1_e7

 18世紀以前、フランスの女性はロングヘアが主流だった。それが18世紀後半になると、ばっさりと短いショートヘアの女性を見かけるようになった。

 一体何が起きたというのか?フランス革命の嵐が吹き荒れていた18世紀のフランスの歴史を紐解いていくと、その理由が明らかとなる。

 そのキーワードは古代ローマ貴族とギロチン処刑だ。
スポンサードリンク

古代ローマ貴族と18世紀フランスのショートカットの関連性


 フランス革命後期、上流、中流階級の若くファッショナブルな男女が、こぞって髪を短くし始めた。

 これは『ティトゥス・カット』と呼ばれてたいそう流行った。ティトゥスとは、紀元前509年、君主制を打倒して共和制ローマを設立した、ルキウス・ユニウス・ブルトゥス(ブルータス)の長男ティトゥス・ユニウス・ブルトゥス(ブルータス)のこと。

 古代ローマの貴族と18世紀後半のフランスのショートヘアスタイル。一見関連のなさそうなこの関係は、1729年に始まった。


フランス革命で大ヒットとなった古代ローマの芝居


 1729年という年は、フランスの啓蒙作家ヴォルテールが、5幕ものの芝居『ブルトゥス(ブルータス)』を完成させた年だ。これは、自分の息子ティトゥスを死に追いやった、ルキウス・ユニウス・ブルトゥスの伝説をもとにしている。

 ティトゥスは、君主制を復活させ、いったんは追放されたルキウス・タルクィニウス・スペルブス王を返り咲かせようとする陰謀に加担したとされ、処刑された。

 ティトゥスがスペルブス王の娘タリーにぞっこんだったことが利用され、共和制ローマを裏切る陰謀の首謀者たちに引きずり込まれたのだ。

 元老院に捕まったティトゥスが父親に引き渡されたとき、ブルトゥスは息子を許したが、共和国の安定を揺るぎないものにするために、息子の処刑を主張した。

 この『ブルトゥス』は、ヴォルテールのヒットしなかった芝居のひとつだった。初演は1730年だが、従来の悲劇としての芝居理論を成していない、ブルータスの性格描写がひどすぎるとして酷評され、たった15回の上演で打ち切りになった。

 しかし、フランス革命のとき、当時のフランスの状況を踏まえて再上演されると、今度は大きな反響があった。

 1790年11月17日、パリのコメディ・フランセーズでの初日、ブルータス役の役者が"神よ! 隷属よりも死を与えたまえ!"と叫んだとき、劇場は興奮の渦と化した。

 1791年5月30日、ヴォルテールの13回忌の日、『ブルータス』は王立の国立劇場(のちのオデオン座)と、ライバルのテアトル・ドゥラレピュブリックで上演された。

 ティトゥス役の俳優、フランシス=ジョゼフ・タルマは、髪を短くカットし、古代ローマ風の衣装で演じた。その数日後、パリじゅうの若者が“ティトゥス風”ショートヘアを真似し出したのだ。

2_e5


ギロチンによる処刑者の断髪の影響も


 このショートヘアは、フランス革命ともうひとつの点で関係がある。ギロチンの刃だ。

 何千人もの人を処刑した恐怖政治の後、奇妙なことに若者の間で、ギロチンにかけられた痛ましい犠牲者を装うファッションが流行った。

 実際の犠牲者たちは、処刑前に執行人に髪を短くカットされた。ギロチンの刃が一発で確実に首を落とせるようにするためだ。

 それを真似て、髪を短くし、赤いリボンを首に巻いて、首が切断された"印"にしたという。多くの上流階級が"犠牲者の舞踏会"と称したパーティを主催し、古い支配体制が終わったことを祝った。

 パーティの出席者たちは、わざとみすぼらしいドレスやサンダルに裸足といった格好で、死に向かう哀れな犠牲者になりきってパーティに参加した。

 裸足は、断頭台に向かった女性たちが裸足だったことをほのめかしている。しかし、歴史家によれば、当時の証拠がほとんど残されていないため、このような舞踏会が実際に開かれていたかどうかは疑問だとしている。

3_e6

 ティトゥス・カットが人気になるにつれ、この新しいヘアスタイルはさまざまな方面から支持された。

言ってみれば、髪をアレンジして顔をこしらえるのに不利益を被る人などいない!どれほど多くの人が、広いおでこやこめかみをさらしすぎていることだろう!

ティトゥス・カットは、こうした欠点をうまいことカバーするのだ

19世紀のフランスの美容師は書いている。

さらに続く。

長い髪をバサバサたなびかせることほど、いただけないことはあるだろうか? 動きを妨げ厄介だし、ちっとも優雅ではない。

挙句の果ては、長い髪を編んだりひとつにまとめたりして、あたかもティトゥス・ヘアのように、頭を小さく見せようとする。ご本人が望めば十分に可能なのに、わざわざ長くわずらわしい髪をそのままにしておく面倒など必要なのだろうか?

References:
https://shannonselin.com/2015/05/coiffure-a-la-titus/
https://en.wikipedia.org/wiki/Bals_des_victimes
http://www.fashionencyclopedia.com/fashion_costume_culture/European-Culture-18th-Century/Fashion-la-Victime.html
/ written by konohazuku / edited by parumo

あわせて読みたい
フランス革命時代に流行っていた処刑装置「ギロチン」のアクセサリー(18世紀後半)


人は首を切り落とされてからどのくらい意識を保てるのか?


フランスにはガラス越しに死体を観察できる死体安置所があった(19世紀〜20世紀)


ローマ帝国時代の処刑場となっていた死の階段、ジェモニアン階段(イタリア)


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 22:54
  • ID:lHaLapHQ0 #

面白かった
処刑やギロチンと言えば漫画「イノサン」で見たな

2

2. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 23:04
  • ID:UhzguRXx0 #

女性は長髪って有史以来脈々と続いてる流行だね
一時的にこういうショートが流行ってもまた長髪に戻ってくるのが不思議

3

3. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 23:10
  • ID:80C.LGYi0 #

フランシスって男性俳優だよな???
直下の肖像画が女にしかみえんのだが

4

4.

  • 2020年04月15日 23:45
  • ID:STWNOKdY0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 23:45
  • ID:GGdS3Vat0 #

※3
ティトゥスカットにした若者の肖像画では?
文章の流れからフランシスっぽく感じなくもないけど

6

6. 匿名処理班

  • 2020年04月15日 23:49
  • ID:mrXcG9aD0 #

長い髪めんどくせ!ってのはいつの世も不変よな
長い髪をよしとするのは文化的なものなのか、
あるいはクジャクみたいな、本能による能力の誇示なのか…

7

7. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 01:36
  • ID:eqvZC..h0 #

※3
当時の女性みたいですね
上左:作家さん(劇作、作曲なども)、上右と下左は同じ人:文学・政治サロンの花形、下右:軍人(お偉い階級です)の妻、といったところでしょうか

8

8. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 01:36
  • ID:9rkTx5u60 #

アフリカ方面だと女も髪が短い民族はよくいるけど、それ以外だと確かにあまり思いつかないな
アイヌは女もボブだけど、それ以外にいるっけ?

女のショートヘアが一般化するのは確か第一次世界大戦中からだったはずだが、この流行は一時期ですぐに忘れ去られちゃったってことなのかな?

9

9. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 01:45
  • ID:VrmQkoAh0 #

>>1
最悪♪♪

10

10. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 02:27
  • ID:UrGGElW90 #

他のサイトでも書いたが、首斬り役で有名な
山田浅右衛門とかが行っていた斬首刑(打ち首)は、ギロチンとかと同じく刃を垂直に落とし⬇️対象に均等な圧↓↓↓↓をかけて切断せねば落とせなかったらしい
昭和の時代あの三島由紀夫が自決した際、仲間の1人が介錯しようとしたが…… …振りかぶって弧を描いて斬ろうとした為失敗し、何度もやり直す事になったそうな⤵️=❌
こうなると出血でますます刃が滑り、刃筋が狂ってしまうらしい
名刀の試し斬りも兼ねていたから首斬りの失敗 は恥 斬られる方はもちろんイヤだが斬る方も相当のプレッシャーがあったろうね

11

11. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 05:03
  • ID:H33c4cuK0 #

美容師としては頻繁に切ってもらった方が儲かる気がするのだが、そうやって邪推すると最後のコメントがジワジワくる

12

12. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 07:25
  • ID:lim4hwcI0 #

明治維新で断髪が流行したのと似てるね

13

13. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 07:39
  • ID:VxTzTM1l0 #

「一発で確実に首を落とせるようにするため」やり直しなんて怖すぎる

14

14. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 08:21
  • ID:1NDOXYVL0 #

男性貴族も巻き髪のウイッグを付けていた習慣があり、当時のフランス人にとって長髪が貴族をイメージし、革命による貴族社会の否定が長髪否定に繋がったのか。
しかし残党貴族が自ら虐げてきた平民のファッションを真似るのは重すぎる罪悪感の払拭からなのか、何とも自虐的で興味深い。

15

15. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 08:33
  • ID:MrYnO.dG0 #

きょうは興味深い話をありがとう
長い髪をバッサリ切って軽いほうが楽だしね、いろいろと

16

16. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 09:08
  • ID:.2J93TKg0 #

若い頃ベリーショートが流行って、自分もやったけど。
毛量の少ない自分は、地肌がチラホラ見えちゃって、ハゲって呼ばれましたわ。
その後かれこれ20年ほど腰まであるスーパーロングをまとめ髪にして過ごしております。
ベリショは毛の多い人かつ頭の形の良い人の特権です。

17

17. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 10:22
  • ID:iBem1AsV0 #

長髪を悪しざまにいうこの美容師はハゲだったに違いない。
絶対にそうだ。
俺は詳しいんだ。

18

18. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 12:30
  • ID:VrmQkoAh0 #

>>17
また髪の話ししてる。
甅甅甅
(´・ω・`)

19

19. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 13:11
  • ID:kHo0DREy0 #

ショートカットは顔のラインや頭の形がモロに出るんで、似合う人は結構限られるのよね。
定期的に流行りはするけど長続きしないってのは、そのあたりもあるのかも。

20

20. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 14:18
  • ID:59NDcl5u0 #

髪をアップにまとめてれば、ギロチンの邪魔にはならんのでは?
なーんか別の理由じゃねえのぉ?(邪推)

21

21. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 14:36
  • ID:lbRIO8Mc0 #

※2
※6
あくまでも想像なんだけど。男性ホルモンが強いとはげる=男として強い者は髪が少ない。相対的に、女性らしい=髪が長いということではないかと想像してます。だから、記号としての長髪は女性の象徴なのかなと。
妊娠後期には抜け毛が減りますが、産後に髪がバサバサ抜けてビビりますwけど、これも一番守ってもらいたいときに女性らしい記号を強める生物としての戦略なのではないかとか。

22

22. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 14:53
  • ID:DZlJDNVf0 #

そのマキマキはちょっとNGっす・・・

23

23. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 14:59
  • ID:zglYRS400 #

※12
あれは男性に断髪を促した散髪脱刀令じゃなかったっけ
女性は長いままで束髪とか日本髪とか普通に結ってたよ
散髪令の前に断髪の流行があったのなら余計なこと言ってごめんね

24

24. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 15:34
  • ID:ulS9Wu9z0 #

※21
毛量=女性性の表現って納得できます
女性を売りにしている職業は昔から髪を派手に増やしますからね
花魁、芸者、キャバ嬢もホステスも髪を大量に盛り上げてます
そして若さの象徴でもある
禿げた男性があまりもてないのは老いの象徴だから

同時に髪はいらないものでもあるんですよね
一昨年ダイエットしたら大量に抜けました
生存に不必要なので真っ先に切り捨てられるのは髪

25

25. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 15:36
  • ID:eFBK05OJ0 #

フランスってのは首元丸出しにして薄っぺらいシュミーズにサンダル履きでスタスタ外を歩けるほど温暖な気候じゃないので
この流行が元でタチの悪い肺炎にかかる若いお嬢さんが増えて犠牲者風どころか本当にバタバタ死んじまったという話を聞いたがガチなんだろうか
ファッションてのも中々罪深いな

26

26.

  • 2020年04月16日 15:38
  • ID:jZAcXpq80 #
27

27. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 16:14
  • ID:vAYlBPb60 #

コーカソイドの柔らかくて色素の薄いカールした髪の毛なら、
バッサリ切ってもそれなりに見栄えがするが、
私みたいな典型的モンゴロイドの固くて太くて真っ黒な髪だと、
ばっさり切ったら収拾がつかないみじめなヘアスタイルになる
このティトゥスカットみたいなヘアスタイルに憧れて、
一回短く切って、髪をすいて(元の毛量の1/4くらいにまですいてもらった)、
明るい色にカラーリングして、パーマをかけて、一瞬だけこんな感じになれた
だが、パーマかけたあとにプロ美容師さんががスタイリングしてくれたのと
全く同じように自宅でもスタイリングしないと、
何とも言えない珍妙極まりないヘアスタイルの平たい顔族が
鏡の中で茫然とする羽目になり、
髪が伸びて来るまではごまかすのにほんと苦労した
日本人でよかったとは思ってるが、人種的にはコーカソイドに生まれたかった

28

28. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 16:31
  • ID:9rkTx5u60 #

>>23
あってるw
ちな、断髪令でショートヘアにしたモード系女子が結構いたらしく、女は髪を切るなという御触れも出ていたりするw

29

29.

  • 2020年04月16日 17:33
  • ID:XJaGmfU80 #
30

30. へそ吉

  • 2020年04月16日 17:41
  • ID:XJaGmfU80 #

※23
 断髪令は男子のみが対象でした。ちょんまげを結うには、思いのほか髪を長く伸ばさなければなりません。時代劇で、まげの元結を切られた悪人がザンバラの長髪になる場面が時々ありましたが、あれですよ。だから、髪の毛を短くし、まげを結うな、と言うのが断髪令。
 女子には適用されず、逆に、勇を振るって断髪した女性が処罰された事もありました。

31

31. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 18:20
  • ID:fisHBJcz0 #

ヴォルテールさんは一生を通じて頭が進み過ぎてた人だけど、さすがにあの時代に身長39キロメートルのシリウス人が太陽系を訪れて身長2キロメートルしかない(笑)土星人と友達になっていっしょに地球見物に降り立つというコント「ミクロメガス」を書いたのはやりすぎだったと思う。

32

32. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 19:11
  • ID:ZSXIgDHm0 #

※31
スウィフトの上を行くなおい

33

33. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 20:18
  • ID:BV3lfzDz0 #

シーズー犬とメスの柴犬とメスの猫
「せやな」

34

34. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 20:23
  • ID:NsFyuiW80 #

ショートカット保つのもめんどくさいんだよね

35

35. 匿名処理班

  • 2020年04月16日 22:35
  • ID:fisHBJcz0 #

※32
ちなみに二人は親交があったよ。
ヴォルテールのイギリス逃亡時代に。
其れ正に天才と天才が才能を増幅し合うの図。

36

36.

  • 2020年04月17日 03:54
  • ID:onk6bKao0 #
37

37. 匿名処理班

  • 2020年04月17日 04:28
  • ID:eKQ1D6U.0 #

※27
金太郎少年を思いうかべる
実際ただばっさり切っただけだと(東洋人は)あーなるよねw

38

38. 匿名処理班

  • 2020年04月17日 18:44
  • ID:QarJYuCM0 #

チョリチョリした癖っ毛のショートヘアは可愛い、
という理由だけで良いじゃないか。

39

39. 匿名処理班

  • 2020年04月17日 20:07
  • ID:fKzchh0V0 #

>>23
当時のイケてる兄ちゃんほど断髪したがらなかったらしい。
月代の剃り跡青々としてサッパリと結い上げた髪が粋とされていたから。

40

40. 匿名処理班

  • 2020年04月18日 10:34
  • ID:67u3YGv20 #

美容室ありきの髪型なので、このご時世でちょっと悩みどころ
普段は楽でやめられないんだけど

41

41. 匿名処理班

  • 2020年04月18日 21:47
  • ID:109wtrp.0 #

※14
エジプト人のクレオパトラたちの頭もカツラ 

42

42. 7cg3

  • 2020年04月19日 13:32
  • ID:kzoRtCHK0 #

>>13
ソールズベリー女伯だったか、髪で首切り斧が滑って一発で片付かず、何回もやり直したらしい。
九日間女王のレディ・ジェーンは一発で済んだらしいが。
夏目漱石の「倫敦塔」にある自作?の都々逸がなかなかおもしろい。
 切れぬはずだよ女の頸は 恋の恨みで刃が折れる
 生える白髪を浮気が染める 頸を斬られりゃ血が染める

43

43. 匿名処理班

  • 2020年04月19日 18:58
  • ID:3Gq86mEC0 #

ショートヘアを真似しだしたのだ
の下の画像の右の人、ヘアバンド?で隠しているけど
デコが随分とお広い…

44

44. 匿名処理班

  • 2020年04月19日 21:20
  • ID:ZKkimJFL0 #

はい、現代に戻りましょうねー。

45

45. 匿名処理班

  • 2020年04月20日 21:39
  • ID:h7Ya.TrR0 #

ゴシック趣味と言うか、死人みたいなメイクも流行ったらしいね。
青白く見えるぐらいに肌を白く見せるメイク。
ナポレオンの奥さんがやっていて、ナポレオンが、
「奥さんその死人みたいなメイクどうかと」
と言うと、
妻「あんたの為にやってるんじゃなわよ」
と言われたらしい。
革命側にとっても生々しい死というのはある種衝撃的でそうして何らかの形で表現せねば気が済まなかったのかもしれないね。

46

46. 匿名処理班

  • 2020年04月28日 07:44
  • ID:IU7mWpoP0 #

頭の形が悪いアデノイドなのでショートカットができない
西洋の人は後頭部が美しい 憧れるなあ

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク