麦角菌病
足が焼けるように痛い奇病 image credit:The New England Journal of Medicine

 7月23日、海外の医療ジャーナルサイト『The New England Journal of Medicine』は、24歳の女性が両脚に焼けるような激しい痛みを感じた数日後、歩行が困難になり、脚が変色するという事態に見舞われた記録を発表した。

 医師が精密検査を行ったところ、その女性は中世ヨーロッパでよく知られた麦角(ばっかく)菌病と同じ症状を患っていることが明らかになったという。
スポンサードリンク
 

灼熱の痛みを脚に感じ来院した女性


 海外に住む24歳の女性は、足のつま先から大腿部の中央まで焼けるような痛みに襲われた。

 それが原因で歩くこともままならなくなった女性は、症状が現れて2日後に来院し、医師の診察を受けたが、その時既に女性の両脚はとても冷たく、色が変色していたという。

 CT検査の結果、女性の脚は下肢に血液を供給する役割を果たす膝窩動脈と背側中足動脈という2つの動脈の幅が極端に狭くなっていることから血液が凝固し、循環していなかったことがわかった。

cover_e27

 その後、血液希釈剤を投与する治療を受けた女性は、下肢の血流が増加して症状が緩和。しかし、変色した脚が一部壊疽を起こしていたため、複数の足の指の切断を余儀なくされてしまった。

spike-4285916_640_e
Konevi/pixabay

麦角菌病に罹っていたことが判明


 医師は、この女性が「麦角菌病」を患っていたと診断した。

 日本ではあまり聞き慣れないが、「麦角(ばっかく)菌」病は中世のヨーロッパでは西暦857年に遡って広く知られている病だ。

 麦角菌とは、穀類を中心に感染する糸状菌(カビ菌)の一種で様々な種類があるが、中でもC.purpureaと呼ばれる種のそれは、ライ麦をはじめ小麦や大麦、エンバクなどの穀物に感染し、摂取した人に深刻な影響をもたらすことで知られている。

rye-1535758_640_e
2966152/pixabay

 中世ヨーロッパでは、麦角菌汚染されたライ麦パンによる麦角中毒が多く、聖アントニウスに祈ると治癒できると信じられてきたことから「聖アントニウスの火」または「聖なる火」の病などとも呼ばれていたという。


女性の場合、変革中毒による症状だった


 麦角菌は、麦角アルカロイドと呼ばれる物質をつくりだし、これが麦角中毒を引き起こすことによって、循環器系や神経系に対して様々な毒性を示すとされている。

 女性が訴えたように、手足が燃えるような感覚となり血管収縮を引き起こす他、手足の壊死を発症。

 また、脳の血液が不足することで精神異常やけいれん、意識不明、躁病、子宮収縮からの流産などを引き起こし、最悪の場合は死に至ることもある。

 中世から微量の麦角は堕胎や出産後の止血にも用いられたが、現在は麦角成分のエルゴタミンが偏頭痛の治療に用いられている。

pills-384846_640_e
stevepb/pixabay

 女性の場合、症状が発症する数日前から片頭痛の薬を服用していたとのこと。更に、HIVの治療と組み合わせて、体内のエルゴタミンの血中濃度が上昇したことによって今回の症状を発症したということだ。

written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
脳みそがカビに侵される?健康な人も感染しうる唯一のカビ「クリプトコッカス・ネオフォルマンス」


北米で集団発生中の強毒で致死性の高い真菌「クリプトコッカス・ガッティ」の感染者、日本で初確認


一体なぜここまで大流行してしまったのか?世界10の奇病の大流行


特定の国、民族にしか存在しない10の奇病・症候群


原因不明な奇病ファイル:世にも奇妙な20のシンドローム(症候群)


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年08月01日 22:51
  • ID:ilTq1mK00 #

ショッキングな見出しだけど別に麦角菌そのものを摂取してしまったわけじゃないんだな、単なる薬害じゃん。

2

2. 匿名処理班

  • 2020年08月01日 22:56
  • ID:fcOZhLKT0 #

HIVという重要な情報を最後にさらっと書く意味

3

3. 匿名処理班

  • 2020年08月01日 23:18
  • ID:LAdAbojC0 #

今もなる可能性のある病気なんやね、別にウイルスが再発生したというわけではなく

4

4. 匿名処理班

  • 2020年08月01日 23:19
  • ID:32yAcGsf0 #

感染じゃなくて良かった(広がるわけじゃないという意味で)。
でも別の意味で怖いな、薬の飲み合わせ死に掛けて足指の切断かー。
お薬手帳は大事だね、あとは相談できる薬剤師さん。

5

5. 匿名処理班

  • 2020年08月01日 23:31
  • ID:infSGnGI0 #

Dr.Houseで観てはじめて麦角中毒を知ったわ

6

6. 匿名処理班

  • 2020年08月01日 23:41
  • ID:.byj6mQL0 #

元々 農薬が何のためにあるのか 考える記事やな。
オーガニック好きは気を付けたらいいんじゃない

7

7. 匿名処理班

  • 2020年08月02日 00:18
  • ID:H2msI13U0 #

つまり免疫が落ちてくると、今かからない病気にもかかる可能性が出てくるということで(雑にまとめる)

8

8. 匿名処理班

  • 2020年08月02日 01:21
  • ID:18ivGADC0 #

今でこそ科学的に原理が証明されて庶民にもなんとなくわかった気になれるけど
昔は具体的な治療法といえば神様に祈るくらいしか出来なかったってわけか。
実際には壊死するか自然に回復するか待つだけだなんて恐ろしい話だ。

9

9. 匿名処理班

  • 2020年08月02日 01:33
  • ID:n2SkgrQG0 #

※8
しかし子宮収縮からの流産にヒントを得て、
堕胎や産後の下血どめに利用したとは、
正に薬と毒とは紙一重と言うか

10

10. 匿名処理班

  • 2020年08月02日 01:38
  • ID:EE2Jn8bS0 #

当たり前だけど、既に薬服用中の場合には必ず医者に新しいの飲んでいいかどうか確認しましょうってこったな。

11

11. 匿名処理班

  • 2020年08月02日 01:44
  • ID:Fij2pAhs0 #

麦角菌と言えばLSD

12

12. 匿名処理班

  • 2020年08月02日 02:33
  • ID:f.lI9WBt0 #

そういや16世紀の『ガルガンチュア』『パンタグリュエル』のシリーズで、作者のラブレーが読者に向かって「聖アントニウス熱にかかって死んでしまえ!」とよく罵倒してた。

13

13. 匿名処理班

  • 2020年08月02日 04:20
  • ID:fhsu.TgA0 #

お前ら博識がすぎるぞ

14

14. 匿名処理班

  • 2020年08月02日 06:37
  • ID:mrjiXrop0 #

恐怖と思ったけど条件はかなり限定的みたいだからそんなに恐れる必要はないかな

15

15. 匿名処理班

  • 2020年08月02日 09:58
  • ID:ZgJ3SbPy0 #

※4
本来、麦角中毒は食中毒だから感染症のように広がったりしないよ。現代だと、今回みたいな特殊なケースでしか起きないと思う。

16

16. 匿名処理班

  • 2020年08月02日 10:18
  • ID:9TdaJnkt0 #

昔仰天ニュースで脚が焼けるように熱くなる女の子の特集やってて、逆立ちすると楽になるとかやってたんだけどこれとは違うのかな?原因不明とか言ってたんだけど。

17

17.

  • 2020年08月02日 11:18
  • ID:AVg9w5uH0 #
18

18. 匿名処理班

  • 2020年08月02日 11:24
  • ID:NRQtwU.S0 #

糖尿病も足指には気を付けろよ

19

19. 匿名処理班

  • 2020年08月02日 12:41
  • ID:GFYSyudW0 #

>>4
たった数日で指切断は居たたまれんね
この場合、レアケースや個人差の問題で医者も想定できなかったかもしれない
そう思うと、やっぱり人の体は難しいし、医者もタイプだわな
ワクチン反対派も出てくるわ、賛同できんけど

20

20. 匿名処理班

  • 2020年08月02日 12:41
  • ID:V.ylaBFW0 #

黒死病みたいなものか

21

21. 匿名処理班

  • 2020年08月02日 13:13
  • ID:rFZKEpdO0 #

>>7
雑っていうかど真ん中

22

22. 匿名処理班

  • 2020年08月02日 14:02
  • ID:axY7Hv9z0 #

戦時中の日本で、食糧不足を補うために採集した笹の実が麦角菌に汚染されており、そうとは知らずにこれを原料としたパンを食べた女性たちが相次いで流産する事件がありました。麦角が陣痛促進・子宮収縮を引き起こす性質はかなり古くから知られ(紀元前のアッシリアからという説もある)、現代では麦角菌に含まれるアルカロイドの一種のエルゴメトリンを主成分とする製剤が分娩後の子宮出血を抑える特効薬として広く用いられています。

23

23. 匿名処理班

  • 2020年08月02日 16:33
  • ID:74O8ZVRC0 #

>>22
戦時中だか余計にいたたまれないよね
食糧難だったから代替品を食べる事になったうえに、妊婦だから栄養つけないと、とお腹いっぱい食べるように促されただろうし、その結果、流産してしまい、家族や地域社会から流産を責められる事にもなりと…

24

24. 匿名処理班

  • 2020年08月02日 18:25
  • ID:LsbNTYwT0 #

※2 ※7
一瞬そう納得しかけたけど、菌そのものではなく
菌が生成する化学物質(を人工合成した?薬)での中毒だから、
免疫力の低下そのものって関連してるんだろうか?

単に「別の常用薬を服用中に
(自己判断で?)他の薬も飲んだら、飲み合わせが悪くて
相互作用により、通常の単体での利用なら起きない副作用が出た」
って事なら、HIV関係なく、常用薬がある人全般に
要注意な内容だけど。
(病院や薬局で既にさんざん注意喚起されている事ではあるが。)

25

25. 匿名処理班

  • 2020年08月02日 19:57
  • ID:W.oG8DZi0 #

麦角菌自体は加熱で死んでも、菌が作りだした麦角アルカロイドが中毒を引き起こすのか。。。加熱万能でなかった。ショック

26

26. 匿名処理班

  • 2020年08月02日 20:04
  • ID:8ahKoREw0 #

片頭痛でイミグランを服用していた時、副作用で狭心症を起こした私。わかる。

27

27. 匿名処理班

  • 2020年08月02日 20:28
  • ID:.MXsnQo40 #

ん?
つまりこの女性は麦角菌に感染してたわけじゃなくて、HIV治療と偏頭痛の薬による
「麦角菌病」と同等の症状だったわけね

28

28. 匿名処理班

  • 2020年08月03日 09:59
  • ID:vMJqyUun0 #

>>女性の場合、症状が発症する数日前から片頭痛の薬を服用していたとのこと。更に、HIVの治療と組み合わせて、体内のエルゴタミンの血中濃度が上昇したことによって今回の症状を発症したということだ。

とのことですから、薬の飲み合わせが悪かったということですね

29

29. 匿名処理班

  • 2020年08月03日 17:10
  • ID:PKcL2avA0 #

HIVの治療や投薬を偏頭痛薬を処方した病院に隠していたのか、
適当に偏頭痛の売薬を買って飲んでしまったのか。

いずれにしてもHIVは軽い病気ではないのにうっかりさんだなぁ。
或いはこういうケースが既知ではなかったのか。

足の指数本は大きすぎる。

30

30. 匿名処理班

  • 2020年08月04日 18:03
  • ID:VhF8htGt0 #

※4
重要なのは薬剤師じゃなくて適切な診断が出来る医者だと思う
患者にとって薬剤師は処方通りに薬出すだけの仕事
診断も治療も出来ないのに重要視し過ぎじゃないかな

31

31. 匿名処理班

  • 2020年08月05日 07:13
  • ID:XzOLrq5s0 #

飲み合わせの悪い薬とか混注禁の薬剤同士とか処方されると薬剤師さんから一報入るし、医師もよく薬剤師さんに相談してる
薬剤師さんの仕事について知らなすぎるし軽視しすぎだよ

32

32. 7cg3

  • 2020年08月05日 22:54
  • ID:3fYO5wdj0 #

中野京子著「怖い絵」で、聖アントニウスを描いた祭壇画の章で麦角アルカロイドを知った。
当時は切り落とすしかなかったんだな

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク