ティラノサウルス
ティラノサウルスは長距離ランナータイプ/iStock

 進化生物学の一般的な見解によれば、長い脚は速く走ることに適応したサインであるという。

 しかしティラノサウルスをはじめとする70種以上の獣脚竜の脚を分析したメリーランド大学(アメリカ)の研究によれば、ことはそう単純ではないようだ。

 この研究では、500グラム程度から9トンを超えるものまで、さまざまな恐竜の脚のバランス・比率・体重・歩き方が分析されている。

 そこから判明したのは、長い脚は確かに速く走るためのものかもしれないが、同時に持久力や効率を追求した結果である可能性もあるということだ。

 つまり速く走る短距離走よりも、長く走り続けるマラソンの方が得意であるとも考えられるのだそうだ。
スポンサードリンク

走る速度は20〜29キロ、ティラノサウルスは意外にも遅かった


 ティラノサウルスには、暴力的なまでのダッシュ力で獲物を仕留める俊敏なハンターというイメージがある。しかし、その運動能力についての最近の研究では、それほど卓越した走力はなかっただろうことが明らかになっている。

 たとえば2017年、当時もっとも包括的なコンピューターモデルで、ティラノサウルスの歩きや走りをシミュレートするという研究が行われている。

 その結果によれば、ティラノサウルスが移動する速度は時速20キロ程度が限界であるという。それ以上速く走ろうとすれば、その衝撃で足の骨が砕けてしまうのだ。

 さらに別のモデルを使った同年の研究では、500種以上の現生種の最高速度や体の大きさなどが分析された。その結果からティラノサウルスの最高速度を推測すると、時速29キロ程度だったろうという結論が得られている。

ティラノサウルス
Pixabay

がんばれば逃げ切れるかも?


 もしあなたが6600万年前の白亜紀にタイムスリップして、ティラノサウルスに遭遇してしまったとしたらどうなるだろうか?

 通常、大人の歩く速度は時速4〜4.8キロであるという。走る速度は人によって差があるが、その4倍と言われているので、時速16〜20キロ程度と言われている。つまり普通の人でもティラノサウルスといい勝負ができるということだ。
 
 ウサイン・ボルト選手のトップスピードは時速44.6キロだったそうなので、彼なら余裕で逃げられる。走りに自信のある人なら、案外ティラノサウルスをぶっちぎれるかもしれない。

ティラノサウルス
Pixabay

体の大きな肉食動物にとっては省エネが重要


 当然ながら、大きな体は移動速度に不利に働く。小型・中型の恐竜ならば、確かに長い脚があればそれだけ速く走れたことだろう。

 しかし『PLOS ONE』(5月13日付)に掲載された今回の研究は、体重1トンを超える恐竜ともなれば話が違うことを明らかにしている。それによれば、そうした大きな恐竜にとって長い脚が意味するのは、エネルギーの効率性であるという。

 肉食動物はエサを得るために、長時間獲物を探して歩き回らねばならない。そのため、いつエサを得られるとも分からない捜索時間のエネルギー消費をできるだけ抑えねばならなかった。長い脚はそのために有利なものであったようだ。

The fast and the frugal: Divergent locomotory strategies drive limb lengthening in theropod dinosaurs
https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0223698
References:These legs were made for walking: T. Rex had legs built for marathons, not sprints/ written by hiroching / edited by parumo

あわせて読みたい
あれれ?ティラノサウルスの赤ちゃんを再現したところモフモフでかわいかった件(米研究)


恐竜の頂点に立つ、ティラノサウルスのイメージを変えた10の発見


ほらやっぱりね!ティラノサウルスは羽毛でなくウロコで覆われていたことが判明(オーストラリア研究)


新たに特定された7000万年前の羽毛の肉食恐竜、チーター並みのダッシュ力


70トンの巨体。既知の恐竜としては最大のティタノサウルスの化石が大量に発見される(アルゼンチン)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 09:05
  • ID:Ag4Uhl9b0 #

ジュラシックパークが実現すればすぐに答えがわかるのに…

2

2. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 09:14
  • ID:9cPThnuQ0 #

軽自動車よりこまめにデザインが
マイナーチェンジされる恐竜の話題か。
最近は全身羽毛付きで脇腹にスライドドア、
後頭部にカーナビとドリンクバーがついてることが
判明したんだっけ?

3

3.

  • 2020年05月18日 09:17
  • ID:EIR2D27Y0 #
4

4. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 09:19
  • ID:QWWdSzHj0 #

ところがどっこいいざとなったら腰が抜けて上手く走れない。

5

5. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 09:52
  • ID:NFEF.nKu0 #

持久力あるなら逃げ切れないと思うんだけど…ティラノって確か鼻も効くんでしょ?

6

6. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 10:02
  • ID:RaWljAKL0 #

昔出たティラノサウルスがあまり早く走れないって最初の説は、足の骨格から推定した筋肉だけを見ていて腱などの存在を見落として計算していたから間違いだったって、唱えた本人が認めて訂正したそうだけど
むしろなんでそういうミスができるのか不思議だった ケアレスミスもいいとこである
今は学者の頭も進化して、進歩した解剖学的観点からの正確な計算ができるようになってると信じたいね(ブラックジョーク的な皮肉です)

7

7. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 10:11
  • ID:YTTa.vj00 #

走って逃げれるわけ無いじゃん・・・
ティラノ居るのは整備された道じゃないでしょ

8

8. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 10:16
  • ID:BAqI3sxC0 #

長距離ランナーじゃ人間のスタミナ切れでパクリ😆

9

9. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 10:21
  • ID:pHpXbrKb0 #

一般人が普通に走ったくらいの勢いで持久戦持ち込まれたら捕まる自信しかないんじゃが

10

10. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 10:54
  • ID:2OosFjfA0 #

エイリアンじゃなく、ジェイソンやターミネーターの様にどこまでも
ひたすら追ってくるタイプの恐怖  鼻が利くので夜も眠れず

11

11. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 11:01
  • ID:h23N1LEN0 #

おそらく大半の恐竜想像図は間違ってるんだろう
でも恐竜古生物学も結局商売なので
羽毛恐竜説は不評であまり浸透しないね
恐竜ファンは怪獣マニアでしかないからな
ティラノは羽毛モフモフでのそのそ動いて死肉漁ってたなんて信じたくはないわな
そういえばティラノって昔はゴジラ立ちしてたな

12

12.

  • 2020年05月18日 11:02
  • ID:00NBlIId0 #
13

13. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 11:28
  • ID:CfCfJA3x0 #

※2
どこのサファリパークバスだよw

14

14. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 11:30
  • ID:mOzkp0N60 #

本文より美女と恐竜と巨ゴリラの素敵B級映画テイスト画像に刮目

15

15. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 11:35
  • ID:BL..DZa70 #

持久力って偉大でね、アフリカの人たちがサバンナでライオン狩りって言うのをやるのよ、見つからないようにそーっと近づいて槍でブスッ!って言う我々の思い描きがちな展開は全くなくて、わざと気付かれるように近づいて行くんだって、そうするとライオン側は遠ざかる(ほとんど反撃してくることはないんだって、「たぶん人間が不味いから」だってさ)近づく⇒遠ざかる⇒近づく⇒遠ざかる⇒近づく・・・、を200kmくらい繰り返すと、ライオンがうんざりして「もう殺しちゃってください」みたいに諦めるんだって、サバンナでは人間は非常に弱い存在だけど、こと持久力に関しては他の種を圧倒してるんだって、たしかオースマン:サンコンさんが、なんかのTVで言ってたよ。

16

16. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 12:07
  • ID:GZrVzkfO0 #

※14
キングコングじゃないかな?

17

17. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 12:43
  • ID:nh93TlWm0 #

※11
ティラノサウルスには羽毛が生えていた痕跡がある化石が現在の所、一切発見されてないから無かったものとして扱うのが当然
それこそ、羽毛がある(にちがいない)と言う憶測だけで、羽毛描け羽毛描けって言う方が”がくせつなんかどーでもいーしょーばい”目当てになる

明確に羽毛の痕跡が発見されてないものに対して、「あったに違いない>いやあった筈だ>あったはずなのに受け入れない輩がおかしい」、ってのは、ただのレッテル貼り

そもそも、ゴジラ立ちにしても、あくまで当時の恐竜の再現がそれだったからゴジラもそうした、であってゴジラがあったから恐竜の再現がゴジラ立ちだった訳ではない、因果関係が逆

あと、移動速度に関しては捕食対象の恐竜の移動速度(今回の研究からすれば持久力等も含めなければならない)も算出しなければ、スカベンジャーかプレデターかははっきりしないし、そもそも完全なスカベンジャーも完全なプレデターも自然界には存在しない
ぶっちゃけ、論文出てない時点でスカベンジャー説はただの思いつきの憶説に過ぎない


要するに、総じて根拠のない逆張りに過ぎない

あと、学説が覆るってのはよくあることだけど、それには現在発表されてる学説に対する反証が必須
パラダイムシフトレベルの、尋常でない主張には尋常でない(誰もが検証出来る正確な)証拠が必要
ただのおっきな四足歩行のトカゲって扱いだった最初期の恐竜の復元イメージが覆されたのも、最初期の発見された恐竜であるイグアノドンの、全身骨格が無数に連なったボーンベッドが発見されたから
それに匹敵するような証拠が発見されていないのに、センセーショナルで非学術的な憶説だけで成り立ってる暴論を、認めない方がおかしいと言い張る行為そのものがおかしい

18

18. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 12:48
  • ID:Otb3xqK80 #

時速20劼箸いΔ100m18秒のペースやね。
1500m走を4分30秒、マラソン2時間7分のペース。
このペースでティラノと長距離競争……無理だな。

19

19. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 12:51
  • ID:Jf1Xu2xm0 #

「地球環境が現在と同じ」って大前提で思考停止してるアカデミズムだが、大型恐竜の骨格(化石でわかる)じゃ現代の重力下での行動はおろか、生存さえ出来ないことがわかりきっている。大型恐竜はその巨体の割に脚部が細すぎるので、生物物理学上ありえない。
だから、当時の地球の重力は現代より小さかったと考えるのが合理的。
地球の重力が変わるほどの「大激変」で恐竜は絶滅したし、その他の環境も変わったから、年代計測の基本前提が成立しない。
百万年前〜とか何億年前〜というのは、激変要素を計算していない。

20

20. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 13:24
  • ID:2OWYaqW.0 #

※5
視界が悪いんじゃなかった?
だから小回り効かせて走れば目が追い付かないから逃げ切れるかもね

21

21. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 13:25
  • ID:9OSKOiZj0 #

>>1
実現して欲しいような、恐いようなw

22

22. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 13:50
  • ID:YelV9GFg0 #

いうてモフモフの巨大スズメさんだったんでしょう?

23

23. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 14:44
  • ID:Tfnzpz.T0 #

※19
恐竜が生きていた時代の鳥類や虫などの化石もあるが、どれも現代と違いは無く重力が違うことが推測できる変化は無い。
重力が変われば自転などにも影響が出る。しかし、サンゴなどの化石を調べると当時の一日の長さが解かるが、こちらからも影響はうかがえない。

なお、天体の質量は計算で求めることが出来、そこから重力も算出できる

24

24. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 14:47
  • ID:c4kAzhu10 #

羽毛は知らんが、シルエットが足の太いインコみたい。

25

25. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 15:11
  • ID:DEQapYPA0 #

>>5
コドモオオトカゲのようにスタミナ切れまで延々と追い続けた可能性もある

26

26. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 15:11
  • ID:UdEoENHA0 #

コモドオオトカゲが長距離走タイプだったよな。とあるテレビ番組では獲物が疲れて動けなくなるまで追いかけ回してた。

27

27. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 15:25
  • ID:Q082JKja0 #

毎年言ってることが変わってて恐竜研究はホント信用できねぇ

28

28. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 15:32
  • ID:N8Zet5da0 #

霊能者は人や動物の霊は見れても
原人や恐竜の霊は見れないのか?
ʅ(◞‿◟)ʃやれやれ…

29

29. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 15:35
  • ID:qobYNMuf0 #

舗装された道路じゃないと、1km・3分のペースで走れない
トレイルランニングのペースだとティラノの餌だ

30

30. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 16:47
  • ID:9r1XY1dI0 #

脚よりも尻尾の筋肉、人間でいうなればケツ筋が走行能力シミュレーションに関して重要なファクトらしいね。「ティラノサウルスはすごい」に書いてあった

31

31. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 16:52
  • ID:Y6dPVlaf0 #

ゾウカバキリンかてクソ速いけど骨格しかなかったら足の速さなんかなかなか割り出せんかったやろな

32

32. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 19:24
  • ID:b5ucLv5b0 #

同時代のエドモントサウルスのミイラ化した化石からの解析で時速45kmと推測されている。他の個体にはティラノなどの肉食恐竜に噛まれたと思しき傷のある化石も。
もう少し速度があったのではないかなぁ

33

33. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 19:50
  • ID:j8dAkyis0 #

※15
人間が不味いから、じゃなくて、「マズイ」からだよ。
怖いのよ。彼らは人間が。
DNAに染み込まれてる。彼らの天敵は人間だからね。
アフリカはなんとか生き残っただけで、アジアの方のライオンはほとんど絶滅した。
滅ぼしたのはもちろん人間だよ。家畜を守るためと遊びで狩られた。

34

34. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 20:42
  • ID:Taq.HIWv0 #

>>8
人間はそれこそ、フィジカル的には持久力を最大の武器にするハンターだぞ
・・・運動不足じゃなければ

35

35. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 20:57
  • ID:edT1qkHZ0 #

※19
飛鳥昭雄氏の著作から引用しているようですが・・・

地球の質量または密度に大幅な変化が起きなければ、重力はほとんど増減しません。1億年にも満たない期間で重力が増加したというなら、その分地球が大きく膨らんだという物証はあるのですか?なにがしかの痕跡があってしかるべきですが。(洪水、ですかw)

年代測定にしても、代表的な放射年代測定を例にすれば、放射性崩壊が核種によってほぼ決まっていることを利用しているので、それが成立しないほどの違いとなると、地球が現在と極端にかけ離れた環境、例えば惑星ではなく恒星や矮星、中性子星など原子の性質そのものが違う環境ということになる。そんな星には恐竜はおろか、我々の知るどんな生命体も生存できない。

数多く化石が発見されているなら、生物学的にたとえ脆弱であったとしてもその環境で繁栄したと見るのが自然です。それでは生存できないから環境が大きく違っていたというなら、アカデミズムを批判する前にまずその環境を立証する方が先です。

ちなみに地球膨張説は過去に議論された歴史はありますが、現在は否定されていますよ。

36

36. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 20:58
  • ID:CuUhMSTN0 #

二転三転するし、学者のトンデモ説も唱えたもん勝ちな印象になっちゃって
なんかもうフーンって感じ

37

37. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 21:52
  • ID:lE2Vrm350 #

昔の恐竜研究は妄想力が勝ち気味だったけど、工学的なシミュレーションが出来るようになったのが21世紀らしいですな。

38

38. 匿名処理班

  • 2020年05月18日 23:08
  • ID:QcYiikf00 #

※36
それは、メディアがセンセーショナルな新説にはすぐ飛びつくくせに、間違いの指摘だとか発言者による訂正だとか真面目な情報の開示だとかはスルーしてるから、中途半端な印象論になってるだけ
あと、本気で詳しい訳じゃない記者がとりあえずで書いてるモノとかでトンデモっぽくなってるだけの場合も多々ある

※37
そもそも、シミュレーションって簡単にいってるけど、昔はパラメーターの設定とかどれほど突き詰めてもコンピューターの性能的な面で限界があったって言うだけの話
大体、シミュレーションって、否定派は否定的なパラメーターを、肯定派は肯定的なパラメーターを、無意識的に選択してしまうから、実際に化石が発掘されて覆されることもある
例えばスピノサウルスにしても、それまで見つかっていた部分からのシミュレーションでは遊泳能力は低いと言う研究もあったけれど、つい先日尾のほぼ完全な化石が発見され、その形状から遊泳能力はむしろ高いであろうと言う研究結果が発表されたばかり

確かに、時代的な束縛による思い込みからの間違いは多々あったし、これからもあるだろうけど、確実な知識の積み重ねと検証とによって間違いが正され前進するのが科学
その間違いを妄想と言い放てる人間は、自分の考えや知識だけが絶対正しいと思い込んでる、それこそ妄想だと論ってる間違いと全く同じことをしている

39

39. 匿名処理班

  • 2020年05月19日 00:23
  • ID:dg1wBj.C0 #

>時速16〜20キロ程度と言われている。つまり普通の人でも
>ティラノサウルスといい勝負ができるということだ

嘘付け?『ティラノサウルスはマラソン型』て書いて有るじゃん
『大丈夫、大丈夫、同じスピードだから…』とか言いながら、
実はスタミナが全く違いました…なんてオチが待っているだろ?

40

40. 匿名処理班

  • 2020年05月19日 03:11
  • ID:hcxdQDkp0 #

※19
上野の国立博物館に行ってみな。
主要な恐竜多くは現在の大型哺乳類と大差ない。
トリケラトプスはサイと同じくらい、
ティラノは花松江マンモスと同じくらい。
恐竜よりはるか後代に現れるパラケラテリウムには全く及びもしない。
超大型恐竜は全身骨格が見つかっているものが稀で、ほぼ復元で、正しいかどうかすらも怪しく、その大きさも鯨よりは小さく、超大型恐竜は浮力を利用していた可能性もある。
そして恐竜が鳥と近縁であるのは今や常識だ。
君の論でいくと鳥があの華奢な骨で風圧を支えていることすら説明できなくなるが、その答えは骨のハニカム構造にある。
空洞が大く軽量で頑強。同じ太さの哺乳類の骨より強度が著しく高いのは19世紀からわかっていること。恐竜や鳥が勝者になった理由の多くはこの骨の構造にある。
この骨に酸素を蓄え、低酸素でも活発に行動できることで、高酸素時代に移行してからは大型化した。逆に、現在と同じぐらいの酸素濃度の時期には大型タイプが少ないことから、大型化の大きな要因が酸素濃度にあることは間違いないだろう。

41

41. 匿名処理班

  • 2020年05月19日 09:55
  • ID:dg1wBj.C0 #

※40
>トリケラトプスはサイと同じくらい…、

嘘〜ん!!!トリケラトプスは全長8〜9mくらい有るぞ?
サイは調べたら、全長3.7m〜4mだそうだ。
寸法比で倍以上、体積比だと16倍以上だぞぇ?
(圧倒的ではないか?我がトリケラ軍は?)

42

42. 匿名処理班

  • 2020年05月19日 11:11
  • ID:dg1wBj.C0 #

※41
自己レスだけど…
寸法比で約2倍だと、体積比だと約8倍だったわ
(多分そうだと思う。多分…(そうだよな?))

43

43. 匿名処理班

  • 2020年05月19日 16:20
  • ID:uvOWBNTm0 #

※17
言いたい事は理解できますが感情的ですね
現実に恐竜、特にティラノサウルスは怖くて強いイメージを求める人が多くて
再現図にも反映されてると思いますよ
獣脚類に羽毛がある事は化石で確認される前から予想されていましたし
多くの獣脚類から羽毛が見つかっている、かつ羽毛が化石化する事自体がレアケースなので
ティラノサウルスにも羽毛があった説は否定しきれません
ただし、鳥のような羽毛とは限らないしどの部分かもまだ不明です

本来なら複数の予想図を提示してこっちもあった、あっちも可能性がある、というのが公正なのでしょうが現実的ではないですね
いずれにしても現在の予想図は恐い恐竜を望む方向に引っ張られていると思います
それと過去の予想図を引きずりすぎて爬虫類っぽさが濃いですね

44

44. 匿名処理班

  • 2020年05月19日 16:56
  • ID:dg1wBj.C0 #

こういうのは、計算の仕方によって答えが様々になるから。
確か以前の研究で、ティラノは時速60Kmくらいは出せた…
なんていう記事を読んだ覚えが有る。(うろ覚えだけど)
つまり赤い人じゃないけど、最大で3倍くらいのスピード差が…

45

45. 匿名処理班

  • 2020年05月19日 19:38
  • ID:.uEPQhKX0 #

記事内容が無責任すぎだろ。ティラノは長距離走の体系ではない。研究者自体がやることがなくなって解雇されるかもしれない時にトンデモ記事で延命をはかるのはよくあること。

46

46. 匿名処理班

  • 2020年05月20日 06:02
  • ID:EbSNA9we0 #

※43
まず1に、古生物学を商売だと語り、実際の学説には言及してない事に対する反論
2に、恐竜ファンを怪獣マニアと言って貶めようとしている言動に対する反論
3に、事実ではない点を事実であるように語ることで、相手が間違っているという誘導に対する反論
を、※11に対して行っている

コエルロサウルス類の中に羽毛を持っている種類が発見されているから、全てのコエルロサウルス類には羽毛があったに違いないと言い切るのは早計であり、発見されていない以上は現在の学説に則った復元になるのは当然
そもそも、ティラノサウルスは、幼体に生えていた可能性が取り沙汰されているものの、成体には生えていなかったであろうというのが、今のところ学会の共通認識になっている
なお、爬虫類をベースにした復元だという点に関しては、妥当とは言えないまでも、化石の骨格構造等による分類から仕方が無い部分ではある

47

47. 匿名処理班

  • 2020年05月20日 12:25
  • ID:zL3OvmC10 #

※15
持久力うんぬん<
汗をかけるってところが大きい。
炎天下で42.195km走り切れる生物は人類をおいて他に存在しない。

48

48. 匿名処理班

  • 2020年05月21日 02:59
  • ID:xwb164gL0 #

※47
アフリカで言えばダチョウですかね
恐竜つながりもあることですし
馬も汗はかくそうですよ

49

49. 匿名処理班

  • 2020年05月21日 03:39
  • ID:xwb164gL0 #

記事の持久力で
鳥は肺の構造的に哺乳類より酸素利用の効率が良いのは知られていますが
同じ祖先を持つアリゲーターでも確認されたそうです
ttps://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/2167/

50

50. 匿名処理班

  • 2020年05月29日 13:45
  • ID:iGPd6HrY0 #

※43
無駄に反発する人が多いのって怪獣のイメージを未だに捨てられない人と、あと
二次創作で描かれた実際の学説とは全く違う羽毛を纏ったイラストがセンセーショナルに拡散されてそれを最新の学説という吹聴に騙されて反発してるもあると思う、NHKが再現したCGの羽毛の生え方はかなり現実的と思う。
元々羽毛はあったんだけど例えば住んでた場所の気候の関係上サイやカバが毛で覆われてないような感じで毛が薄かったのかも。

51

51. 匿名処理班

  • 2020年06月10日 22:41
  • ID:u4c25Sqn0 #

数十年前は歩行姿勢、今日は羽毛・・・数十年後は何で議論するのだろう?

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク