痛くないし効果を確認できるワクチン接種デバイス
痛くないし効果を確認できるワクチン接種デバイス image by:Swansea University

 世界各国で新型コロナワクチンの接種が始まっているが、日本も2月末には開始される予定だ。だが、注射で痛い思いをするのは嫌だし、その効果に不安があるという人には、3月にプロトタイプが完成するというスマート・ワクチンパッチはどうだろうか?

 その使い捨てのパッチは極小のマイクロニードルでワクチンを投与する。だから普通の注射器のようにぐっと皮膚の奥深くに針を刺されて痛い思いをすることはない。

 だがそれだけではない。自己投与式のこのスマート・ワクチンパッチは、ワクチンがきちんと効いたのかどうかを確認できるのだという。
スポンサードリンク

効果もチェックしてくれる痛くないワクチン接種


 スマート・ワクチンパッチが”スマート"と呼ばれるのは、痛みが少ないからだけではない。ワクチンがきちんと効いたのかどうかチェックしてくれる点にある。

 パッチは「自己投与式」だそうなので、おそらく医師ではなく患者自身が使うよう想定されているのだろう。これをぴっと肌に貼り付けるとマイクロニードルによって体にワクチンが接種される。

 だがこれで終わりではなく、そのあとはストラップやテープでパッチを24時間ほどそのまま固定する。すると、この間にパッチが体の炎症反応を確かめてくれる。

 血液や組織液の中に含まれる「免疫グロブリン(抗体)」は、免疫という機能において大切な役割を担っている。スマートパッチは、ワクチン接種で体の中にこれが作られたかどうかを検出するのだ。

 このデータを分析すれば、ワクチンが本当に効果をあげたのかどうか確認することができる。

4_e1
image by:Swansea University

新型コロナ以外の感染症にも


 開発者の1人である英スウォンジー大学のサンジブ・シャルマ博士は、「低コストでワクチンを接種できるこのデバイスによって、これから続く新型コロナのアウトブレイクでも安全に職場に戻れるよう、きちんとした管理を確実にできるようにしてくれるでしょう」と語っている。

 もちろん今回の大流行が無事に終息したあとでも、ほかの感染症の対策として応用することができる。研究グループは、3年後を目処に、市販化を目指しているとのことだ。

References:eurekalert/ written by hiroching / edited by parumo

あわせて読みたい
針なし注射で痛くないコロナワクチン接種の治験を開始したオーストラリア


新型コロナワクチン接種で気を付けること。接種前後の飲酒は止めるべきと専門家らが警告


注射が苦手な人に朗報。口から飲み込む新型フィルムがワクチン接種に革命を起こす可能性(米研究)


インフルエンザ・ワクチンを腫瘍に注射することで、がん細胞を減らすことができるとする研究結果(米研究)


飛行機で注射器を描く。新型コロナワクチンの接種開始を知らせるドイツのパイロット

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
5574 points
クトゥルフに思いを寄せて。脚が触手になっているタコ脚グラス

クトゥルフに思いを寄せて。脚が触手になっているタコ脚グラス

2021年1月24日
2位
3312 points
子育て中の母猫の懐に忍び込み、子供のふりをした孤独な子猫、愛と幸せを手に入れる(インドネシア)

子育て中の母猫の懐に忍び込み、子供のふりをした孤独な子猫、愛と幸せを手に入れる(インドネシア)

2021年1月18日
2303048232
3位
2592 points
犬ってやつぁ!(涙)飼い主が骨折後、足を引きずって歩くようになった犬。飼い主の痛みに共感していた。

犬ってやつぁ!(涙)飼い主が骨折後、足を引きずって歩くようになった犬。飼い主の痛みに共感していた。

2021年1月21日
942449643
4位
2179 points
卵型の鉱物を割ったら中からクッキーモンスター!世界一かわいいなメノウが発見される

卵型の鉱物を割ったら中からクッキーモンスター!世界一かわいいなメノウが発見される

2021年1月25日
9001243630
5位
2089 points
髭男の進化系。もみあげから顎を通って口髭につなげる「モンキーテール」スタイルがじわじわ人気に

髭男の進化系。もみあげから顎を通って口髭につなげる「モンキーテール」スタイルがじわじわ人気に

2021年1月22日
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2021年01月08日 08:50
  • ID:MPubbR.c0 #

3年後の市販化かよ

2

2. 匿名処理班

  • 2021年01月08日 09:14
  • ID:VPi8pVfB0 #

3年後ね…

3

3. 匿名処理班

  • 2021年01月08日 09:40
  • ID:D75ZiM3U0 #

こうやって進歩していくんだなぁ

4

4. 匿名処理班

  • 2021年01月08日 09:51
  • ID:HRc7.JYl0 #

仮に16ゲージ(献血用で畳針と同じ)以外選択肢なかったら
大の大人でもぶっ倒れるかもな

5

5. 匿名処理班

  • 2021年01月08日 10:05
  • ID:X6ouRHxG0 #

3年と言いつつ、10年はかかる。

6

6. 匿名処理班

  • 2021年01月08日 10:28
  • ID:LEG7P.K50 #

BCGのお懐かしやのハンコ注射のニューバージョン?
あれも確か、皮下注射をするとそこからほかの感染が起こる可能性があるから、それを防ぐために皮内注射にする目的だったんじゃなかったけ?
効果もチェックできれば、結核のツベルクリン反応検査の回数も減るし、誤魔化して偽陽性にして注射をしないとか防げるけど、逆に言えば皮内注射では定着しないで陽性にならずに偽陽性が続くだけで終わるのでは?

7

7.

  • 2021年01月08日 10:58
  • ID:6h.8CbAS0 #
8

8. 匿名処理班

  • 2021年01月08日 11:20
  • ID:3rvwWt7q0 #

量子ドットタトゥー?

9

9. 匿名処理班

  • 2021年01月08日 11:26
  • ID:.TF.WGl.0 #

24時間程度で検出可能なほど抗体ができるのだろうか?
単に自然免疫系の初期反応を観察して、異物(ワクチン)が体内に入ったことを確認するだけかな?免疫の獲得の確認は無理だよね?

10

10. 匿名処理班

  • 2021年01月08日 11:43
  • ID:7ncZmeWT0 #

痛くな〜い!

11

11. 匿名処理班

  • 2021年01月08日 11:55
  • ID:GI1rFKoz0 #

 これは朗報です。痛みもなく、副作用もなく、効果があると思います。今後、ニードルパッチ型が世界各国に普及されることを期待します。

12

12. 匿名処理班

  • 2021年01月08日 13:02
  • ID:jyWC7ebs0 #

マイクロニードル式出てこないかなと思っていたので期待したい知らせ。以前ここで紹介されていた別ワクチンのやつは一回目が投与された情報を肌に残す染色剤付きでしたがこれはどうなるんだろう。医療が届きにくい国・地域への運搬供給と安全な接種が可能なデバイスたちの登場は見守りたいですね。

13

13. 匿名処理班

  • 2021年01月08日 13:47
  • ID:5MQMsh.k0 #

ありがたいけど3年は流石に

14

14.

  • 2021年01月08日 14:13
  • ID:OEJFk.Fl0 #
15

15. 匿名処理班

  • 2021年01月08日 15:09
  • ID:.c27.qOW0 #

これも遠山の金さんゴッコができるだろうか。
「ワクチン接種したかだと?」
「オウ!、このワクチンパッチの痕が目にへぇーらねぇーか!」

16

16. 匿名処理班

  • 2021年01月08日 16:07
  • ID:uS8WqMC.0 #

ハンコ注射もよい思い出

17

17. 匿名処理班

  • 2021年01月08日 22:51
  • ID:LlehQfVZ0 #

20年以上前に「日本で開発中」と聞いていたのに…

18

18. 匿名処理班

  • 2021年01月08日 22:57
  • ID:FZIwTWeK0 #

自己投与式って使用後は家庭ゴミかよ
病院で受ける式にした方がいいだろ
道端に落ちてるのは見たくないぞ

19

19. 匿名処理班

  • 2021年01月09日 08:06
  • ID:7N.3SlPT0 #

※18
「まだ薬が残ってる」とか言い張って
使い古しを自分に貼る馬鹿がいそうで怖いよね

20

20.

  • 2021年01月09日 13:08
  • ID:SwZlODEq0 #
お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク