ame1_e
image credit:Messy nessy chic

 全米のみならず世界中を泣かせたり震撼させたりするハリウッド映画。次々に新作が公開されており、豪華なセットや素晴らしい技術に毎度驚かされるばかりである。

 さて、何事にも初めてがあるように、ハリウッド映画にも初めての超大作とされる作品がある。

 「映画の父」とも呼ばれるD・W・グリフィスが監督・脚本をつとめた『國民の創生』(1915年)そして『イントレランス』(1916年)だ。

 特に『イントレランス』はアメリカ映画史に残る名作中の名作と名高く、高い芸術性、投じられた莫大な制作費、斬新なストーリー展開などは今なお語り継がれている。

 そんなわけで今回は、見たことがある人もない人もD・W・グリフィスとその作品にまつわるエピソードなんかをチェックしてみようじゃないか。
スポンサードリンク


Intolerance (1916) Full HD Movie

アメリカ映画史上初の超大作『國民の創生』


 D・W・グリフィスは、良くも悪くも有名な1916年のサイレント大作映画『イントレランス』を製作した立役者だ。

 この映画はいろいろな意味でグリフィス自身の躁病的な部分とエゴを前面に押し出し、観る者に寛大さと無茶ぶりを要求した。

 高さ90m(300フィート)ものユダヤの壁やゾウの偶像が建ち並ぶ本物そっくりの都市を作ったり3000人以上のエキストラを雇ったりするためのとてつもない予算だけでなく、スキャンダル、理想、破壊の礎の上に築かれた作品だ。

 ただの映画ではなく、ハリウッド映画の目覚めそのものといえるかもしれない。

 それではまず、グリフィスの前作映画『國民の創生』について見てみよう。

 南北戦争を舞台に、KKKを英雄、リンカーン大統領を指導力のないリーダーとして描いた作品で、おそらく今日アメリカでもっとも嫌われている映画かもしれない。

 もともとは『The Clansman』というタイトルで、アメリカ史上初の "超大作" だったと歴史家のメルヴィン・ストークスは書いている。

 それまでアメリカ映画にはおもに15分の1巻もののギャグ映画しかなかったが、『國民の創生』は12巻もあり、演技、音楽、マーケティングが一体となった前例のない大作だった。

 好き嫌いは別として「誰もこんな映画を観たことがなく、その潜在力は否定できない」と、評論家のマージョリー・ローゼンは1973年に書いている。

ame2_e
1947年、人種差別的な映画『國民の創生』を上映する、ニューヨーク、フラッシングの映画館の入り口で、デモを行う全米黒人地位向上協会(NAACP)のメンバーたち
image credit:Messy nessy chic

賛否両論を巻き起こしたグリフィスの大作映画がヒット


 また、これほどメディアと政治の間の危うい関係をさらした映画もほかにはほとんどないだろう。

 『國民の創生』は初めてホワイトハウスや最高裁判所のために上映されたといってもいい映画で、KKKの活動を再燃させる原動力となった。

 今でも『國民の創生』を上回る興行成績をあげたのは1997年の『タイタニック』、2009年の『アバター』だけだ。

 識者たちはパーティでこの映画の関係者たちにやたらへつらい、世間からは称賛と非難の嵐が押し寄せた。

 監督としてそして道徳をわきまえたアメリカ人として、グリフィスのキャリアはいくぶん危うい立場に追いやられた。

 しかしこうした賛否両論の論争があったにもかかわらず(のおかげで)映画はヒットし、グリフィスは次の作品のための制限はなにもなくなったように感じたらしい。

 さらなる大作を作らなくてはならなかったが人種差別の疑いへのどんな批判も黙らせるために、徹底的に "モラル" を強調したものでなくてはならず、その結果として『イントレランス』が生まれたのだ。

ame3_e
グリフィス(帽子の男性)とハリウッドスターたち
image credit:Messy nessy chic

4つのエピソードをひとつにまとめた名作『イントレランス』


 グリフィスは、「 バビロンの滅亡」、「キリストの磔刑につながるユダヤ人の話」、「プロテスタント、ユグノーについてのフランスルネッサンスの話」、「資本家と労働者の間の対立を描く現代の話」の4つのエピソードをひとつの映画にまとめようとした。

 つまり、お気楽に見られる映画ではない。グリフィスのエネルギーは彼が映画の核だと考えていたバビロン篇に特に注がれ、この映画の中でもとびきり最高の場面の着想を練り始めた。

 ケネス・アンガーは有名な『ハリウッド・バビロン』の中で次のように書いている。『ハリウッド・バビロン』はしばらくアメリカで禁止されていた業界の裏話を綴った暴露本だ。

サンセットとハリウッドの通りが交わるところに、グリフィスたちは巨大なキノコのような台座の上に乗った漆喰のマンモス像を建てた。

エジプトの青空の下で行われるはずのベルシャザルの祝宴が、カリフォルニアの燃えるような太陽の下で繰り広げられる。

LAじゅうから集められた4000人以上のエキストラには、弁当、交通費込みで前代未聞の日給2ドルが支払われた。

 アンガーは脚色の天才だったが『イントレランス』に関してはやけに正確で、大宴会のシーンだけで25万ドルかかったとしている。

 1915年の国勢調査によるとこの年の庶民の標準的な税引き後の年収は687ドル。グリフィスのエキストラの費用だけで1万2000ドルかかっている。

 戦車レースあり、巨大な王座や祭壇あり、空中庭園あり。その豪華さは宝石をちりばめたゴージャスな衣装をまとったエキストラたちのきらびやかなパレードによってさらに強調された。

 映画を巡る騒ぎはスリリングなほどで、まわりの者は巨大なセットがどんどん大きくなっていくのを見つめていた。

ame4_e
現場でのグリフィス
image credit:Messy nessy chic

影響力のあるハリウッド監督から一気に文無しへ


 ある日、それがぴたりと止まった。撮影が終わったのだ。関係者はいつもの仕事に戻り、なんの役にもたたない物言わぬ巨大なセットだけが取り残された。

 映画が公開されたとき、このセットをどうすべきなのか誰も真剣には考えていなかった。

 笑える楽しい内容ではない3時間半もあるこの映画はさくっと一気に観られるものではなかった。

 この映画のせいでグリフィスは文無しになり面目を失った。だが彼の造りあげたバビロンの町は、本人やLAを嘲笑うかのようにそのまま残っていた。

 後になってみれば、映画は最新の技術や様式を駆使していたことがわかる。

 カメラは必ずしもプロットを進めるためのショットやアングルを使わず、むしろ細部や雰囲気を醸し出すような撮り方だった。

 視覚的にそれは申し分なかった。プロットはどう見てもとりとめもないもので、評論家がこの映画のことを中身より、スタイル重視だと言ったのは間違っていなかった。

 だが、スタイル重視の映画がそんなに悪いことだろうか?昨今、そうした映画は劇場の傑作だとされることもある。

 一方、究極の教訓話にもなった。わずか1年でグリフィスはハリウッドでもっとも影響力のある監督からほぼ文無しへと転落し、支援者に頼らざるを得なくなった。

 『イントレランス』は彼の野望の頂点であり、通りで朽ち果てている夢の残骸にはびこった雑草が映画業界の飽きっぽさを象徴していた。

ame5_e
『イントレランス』の唯一残っている完成予想図
image credit:Messy nessy chic

『イントレランス』のセットの一部が再開発で復元される


 この映画は、1923年にバスター・キートンの『恋愛三代記』によってパロディ化された。面白いことに気まぐれなハリウッドは、この映画のカムバックを歓迎した。

 最初に建てられた『イントレランス』のセットは1922年に完全に破壊されたが、2001年のミレニアムのときLAのショッピングセンターがセットのデザインの一部を復活させた。

 俗っぽいが確かに度肝を抜くような、ハリウッド&ハイランドというショッピングモールを再開発した。

 どこかで聞いたことのある話のようだが、そのコンセプトは故レイ・ブラッドベリの傑作ディストピア小説『華氏451』(1953年)のアイデアだったようだ。

 ブラッドベリは自分のことを "偶然の建築家" と呼んでいて、映画の歴史に敬意を表するやり方でLAのコミュニティ感覚をよみがえらせるために自分のアイデアを喜んで共有した。

 1970年代にオープンした地元のグランデール・ガレリアの建築家チームは実際に中央の円形スペースを念頭に置き、商業地域を活性化させるためのブラッドベリの提案に留意したと言っている。

ame6_e
(左から)グリフィス、カメラマンのG・W・"ビリー"・ビッツァー(カメラの後ろ)、ドロシー・ギッシュ(彼の背後からこちらを見ている女性)、台本を持っているカール・ブラウン、ミリアム・クーパー(横顔)
image credit:Messy nessy chic

 ブラッドベリは、

町は絶対に『イントレランス』のセットをよみがえらせるべきで、今度こそはそれを大切にしなくてはならない。

美しい白いゾウが乗った見事な巨大な柱のセットが、今、ハリウット&ハイランド通りの角に建っていて、世界中の人々がここを訪れる。

すべては、わたしがそれを建てるよう言ったからだ。将来、みんながここをブラッドベリ・パビリオンと呼ぶようになるといい

と死後に出版されたエッセイの中で書いている。

 いかにもアメリカ的なKKKのヒット作『國民の創生』からショッピングモールのバビロン庭園の再現まで、まさに現代映画産業らしい進出方法だ。

 ひとりの男のキャリアを締めくくる奇妙なやり方としても間違いなくハリウッド的といえるだろう。

 また、あまり語られることのない映画業界の陰の職人たちへのオマージュとして、現代の私たちに『イントレランス』を褒めたたえよ、ということかもしれない。

References:Messy nessy chicなど / written by konohazuku / edited by usagi
あわせて読みたい
ハリウッド映画に自慢の愛猫を無理やり登場させるインスタグラムのアカウント


見ている人ばかりでなく出演者やスタッフを恐怖に陥れた、呪われし映画ベスト10


知ってしまえばもう怖くない?恐怖映画に使われている21のトリック


映画史上最も危険な撮影が行われた13の映画


これまでの映画で使用された高額セット、ベスト10


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年09月28日 18:49
  • ID:43KpqwEX0 #

壁の高さは90フィート(約27m)じゃない?

2

2. 匿名処理班

  • 2019年09月28日 19:09
  • ID:czjHA1ZS0 #

左からMary Pickford、D.W. Griffith、Charlie Chaplin、Douglas Fairbanksだそうで、アラサーチャーリー若いですね!

3

3. 匿名処理班

  • 2019年09月28日 19:25
  • ID:ETlVzYv00 #

『栄光なき天才たち』で知ったわ。

4

4. 匿名処理班

  • 2019年09月28日 20:01
  • ID:3pGkaiAo0 #

ずっと昔から気になっていた映画を知ることが出来てとっても嬉しい!
カラパイアは本当にわたしのツボにぴったりのサイトです!

コンサートのバイトをしていたときに
ステージ回りに組まれる高い足場を「イントレ」と業界の人たちが呼んでいて、
そのときこの映画の話を聞き、
当時では驚くような高い足場をたてて俯瞰の映像を撮ってみんなの度肝を抜いたことから、
足場のことを業界では「イントレ」と呼ぶようになったと聞きました。

その頃はインターネットもなくレンタルビデオにそんなマニアックな作品もなく、
いつしか忘れていましたがこうして見ることができるなんて30年越しの想いです。
本当に嬉しい!ありがとう!

5

5. 匿名処理班

  • 2019年09月28日 21:02
  • ID:D.gT8H4H0 #

※3
確かイントレランスの完全版の日本上映時のタイアップで連載されたエピソード。
ヤンジャン本誌でも映画の特集も組まれていたよ。

※4
そうそう、イントレと呼んでいたね。やっぱりイントレランスが元ネタか。
ベースに車輪が付いていて、組み上げた状態で移動もできるタイプは
ローリングタワーという名称。

6

6. 匿名処理班

  • 2019年09月28日 21:04
  • ID:85Tbbse10 #

栄光なき天才たちでしったと書こうとしたら
既に書かれてた

映画自体は見たことないが
ちと見てみたくなった

7

7. 匿名処理班

  • 2019年09月28日 21:05
  • ID:prFBFYEN0 #

自分は「L.Aノワール」というゲームで初めて名前を知りました。ゲーム中の舞台としてセットが出てきます。
興行的に大失敗した、ということでしたがこの記事を読む限りちょっと事情が違ったみたいですね。

8

8. 匿名処理班

  • 2019年09月28日 21:55
  • ID:vv.GITMv0 #

著作権が切れているのでyoutubeで無料で観れますね。
でも長いしあまり面白くもなさそうなので観る気はしないな。
画期的な作品なのだろうけど。

9

9. 匿名処理班

  • 2019年09月28日 21:58
  • ID:XIQd3tUZ0 #

バビロン編のセットに見覚えが?
海外のバンドがCDジャケットにしてた記憶があります。
詳しい人だれか教えてください。

10

10. 匿名処理班

  • 2019年09月29日 02:44
  • ID:CQ.SSJrb0 #

現在進行形でイントレランスを再生だけしてる(画面を見てない)けどこれ、音楽だけでもかなり良いよ。試しに聞いてみて。

11

11. 匿名処理班

  • 2019年09月29日 03:08
  • ID:.eY2Dv9U0 #

これサイレントだから作法上の「前提」で長くなるけど
今の技術で当然トーキーとして復活させたら面白そうなんだよなぁ。

12

12. 匿名処理班

  • 2019年09月29日 08:59
  • ID:ifqB4YM50 #

「栄光なき天才たち」そのものがすでに20年以上前の過去の作品なので、知らん人も多いと思う。これで初めて知った栄光なき偉人も多い。エリシャ・グレイ、サチェル・ペイジ、ダルトン・トランボ等々

13

13. 匿名処理班

  • 2019年09月29日 18:02
  • ID:T44lH.aY0 #

良くも悪くも、アメリカ人の気質を現わしているという事かな。
大きな事は好きだけど後のことまで考えないとか、保守的な男らしさを好むとか。

14

14. 匿名処理班

  • 2019年09月30日 07:59
  • ID:SkqjjCWP0 #

1時間42分ごろの大掛かりなバビロンのシーンだけでも見てほしい
カメラを動かしながら撮られたバビロンの街は臨場感、迫力がもの凄い!!一瞬で当時の世界に引き込まれます

15

15. 匿名処理班

  • 2019年09月30日 12:40
  • ID:.zX2bmuJ0 #

「当時それなりに興行的に成功していたのに、今は忘れ去られている作品」
と、
「当時評価されなかったが、これから永劫語り継がれるであろう作品」
どっちが幸せだろうと考える。
製作者としては、前述の方がご飯を食いっぱぐれないが、
後述はアーティストの夢であるはずだ。

もちろん、「興行的に成功していて、更に語り継がれている」というのがベストだとはして・・・。

16

16. 匿名処理班

  • 2019年09月30日 13:34
  • ID:cY.d03uD0 #

オレは長い間、『エントレランス』だと思ってた。どこかの世界への入口みたいなイメージで。

17

17. 匿名処理班

  • 2019年10月01日 00:12
  • ID:5qjJL2UO0 #

『全米が泣いた』
と見聞きすると
東野の顔が浮かんでくる(もう使えない)
故に
『ハリウッドが泣いた』?

18

18. 名無しよん

  • 2019年10月01日 03:21
  • ID:fB4aJl010 #

『イントレランス』の製作現場を舞台に、セット製作に参加したイタリア人兄弟を主役にしたのが、タヴィアーニ兄弟の『グッドモーニング・バビロン!』。
1987年のカンヌ特別招待作品で、日本でも岩波ホールだったかシネヴィヴァンだったかで公開され、キネマ旬報外国映画部門の一位をとった。ほとんど間をおかず、いわばそれを紹介するかたちで取り上げたのが、ヤンジャンの『栄光なき天才たち』だった。
ただこの『グッドモーニング・バビロン!』、日本のwikiではイタリア・フランス・アメリカの合作となっているが、英語版wikiではイタリア・フランスのみで作った外国映画の扱いになっている。
要するに、アメリカではほとんど上映されず、ほとんど無視されたということなんだが、やはりその背景には、グリフィスという映画監督に対する、米国内での賛否両論があったんじゃないかと思っている。
実際、『国民の創生』は俺も観たんだが、日本人があまり事前知識なしに観ても南部プロパガンダ的というか、時代的に差っ引いて考えてもかなり黒人差別的でもある映画だった。そして『イントレランス』の方はといえば、これはあくまで個人的な感想だが、はっきりいって偽善的としか言いようのない印象を受けてしまったね。
もちろん、どちらも「映画史」的に極めて重要な作品であることに間違いはないんだが。

19

19. 匿名処理班

  • 2019年10月03日 03:53
  • ID:Zro7u7Ld0 #

リリアン・ギッシュ可愛いよね。アメリカ人の女性の好みはなんであんなに変わったのか

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク