復も早く痛みも殆ど感じず傷も綺麗に治るらしい。

治療方としては、医療用のウジを半円カプセルに入れ幹部に固定し、2週間ごとに新しいウジと交換するのを繰り返す。

92

92. 匿名処理班

  • 2014年10月01日 14:01
  • ID:b42JdgUz0 #

※71
手法は「有茎皮弁」といわれているようです。欠点部分の修復等にとられる手技で、体幹部から頭頸部など、遠く離れた場所に移植する場合、一度前腕を介して筒状にした皮膚を尺取り虫のように移動するのですが、無理な肢位固定を必要とするうえ、その間は体が皮膚筒でつながれた状態となり外観も悪く、しかもこの場合複数回の手術を要するようです。

93

93. 匿名処理班

  • 2017年09月25日 13:47
  • ID:bxWS39vn0 #

江戸時代の医学の書には、眼に猫の小便をあてると病気がなおるって載ってたわ。
現代に生まれてよかった

94

94. 匿名処理班

  • 2017年11月07日 00:35
  • ID:RV8wiULU0 #

日光療法も、その時代のランプにどの程度の
紫外線が含まれていたのか分からないけど、
紫外線を照射すれば体内でビタミンDが増えるし
ビタミンDの欠乏は肺炎など呼吸器疾患を増加させると云われる。
(無関係だとする反論もあるが。)

その写真の子たちってどちらかといえば痩せ気味に見えるし
栄養不足からくる病気の悪化なら、
栄養補給によってある程度の改善が見込めるかと。

95

95. 匿名処理班

  • 2017年11月07日 16:48
  • ID:T6k0jejM0 #

9番は糞便移植療法といって、健康な配偶者や2親等以内の家族から便を採取して、フィルターで滓を取り除いた液を大腸内視鏡で患者の腸内に散布するそうだ。
日本のいくつかの大学病院で、他の病気も対象にできないかと潰瘍性大腸炎の患者を対象に治験を行ってたけど、残念ながら潰瘍性大腸炎には効果が薄いという結果となり治験停止となっている。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク