dog1_e

 森の中から保護され、負傷していた右後ろ足を切断する羽目になってしまった犬。しかし、辛い状況にいたにも関わらず、犬は周りを笑顔にせずにはいられないほど元気いっぱいで幸せそうな様子を見せていた。

 そんな犬に強く惹かれたのが、過去の戦争で片脚を失った退役軍人の男性だった。彼は子犬のことを知ると、子犬が治療を受けている動物病院へ毎日見舞いに出向き、ついに引き取った。

 犬に強いシンパシーを感じ取った男性は、これから犬とともに、負傷した人々を癒し、サポートしていきたいと語っている。
スポンサードリンク


Puppy with missing leg adopted by amputee

森にいた子犬、足を損傷した状態で発見される


 アメリカのテネシー州バーンズのジョンソン・クリークで、釣りをしようと森に入った人たちが一匹の子犬を発見したのは、6月2日のことだった。

 まだ生後6か月だった茶と白の子犬が、なぜ森にいたのかは謎だが、右足をひどく損傷していた。保護されたその犬は、ディクソン郡にある動物愛護協会へと連れて行かれ、動物病院で治療が施されることになった。



 愛護協会のスタッフは、このオス犬を「スクーター」と名付けた。


右足を切断を余儀なくされるも、周りを笑顔にするスクーター


 スクーターの治療にあたった動物病院のジェレマイア・ウォジナロウスキー医師は、スクーターがなぜ右後ろ足を損傷していたのか、はっきりとした理由はわからないと述べた。

犬が自分で噛んでこうなったのかもしれないし、何かにひっかかってなってしまったのかもしれません。

ただ、車などに轢かれた痕ではないと言えるでしょう。それでも、この犬にとって、何か酷いことが起こったというのは間違いないことです。

左の後ろ足も、森の中にいたためか、ダニやノミに覆われていたので、右足同様細心の注意を払う必要があります。

最悪の場合、車椅子を使用しなければならないことになるかもしれないとも考えましたが、まだ若いので老犬よりは回復も早いと期待しています。

 損傷が酷い足は、おそらくかなりの痛みを伴ったであろう。しかし、スクーターは終始愛嬌を振りまき、穏やかな態度で従順に治療を任せていたそうだ。

 結局、左後ろ足は治療を進めて経過を見ていくことになったが、やはり右後ろ足の切断は避けられなかった。そんな境遇となってしまったスクーターに、新たな引き取り手が現れた。


足を切断した経験を持つ元軍人が飼い主に名乗り出る


 スクーターを保護していたディクソン郡の動物愛護協会のもとへは、スクーターが早く元気になってくれるようにとメッセージが書かれたカードや、寄付がたくさん届けられた。

 写真とともにその喜びをフェイスブックに投稿したスタッフは、「スクーターは、尻尾を振ってとてもハッピーな様子。小さいのにかなりのファイターです」と感心の言葉が綴られていた。


 7月25日の更新で、ついにスクーターに里親が見つかったことを告げられた。

 スクーターの新たな飼い主となったのは、ジョシュア・ファーガソンさんという男性だ。彼は湾岸戦争中にイラクで片脚を爆弾で負傷し、切断した経験を持つ退役軍人だった。



 スクーターのことを知ったファーガソンさんは、スクーターが治療を受けていた動物病院に毎日見舞いに訪れていたという。


ゆくゆくは、スクーターをセラピー犬として訓練


 改めてスクーターの里親となったファーガソンさんは、メディアの前でこのように語った。

この犬は、足が3本しかないことに周りが気付かないほど、いつもハッピーで喜びに溢れています。

どんなに悲劇的なことが起こっても、人生はまだこれからだよと思わせてくれて、みんなを笑顔にしてくれる存在なのです。

3本足のスクーターに同情はいりません。必要なのは愛情だけです。私たちも、スクーターの悲観していない姿に救われているのです。

 不慮の事故で、片脚を失うという同じ経験をしたファーガソンさんとスクーター。彼らは初めて出会った時から、同じ“ファイティング・スピリット(不屈の精神)”を感じていたようだ。

 ゆくゆくは、スクーターと共に、四肢を失った人々へのサポートに役立ちたいとファーガソンさんは話している。

References:Liftableなど / written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
犬がうつ病を改善してくれる6つの理由


もしも介助犬がたった1匹であなたに近寄ってきたら?その時にするべき対応


銃乱射事件のあったフロリダの高校で、卒業アルバムに14匹のセラピー犬のページが作られる(アメリカ)


交通事故で入院中、隣人に愛犬(セラピー犬)を預けたはずが、たらい回しにされ行方不明に。ついに感動の再会。


犬と触れ合うことで、病気の子どもたちに笑顔を。ロシアの養護学校のカリキュラム「ドッグセラピー」


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年08月05日 11:50
  • ID:jgnnUgAx0 #

そうだね、みんな支えあって生きているんだね

2

2. 匿名処理班

  • 2019年08月05日 12:20
  • ID:dn6WKhdQ0 #

動物のこういう前向きな姿を見ると涙が…

3

3. 匿名処理班

  • 2019年08月05日 12:20
  • ID:DEDysQuo0 #

最後の飼い主さんに抱っこされたスクーターの
ちょっと間抜けでかわいい表情が
スクーターの幸せを物語っている

4

4.

  • 2019年08月05日 12:31
  • ID:woBZYfu60 #
5

5. 匿名処理班

  • 2019年08月05日 13:12
  • ID:IN9Uei6B0 #

3本足のスクーターに同情はいりません。必要なのは愛情だけです。

何か障害があっても対等なんだというこの言葉はとても大事な考え方だと思うわ。

6

6. 匿名処理班

  • 2019年08月05日 14:12
  • ID:L1pCzkwO0 #

杖も使ってないし良い体と良い腕してる
義足もいいのを使ってるんだろうが、おっさん自身も節制自制してるんだろうな
わんこはいいところに貰われて行ったで

7

7. 匿名処理班

  • 2019年08月05日 14:20
  • ID:Y8.tdb990 #

昨日失恋したけどなんか少し幸せになった有難う

8

8. 匿名処理班

  • 2019年08月05日 14:45
  • ID:Ssl7koKX0 #

ジョシュアさんはスゴイ。
こんな凄まじい経験をしながら、生きて行く心・・・
ふたりは目元がソックリだ。

9

9. 匿名処理班

  • 2019年08月05日 15:15
  • ID:ZOd4KQZU0 #

「The Present」ってショートアニメを思い出した。
良かったらYoutubeで検索して見てあげてください。

10

10. 匿名処理班

  • 2019年08月05日 16:02
  • ID:K.AkcWXL0 #

可愛い目してる(●´ϖ`●)

11

11. 匿名処理班

  • 2019年08月05日 16:25
  • ID:zim71l3Q0 #

うちも、足を怪我した子猫を保護して、病院に連れて行ったけど、後脚断脚となってしまった。でも足が1本無いとか、当の本人(ネコ)には全く関係無いみたい。生きる事に前向きなだけで、惨めさも悲しさも無く、我が家でヤンチャに過ごしている。恐るべしNNN。だから、このワンコの事がすごくよくわかるよ。

12

12. 匿名処理班

  • 2019年08月05日 16:56
  • ID:cfQAfw6b0 #

何故かわからないけど心が震えた
縁ってあるものなんだなあ

13

13. 匿名処理班

  • 2019年08月05日 17:00
  • ID:MnYeiIkb0 #

なんていいブラザーフッド。

人も犬もとても幸せそうな顔してる。

14

14. 匿名処理班

  • 2019年08月05日 21:35
  • ID:eItnbM8w0 #

あんたはオレの相棒だぜ〜

15

15. 匿名処理班

  • 2019年08月08日 02:35
  • ID:Rmk0FDji0 #

コンクリートやアスファルトの上で足を引きずり続けると擦りむいてしまいそうで心配
残った片足も障害があるのなら、少し足が地面につくような感じの車いすでも用意したほうがいい感じがする

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク