消火活動中のヘリコプターの中にフクロウがやってきた
消火活動中のヘリコプターにフクロウがやってきた image credit:Sky Aviation/Facebook

 今年9月4日から発生しているカリフォルニア州の森林火災『クリーク・ファイア(Creek Fire)』は、200万エーカー(約81万ヘクタール)という過去33年間で最大の焼失面積を記録し、多くの住民らがその激しい炎により避難を余儀なくさている他、野生生物が危機に瀕している。

 この山火事を鎮火するため多数の消防士が奔走しているが、このほどヘリコプター操縦士が上空からの消火活動中、1羽のフクロウと巡り合う奇跡的かつ不思議な経験をした。『abc30』などが伝えている。
スポンサードリンク


Eyewitness News 'One in a million shot:' Owl lands inside helicopter battling Creek Fire

1羽のフクロウ、消火活動中のペリコプター内に飛来


 10月12日、ワイオミング州に本拠を置く航空チャーター会社『Sky Aviation(スカイ・アビエーション)』のパイロットであるダン・アルピナーさんは、フレズノ郡とマデラ郡の森林火災の消火活動に取り組むため、上空からヘリコプターを操縦して水を散布していた。

 その時、突然1羽のフクロウが開いていたヘリコプターの窓から飛び込んできた。

 そのフクロウは、消火活動をしているダンさんの顔を真っ直ぐに見つめ、じっと座っていたという。

It’s odd to have an owl enter an aircraft. It’s unheard of to have it enter while the helo is in-flight. It’s an...

Posted by Sky Aviation on Tuesday, 13 October 2020

フクロウはこの森の守り神だった?


 ダンさんは、この出来事を翌日にFacebookでシェアし、このように綴った。

ヘリの飛行中に、フクロウが飛び込んでくるなんて前代未聞です。フクロウは、消火活動をまるで見守るかのように、数分、私と一緒にいましたが、陸に到着するやいなや、予告なしに突然飛び去って行きました。

説明することなどできないまるで魔法のような、奇跡のような出来事でした。

 後のメディアの取材でも、ダンさんは「最初は、コックピットの周りを飛び始めるのではと少し心配しましたが、水を散布している間、フクロウはじっとしていました」と話している。

 もしかしたらそのフクロウは、山火事の発生した森に住んでいて、消火活動に奔走する人間に感謝を伝えにきたのかもしれない。

 この出来事を知ったユーザーらからは、「きっと、森の守り神なんだよ」「素晴らしい経験ができましたね!」「飛行中に乗り込んで来るなんてまさに奇跡」「なんだか、人間の行為をじっと観察しているようにも見えるね」「写真がなければ絶対に信じられないけど、これは本物だ」「なんてクールな奇跡のショットなんだ!」といった驚きの声が寄せられている。

written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
アメリカ西部で相次ぐ森林火災、新たに公開された人工衛星映像でその恐ろしさが明らかに


真っ赤に染まる月。ギガ火災が発生中のカリフォルニアの夜空で不気味な満月(アメリカ)


うれしいニュース。西海岸の森林火災に巻き込まれた馬全てが奇跡的に生き伸びる(アメリカ)


猛禽ラヴ!フクロウに関しての興味深い10の事実


フクロウの赤ちゃんが行き倒れ!?いいえ違います、頭が重いのでうつ伏せで眠るのがデフォなんです


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
8659 points
空港で横になり束の間の休息をとる兵士を必死に守ろうとする犬

空港で横になり束の間の休息をとる兵士を必死に守ろうとする犬

2020年11月30日
2608360336
2位
6768 points
散歩に出かけた猫、背中にオポッサムの赤ちゃんをおんぶして家に連れ帰る(メキシコ)

散歩に出かけた猫、背中にオポッサムの赤ちゃんをおんぶして家に連れ帰る(メキシコ)

2020年11月26日
3位
4594 points
ソ連が領海侵犯していると思い込んで15年、実はニシンのオナラだった(スウェーデン)

ソ連が領海侵犯していると思い込んで15年、実はニシンのオナラだった(スウェーデン)

2020年11月25日
4位
3648 points
江戸時代以来約400年ぶり。木星と土星が大接近!12月21日〜22日は世紀の大天体イベントがやってくる

江戸時代以来約400年ぶり。木星と土星が大接近!12月21日〜22日は世紀の大天体イベントがやってくる

2020年11月27日
5位
3542 points
余命わずかな愛犬の為、最後にもう一度大好きだった雪を見せたい。その願いがSNSユーザーの協力で叶えられる(カナダ)

余命わずかな愛犬の為、最後にもう一度大好きだった雪を見せたい。その願いがSNSユーザーの協力で叶えられる(カナダ)

2020年11月28日
663441332
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年10月21日 11:39
  • ID:JPOJdBBt0 #

人間が引き起こしたんじゃ・・

2

2. 匿名処理班

  • 2020年10月21日 11:41
  • ID:FwYUMGnS0 #

フクロウ「ゴクロウ」

3

3. 匿名処理班

  • 2020年10月21日 11:47
  • ID:2FUttk2T0 #

プロペラに巻き込まれなくて良かった…

4

4. 匿名処理班

  • 2020年10月21日 11:56
  • ID:0hr81vAv0 #

いくら猛禽が飛ぶのに慣れていて、ヘリとの相対速度を自在に直感的に操作できるからと言って、爆音鳴らしながらローターまで回してるヘリに積極的に止まるなんて本当に奇蹟だよ。
鳥類は頭良いって聞くし、流石に消火に感謝しにきたとまでは言えなくても、火が消えていくさまを見て興味があって見に来たのかもね。

5

5. 匿名処理班

  • 2020年10月21日 12:17
  • ID:S4o8VxYP0 #

ヘリの中へ飛び込んだ
ふくろぅのネズミ
いや、ふくろう。

6

6. 匿名処理班

  • 2020年10月21日 12:44
  • ID:kVWqSWLs0 #

野生フクロウなんか見たこと無いけど
せいぜい森の木の高さ位までしか飛ばないんじゃない?

7

7. 匿名処理班

  • 2020年10月21日 12:45
  • ID:Vj9idD6P0 #

森を代表して来てくれたんだよ。
なんともファンタジー。

8

8. 匿名処理班

  • 2020年10月21日 13:47
  • ID:S4o8VxYP0 #

ヘリコプターの下に来たら
風圧で叩きつけられるんジャマイカ?

ふくろう「ふー苦労したっ!」

9

9. 匿名処理班

  • 2020年10月21日 13:56
  • ID:EMFmu2gc0 #

火事で止まる場所がなかったんだろ

10

10. 匿名処理班

  • 2020年10月21日 14:43
  • ID:hiiIAwxA0 #

火から逃げてきた

11

11. 匿名処理班

  • 2020年10月21日 15:20
  • ID:kJ.LMH5h0 #

守護動物か何かかな

12

12. 匿名処理班

  • 2020年10月21日 16:01
  • ID:xecj55bz0 #

呉越同舟一蓮托生というか火事の時は他動物への警戒心が薄くなる本能があったりするのかな
喧嘩してる場合じゃねえみたいな

13

13. 匿名処理班

  • 2020年10月21日 17:42
  • ID:yOU0KVJ70 #

※2
ゴソクロウいただいて…

14

14. 匿名処理班

  • 2020年10月21日 18:05
  • ID:Km7Y0kM20 #

ペリコプター、可愛い

15

15. 匿名処理班

  • 2020年10月21日 18:31
  • ID:SGj0Cnx40 #

こんばんは、もりのふくろう です。

16

16. 匿名処理班

  • 2020年10月21日 18:40
  • ID:KtXf4uOO0 #

フクロウ「やれ」
パイロット「はい」

17

17. 匿名処理班

  • 2020年10月21日 19:47
  • ID:Z5JqCeM60 #

逃げて来たにしろ、人間に頼らざるを得ないほど困窮してたって事には変わりないよな

18

18. 匿名処理班

  • 2020年10月21日 20:11
  • ID:5SC.ZbLo0 #

毎年大規模山林火災起こしてるアメリカが何妄想語ってんだよw

19

19.

  • 2020年10月21日 22:10
  • ID:2H.u8vcl0 #
20

20. 匿名処理班

  • 2020年10月21日 23:07
  • ID:DWJRIif20 #

森の番人「ホッホーこれがあの悪名高いニンゲン…(怒)」

21

21.

  • 2020年10月23日 06:13
  • ID:KT99rVBg0 #
22

22. 匿名処理班

  • 2020年10月27日 20:36
  • ID:.7ARdTRv0 #

非難して来たのだろうね。ふくろうは可愛い。大好きだ。

23

23.

  • 2020年10月30日 17:27
  • ID:sjOA3N780 #
24

24. 匿名処理班

  • 2020年10月30日 18:49
  • ID:gR2bYPPg0 #

※17
「窮鳥(きゅうちょう)懐(ふところ)に入れば
猟師もこれを撃たず」
これからもそんな良好な関係が続くといいな……

25

25. 匿名処理班

  • 2020年10月30日 18:51
  • ID:pUIYx5d80 #

フッ、ここまで来るのクロウしたぜ

26

26. 匿名処理班

  • 2020年11月09日 18:45
  • ID:aHwSQ78.0 #

コメ欄のダジャレ率w

27

27. 匿名処理班

  • 2020年11月16日 16:30
  • ID:w2yl3x0R0 #

森の賢者:フクロウ/ゴリラ

28

28. 匿名処理班

  • 2020年11月20日 23:40
  • ID:Ijv.2CtV0 #

平和ボケのせいかファンタジーコメの支持が多い事w

フクロウの立場からすれば「溺れるものは藁をも掴む」思いだったのは明白。なーにが「coolな一瞬」だよ。その状況に追い込んだのは他ならぬ人間自身かもしれないのに

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク