dog2_e5
image credit:naewna.com

 飼い主に捨てられ、同じ場所から動こうとせずに何年も飼い主を待ち続けている犬のストーリーがソーシャルメディアに投稿されると、一気に拡散する。

 これらのストーリーが多くの人の目に触れることで、偶然飼い主の目にも留まる場合もあるが、犬が飼い主と再会できてハッピーエンドになるケースは、やはり稀といえよう。

 タイで起こったある出来事も、フェイスブックに投稿されたことがきっかけで、4年の時を経て犬と飼い主が再会することができた。

 ところが、どうやら意外な結末を迎えることとなったようだ。
スポンサードリンク


dog waiting for owner for more that 4 years in thailand

同じ場所で何年も佇む一匹の犬


 タイ東北部コーンケン県の交差点近くに、過去4年にわたり一匹の野良犬が同じ場所で座り続けていた。

 レオと呼ばれているその犬は、いつも同じ場所で同じ方向を向いており、その姿はまるで誰かを待ち続けているかのように見えた。

dog4_e4
image credit:naewna.com

 偶然、その犬を見たSNSユーザーは、野良犬にしては毛並みが良く元気そうなことから、誰かが世話をしているのではと思い周囲に尋ねてみたところ、やはりある1人の女性が犬を気にかけ、餌と水をやりに定期的に通っていることがわかった。

 ある日、SNSユーザーがレオを撮影していると、その女性がちょうど餌をやりに来たため、レオのことを聞いてみたそうだ。


飼い主を待ち続けている様子の犬を可愛がる女性


 サオワラクさん(45歳)は、数年前にレオを今と同じ場所で見たことを話した。その時、レオは痩せ細り皮膚病に罹っている様子だったという。

 そのまま放置するには忍びなく、サオワラクさんはレオを自宅へと連れ帰り、世話をした。

 ところが、ある日帰宅するとレオの姿がなく、サオワラクさんはレオを探した。そして、レオが最初にいた交差点の近くに戻っていることを発見した。

 この時サオワラクさんは、レオはきっと飼い主にここで捨てられて、今でもずっと飼い主を待ち続けているのだろうと思った。

 それ以来、サオワラクさんは同じ場所に佇むレオに、餌と水を数日に1回持ち運び、与えるようになった。

dog3_e5
image credit:naewna.com

 この話を聞いたSNSユーザーにより、レオとサオワラクさんのストーリーが今月初めにフェイスブックでシェアされると、瞬く間に拡散し、犬の飼い主の目に留まった。


飼い主が語った出来事とは…


 ローイエット県に住むナンさん(64歳)は、フェイスブックを見た娘から、4年前まで飼っていた犬ボンボンにとても良く似た犬の写真を見せられて驚愕した。

 ナンさんによると、2015年2月16日、ナンさんと夫はコーンケン県に住む娘に会いに、ボンボンを連れて車で出向いた。

 しかし、その帰りどういうわけか、ボンボンを失ってしまったという。

 突然ボンボンがいなくなった理由については、ナンさんはこのように推測している。

ボンボンは、窓が開けられた状態で車の後部座席に座っていたのですが、信号待ちの時に窓の外に何かを見つけたのか、窓から飛び降りてしまったのでしょう。

ボンボンが車の中にいないと気付いたのは、ガソリンスタンドで止まった時でした。

道路を引き返して、ボンボンを探してみましたが見つかりませんでした。いなくなってから1週間はあちこち探しました。でも、どこにもいなかったので、もう車に轢かれたか死んだかだろうと諦めるしかなかったのです。


4年ぶりに飼い主に再会したボンボン


 9月6日、ナンさんはレオという犬の写真を見て、すぐにボンボンだとわかった。

 娘に「この犬のいる場所へすぐに連れて行って」と頼み、車で向かうと、4年前に別れたきりのボンボンがいた。

 ナンさんがボンボンの名を呼ぶと、尻尾を振って近寄ってきたが、家に連れ帰ろうとすると躊躇う素振りを見せた。

dog1_e4
image credit:naewna.com

 ナンさんは、フェイスブックにあったストーリーを思い出し、きっとボンボンは今まで何年か世話をしてくれたサオワラクさんとの別れが辛いのだろうと察した。


新しい飼い主へボンボンを託すことに


 結局、無理強いして連れて帰ることは良くないと思ったナンさんは、サオワラクさんにボンボンを託すことにした。

dog2_e5
image credit:naewna.com

 しかし、何か必要なものがあれば揃え、定期的に娘とボンボンの様子を見に来ることを約束したようだ。

 4年もの間、ずっと飼い主を待ち続けていたはずのボンボンは、飼い主が目の前に現れても一緒に帰ることを選ばなかった。

 なんだか少し切なくなってしまうこのストーリーは、タイ全土で多くの人の心を掴んだだけでなく、アジア諸国でも拡散し、大きな反響を呼んだことが伝えられている。

References:Oddity Centralなど / written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
飼い主に置き去りにされた犬。以来10年間、再び飼い主が来るのを信じ、同じ場所で待ち続けている。


不要な家具と一緒に捨てられた子犬、廃棄されたソファの上で飼い主が戻ってくるのを待ち続ける(アメリカ)


教会の前に捨てられた犬は一晩中飼い主が戻ってくるのを待っていた。


安楽死の危機から救ってくれた飼い主が他界。空っぽのベッドの横で二度と帰らぬ飼い主を待ち続ける犬の物語


今日もいないの?いつも愛してくれた教授の死を知らない犬、教員室の前で彼が来るのを待ち続ける(フィリピン)


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 11:35
  • ID:PGL9moox0 #

ボンボンよりコロコロコミック派です🐕

2

2. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 12:01
  • ID:NUZaoDWH0 #

ハチ公「俺よりスゲー犬けっこういるよな」

3

3.

  • 2019年09月25日 12:27
  • ID:eB6QDXPC0 #
4

4. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 12:27
  • ID:ovAotzQ20 #

人間って犬は人間と家で暮らしたがるものだと思ってるけど、それは思い込みで、
家よりも外で気ままに過ごす方が好きな子だっているのかもね。
人間でも、人に気を遣いすぎて疲れてしまう、
自然の中や無人島で暮らしたいと思う人がいるように。

5

5. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 12:42
  • ID:RxLFuj460 #

再開もできて、犬が幸せならそれでいい。

6

6. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 12:48
  • ID:dD1xvamD0 #

凄く胸を締め付けられるね。ま、とにかくボンボンと関係者の幸せを願ってます。

7

7. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 12:50
  • ID:qVjqf5Uq0 #

なんだこの切ない感情は(´・ω・`)
飼い主が来てハッピーエンド
とかじゃなく
新しい飼い主を選び生きる道を選ぶ

今の現実を受け入れ前に進む
そんな複雑な感情が見て取れる

今までのワンコの記事と
明らかに違うものがある

8

8. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 12:53
  • ID:JIJU.P.Z0 #

×ずっと飼い主を待っている
○道端でボーっとしてるのが好き

うーん、心無い飼い主がいなかったからハッピーエンド!

9

9. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 12:56
  • ID:gEs.eQIg0 #

「この場所が気に入っただけです」という説もあるな

10

10. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 13:02
  • ID:Zj5rEQ390 #

4年の間に心が離れてしまったのか・・・

11

11. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 13:11
  • ID:w1nowa.c0 #

※2
こういうのは世界中で日々起こっている事だろうが、銅像にまでしてしまうのは万物に霊が宿るとする神道の教えというか、日本人の昔からの考え方が現れていると思う。

12

12. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 13:14
  • ID:pk2o4EsO0 #

ご主人よ…会いたかった。けれど…世話になったこの人を見捨てることはできない、できないんだ…

13

13. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 13:45
  • ID:4RNWeMwC0 #

飼い主と再開して登場人物(動物)がハッピーエンドな話ばかりが記事になるけど、
一方こういう話もあるもんなんだなとなんだか関心した。

14

14. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 13:54
  • ID:sO50IBak0 #

友人も迷い犬の世話をしていて、元の飼い主が現れたことがある。正確には元の飼い主の娘さんで
60歳位の人。元の飼い主は90歳近いお爺さんだ。
お父さんの飼い犬と確認でき別れることになった。友人一家は泣いて泣いて別れを悲しんでいるその様子を見た娘さんは「分かりました。父には違う犬だったと言います。」
まだ若い犬だったので、どう考えてもお爺さんの方が先立つと考えたのかな?

15

15. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 13:58
  • ID:EseDpHKW0 #

誰を待ってたんだよ・・・
手段が目的化しちゃったのか

16

16. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 14:03
  • ID:PFv8t3Dz0 #

単純に元飼い主さんのことを認識できなかった可能性もあるよねこれ
まだ本当の飼い主さんを待っているかもしれないし
そもなぜ自分がいつもそこにいるのか忘れてしまってる可能性もある
いずれにしても切ないな

17

17. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 14:30
  • ID:wMwI.VrE0 #

完璧なハッピーエンドって中々ないもんだな
いや、犬と犬に関わってきた人達が幸せならそれでいいしそれが一番いいのは分かるんだけど…何かもどかしく感じてしまう

18

18. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 14:39
  • ID:mV8vXnZy0 #

>>6
もうさぁ、ナンさんとサオワラクさん両方が
レオボンボンの待ってるポイントに
家建てて住むしかないよね❗️

19

19. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 14:41
  • ID:6h9cdWgv0 #

「あの時ボクを置いて去ってしまった元飼い主に文句を言ってやりたくてここにいたんだ。座っていれば人間が勝手にSNSで拡散してくれて、きっと元飼い主に会えると思って。」

20

20. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 14:50
  • ID:UG4yvf.a0 #

>>2
ハチは
亡くなったご主人を待っていたんじゃなくて
「ご主人、今日もこちらにお帰りになってる…」と
魂となったご主人を迎えに行っていたのではないかと思ってしまう…

21

21. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 14:56
  • ID:Y7TUQlmr0 #

「いつも通り」が一番安心するんだよね
いつのまにか「いつも通り」=元の飼い主と供にいることではなく
元の飼い主を待ちながら、新しい飼い主と供にいることになってしまった。

22

22. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 15:03
  • ID:WaEVdUtk0 #

複雑な結果になったけど、少しでもボンボンがひとりぼっちの時間が減ればいいな!snsで知られたなら友だちがたくさんできるといいな。

23

23. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 15:25
  • ID:EZoF63Ls0 #

元の飼い主<餌やり通行人<餌やり女性<犬になったらそりゃ帰らないさ

24

24. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 15:43
  • ID:GPXLq6Iv0 #

呆けとるやんけ

25

25. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 16:48
  • ID:h2JsIw1M0 #

もと飼い主と面倒みた人が一緒にすめばええねんと思う犬であった

26

26.

  • 2019年09月25日 16:53
  • ID:QXhJmTjw0 #
27

27. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 16:57
  • ID:w8utLpxg0 #

ボンボンというよりケンケンだな ウッシッシッシ
だってコーンケン県(けんけん)から動こうとしないんだもの

28

28. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 17:36
  • ID:jTUk3jsB0 #

ワンコはけなげすぎるから嫌いだあ

29

29. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 17:56
  • ID:3x0kPh6m0 #

ボンボンは成長したんだ
ずーーと一匹で過ごしたんだから

30

30. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 18:13
  • ID:htvRLnXT0 #

創作らしくグッドエンディングにしとけよ

31

31. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 18:20
  • ID:.L3xuGYG0 #

>>9
そもそもスタートからして捨てられたんじゃなくて自らどこかに行ってしまっただしな
もしかしたら人間には見えない何かがこの場所にはあるのかもな

32

32. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 19:53
  • ID:KKK9jgGk0 #

新事実
ボンボンですらなかった!

33

33. 匿名処理班

  • 2019年09月25日 20:14
  • ID:tcnQtVkf0 #

心がひねくれたおっさんからすると
ボンボンは待ってた人を忘れてしまい飼い主と判断できなかっただけかと

34

34. 全温度チアー

  • 2019年09月25日 20:41
  • ID:uiJ9GQ960 #

結末の予想できるハッピーエンドではない。
だからこそ、こうして記事にした価値がある。

35

35. 匿名処理班

  • 2019年09月26日 01:24
  • ID:1PJshs5R0 #

※14
犬の幸せを考えたら正しい決断なんだろうけど、本来の飼い主のお爺さんのことを考えるとつらいな。
確かに、老い先短いとはいえ、死ぬまでずっと、いなくなった犬のことを考えていると思うんだ。
生きているあいだに、せめて一目でも会えたらなぁ、って。
年寄りがペットを飼うのは間違っている、って思う人もいるだろうけど、そのお爺さんは寂しくて、その犬が心のよりどころで、本当に大切だったんじゃないかな。

36

36. 匿名処理班

  • 2019年09月26日 03:20
  • ID:HJFzFQRD0 #

>>35
わたしも黙ってるのは残酷だと思った。
ペットが行方不明になったら、せめて誰かに拾われて幸せでいてくれと殆どの人が願うと思う。
あの子が今苦しんでるんじゃないか、きつい死に方をしたんじゃないかと90歳の年寄りが死ぬまで毎日考える。
幸せに暮らしてるって言わないのは残酷だ。

37

37. 匿名処理班

  • 2019年09月26日 06:20
  • ID:w.bGN9ke0 #

人は確かにちょっと、悲しさがあるけど、この、ワンコはけっこう楽しそう。一緒に生活していなくても、会えたら!うれしい。なんだろうな。無責任に一緒に暮らされているより、一緒に暮らしていないのに心配され、大切に思われているがわかっているのかな?

38

38. 匿名処理班

  • 2019年09月26日 08:52
  • ID:ZTQVb.wx0 #

犬の気持ちを人に合わせようとすること自体がナンセンスなのではないかな

39

39. 匿名処理班

  • 2019年09月26日 16:04
  • ID:AfeZwGa70 #

切ないと感じるのは元飼い主視点から皆が読んでるからなんだろうなぁ。
自分は、「生みの親と離れてしまい、実母を恋しがって毎日泣いて暮らしている少年を養母が大事に育てた結果、20年後(犬の4年相当)にやっと再会できた実母より、養母と暮らすことを選んだというストーリー」とならきっと養母視点で見ちゃうから、「良かった」と思ってしまう。

40

40.

  • 2019年09月26日 19:49
  • ID:bnBmh8MJ0 #
41

41. 匿名処理班

  • 2019年09月26日 21:22
  • ID:QJcMXNHU0 #

ボンボン雨の日はどうしてたんだ?

42

42. 匿名処理班

  • 2019年09月27日 09:39
  • ID:RIeKrdb.0 #

悲しくも美しい けど4年ずっと待ってた時間以上の幸せを今から取り返してほしい

43

43. 匿名処理班

  • 2019年09月27日 13:57
  • ID:fMnT9wPR0 #

※38
擬人化するのが良くないっていう意味なら同意だけど、犬は人間と同等の感情を持ってるよ
思考ではないかもしれないけど

44

44. 匿名処理班

  • 2019年09月28日 10:40
  • ID:Bxftd.sH0 #

単純にぼんぼんが可愛いんすけど。

45

45. 匿名処理班

  • 2019年09月29日 16:12
  • ID:4eQEHlVE0 #

>>20
実際はオヤツくれたりする人がいたからとか何とか現実的な話を聞いたよーな。

46

46. 匿名処理班

  • 2019年10月03日 11:18
  • ID:BrJSYWbW0 #

ボンボンーッ!お前はいったいどうしたというんだー!!

47

47. 匿名処理班

  • 2019年10月07日 03:18
  • ID:0RW7PSzu0 #

大事なにんげんが増えたんやな
元の飼い主も時々会いにきてくれるみたいだし
サオワラクさんもいるし
元の飼い主さんとサオワラクさんが友達になれたかも知れないし
きっとこれはハッピーエンドなんだと思いたい

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク