呼吸器の症状をチェックできるウェアラブル・デバイス
コロナの初期症状を監視できるウェアラブル・デバイス image by:Northwestern University

 アメリカで新しく開発されたウェアラブル・デバイスは、喉元にぺたっと貼り付けておくだけで、咳や呼吸障害、体温や心拍数をチェックしてくれる。

 これにより呼吸器系の風邪はもちろん、新型コロナウイルス感染症の初期症状を監視してくれるというのだ。

 使い方は簡単。、ちょうど左右の鎖骨の隙間(頸切痕)のところにぴっと貼り付けておくだけでいい。ここは喉を流れる空気に一番近いところ(実際、気管切開を行う部位でもある)なので、その真上から新型デバイスが空気の流れを読んでくれる。
スポンサードリンク

AIで感染の兆候を診断


 新型コロナウイルスはまだよくわかっていないことも多い。症状も人によってさまざまだが、健康状態をモニタリングすることで、このウイルスの理解も深まるという。

 開発したのはアメリカのノースウェスタン大学とシャーリー・ライアン・アビリティラボ(Shirley Ryan AbilityLab)のチームで、もともとは脳卒中患者のリハビリ向けに発声や嚥下をモニターするセンサーだったそうだ。
 
 呼吸や咳は、高帯域3軸加速度センサーで皮膚表面の動きを検出することでモニターされる。マイクを使うわけではないので、周囲のノイズを拾ったり、プライバシーを侵害したりするような心配もない。

 デバイスを充電器にセットするとiPadと同期し、保存されていたデータが送信。そこからさらにクラウドにアクセスし、AIによって新型コロナに感染した兆候がないかどうか診断される。

症状を監視するウェアラブルデバイス
image by:Northwestern University


 ちなみにデバイス自体に充電や接続のための差込口はないので、消毒も簡単だ。呼吸や咳、心拍数や体温を測ることができる。

症状を監視するウェアラブルデバイス
image by:Northwestern University

将来的には血液に含まれる酸素もチェックできるように


 ちなみに現時点においては、診断がAI任せになることはなく、専門的な訓練を受けた人間によってダブルチェックされるそうだ。

 これまで25人が2週間ほどデバイスを着用し、計1500時間分のデータが収集されたとのこと。

 新型コロナウイルス感染症の症状としては、血液に含まれる酸素が乏しくなることも報告されているが、将来的にそれも検出できるようアップデートされるようだ。

References:Monitoring COVID-19 from hospital to home: First wearable device continuously tracks key symptoms - Northwestern Now/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
離れている相手とキスの感触を楽しめる、スマホ用デバイス「キッシンジャー」


人の夢に入り込む。マサチューセッツ工科大学が夢をハッキングするデバイスを開発中


額に装着し、いびきをかくとブザーが振動。画期的な「いびき対応ブザー」が開発される(スペイン)


紫外線の光で感染を防ぐ。新型コロナウイルスを撃退するボディシールドが設計される(中国)


おしゃれ度がアップする、サングラス一体型のフェイスシールド

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
7389 points
洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

2020年11月18日
1387222227
2位
6266 points
アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

2020年11月16日
3位
4739 points
地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

2020年11月17日
9743722637
4位
4211 points
3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

2020年11月16日
8503320239
5位
3916 points
不機嫌顔の保護猫は、甘えん坊のデレデレ猫だった。飼い主となった女性に心を開くと片時も離れなくなる

不機嫌顔の保護猫は、甘えん坊のデレデレ猫だった。飼い主となった女性に心を開くと片時も離れなくなる

2020年11月20日
773816320
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年05月11日 19:53
  • ID:GJEpa9yH0 #

喉にガムへばりついてるのかと思ったよ

2

2. 匿名処理班

  • 2020年05月11日 21:31
  • ID:9Gz7tN4m0 #

ページ構成が、逝っちゃってます。

3

3. 匿名処理班

  • 2020年05月11日 23:59
  • ID:bvExYg.U0 #

ノドの調子ってさ、結構精神的なもんに左右されることってない?
咳をしたらいけないような状況で、咳が止まんなくなったり
意識したら、なんか乾燥とか気になったりして痛いような気がするんだよね
たから、具体的にこうやって調べてくれるのはいいかも

4

4. 匿名処理班

  • 2020年05月12日 03:45
  • ID:baGV2mxf0 #

こういうの凄いなって思うんだけど今の時代だと更に喉の振動を感知して、その人がどういう言葉を喋ったかまで全部収集されるんだろうな…と思ってしまい、体調管理での利便性よりも不安や恐怖の方が大きい

5

5. 匿名処理班

  • 2020年05月12日 04:54
  • ID:6RuCRVmg0 #

なんか糖尿病患者向けに似たようなモンなかったっけ?

6

6. 匿名処理班

  • 2020年05月12日 07:07
  • ID:dGKc6xnS0 #

ピップ!デバイス絆

7

7. 匿名処理班

  • 2020年05月12日 07:12
  • ID:vUZPnljk0 #

喘息持ちなのでこれは欲しいかも・・・
毎日ピークフロー調べるのって忘れちゃうんだよね。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク