2_e0
image credit:Wolf Lodge

 日本にはかつてニホンオオカミがいた。だが20世紀初頭に絶滅してしまったというのが定説で、我々は二度とその姿を見ることは叶わない。

 だからかもしれないのだが、オオカミに対する興味や憧れは尽きない。一度でいいからオオカミを見てみたい。できることなら間近で触れ合いたい。

 そんな超絶接近体験を叶えてくれる場所が世界にはあるのだ。
 
 ノルウェーの動物保護区内にできた宿泊施設「ウルフロッジ」である。
スポンサードリンク

動物保護区内にできた宿泊施設「ウルフロッジ」


 ウルフロッジは、ノルウェー・ナルヴィクから一時間ほどのところにある動物保護区ポーラー・パークの中にある。

 もともとポーラー・パークでは、オオカミと触れ合える体験ができる場所だが、この宿泊施設は2016年にオープンした。

 ロッジのまわりにはオオカミたちがいる。ノルウェーのオオカミは現在は数が少なくなっているため、ここのオオカミは厳密な意味での野生ではないが、彼らは施設のある山の中の広大な囲い地を歩き回っている。

 窓の外から聞こえるオオカミの遠吠えは圧巻だ。


Walking with Wolves in Norway


オオカミたちと接近体験


 ロッジの窓からは、オオカミが走ったりじゃれあったりする様子を見ることができる。更にオオカミたちと触れ合うことも可能だ。

 オオカミ訓練士による注意事項を真剣に聞いたら、オオカミとの触れ合いタイムだ。

 ここのオオカミたちは、人間を受け入れるために"社会的に順応"するよう、いちおうしつけられているが、帽子や手袋など、彼らが噛みつきたくなるようなものは身に着けないよう、アドバイスされる。

 彼らに近づくときはしゃがんで、彼らと目線を同じにしなくてはいけない。立ち上がって彼らより高い位置にいると、支配的な挑戦ととられるかもしれないという。

 犬ととても良く似ているし、しつけられているとは言え彼らはオオカミなのだ。


オオカミからのウルフキス!撫でさせてもらえることも


 訓練士らとともに、オオカミがいる囲いのほうへと向かう。訓練士が、手で口を覆って、遠吠えの真似を始めた。

 それに応えて、尾根の向こうのどこかから、元気な遠吠えが返ってくる。数頭のオオカミたちがやってきた。

 頭を下げ、一列に並んで近づいてくるオオカミの姿は、基本的に獲物を狙う姿勢だ。身を低くして地面に手をつきながら彼らを待つ。

 オオカミたちが接近してきた!ツアー参加者のニオイをかぎ、尾を振って、ひとりひとり順番にチェックする。

 そして肩に前足を置き、顔を舐め、待望のウルフ・キスだ!彼らの機嫌が良ければ、その毛皮をやさしくなでることも可能だ。

3_e0
image credit:Wolf Lodge

 オオカミたちは人間への挨拶が住むと、再び雪の中に消えていく。

 つやつやしたアッシュグレイの毛、犬の原型の特徴を備え、高貴で凛としたそのいで立ちは、惚れ惚れするほど。

 超絶接近体験で思う存分彼らの美しさを堪能できるのだ。


ノルウェーでもオオカミ迫害の歴史


 他の国と同様に、幅広く家畜すら捕食するこの肉食獣は、ノルウェーでも長い迫害の歴史がある。

 今日、ノルウェーの野生のオオカミの数は減り、25前後の群れに限られていて、あとはスウェーデンとの国境あたりを単独でうろついている数頭がいるだけだ。

 家畜の被害が続いているせいで、保障制度があるにもかかわらず、現在でも、淘汰が叫ばれている。オオカミだけでなく、ヨーロッパヤマネコやクズリなどの肉食獣も同様の圧力にさらされている。

 この厳しいラップランドの地の先住民族で、トナカイ遊牧で生計をたてているサーミ人にとっても、オオカミの保護については議論が分かれるところだ。

1_e
image credit:Wolf Lodge

自然保護区、ポーラー・パークの使命


 そこで、このポーラー・パークの出番だ。この保護区の使命は、地元の人や観光客に北極の動物たちについて教育し、事実と神話を切り離し、文化的にも生態学的にも彼らには貴重な価値があることを説いて、国家の自然遺産を保存していくことだ。

 「ここのオオカミに会った後では、人々の見方が変わる」とスティグは言う。

 暗闇が迫る中、パーク内を歩き回ると、ヘラジカが松の木の下を歩き、オオヤマネコが雪の積もったカバノキの間を走り回る。遠くの丘にはトナカイがいる。

 自然保護区内では、昔ながらの生態系が築かれているのだ。人懐っこいオオカミも、保護区内では捕食者のトップクラスとして君臨している。

ポーラー・パークでのウルフキス体験

The Wolfs at Polar Park, Arctic Norway

日本からも行ける


 日本からでも、ツアー会社などがポーラー・パークや、ウルフ・ロッジの旅行を手配してくれる。ただしオオカミエリアに行くには、年齢18歳以上、身長160cm以上、英語でのやり取りができるなどの制限があることに注意だ。

 オオカミエリアやウルフ・ロッジに入れなくても、時期によってはオーロラを堪能できたり、大自然を満喫できたりと、素晴らしい旅になることだろう。

Wolf Lodge / Polar Park/ written by konohazuku / edited by parumo
あわせて読みたい
史上最高の「歌ってみた」。オオカミの生息地で歌を歌ったらオオカミたちが共演。鳥肌が立つほどの感動が今ここに(米コロラド州)


日本にはもういない・・・オオカミの群れ社会「ウルフパック」に関する興味深い事実


特別な任務の為、カナダからヘリコプターでアメリカに上陸した4頭のオオカミ


デンマークにオオカミたちが帰ってきた!絶滅したと思われていたオオカミの群れが200年ぶりに出現


犬だと信じて助けてみたら野生のオオカミだった!極寒の川にはまって出られなかった所を作業員が救出(エストニア)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年04月07日 11:52
  • ID:pV9PyTci0 #

確かノルウェーの野生オオカミは50頭ほどしかいないのに家畜被害の件で8割か9割を駆除するといってwwfなどに差し止めの提訴か何かされていた。その後についてニュースが入って来なくて気にしてた。ノルウェーも野生動物には暮らしづらい国なのかも。

2

2. 匿名処理班

  • 2019年04月07日 11:54
  • ID:w7N0cOHO0 #

牧畜業者がオオカミを淘汰をさせたいとしても ニホンオオカミを絶滅させた日本が結果 今どうなったのかをみればいい 

3

3.

  • 2019年04月07日 11:55
  • ID:qz.Je0Z.0 #
4

4. 匿名処理班

  • 2019年04月07日 12:09
  • ID:fpnsQn3g0 #

行ってみたいが身長が足りないあと5センチ欲しい

5

5. 匿名処理班

  • 2019年04月07日 12:33
  • ID:ejLvRbkN0 #

おおかみ!!確かに生で観てみたい

6

6. 匿名処理班

  • 2019年04月07日 12:52
  • ID:oSDMmkbi0 #

>>2
なぜ世界各国で「狼の再導入」が行われてる理由なんて考えた事もないんだろうな
まぁ西洋世界は民間に狼への忌避が根付いてる影響もあるが

7

7. 匿名処理班

  • 2019年04月07日 12:55
  • ID:lwP3pC6t0 #

身長160cmは小柄な日本人にとっては結構きびしい制限だな……。
男性でも引っかかる人はいるだろうし、女性なら半数近くはアウトだろう

8

8. 匿名処理班

  • 2019年04月07日 13:42
  • ID:.nfO2FjA0 #

被害を受けない側からすれば、狼が家畜を襲ったり狂犬病の感染源であることなんて都市伝説だろうな。
再導入したところも家畜が襲われるどころか人的被害まで出てる。

9

9.

  • 2019年04月07日 13:51
  • ID:gu8rqVeM0 #
10

10. 匿名処理班

  • 2019年04月07日 14:01
  • ID:VZZQaSIO0 #

いきたーい(*´∇`*)と思ったら、まさかの身長制限だ、と!!

11

11. 匿名処理班

  • 2019年04月07日 14:09
  • ID:bcvIB4j20 #

フィンランドに行ってみたかったけれど、それにノルウェーが加わりました。いいなぁ、オオカミ。

12

12.

  • 2019年04月07日 14:16
  • ID:D77oiLl50 #
13

13. 匿名処理班

  • 2019年04月07日 14:44
  • ID:BRmxiI570 #

オオカミは日本の動物園にもいる
触りに行かなくてもいいです

14

14. 匿名処理班

  • 2019年04月07日 14:44
  • ID:ZYA128j70 #

※2
※6
現実に被害にあって駆除している外国の政策に対して
部外者である他国の人間が口出しをするようなことではない

野性を美化しすぎだ

15

15. 匿名処理班

  • 2019年04月07日 15:06
  • ID:3RncKK5l0 #

悲しい身長制限・・・
小さいと獲物に見られるんだろうか。。

16

16. 匿名処理班

  • 2019年04月07日 19:19
  • ID:Zri31nhc0 #

狼好きの私には何これ天国?と思ったら、私行けないじゃん😭

17

17. 匿名処理班

  • 2019年04月07日 20:03
  • ID:xy1jAScV0 #

※15
立ち上がった時に狼より背が低いと危ないからじゃない?
大型犬でさえスキンシップのつもりで飛びつかれると倒れそうになるくらいの衝撃だよ(当方162僉

18

18. 匿名処理班

  • 2019年04月07日 20:08
  • ID:RUhhjVhm0 #

※15 大型犬は基本、本能的に小さな動物を獲物と見る。
ドッグランが大・中型犬と小・中型犬に分かれている理由だ。
しかし一部のドッグランでは、大型犬コーナーに入れる小型犬を
品種で指定している。例えばジャック・ラッセル。
彼らは大型犬を恐れないため、怯えた様子を示さないばかりか、
逆にかかって行く。怯えを見せない事で、大型犬の狩猟本能が
消えてしまうのだ。
長々書いたが、身長が150cmの私も威厳を持って接すれば、
狼から格下扱いの子供や、獲物にならない自信がある。
つまり、入れて下さいお願い!(泣)

19

19. 匿名処理班

  • 2019年04月07日 23:48
  • ID:wSxn7FBg0 #

身長制限で困ってる方多いけど、シークレットシューズ履いたらイケるんじゃないかな?
10センチアップとか、すごいのあるよ。

20

20. もののけ狼

  • 2019年04月08日 12:06
  • ID:d0xkCJXW0 #

こいつら食っていいか?

21

21. 匿名処理班

  • 2019年04月08日 12:51
  • ID:Ya6zc01U0 #

※20 サ「食べちゃダメ。」

22

22. 匿名処理班

  • 2019年04月08日 14:12
  • ID:5irRC6pj0 #

※18
ふむふむ、読んで、最後の段落で台無しwww
気持ちはわかる。
おそらく 18 歳以上というのも「リスクを含めて大人であることを求められている」のでしょうから、一筆書いて宣誓すれば体験できる可能性はありそうですけどね。腕力とか防護とかのスキルがあることを証明したら、例外になれるかも?ガンバってね💛

23

23. 匿名処理班

  • 2019年04月08日 19:31
  • ID:v.cl9wM80 #

うちの柴犬と仕草が似過ぎててわろたwww
柴犬で良いですw

24

24. 匿名処理班

  • 2019年04月08日 23:42
  • ID:GhQpVG390 #

行きたいなー
英語はやっぱり通訳さんを頼んでもだめなんだろうか

25

25. 匿名処理班

  • 2019年04月09日 13:58
  • ID:n42bEmOc0 #

※17
自分も小学生の時に土佐犬に飛びつかれて転んだことある。オオカミに悪意がなくても人間が転んだ拍子に「キャー」とかふざけて悲鳴上げたら、狩猟本能を刺激しかねない。
ガイドも接近方法とか説明するんだろうけど、観光客が事故に巻き込まれるとねえ。

26

26. 匿名処理班

  • 2019年04月10日 04:04
  • ID:9cDbyWA30 #

\(^o^)/ちくしょう!身長150cmの私、行けないじゃないか!

27

27. 匿名処理班

  • 2019年04月11日 01:24
  • ID:AN47osHO0 #

なるほど。遺伝を無視し背が伸びたのはこの為かっ!!!

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク