3_e4

 自然は脅威であるとともに、驚異でもある。アメリカ、ワシントン州サマミッシュ湖を水平に彩る虹も、そんな自然の驚異の1つだ。

 湖畔に並び立つ家々や木々が虹色のヴェールに包まれ、おとぎの国のような幻想的な風景が広がっている。

 撮影したのはアマチュア写真家のセスナ・カッツさん。午後2時頃に家の窓の外に現れ、5分ほどその姿を見せてくれたという。
スポンサードリンク

空を七色に染め上げた美しい虹


 写真は若干コントラストをいじった程度のもので、ほとんど加工されていないそうだ。この世のものとは思えぬ光景が、束の間だけ、本当にこの世に存在していたのだ。

 「先の見えない状況でも怯えてパニックを起こすのではなく、希望や愛を捨てないようにと告げているような気がします。みんなも気をつけて」と、カッツさんはフェイブックに投稿している。



環水平アーク:大気を漂う氷のプリズムが魅せる光のショー


はっきりしたことは分からないが、写真の虹は「環水平アーク」という光学現象かもしれないそうだ。

 この現象は、太陽の光が大気に漂う氷の結晶で反射して作られる氷のハローで、厳密には虹とは違うものだ。

 日光が巻雲(対流圏上部を漂う氷の結晶)を通過するとき、その角度がちょうどいい具合だと、氷がプリズムのような役割を果たし、虹色に光を反射する。これが水平にかかった虹のような縞模様となって現れる。

 太陽の高度が58度以上のときにしか形成されないので、観察できるのは、山岳地域を除けば、通常は北緯・南緯55度以上の地域だ(したがって日本国内では普通見られない)。

 仮に虹だったとしても、さまざまな種類がある。これまでの研究では、色の数や組み合わせが異なる少なくとも12種類の虹が確認されているとのこと。

 水平な虹もあれば、輪のような虹、ゴーストのような虹、あるいは一度に複数現れる虹もある。

 ちなみにアメリカ、ヨセミテ国立公園では年に数回、滝が虹色に染まることがあるという。以下の映像は標高2200mのグレイシャーポイントから撮影に成功したヨセミテの虹色の滝の映像である。


Rare Yosemite Falls Rainbow Phenomenon in Real Time, Yosemite National Park, California

 なんだか世の中が大変なことになっているが、こんなときだからこそ、美しいものに心を和ませて微笑んでみる――そんな余裕が必要なのかもしれない。

 奇跡の目撃者なら、どんな奇跡も起こせるはず。

written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
目をこらせば驚くべき瞬間がそこにある。自然や日常に潜んでいた13のドキッ!


月の光りが作り出す幻想的な夜の虹、ヨセミテ公園にかかる魅惑の「月虹」


偶然は必然なのか?劇的瞬間をとらえた奇跡の写真


いとしい私の愛犬。ウルフドッグにそっと手を添え、美しい自然の風景を撮影し続けるカメラマン(チェコ)


天空を引き裂く、まっすぐに伸びた雲に映る山の影。レーニア山の息をのむような奇跡の光景


天空を貫く大樹のよう!積乱雲からの吹き下ろす破壊的な気流「ダウンバースト」が描いた驚くべき光景

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年04月03日 22:54
  • ID:x4VrtWhc0 #

パンドラボックスに残った希望の光は自分自身の中にあるんだ

2

2. 匿名処理班

  • 2020年04月03日 23:37
  • ID:Zqv9KoA.0 #

虹だと判ってればウットリする美しさだ

知らなかった自分は実際に見たら天変地異かとビビるに違いない

3

3. 匿名処理班

  • 2020年04月04日 02:29
  • ID:Vu0UsrSH0 #

Nyan Cat を思い出す

4

4. 匿名処理班

  • 2020年04月04日 05:03
  • ID:neR.8JCr0 #

※1
上手な言い回しだね。

5

5. 匿名処理班

  • 2020年04月04日 10:57
  • ID:xWnjv7B30 #

管理人さんへ
環水平アークは日本でも5〜6月によく見られますよ

6

6. 匿名処理班

  • 2020年04月04日 14:49
  • ID:5k2LY3ZU0 #

※5
本当?
どこでよく出るとか、どういう気象状況とか、知りたいな

7

7. 匿名処理班

  • 2020年04月04日 19:47
  • ID:kWo5dqB20 #

これは虹ですね。
環水平アークは水平線に付くほど低い位置には出現しません。

環水平アークの条件の北緯・南緯55度「以上」は「以下」の間違いで、日本でも年に何度か出現してニュースになったりしています。

8

8. 匿名処理班

  • 2020年04月04日 21:23
  • ID:RDpq0K.s0 #

※6
※5じゃないけど、ググったら
「太陽高度が58度以上(68度前後が最適)のとき
 太陽から46度下の位置に見える」
「薄雲の上に現れることが多い」
「日本なら、夏至を前後する初夏ごろ、
 正午の南中時刻のあたり(10時過ぎ〜14時前)に出やすい」
「高緯度の地域より、低緯度の地域のほうが
 見えるチャンスのある季節が長い」らしい。

ただ、この写真のように、空の上ではなく地面ギリギリで
遠くの家々の景色に掛かって見えるようなのは、
結構レアケースなんじゃないかと思う。

9

9. 匿名処理班

  • 2020年04月04日 22:22
  • ID:jGfeET9b0 #

去年の4月28日に、割と広い範囲で観測されました。

ttps://weathernews.jp/s/topics/201904/280095/

10

10. 匿名処理班

  • 2020年04月04日 23:58
  • ID:RCqpTFyW0 #

環水平アークではなくて虹ですね

虹と言うと夕立のあとにかかる見上げるほどに大きなアーチの印象が強いので
こういう日中の虹を不思議に思う人が多いですが
そもそも虹というのは太陽のちょうど反対側の点を中心にした42度くらいの円弧なので
太陽が昇る頃に水平線からぴったり半円の虹があらわれ
高度が上がるにつれて虹はどんどん沈んでいき
太陽高度40度あたりで虹のてっぺんだけが地/水平線に出た状態になるので
この時の虹はこの画像のようにほぼ地/水平線に並行に見えます
(夕方はこれと逆のプロセス)

虹にしろ環水平アークにしろ、こういった現象は太陽の位置によってどこにどのように見えるかが決まっているので
そこを覚えておけばいろいろ面白いです

11

11. 匿名処理班

  • 2020年04月05日 11:27
  • ID:JzQnJ8.30 #

アークか虹か知らんが、美しい自然を眺められて幸せだ。

12

12. 匿名処理班

  • 2020年04月13日 02:15
  • ID:P6iC2shj0 #

プライバシー設定なんたらで見れなかった、残念。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク