0_e9
image credit:Christoph Gerigk/Franck Goddio/Hilti Foundation

 ナイル川で発見された2500年前の沈没船が、ある秘密を明らかにした。数世紀にもわたる論争に決着をつける発見である。

 古代ギリシャの歴史家ヘロドトスが紀元前450年に記した歴史書『歴史』には、彼がエジプト旅行中に目撃したという「バリス」なる貨物船について触れられている。

 これまでその存在の証拠は発見されていなかったが、沈没船の分析により、「バリス」の存在が証明されたこととなった。
スポンサードリンク

『歴史』の船の記述


 ヘロドトスが記した歴史書『歴史』によると、貨物船「バリス」は、レンガのように作られた船体がパピルスで覆われ、竜骨(船首から船尾まで船底の中央に配置される強度部材)に開けられた穴に大きなかじが通されていたという。

10_e2
ヘロドトスがパピルスに記した『歴史』image credit:wikimedia commons

 この操舵の仕組みは、ファラオの時代には代表的なものだったとされているが、これまでその存在の証拠となる船は発見されていなかった。

 2000年にエジプト、アレキサンドリアの付近で発見された海底遺跡ヘラクレイオンでは、「船17」と名付けられた紀元前664〜332年の船も見つかっている。

 この船17は、2000年間も水の中にあったというのに船殻の7割が残されており、例外的なほど保存状態が優れていた。

 そして、そこにかつてヘロドトスが述べた特徴が残されていたのである。


ヘロドトスの「バリス」の記述と「船17」の特徴が一致


 船17の板は交互に張られており、ヘロドトスが述べたようにレンガ造りのような見た目だった。

 この板張りは、1.99メートルに達し、外板を11枚も通過する、やたらと長いほぞが斜めに横切るように組まれている。これは「長く、密集した外板」というヘロドトスの記述と一致する。

 ヘロドトスは竜骨にも言及しているが、船17には板張りの2倍もの厚みあり、船体の内側にせり出した竜骨がある。

 そしてもちろん、船尾に開けられたかじを通すための穴も2つある。穴は前後に並んでいるが、おそらく積載中の貨物の有無に応じて、操舵力を調整するために使われたのだろう。

2_e8
image credit:Belov、IJNA、2013

ただし一致しない点も


 ただし一致しない点もあった。

 たとえばヘロドトスによれば、船のほぞは短く、これが船体のアカシアの板張りをまとめる肋材として機能していた。だが船17のほぞはかなり長い。

 また補強枠についてヘロドトスは何も記していないが、船17にはこれがある。
 
7_e2
image credit:Christoph Gerigk/Franck Goddio/Hilti Foundation

 だが、このような不一致点があったとしても、船17(全長27メートル)が、ヘロドトスが見たバリスよりも大型の船なのだとすれば、特に矛盾はないだろう。

 こうしたことから、船17はヘロドトスが記述したバリスにかなり近い船で、おそらく同じ造船所で作られたのだろうと研究者は考えている。

 船の調査結果は、オックスフォード海洋考古学センターが出版する『Ship 17: a baris from Thonis-Heracleion』で詳しく説明されている。

References:This Nile Shipwreck Is First Evidence That Herodotus Wasn't Lying About Egyptian Boats/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
海底に眠るエジプトの古代都市、ヘラクレイオンとその失われた財宝


水没した都市。かつて本当に存在した10のロストシティ


兵器から仏塔、スフィンクスから海底都市まで。海底から見つかった驚くべき10の遺物


3500年前から採石場に横たわる、未完成のオベリスク(エジプト)


謎のドーナツ状の構造物、水没した古代ギリシャ都市の一部か!と思ったら微生物の作り上げた堆積物の化石だったことが判明。

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
7502 points
洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

2020年11月18日
1447327229
2位
6315 points
アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

2020年11月16日
3位
4754 points
地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

2020年11月17日
9773733638
4位
4531 points
集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

2020年11月21日
764423527
5位
4243 points
3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

2020年11月16日
8673329344
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年03月20日 21:01
  • ID:LGBD5rh.0 #

文献に記されたものと思しき古代遺物の発見とかまさに不思議と謎の大冒険って感じがする。

2

2. 匿名処理班

  • 2019年03月20日 21:16
  • ID:ZCTxU5xG0 #

見つかったことが何なのか、明確にしてほしい。すごい読みにくい。
沈没船と船17は別物なの?

3

3. 匿名処理班

  • 2019年03月20日 21:55
  • ID:CpczgQst0 #

この頃の造船は設計図があったとしても実用上の改善面だとか取り入れていったりして実質ワンオフに近いと思うから「バリス型」とでもして置いていいんじゃないかな。

4

4. 匿名処理班

  • 2019年03月20日 22:05
  • ID:zo1Mr0N80 #

船底にカジの穴が開いてる?
水面から上の位置とは言え、水が入らないのか?

5

5. 匿名処理班

  • 2019年03月20日 22:12
  • ID:CeJvFDWU0 #

あんな喫水に近いところに穴なんて開けるのかな?

6

6. 匿名処理班

  • 2019年03月20日 22:44
  • ID:CX5UVReb0 #

※2
別に読みにくくも分かりにくくもなかったけどなあ

7

7. 匿名処理班

  • 2019年03月20日 22:47
  • ID:s9uuSz6U0 #

※4
古代エジプトの船ってナイル川で使う船から発展してるから、海で使うにはいろいろと問題がある構造なのよね。ただ、ガレー船なんかも喫水線からさほど高くない位置に櫂を通す穴がいくつもあるから、この舵を通す穴も穏やかな海面で運用するならさほど問題にはならないはず。ただ、海が荒れると危ないでしょうね。実際、ガレー船は海が少しでも荒れると簡単に沈むもんだし。

※5
近世になっても満載時の喫水線から数十センチのところに砲撃用の窓がある戦列艦もいっぱいありますよ。海が荒れる時は閉めておきますが、閉め忘れて沈んだ艦も何隻かいたはずw

8

8. 匿名処理班

  • 2019年03月20日 23:24
  • ID:s7Y0jFeL0 #

こうして歴史というのは整合性を取ったり見直しをされたりするのだろうな
長く研究せねばならない訳だ
しかし、歴史の研究にも歴史が生まれるというのは面白いものだなあ

9

9. 匿名処理班

  • 2019年03月20日 23:46
  • ID:OpaSAlnk0 #

ナイル川に沈んでる錆びた刀の先は拾っちゃダメよ!

カニさんは見事にスルーしたっけ。

10

10. 匿名処理班

  • 2019年03月21日 03:55
  • ID:aztDDRmz0 #

議論に終止符とかあるけど、完全なは一致してはいないんだよね。これからも探求、議論は続けて、いつか真実が見つかると良いけど。

11

11. 匿名処理班

  • 2019年03月21日 09:28
  • ID:cWnovTX.0 #

こうやって新しい発見を見るとまだまだ地球には謎が多いんだなと思う。航空写真で世界をただで見れて海底ケーブル引いたり、世界の裏側の人とも会話したり姿を見れるようになり人口も増えてもまだまだ世界は広いんだなと感心してしまう。船の一致しないのは改良型とかの可能性もあると思う。今の自衛艦とか当時の名前を使っていたりして未来でもしも見つけても同じ名前なのに資料と全然違うとかになりそう

12

12. 匿名処理班

  • 2019年03月21日 09:58
  • ID:3UnMhzml0 #

※9
どうせ刀身は不良高校生にボキボキに折られたし、だいじょうぶだいじょうぶ

13

13. 匿名処理班

  • 2019年03月21日 12:02
  • ID:3knJ5aPi0 #

※10
そもそも記録が間違っている可能性もあるので、記録を絶対視するのは危険です。記録と実物が完全に一致しない理由として、観察者は必ずしも観察対象の専門家ではないため、自分の知識をもとに対象を描写したため実物を比べると異なる構造のように伝わった。あるいは、観察者は実物を見ておらず伝聞した情報を記録したため齟齬が生じた。なんて場合もありますからね

14

14. 匿名処理班

  • 2019年03月21日 12:25
  • ID:lTYYOic90 #

ヘロドトスだけに限った話でもないがこの時代の著述家は面白さを追求するあまり
内容を誇張する癖があるからなぁ

15

15. 匿名処理班

  • 2019年03月21日 13:20
  • ID:qWZeYp3o0 #

すべての船が同じ構造なんてありえないから
船に限らず記録と完全に一致すること自体なかなかない
改良、改善は常にするし、予算の都合や、時間の制約で手抜きをすることもあるし・・・
実物を見て記録しても船を運用していく中で修理、改善するんだから
記録と実物で違う箇所がほぼ必ず生まれることになる

16

16. 匿名処理班

  • 2019年03月21日 15:13
  • ID:Rf5g6NFc0 #

「「バリス!」」

 ゴボゴボゴボゴボ・・・

「荷が! 荷がぁ〜!」

17

17. 匿名処理班

  • 2019年03月21日 17:36
  • ID:ryImi2.w0 #

” 生ける情報システム ”が見つかったのか。

18

18. 匿名処理班

  • 2019年03月21日 17:54
  • ID:ieFKN7bG0 #

まあ『長い』だの『短い』だのというのは、
主に個人の主観になるからねぇ?
(又は同時代の他の船との比較論なのか?)
キッチリとした寸法で記述されていない限りは
検証しても余り大きな意味は無いと思うけどね

だいたい昔の船の作り方は、大雑把に船の骨組みを組み立てて
そこに現物合わせで部材を組み付けて行く様な
オーダーメイド品みたいな作り方をしていたはずだから、
厳密に言うと、一艘一艘がみんな違っていて当然だと思う
加えて記録した人の主観的な記述のみ…では考察するのも大変だ

19

19. 匿名処理班

  • 2019年03月21日 20:11
  • ID:NK6Q.sNo0 #

この手の記事が一番面白いな

20

20. 匿名処理班

  • 2019年03月22日 00:39
  • ID:pn8QY3K10 #

ヘロドトスの記述内容が、少なくとも一部は真実であると証明されたわけだ。
他の記述の信憑性の裏付けにもなるわけで、これはすごいこと。
「歴史」にはかなり非現実的な内容も含まれるから、あれやこれやがもし、「本当だったら」と考えるとすごく楽しいね。

21

21. 匿名処理班

  • 2019年03月22日 04:17
  • ID:PBQjjy7.0 #

※14
ヘロドトスのは船17と構造は似てるが別の船ってだけだろうし割と正確な方だと思うわ
酷い時には誇張され過ぎて数センチの滑空するだけなトビトカゲがでっけえドラゴンにされたりするからなw

22

22. 匿名処理班

  • 2019年03月22日 05:52
  • ID:cwBI3N0R0 #

※14
未だ"history"と"story"が分かたれてない時代ですからね。

23

23. 匿名処理班

  • 2019年03月22日 19:09
  • ID:44zMAMoo0 #

※12
デラウェア河にはワイヤーが絡まったアレも・・・

...って 考えるの止めとく。

24

24. 匿名処理班

  • 2019年03月23日 11:54
  • ID:oCBsbmNG0 #

ヘロドトスが見物した後で改装したのかもしれん

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク