paint1
image credit:Twitter

 ご存じフィンセント・ファン・ゴッホは、ポスト印象派を代表する画家である。これまで数多くのアーティストに影響を及ぼし、新たな作品が発見されるなど話題が尽きない(関連記事)。

 さて、イギリス・ロンドンのミルバンク地区にある国立美術館、テート・ブリテンでは8月11日まで、ゴッホの企画展を開催している。

 ゴッホがイギリスのアーティストに与えた影響などをテーマに50点以上の作品を展示しているのだが、その準備中に思わぬ発見があったようだ。

 1890年に描かれた「ザ・オワーズ・アット・オーヴェル(The Oise at Auvers)」の真実の姿が明らかになったのである。
スポンサードリンク

コーヒーのような茶色は実は鮮やかなピンク色だった!


 「ザ・オワーズ・アット・オーヴェル」は、ゴッホが37歳のとき、拳銃自殺をはかって亡くなる2ヵ月前の1890年5月に制作されたとされる。

 フランスの田園地帯の風景を描いた水彩画だが、川や空がコーヒーで染めたかのような茶色をしており薄暗い雰囲気だ。

 しかし、テート・ブリテンの修復管理者がフレームと台紙を外したところ、鮮やかなピンク色の絵の具が使われたらしき痕跡を発見。

 ゴッホの真の意図を知ろうとデジタル復元作業を行ったところ、描かれた当時は川も空もピンク色だったことが判明したのである。

 こちらがデジタル復元前の状態。
paint2
image credit:Tate Britain

 そして、こちらがデジタル復元後の状態である。
paint3
image credit:Tate Britain

フランスの田園地帯の夕焼けを表現した作品であることが判明


 では、どうしてピンク色が茶色に色あせてしまったのだろう?おそらく、人生をとおして常に金欠状態だったゴッホが安い顔料を使ったことが原因とのこと。

 今回の企画展の主任学芸員、キャロル・ヤコビさんは

とても驚いた。たぶんこの作品は夕暮れどきを描いたもので、川の水面や地面を夕陽が照らしているのだろう。ゴッホはオーヴェル=シュル=オワーズにたった2〜3ヵ月しかいなかったが、その期間、彼は信じられないほど生産的だった。晩年の作品には驚くべきエネルギーがあり、自然への賛美がある

とコメントしている。

 青空でも曇り空でもない茶色の空はなんだかどんよりとしているけれど、本当は美しい夕焼けを表現していたようだ。


ゴッホが自らの命を絶った時に使用した銃がオークションに


 フィンセント・ファン・ゴッホは感情の率直な表現、大胆な色使いで知られ、ポスト印象派を代表するオランダの画家だ。

 今では世界中で高く評価されているが、生前はあまり評価されておらず、またその人生も不遇だったと言われている。

 生前に売れた絵は、友人の姉が400フランで買い取った『赤い葡萄畑』だけであるとされているが、ファン・ゴッホが絵を描いたのは10年に満たず、若くしてこの世を去ったことを考えれば、彼の絵画が認められるまでの期間はむしろ短かったのかもしれない。

 フランス・パリのAuctionArtは、ゴッホが自殺に使用したとされる拳銃のオークションを2019年6月19日に行うことを発表した。

 この拳銃は7ミリ口径の回転式拳銃「ルフォシュー」で、落札価格は6万ユーロ(約750万円)になるだろうと予想されている。AuctionArtは「美術史上最も有名な兵器」と銘打っている。


 この銃は自殺現場で見つかったもので、1890年代から地中に埋まっていたものだ。ゴッホは1890年7月27日に自身の腹部を撃ち、7月29日午前1時半に怪我を負いながら帰り着いたオーヴェルのラヴー旅館で死亡した。

References:Hyperallergic / Twitter / Designtaxiなど / written by usagi / edited by parumo
あわせて読みたい
ゴッホの絵はこうみえる!?色覚異常の人が見た世界がわかる比較画像


ゴッホの名画「The starry night(星月夜)」をうごめく、流れる、触れると揺れるインタラクティブアニメーションに


浮世絵からゴッホやピカソも!シカゴ美術館が5万点以上の所蔵作品の画像を無料ダウンロード公開


ゴッホ没後125年記念。ムンクとゴッホの類似点、相違点を2画面分割で比較できる映像(ゴッホ美術館)


これは部屋に飾りたい!ゴッホの「星月夜」に太陽系惑星が入り込んだリミックスアート


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年04月12日 22:46
  • ID:3xt4yxe00 #

この銃の所有者が次々に謎のシをとげ...とかならない?大丈夫?

2

2. 匿名処理班

  • 2019年04月12日 22:58
  • ID:5uQZluZd0 #

所謂、「一般的に知られるゴッホ自身の生涯とか経歴」みたいなバイアスが掛かってるから元の絵が暗く見えるだけでは?
確かに、元の色であったろうピンク色だとぱっと見で明るくみえるけど、そうじゃじゃなくても元の絵は薄暗いという感じは受けないけど

3

3. vvv

  • 2019年04月13日 00:14
  • ID:xCOhT..d0 #

こんな銃に大金出す奴の気が知れないが、どうせ投機目的だろうな。
ガチで欲しがるのは故マイケルジャクソンくらいだ。

4

4. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 00:20
  • ID:W00UPW340 #

偉人伝のジョブズと同じでゴッホの偉人伝も
美化しようがないくらいクズエピソード満載の
こまったさんだったから生前に報われなかった
というよりも素行が悪すぎてまともで評価しようが
なかった自業自得の生きざまだったともいえる。


5

5. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 00:39
  • ID:ZwaAYWrP0 #

すごい、曇りの昼から晴れた夕方になった

6

6. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 01:38
  • ID:rhrSjXsj0 #

絶筆って烏のいる麦畑じゃないのか

7

7. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 01:41
  • ID:vtBNIQAb0 #

日本人好みのどぎつくない可愛らしいピンク色

8

8. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 03:27
  • ID:LtAwUO420 #

色盲とメニエール病でこう見えてたのかな

9

9. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 03:50
  • ID:4SSn06CI0 #

ピンクねぇ?日本人の色に対する感覚が、鈍いように感じる今日この頃です。確かにピンクって便利なんだよね〜

10

10. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 04:12
  • ID:kj6r6LYu0 #

どう考えても俺の絵のほうが上手い

11

11. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 04:51
  • ID:YD.S1Wh.0 #

※1
ゴッホは決して人を呪うような人ではありません。
取るに足らない自分の体を人のために使い果たそうとした人です。むしろ守ってくれるかも。

12

12. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 05:33
  • ID:hAQRWMu40 #

ピンクの方が断然良いね!

13

13.

  • 2019年04月13日 05:56
  • ID:JK.qAEy40 #
14

14. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 06:04
  • ID:SHtg8kP60 #

死にかけた人がよく旅館に泊まれたな。

15

15. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 08:14
  • ID:I2IIoxEs0 #

ピンクが茶色に色褪せたって書いてあるけど、ピンクの部分が白くなっただけで茶色い部分は元からじゃないの?

16

16. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 08:35
  • ID:GlhFcUXY0 #

私だけかもしれないけれど、ゴッホの絵には言いようのない不安感があります。
良い絵には間違いないと思いますが、見るたびにドキドキしてしまいます。

17

17. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 09:59
  • ID:ur.6iA.T0 #

ひまわりに使われているクロームイエローも
黒変する欠点が後に知られて使われなくなる絵具だった
描いた当時はもっと明るいひまわりだったのかもしれない

18

18. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 10:20
  • ID:6Cf4XfKA0 #

サムネの画像は「平行法」による、立体視画像ですね(違う)。

19

19. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 13:29
  • ID:s9oCh0UK0 #

ゴッホが色弱だったかもしれないっていう研究をしてる人も居たな。彼が見ていた色彩を再現する試みをしてるサイトがあったと記憶していて…と思ったらカラパイアちゃんで取り上げていたわ。
ttp://karapaia.com/archives/52098735.html

20

20. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 18:57
  • ID:864LUzTE0 #

※16
分かる、
ゴッホの生来持っている緊張感と不安感が、外界に投影されているような感じがするね。

21

21. 匿名処理班

  • 2019年04月13日 21:50
  • ID:pik.pGqq0 #

※14
ラヴー亭って、晩年のゴッホが
2〜3ヶ月滞在していた下宿屋みたいな所だろ。

べつに死にかけでチェックインした訳じゃなく、
「居住中のアパートに重傷で帰宅して絶命」って感じかと。
臨終時は弟や精神科の主治医も来て、枕元で看取っていたはず。

22

22. 匿名処理班

  • 2019年04月14日 05:13
  • ID:EEdr9Da60 #

・・・どのみちゴッホもピカソも、ルソーには勝てないわな

23

23. 匿名処理班

  • 2019年04月14日 10:57
  • ID:sVBznvgh0 #

>>9
オーケイ、じゃあ君の言葉であらわしてくれ給え

24

24. 匿名処理班

  • 2019年04月15日 01:24
  • ID:Wqb34NXL0 #

>>10
確かにあまりいい絵には見えない

25

25. 匿名処理班

  • 2019年04月16日 00:52
  • ID:ZU0BkHJS0 #

>>22
その根拠は?

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク