iStock-665571894_e
Image by gremlin/iStock

 宇宙は誕生から137億年という気の遠くなるような長い年月を経ている。

 そこに広がる無限ともいえる空間には、膨大な数の恒星が存在する。今ではそれらが惑星をともなっていることだって普通に知られている。客観的な事実を鑑みれば、宇宙人が存在する可能性は相当に高そうだ。なのに、肝心の宇宙人はまだ見つかっていない。

 これがフェルミのパラドックスと呼ばれる矛盾である。では彼らはいったいどこにいるのだろう?

 ある天体物理学者はこう説明する。彼らが見つからないのは、ナノサイズの極小マイクロマシンを使っているからだと。
スポンサードリンク

宇宙人はナノサイズの極小マイクロマシンを使っている!?


 ジョージア(旧グルシア)にあるトビリシ自由大学の天体物理学者、ザザ・オスマノフ氏によると、宇宙人が一向に見つからない理由は彼らがナノサイズの極小マイクロマシンを使っているからなのだそうだ。

 オスマノフ氏は、ノイマン型プローブと呼ばれるアイデアからその着想を得た。ノイマン型プローブとは、指数関数的に自己を複製することができる探査機のことだ。

 その名は、桁外れの頭脳ゆえに火星人と呼ばれた数学者のフォン・ノイマンにちなんだもの。宇宙人は、これを使うことで母星を離れることなく宇宙をもっとも効率的に探索することができる。

 だがノイマン型プローブには問題があるとされる。自己増殖をするためには、そのための素材を安定して補給できなければならないことだ。

 宇宙にその供給源となるような惑星や岩石が十分にあるのかどうか、今のところはっきりしない。

 オスマノフ氏はこの問題を回避するために、探査機の大きさをずっと小さくし、ナノスケールの極小サイズと想定することにした。

a2
image credit:Pixabay

発光しながら宇宙を航行しているため望遠鏡でなら見える説


 ナノスケールの極小探査機ならば、素材の供給問題はさほど重大なものではなくなる。ナノマシンは宇宙に浮かんでいる水素原子を利用すればいいのだ。

 理論上、こうしたナノマシンはこれまで考案されたいかなる探査機よりもはるかに効率的で、速やかに宇宙に広がることができる。

 わずか数年で10億 × 1兆個という膨大な数にまで増殖してしまうほどだ。

 ナノスケールであるために我々の肉眼では見えない。しかしオスマノフ氏によれば、それは宇宙を航行しながら陽子を集めるために発光するのだという。

 したがって望遠鏡を正しい方向に向けさえすれば見つけられるはずなのだ。

 そして、それがフォーメーションを組んで移動しているのだとすると、おそらくは赤外線スペクトルで数キロに伸びる彗星のように見えるのではないかという。

iStock-695037904_e
Image by liuzishan/iStock

宇宙人はすぐそこにいるが地球人の技術では検出できない可能性


 最初の問いに戻ろう。結局のところ、彼らはどこにいるんだろう?

 オスマノフ氏の回答は、「宇宙人はすぐそこにいる。ただ見えないだけだ」である。

 こうしたアイデアはこれまでも定期的に提唱されてきた。そしてこの場合、問題となるのは、我々人類の技術がナノマシンを検出できるレベルに達しているのかどうか? ということになる。

 オスマノフ氏はこのように記している。

以上に述べたすべての結果が示唆しているのは、異常なまでに高い輝度増大を有する奇妙な物体があれば、地球外ノイマン型プローブの候補であることを示す格好のサインであるかもしれないということだ。

 この論文は『arXiv.org』(9月11日初稿投稿)で閲覧できる。

written by hiroching / edited by usagi
あわせて読みたい
宇宙人は30年以内に見つかることを強く確信しているノーベル物理学賞を受賞した科学者


古代の宇宙人を描いたものなのか?洞窟に残された謎の生命体が記された5つの壁画


「人間は地球外で進化し、宇宙人によって地球に戻された」という新説


猫は宇宙人が送り込んだスパイなのか? ネットに流れるあの噂を検証する


「地球外生命体はほぼ100パーセントの確率で存在する」天文学者らが米議会で報告(アメリカ)


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 20:35
  • ID:qr1StrEa0 #

めっちゃ小さいから知らず知らずのうちに調査隊を踏みつけたりなどして虐殺してて、実はインフルエンザとかのウィルスは彼らの兵器で攻撃されてるとか?

2

2. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 20:43
  • ID:tYVKCJeo0 #

実証してからしゃべれ。

3

3. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 20:46
  • ID:prbsEZVr0 #

宇宙人自体がありんこサイズだったら絶対分からないな

4

4. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 20:48
  • ID:xYd9zhJl0 #

仮に地球人を遥かに越える文明や技術力の星があったとしたら、侵略以外の目的でわざわざ赴く必要無いだろとは思うよね。

この説のように観測機を飛ばすか、あるいは机上の計算のみで全宇宙を見渡しているかもしれん。

5

5. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 20:50
  • ID:3OxALIOo0 #

どこのチネチッタ星人だよw

6

6. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 20:57
  • ID:2i.a9bsz0 #

同じバイトしてて
缶コーヒー飲んでたよ

7

7. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 21:11
  • ID:thIZ3tx40 #

ん?外宇宙探査プローブって陽子の事じゃ無かったっけ?

8

8. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 21:12
  • ID:l84.Kt.10 #

逆にでかくて希薄な可能性はないか?
銀河自体が生命で我々はその腹の中
わーを,新説誕生

9

9. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 21:21
  • ID:zbkcFjXi0 #

そもそも人間というのは文明を築いた生物としては異例の巨大生物なのだ。
文明を築いた生物が済む星は数多くあるが、その大半は人間よりはるかに小さな肉体であり、したがって必要なエネルギーも資材も人間よりはるかに少なく、宇宙を開拓する必要など生じていないのである。
という発想。

10

10. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 21:24
  • ID:mawcpVrq0 #

息吸ってあぼーんされたり、体内に入ったら白血球にぼこぼこにされ
銀河系の危機になってるのか
えらく弱い宇宙生物だことで

11

11. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 21:28
  • ID:.BdGnqg.0 #

グレッグ・イーガンが20年以上前に、γ線バーストで信号を送り、そこで自己複製、記憶などもコピーして調査活動、さらにあらかじめ決められた時間と場所にまたバーストで集合、各クローンが記憶を共有して自己を再統合する、未来人の姿を描いてるよ。

12

12. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 21:29
  • ID:iqyXEf3U0 #

日本で総理をやってたよ
「トラストミー」って言ってた

13

13. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 21:37
  • ID:syGpHBPz0 #

宇宙人と一概に言ってもいろいろでしょう
同時間軸に、木片ゴシゴシして火興ししてる宇宙人さんも居れば、反重力子線砲で戦争してる宇宙人さんも居るかもしれない
だけど、地球に干渉してる宇宙人さんは居ないと思う
干渉する宇宙人が居れば、我々は凄く興味深い宇宙人なんだろうと思う

14

14. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 21:43
  • ID:QQzoaz1K0 #

グレッグ・イーガンの作品連想するなあ

15

15. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 21:54
  • ID:dsbd5g0j0 #

手を合わせて見つめるだけって悪友が言ってた。

正確には桃色お姉さん達が言わされてた。

あと「地球」は川崎マヨが誰かにやったはずだ。

16

16. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 21:55
  • ID:tLw3SZV60 #

※2
仮説は述べるなと?

17

17. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 21:57
  • ID:v4m1mw9K0 #

俺らの銀河系だけで数千億の星があって、同じクラスの銀河系が他にも数千億あって
それらを包括する更に大きい銀河が、それまた何千億やら何兆とかの規模である

数が多すぎて相手も見つけられないよ
地球上に一匹だけ存在する新種の微生物を1人で見つけろって言われるようなもん

参考に「コンタクト」って映画のオープニング観るといい
規模がデカすぎて無理だと分かる

18

18. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 22:04
  • ID:Xm7gdDZQ0 #

サイズ感覚が違う可能性があるという話だけど、
時間間隔が違う可能性もあるね。

地球人の1秒が異星人の1年とか。
1年も同じ場所にはいないでしょ。

19

19. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 22:05
  • ID:o9pmkB390 #

>>8
確か手塚治虫でそんな話有ったね

20

20. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 22:29
  • ID:sebSSEXO0 #

場所もそうだけど、同じ時間に存在しているという条件も必要なのが結構難しい
例えば恐竜なんかがそうだよね。同じ惑星上に存在してたんだけど、存在している時間が違ったので出会えていない

21

21. 匿名処理班

  • 2019年10月29日 23:53
  • ID:VVLH.X9n0 #

実は色んな乗り物とか機械に擬態してるのではないかとトランスフォーマー見た
後だとそう思ってしまう
余りにも身近なものだと気づかれにくいと思うし

22

22. 匿名処理班

  • 2019年10月30日 00:17
  • ID:8p8M89fL0 #

つい先日、ほとんど同じことを妄想してたわ
ウィルスサイズのナノロボットを宇宙に解き放って、それらを自己増殖させれば星にいながら多くのことを知ることが出来る
遠すぎて細かく見れない問題もリレー形式にデータを送受信させればいい
量子もつれをより深く解明していていれば、光速を超えてるかも

少なくとも超光速ワープができそうにない以上、自分たちが住む星系を超えて自らが移動することはほとんどないと思うんだよね

23

23. 匿名処理班

  • 2019年10月30日 03:11
  • ID:ByPHqYmY0 #

>>1
自分が宇宙人ならヘンテコなデザインのUFOに乗ってひとりでいる人間のところに降りたり近づいたりしてからかうね。

その人はどんなに人に話しても誰も信じてくれないから気の毒だけどすごく愉快だろうな。

24

24. 匿名処理班

  • 2019年10月30日 07:23
  • ID:cGSRSJxJ0 #

そうナノ? なんちゃってw

25

25. 匿名処理班

  • 2019年10月30日 07:39
  • ID:jO.N3ELd0 #

ダリーかミクロ.アリ星人か

26

26. 匿名処理班

  • 2019年10月30日 08:26
  • ID:1LQye.E40 #

ミトコンドリアのように、知らず知らずのうちに宇宙人を取り込んで一緒に共生してたりして

27

27. 匿名処理班

  • 2019年10月30日 08:35
  • ID:e4m.6SWB0 #

資源が安定供給できないからナノサイズ、発見されないからナノサイズ、ってのもかなり暴論だと思う。そんな小ささでどれだけの推力を確保できるのだろうか、まとめて流されちゃうぞ。探索成果を物量であげる方式なら発見される可能性が上がる。
自己増殖に安定した資源が必要なら、母機が資源を発見し次第、そこを拠点として子機を撒けばいい。

28

28. 匿名処理班

  • 2019年10月30日 10:53
  • ID:aTlIFW9A0 #

地球の住人である我々は自身を過大評価しがちなのは避けられない側面もあるが、地球外知的生命体からすれば、地球なぞわざわざ出かけていくまでもないお話にならない無価値な存在でしかなかった・・・ってなSFショートを読んだ記憶があるな。
実ははるか昔にとっくに地球の実地調査済みで、ポテンシャルからして「取るに足らない辺境のちっぽけな星」とかいう最終評価がなされていて完全に無視されているオワコンに過ぎない、という可能性も。
前提として地球外知的生命体は「いないわけがない」とは思っているが、たとえ自虐と言われようと案外そんなところなのかも知れないぞ。

29

29. 匿名処理班

  • 2019年10月30日 11:14
  • ID:6QSxqqPa0 #

地球産の宇宙人ならそこらに腐るほど居るだろ。そっち見とけ

30

30. 匿名処理班

  • 2019年10月30日 11:45
  • ID:1jvkxxHy0 #

「なぜ見つからないのか」ってのもおかしな話だよね
こっちが見つけてあげる前提だし
相手からとっくに地球なんか発見されてて
資源も知能もないから放置されてるかもしれないのに

31

31. 匿名処理班

  • 2019年10月30日 12:54
  • ID:iTXGgbWq0 #

こういう話に比べると「イカはエイリアンの探査装置でゲソ」とか言う話の方が信憑性があるんじゃなイカ。

32

32. 匿名処理班

  • 2019年10月30日 13:19
  • ID:uJfgDmfU0 #

より小さく、より省エネに、より高性能に
これを追求していくと人類もいずれ極小世界への居住を求めるかもね

33

33. 匿名処理班

  • 2019年10月30日 15:06
  • ID:lExe7FgJ0 #

人間ですらドローン飛ばすんだから
わざわざ宇宙人が飛んでくるわけない

ドローンかスキャンで把握するんだろう

34

34. 匿名処理班

  • 2019年10月30日 15:32
  • ID:F0r5EMkg0 #

「あなたはそこにいますか」

答えてはいけない((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

35

35. 匿名処理班

  • 2019年10月30日 15:33
  • ID:1KMvFxh10 #

そもそも宇宙を移動するメリットがない
唯一の理由が資源採集だから他の生命体とコンタクトして競合生命体を増やすなんてこともしない
もし、宇宙人がコンタクトしてきたとするなら、それは資源を奪いに来た時だ

端的に言えば、我々を星ごと食べる目的以外では我々とコンタクトするメリットが無い

36

36. 匿名処理班

  • 2019年10月30日 15:45
  • ID:F0r5EMkg0 #

ダン・シモンズのSF小説に登場してくるフェイズ・シフターの能力を異星人が持っていたら、人類には全く検知できないと思う。時空の位相をズラして敵の物理攻撃を交わす、まさに究極のステルス技術。目の前で核爆発や超新星爆発を起こされても火傷一つ負わないで済むし、すぐ隣に座られても人類の感覚器官やセンサー機器では全く検知できず、触ることも出来ない。

※似た用語「シェイプ・シフター」は変身能力を持つ宇宙人の事です。

37

37. 匿名処理班

  • 2019年10月30日 15:53
  • ID:hPukM2tj0 #

※16
これは仮説じゃなくて妄想じゃね?
ここのサイトって論文ではないらしいしな

大体航行しながら陽子を集めるってのも無理だろ
バサード・ラムジェットエンジンで既に結論が出てることだが、
星間物質は思っている以上に少ないというか密度が薄い
これを回収して利用するのは無理

38

38. 匿名処理班

  • 2019年10月30日 16:08
  • ID:Ix66LtB.0 #

そもそも生物という概念自体が地球の稀な環境から生まれたものなんでね
宇宙のどこかに必ずあんドーナツは存在すると言ってもほぼ無限な宇宙なら可能性はゼロじゃないってだけです

39

39. 匿名処理班

  • 2019年10月30日 16:36
  • ID:4XJnknJo0 #

観測もできない。

40

40. 匿名処理班

  • 2019年10月30日 17:53
  • ID:lls1QxCy0 #

映画『ゼイリブ』みたいになにか電波で見えるようになるかも
そしたらそこら中に歩いてたりして

41

41. 匿名処理班

  • 2019年10月30日 18:02
  • ID:aTlIFW9A0 #

※19
火の鳥「宇宙編」だったかな?
サイズなんてのは単に相対的なものでしかなく、どこまで行っても入れ子構造が無限に続く・・・みたいな話だった気がする。

42

42. 匿名処理班

  • 2019年10月30日 19:10
  • ID:qqIcHvIY0 #

自分は、意識?を感じることが出来て
ゴキブリとかクモとかの気配が解る時がある

たまに、もっと高度な意識をすぐそばに感じる時がある
祖先の霊や守り神かな?って思ったんだけど
私の行動や思考を読めないようなので
宇宙人なのかもしれない
これで、ちょっとすっきりしたよ (オレだいじょぶかなー?)

43

43. 匿名処理班

  • 2019年10月30日 19:42
  • ID:VqhV35.70 #

※37
仮設と妄想ってどう区別するの?

44

44. 匿名処理班

  • 2019年10月30日 19:52
  • ID:m0a2KbCT0 #

折りたたまれた11次元(7次元)の中に居るんじゃない??

45

45. 匿名処理班

  • 2019年10月30日 20:10
  • ID:TnoR1Ggb0 #

※19 ※41
手塚治虫、SFファンシーフリー第9話「一寸の虫」ではなくて?
Amazonの「なか見!検索」より無料で読めます

46

46. 匿名処理班

  • 2019年10月31日 06:38
  • ID:HLWbT3M50 #

※43
定量的な推測が成り立つか否かでは?バサードの話で言えば、推進するのに必要な量>空間に存在する量 が成り立つなら仮説、後者なら妄想という感じで。

マクロスのマイクローンスパイを思い出した。

47

47. 匿名処理班

  • 2019年10月31日 11:59
  • ID:6zT5crkC0 #

離れた星に調査に行くリスクを考えたらUFOはドローンでその中の宇宙人は探査型ロボットだと思ってる。だから宇宙人本体はいまだ来れてないとか

48

48. 匿名処理班

  • 2019年10月31日 13:06
  • ID:ExV944zW0 #

※41
火の鳥・未来編「コスモゾーン」の一節です。火の鳥が猿田博士に宇宙の成り立ちを語りかけるシーンで登場します。

49

49. 匿名処理班

  • 2019年11月01日 03:31
  • ID:KJEJeMgO0 #

物体を拡大すればするほど認識可能な次元が上がるんだから、高次元の存在がいるならそれは極小の世界ってのもなんとなくわかる

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク