4_e
image credit: youtube

 野生の動物は、生まれた時から自力で生きていける強さを身に付けなければならない。だから、ほとんどの動物は生まれてすぐに立ち上がることを学ぶ。

 ジンバブエのサファリにて、生まれたばかりのアフリカゾウの赤ちゃんの姿を撮影した動画がSNSで話題になっている。

 赤ちゃん象は、ふらつきながらも自分の力で立ち上がり、前のめりに崩れ落ちても、最初の一歩を踏み出そうと何度も必死に試みている。
スポンサードリンク


Baby Elephant Takes Its First Steps

必死で最初の一歩を踏み出そうとする赤ちゃん象


 ベルギーの野生動物写真家キャロル・デシュミアさんは、ジンバブエのマナプールズ国立公園にあるムウィニルンガサファリで野生動物の写真撮影をしている最中に、象の出産シーンに遭遇した。

 滞在しているキャンプ場のすぐ近くで、1頭の象がうろついていることに気付いたキャロルさんは、その象が出産を始めた瞬間を目の当たりにした。

いつもは、早朝に活動的なリカオンやライオンたちの姿を撮影しに出るのですが、なぜかこの日は象の赤ちゃんが何頭も生まれていたので、撮影しようと思いました。

 キャロルさんによると、生まれたての象の赤ちゃんは、1時間以上もかけて必死で最初の一歩を踏み出そうとしていたという。

1_e2
image credit: youtube

 しかし、なかなかバランスが取れずに葛藤。キャロルさんが撮影した動画では、赤ちゃん象は何度も前のめりに倒れそうになりながら、よろよろと歩みを進めようとしている。

2_e1
image credit: youtube

 キャロルさんは、見ていてハラハラしながらも、あまりの可愛さに思わず笑いがこみあげたようだ。

 やがて赤ちゃん象は、ついに一歩踏み出すことに成功。この感動的な動画は拡散し、3月5日にインドの森林局職員のパーヴィーン・カスワンさんのTwitterでもシェアされた。

3_e0
image credit: youtube

「小さな象の赤ちゃんの姿は、生命そのもの」


 パーヴィーンさんはこのようにツイートしている。


生まれたばかりの象の赤ちゃんが、最初の一歩を踏み出そうとしている。ふらついていて、ゆっくりとしか動けない。でも、この小さな象はある日6000キログラムにも大きく成長して、一歩踏み出すごとに地球を揺るがすようになる。これが、生命そのものの姿だ。 動画はSM(ソーシャルメディア)から

 更に、パーヴィーンさんは6日にもう1本の動画を投稿。


 赤ちゃん象の脚のバランスを保つのを助けるために、母親象が長い鼻を使って赤ちゃん象の体重に負担がかからないように支えてやっている。

 この2本の動画には、ユーザーからこのようなコメントが寄せられた。

・象について学べば学ぶほどその知性に魅了される。尊敬と愛を感じるよ。

・すごくかわいい!自然の姿だね。生まれた瞬間から生きていくためのスキルを学ぶんだよね。人間の母親は、きっとYouTubeを見て赤ちゃんの歩かせ方を学んでいるんじゃないかな。

・かわいいと思うと同時に自然の美しさを感じる。この弱々しい脚が、何年か後には大地を踏み潰すほど強くなるんだね。

・動物が生まれた瞬間に立ち上がろうとする姿を見るたび、いつも涙が出るよ。

References:The Sunなど / written by Scarlet / edited by parumo
追記:(2020/03/22)本文を一部訂正して再送します。
あわせて読みたい
死んでしまった子象の死を悼み、亡骸を運びながら移動するゾウの群れの葬列(インド)


群れから見放され、孤児となった象の赤ちゃんを支えたのは、1匹の退役犬だった(南アフリカ)


孤児の赤ちゃんがやってきた時のゾウたちの反応がやさしすぎて感動が止まらない(タイ)


さーて今日も破壊活動だ。保護された赤ちゃんゾウのいたずらに、手を焼きながらも温かく見守る施設での一日(ジンバブエ)


お話の途中ですが遊ぼー!と、撮影の邪魔をして来るアフリカゾウの赤ちゃん


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
7429 points
洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

2020年11月18日
1417259227
2位
6305 points
アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

2020年11月16日
3位
4739 points
地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

2020年11月17日
9743722637
4位
4349 points
集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

2020年11月21日
694251524
5位
4211 points
3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

2020年11月16日
8503320239
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年03月22日 11:35
  • ID:BneMa65i0 #

微笑ましい

2

2. 匿名処理班

  • 2020年03月22日 12:01
  • ID:yzwC3ZeB0 #

歩き初めがよく転ぶんだ
人生と一緒さ

3

3. 匿名処理班

  • 2020年03月22日 13:16
  • ID:Frfabh4e0 #

母親や周りの姉妹、親戚がみんな助けてくれる、心優しいゾウさんたち。

4

4. 匿名処理班

  • 2020年03月22日 13:32
  • ID:R3w3e6Yj0 #

尻尾ピーン!

ゾウのってブランブランしてるイメージしか無いけど、
やっぱ腰に力入れると そうなるんだw

バランス取ろうとして鼻がグルグルしているのは、
人間の赤ちゃんが歩き始める時
腕で「おっとっと…」とやってる感じに近いな。

5

5. 匿名処理班

  • 2020年03月22日 13:33
  • ID:dkHDDxZt0 #

自然のパワー

6

6. 匿名処理班

  • 2020年03月22日 13:39
  • ID:KDGInNwd0 #

子象ズッシリ🍣

7

7.

  • 2020年03月22日 13:42
  • ID:cuKtJX5Y0 #
8

8. 匿名処理班

  • 2020年03月22日 14:15
  • ID:x5d47sfI0 #

うちのハムスターでも勝てそう

9

9. 匿名処理班

  • 2020年03月22日 15:24
  • ID:Jtd6rJLg0 #

>>なぜかこの日は象の赤ちゃんが何頭も生まれていたので
この1文にびっくりした
群れでまとまって出産するの?

10

10. 匿名処理班

  • 2020年03月22日 15:31
  • ID:07YKzPig0 #

ふらつきながらも生きていルンバ

11

11. 匿名処理班

  • 2020年03月22日 20:37
  • ID:zbYCme7.0 #

この象の将来に幸福あれ!
どうか長生きして下さいね。

12

12. 匿名処理班

  • 2020年03月22日 21:16
  • ID:UNWAJlOo0 #

>>9
たぶん、群れで行動しないといけないから、出産時期を同じくして子供の成長にばらつきが無いようにした方が、有利なんじゃないかな?

13

13. 匿名処理班

  • 2020年03月22日 22:56
  • ID:gxaKSlwa0 #

※8
指でつまめそうな小ささに見えるけど、生まれたてで90〜120圓△襪鵑世次

14

14.

  • 2020年03月23日 02:02
  • ID:I31Qocic0 #
15

15. 匿名処理班

  • 2020年03月23日 13:51
  • ID:wQswZ1QV0 #

いゃいゃいゃ〜可愛い〜!
 (*≧∇≦)
目が離せない、がんばれ〜

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク