火星の環
火星にも土星のような環があった? image by:Kevin Gill/Flickr, CC BY 2.0

 あの赤い惑星は、かつて今よりもっと壮麗な姿をしていたのかもしれない。新しい研究では、なんと火星をぐるりと取り巻く環があったという科学的証拠が提示されている。

 その手掛かりは火星の第2衛星「ダイモス」にある。その軌道は、火星の赤道面に対してわずかに傾いている。そして、これは大昔は存在しただろう環の重力のいたずらによって引き起こされたものなのだそうだ。
スポンサードリンク

火星に小惑星が衝突し、その破片によって環が形成された可能性


 惑星の環はそれほど珍しいものではない。

 惑星の環というとまずは土星が思い浮かぶかもしれないが、じつのところ太陽系の惑星のうち半数(土星、天王星、海王星、木星)には環がある。それどころか準惑星のハウメアや、小惑星であるキロンとカリクローにだってある。

 火星にも環があったという仮説が提唱されたのは2017年のことだ。

 第1衛星「フォボス」のシミュレーションから、火星に小惑星が衝突し、その破片によって環が形成された可能性が明らかになったのだ。

 その環はやがてフォボスに集積した。そのため初期のフォボスは現在のものよりずっと大きかったのだという。

フォボス
火星の第1衛星「フォボス」image by:NASA

異質なフォボス


 火星の第2衛星「ダイモス」の軌道は、火星の赤道面に対して1.8度だけ傾いている。変わっているのはその点だけで、離心率が小さいごく普通の軌道をおよそ30時間かけて周回している。これまで誰も「ダイモス」の軌道に注目してこなかったのはそうしたわけだ。

 だが「フォボス」は異質だ。火星にずっと近く、公転周期は7時間39分。そして年に1.8センチずつ火星に接近している。

 そのため1億年以内に「ロッシュ限界」に達すると予測されている。ここは惑星や衛星が主星の潮汐力に耐えられるギリギリの境界で、「フォボス」がここを越えればバラバラに破壊されてしまう。

 そのときに生じる破片は環を形成し、火星に降り注ぐ。だが一部は再び集積し、以前より小さな衛星へと生まれ変わる。環が内側へ引き寄せられる一方、生まれ変わった「フォボス」は外側へと押し出される。

 2017年の研究によれば、こうしたことは過去にも幾度か繰り返されてきた可能性があるという。

1_e35
火星の第2衛星「ダイモス」image by:NASA

環の存在がダイモスの軌道を傾けた


 SETI協会(アメリカ)のマティヤ・クーク氏らの研究では、このプロセスがダイモスに与えた影響が分析された。

 シミュレーションからは、現在の20倍の質量を持つ原始フォボスが外側へ移動し、火星の半径3.3個分の距離にあったダイモスと「軌道共鳴」(ある天体を公転する2つの天体が、互いの重力に影響されてその軌道が変化すること)を起こした場合、ダイモスの軌道は今日見られるようなわずかに傾いたものになることが判明した。

 原始フォボスが潮汐の進化に逆らい外側へ移動するには、巨大な環との相互作用がなければならない。したがって、シミュレーションの結果が正しいとするならば、やはり火星にはかつて環があったということになる。

 クーク氏によれば、ダイモスに傾斜が生じたのは39億年前の「後期重爆撃期」の後であるはずだという。

 この時代、地球・火星・金星・水星などの岩石惑星には爆撃のように小惑星が衝突していた。これによってダイモスも破壊された可能性が高い。ダイモスはやがて再集積したが、そのときの軌道には傾きがほぼなかったと考えられる。

 同時に、この時代からずっと後になっての出来事でもない。原始フォボスとダイモスの共鳴は、低い傾斜角がなければ起きないからだ。

 クーク氏らは、傾斜が生じたのは35億年ほど前ではないかと推測している。そしてこの時期は、火星に現在のフォボスよりも大きな内衛星があったと2017年の研究が推定する時期とぴったり一致している。


Martian Moon's Orbit Hints at Ancient Rings of Mars

 ダイモスが破壊と再形成を経験し、低い傾斜角になったということは、小惑星の爆撃がその軌道を乱した可能性が低いということをも意味しているという。

 またそれができるような小惑星が飛来していたなら、傾斜だけでなく、離心率をも乱していたはずだ。ダイモスの離心率は素晴らしく小さいので、やはりその線は低いそうだ。


現在のフォボスが形成された時代


 なお、フォボスについては、おそらくこれまで2回破壊と再形成を繰り返しており、現在のものは2億年前に誕生したと考えられるそうだ。

 日本のJAXAによる「MMX(火星衛星探査計画)」では、2024年にフォボスに探査機を送り込むべく準備が進められている。

 計画通りに行けば、2029年に衛星のサンプルを携えた探査機が地球に帰還することになる。サンプルからはフォボスの年代も特定されるはずだ。その結果が数億年の範囲内にあるならば、今回の仮説の新たな裏付けとなるだろう。

 この研究は第236回アメリカ天文学会で発表され、『The Astrophysical Journal Letters』に受理された。現時点では、『arXiv』(6月1日提出)で閲覧できる。

References:seti / sciencealert/ written by hiroching / edited by parumo
追記:(2020/06/8)タイトルを一部訂正して再送します。
あわせて読みたい
火星から回収された岩石に未知のウイルスが付着している可能性を科学者が指摘(米研究)


南極に落下した火星の隕石の破片の中から生命の材料が発見される(JAXA)


NASAも在宅勤務。自宅から火星探査機「キュリオシティ」を操作中


火星には起源が異なる2種類の水がある(米研究)


かつて火星に生命は存在したのか?火星の土壌から地球のキノコ「トリュフ」の成分が検出される。(米・独研究)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
5574 points
クトゥルフに思いを寄せて。脚が触手になっているタコ脚グラス

クトゥルフに思いを寄せて。脚が触手になっているタコ脚グラス

2021年1月24日
2位
3312 points
子育て中の母猫の懐に忍び込み、子供のふりをした孤独な子猫、愛と幸せを手に入れる(インドネシア)

子育て中の母猫の懐に忍び込み、子供のふりをした孤独な子猫、愛と幸せを手に入れる(インドネシア)

2021年1月18日
2303048232
3位
2592 points
犬ってやつぁ!(涙)飼い主が骨折後、足を引きずって歩くようになった犬。飼い主の痛みに共感していた。

犬ってやつぁ!(涙)飼い主が骨折後、足を引きずって歩くようになった犬。飼い主の痛みに共感していた。

2021年1月21日
942449643
4位
2179 points
卵型の鉱物を割ったら中からクッキーモンスター!世界一かわいいなメノウが発見される

卵型の鉱物を割ったら中からクッキーモンスター!世界一かわいいなメノウが発見される

2021年1月25日
9001243630
5位
2089 points
髭男の進化系。もみあげから顎を通って口髭につなげる「モンキーテール」スタイルがじわじわ人気に

髭男の進化系。もみあげから顎を通って口髭につなげる「モンキーテール」スタイルがじわじわ人気に

2021年1月22日
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1.

  • 2020年06月07日 09:14
  • ID:nnb04p9t0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2020年06月07日 10:35
  • ID:IaVGYAtt0 #

今の地球の周りに大量の宇宙船や衛星のゴミが回ってるものが
環になり誕生する日も近いかも。
それはそれでうれしくない原因だ

3

3. 匿名処理班

  • 2020年06月07日 11:00
  • ID:Cuezt83O0 #

環 環 環あ〜〜 環が三つ♪

4

4. 匿名処理班

  • 2020年06月07日 14:40
  • ID:JhjtyLRU0 #

傍証ダイモス、というわけだな

5

5. 匿名処理班

  • 2020年06月07日 15:58
  • ID:0j3ziNh30 #

「ククク・・・何度破壊されても、そのたびにワシはよみがえってきたのだ・・・!!」
「フォボスじゃなくてラスボスじゃねえか」

6

6. 匿名処理班

  • 2020年06月07日 19:15
  • ID:FUxDCE870 #

MMXの仕事がより重要になったな

7

7. 匿名処理班

  • 2020年06月07日 19:27
  • ID:SjUmf9bK0 #

のぞみの無念は忘れられない
方向性は違くても次期火星探査は感慨深いものになる

8

8. 匿名処理班

  • 2020年06月07日 19:45
  • ID:7YL2rUQW0 #

地球にも輪作って太陽光線反射しようぜ

9

9. 匿名処理班

  • 2020年06月07日 20:21
  • ID:.yW635Yx0 #

地球だってジャイアントインパクトで月が出来上がるまでは輪があった

10

10. 匿名処理班

  • 2020年06月07日 20:25
  • ID:gv3.3hti0 #

地球にもあっただろうね
月が出来た原因が、飛んできた月が地球と衝突したなら
飛び散った破片が環になってもおかしくないし

11

11. 匿名処理班

  • 2020年06月07日 23:12
  • ID:nbtN9juH0 #

地球に環があって見える地域に住んでたら良かったなあ
文化や科学技術に影響あっただろうか
地球平面説とか早々に否定されそうだし

12

12. 匿名処理班

  • 2020年06月07日 23:50
  • ID:8ZSQmN7K0 #

ここ十数年事だが太陽でもうっすら環が観測されていたようだね
今は観測できなくなったようだけど

13

13. 匿名処理班

  • 2020年06月08日 06:56
  • ID:HyIjX.4N0 #

惑星の環がそれほどありふれたものであるなら、かつて地球にも環があった可能性もありますね。

14

14. 匿名処理班

  • 2020年06月08日 12:35
  • ID:OgB7bm200 #

※4
燃やせっ、燃やせっ、真っ赤に燃やせ〜♪

15

15. 匿名処理班

  • 2020年06月08日 16:28
  • ID:cnXjcHoI0 #

火星と木星の間の小惑星帯は太陽の環とみなすことはできないのかな?

16

16. 匿名処理班

  • 2020年06月08日 19:09
  • ID:shdGZQYn0 #

確か土星の輪も(宇宙の時間の長さからすると)キレイに保っているのは短い時間だと聞いた

17

17.

  • 2020年06月08日 22:08
  • ID:y.lLT6wo0 #
18

18. 匿名処理班

  • 2020年06月09日 01:11
  • ID:cVXd9fgi0 #

ディープインパクト直後の地球にも輪がありました。今は全部固まって「月」って呼ばれてます。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク