meditation-2214532_640_e
pixabay

 臨死体験は、英語で「Near Death Experience」と言う。死を現実的なものとして知覚したときによく起こる深い心理的現象だ。

 新たな研究によって、仏教徒の瞑想家の中には臨死体験を意図的に引き起こすことのできる人がいることがわかった。

 瞑想を行って死をより良く理解することは、仏教では長年行われてきたことだ。臨死に至るプロセスの準備をし、その洞察を得る精神的実行者の助けを目的とした古文書も存在する。

 意図的に臨死体験を作り出せる高僧を研究することで、これまでわからないことが多かった臨死状態に関する研究が進むと期待されている。
スポンサードリンク

仏僧の瞑想における臨死体験の研究


 これまで、仏僧が瞑想行為を続けると、どのような心理的精神的変化が起こるのか?どうして修業を積んだひと握りの瞑想者だけがそうした状態になれるのか?ということに関する研究はなかった。

 今回研究を行ったイギリス・ダービー大学のウィリアム・ヴァン・ゴードン氏率いる研究チームは、12人の仏教徒の高僧に、瞑想が引き起こす臨死体験についての、半構造化面接(被面接者の回答に応じて、臨機応変に質問内容を変更しながら進める面接法)を行い、同時に心理測定も行った。

 その後、臨死体験値が高かった高僧に、別の研究を受けてもらった。


高僧は瞑想によって意図的に臨死状態を作り出せる


 西洋ではおよそ4%の成人が、死に瀕したり、臨床死を宣言された後に蘇生したその間に臨死体験を経験しているという。だがそれは偶発的なものだ。

 仏教徒の高僧は瞑想によって意図的に臨死状態を作り出すことができる。これにより、死に関連したプロセスにおける心理や、もっと一般的な自己と現実の性質について深く洞察することができる。

 瞑想が引き出す臨死状態は、時間と空間の変化した知覚と関係があり、見えない領域や存在と遭遇することがよくある。

 仏教の高僧はこうした臨死状態を自らコントロールする力を得て、自由に始めたりやめたりすることができるという。

buddha-1915589_640_e
pixabay

瞑想で臨死体験ができる高僧を研究することが臨死の理解に


 「通常の臨死体験(NDEs)と違って、実験に参加した高僧たちは、瞑想が生み出した臨死状態をちゃんと自分で意識していて、その内容や持続時間をコントロールできます。こうした意識的なNDEsは、3年にわたる研究の間に増え、これは時間をかけて学んでマスターすることができるという証拠といえるでしょう」とゴードン氏。

 意図的に臨死状態を引き起こすことができる能力は、調査が困難だったこうした現象の理解を進めるのに役立つかもしれない。

 これまでは、定期的に臨死を体験をすることなど不可能だったし、このような研究を行うのに健康リスクや道徳的な問題がつきまとっていた。

 だが、瞑想で臨死状態を作れる高僧に協力してもらえば、臨死状態にある人間の神経活動の変化をリアルタイムで調べる研究が可能となる。

 臨死体験中の人間の心身状態の理解が進むこととなると期待されている。

 この研究は『Mindfulness』に掲載された

References:Study of advanced Buddhist meditators suggests inducing near-death experiences can be learned and perfected/ written by konohazuku / edited by parumo

あわせて読みたい
臨死体験は本当にある?人は死後も意識があることを示すサイン


アメリカの小学校で斬新な試み。お仕置きの代わりに瞑想を取り入れたところ問題行動が減少


臨死体験者が見た死後の世界。「地獄に行く途中だった」と語る女性、今もその恐怖の中に生きている。


臨死体験者が見た世にも恐ろしい13の地獄の幻影(一部挿絵注意)


人間は冬眠が可能なのか?訓練された人間ならば可能(米研究)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2018年12月18日 20:33
  • ID:SCtOLZci0 #

お経ってトランスだと思うんだ。

2

2. 匿名処理班

  • 2018年12月18日 20:46
  • ID:Gex0rgHN0 #

むしろ、それ、禅や修験道なんかで修行に熱心過ぎる奴が陥りやすいとかいう「魔境」じゃね?

3

3. 匿名処理班

  • 2018年12月18日 20:53
  • ID:kVAmE6os0 #

臨死を研究して臨死についてはわかっても、死そのものは結局わからんよね。どこまで研究しようとも。

4

4. 匿名処理班

  • 2018年12月18日 21:00
  • ID:aa.sSY0.0 #

鉄鼠の檻で読んだ

5

5. 匿名処理班

  • 2018年12月18日 21:04
  • ID:CM58fCdk0 #

瞑想しようと静かなところで半眼になるとすぐ眠ってしまうんだ どうしたら瞑想できるのかな

6

6. 匿名処理班

  • 2018年12月18日 21:07
  • ID:700MGvLT0 #

不謹慎だが、私が座禅組んだら臨死体験する前にシビレが切れすぎて先にご臨終しそう。

7

7. 匿名処理班

  • 2018年12月18日 21:11
  • ID:TP5UxYwv0 #

哲学的だな

8

8. 匿名処理班

  • 2018年12月18日 21:18
  • ID:wAS3UtHE0 #

高僧「はい ! 今死んだ ! 」

9

9. 匿名処理班

  • 2018年12月18日 21:24
  • ID:FdXtRXcf0 #

瞑想中に居眠りして夢見てるだけでは

10

10. 匿名処理班

  • 2018年12月18日 21:30
  • ID:..LTBPyB0 #

釈迦は、少女の差し出す一杯の山羊の乳を飲んだ時に悟りの境地に達した。

11

11. 匿名処理班

  • 2018年12月18日 21:35
  • ID:jPcKwUNg0 #

※1
> お経ってトランス
賛成です。
昔から特に密教系のお経には打楽器方面からの浮揚感が凄いと思っていました。

そして、世代交代を経て読経のメロディックさやタイム感が我々の感覚に近付いたので、表現が悪いですが「エンタメ」としても素晴らしい。

法事に行くたびに、痛感します。

※2 さん「魔境」という の指摘がありましたが、江戸時代でも臨済宗で、それを危険視しています。
京極夏彦先生も作品の中で、何と言うか「俄か悟り()」に関してはハイになった挙句の妄想でもあり得る、と書いていました。

まま、瞑想は人間にとって大事な行為なのでしょうけど、違法なドラッグみたいな危険な面もあるのかもしれませんね。

実践に当たっては、正しい導きが必要なのでしょう。

12

12.

  • 2018年12月18日 21:36
  • ID:B3SRB56E0 #
13

13. 匿名処理班

  • 2018年12月18日 21:44
  • ID:ESnBKbuj0 #

※2
臨死体験を妄信しだすと魔境
普通はそんな瞑想体験なんて価値なしと受け流す

14

14. 匿名処理班

  • 2018年12月18日 22:01
  • ID:ESnBKbuj0 #

インドの森で瞑想中の僧侶がヒョウに食い殺されたってニュースがあった
彼も臨死体験中だったのかなぁ
臨死体験中に帰るべき肉体が食べられちゃうとは…

15

15. 匿名処理班

  • 2018年12月18日 22:04
  • ID:NvKbV.gI0 #

瞑想は自己暗示の一種と思うから臨死体験とは違うのでは
無我の境地と臨死状態の脳波が同じとか科学的に検証するのかな

16

16.

  • 2018年12月18日 22:06
  • ID:FGpljAD70 #
17

17. 7cg3

  • 2018年12月18日 22:11
  • ID:9E3cpSML0 #

臨死はわからんが、千日回峰の前には五穀断ちで食生活を変えて修業に耐えられる代謝にするとか、
即身成仏の前も十穀断ちでミイラになりやすいように身体の組成を変えるとか、
長年の修業で解脱を体感する何かの秘伝があるのかもしれないとは思う。

18

18. 匿名処理班

  • 2018年12月18日 22:23
  • ID:Lz16wZp70 #

臨死体験の定義って何なんだろう…
脈拍低下してるだけなら酸素欠乏で脳が幻覚見てるだけだろうな

19

19. 匿名処理班

  • 2018年12月18日 22:30
  • ID:0Lzebkur0 #

ダライ・ラマ14世は瞑想の作用を研究するため学術機関へ高僧の派遣を行っている。「信仰と科学は対立する価値観ではありません。それらは同じ真実を求める異なった道筋に過ぎないのです。もしも科学が神仏の不在を証明したなら、全ての宗教はその在り方を見詰め直すべきでしょう。しかしそれによって信仰の意義が失われる事はありません」(ダライ・ラマ14世)

20

20. 匿名処理班

  • 2018年12月18日 22:35
  • ID:HuTEdlHz0 #

意図すればそのまま死ぬことも可能なのかな?
と言うか、それが即身成仏なのか?

21

21. 匿名処理班

  • 2018年12月18日 22:39
  • ID:yP.kE.Ka0 #

日本人にチベットのカギュ教を生で聞いてほしいわ
口だけで唱えてるのに四方八方から響いてくる。あーいう環境なら 一種の催眠に似た状態になってこういう状況に成り得るよなっておもう。

22

22. 匿名処理班

  • 2018年12月18日 22:42
  • ID:6IE3pdHk0 #

※11
ほう、それで、どこにその正しく導いてくれるという、ブッダ並の境地に達した人がいるというんです?
少し前、日本でも、最終解脱したというおっさんが大勢の若者たちを集めていましたが。

23

23.

  • 2018年12月18日 22:59
  • ID:Gh4BzJ2P0 #
24

24. 匿名処理班

  • 2018年12月18日 23:14
  • ID:zhkEoiR30 #

臨死体験って結局死んでないわけだから死後の世界があることの証明にはならないよね

25

25. 匿名処理班

  • 2018年12月18日 23:29
  • ID:2r1oidby0 #

※20
事前に止める設定をしてない滅尽定(止める設定期間最長七日)がそれかも。

26

26. 匿名処理班

  • 2018年12月19日 00:00
  • ID:BdmZfg2o0 #

瞑想中に仮死状態にでもなってんのか?

27

27. 匿名処理班

  • 2018年12月19日 00:25
  • ID:jO.nQpgq0 #

人間だけ特別だとするには違和感ある
もし普遍的なら動物や植物にも瞑想状態があるはず

28

28. 匿名処理班

  • 2018年12月19日 00:29
  • ID:FDeG.a5Z0 #

※2
白隠禅師が陥ったヤツがその魔境。
クンダリーニという本を書いたゴーピ・クリシュナもその魔境に陥った事が克明に記録されている。
自我を保てない人が魔境に入ると気が狂う。自我を保てる人が魔境入ると気が狂うには狂うが「なんだ?俺、明らかにおかしいぞ?」とわかるので戻ってこれられる。俺もなりかけたがアレはヤバイ。ダウナー系のイケナイ薬をキメたらあんな感じなのかもな。
症状としては「重篤な鬱」+「精神分裂症気味」になる。だから、深い瞑想(マインドフルネス)を行うなら注意してくれ。それがもたらすのは臨死体験ではない。

29

29.

  • 2018年12月19日 01:35
  • ID:9SH4pFMW0 #
30

30. 匿名処理班

  • 2018年12月19日 01:43
  • ID:2sIFEfdF0 #

毎朝5分程度の瞑想はしてるけど、あえて目をつぶって色んな幻覚を観るのが楽しくてしょうがないね(笑
短時間とはいえ内側に向かって集中することで、仕事前のもやもやも吹き飛ぶもん。

31

31. 匿名処理班

  • 2018年12月19日 01:44
  • ID:2sIFEfdF0 #

※4
はいはい、京極堂が好んで扱うネタですもんね。

32

32. 匿名処理班

  • 2018年12月19日 01:55
  • ID:PGcCEUQx0 #

瞑想以前に、仏教の修行には、本当に死にかけるようなものも結構あるって聞くけどね。

※11
個人的体験だけれども、身内が亡くなった時に葬式でお坊さんのお経を聞いてたら、身体が眠ったような状態にどんどん落ち込んでいく感じがする一方で、同時に読経の声が頭の中に響いて意識のどこかがものすごく覚醒しているような感覚になったことがある。

おそらく、お経の作用だと思うが、何とも不思議な体験だった。

33

33. 匿名処理班

  • 2018年12月19日 05:19
  • ID:IZGoT3OU0 #

俺も一時期ストレスがやばかった時に突然「曼荼羅」が脳内を支配して自己の存在自体を見失いかけた事があった。
気力でなんとか戻ってこられたが肌感覚で気が狂う寸前だった事はわかる。
今考えるとあれが魔境というやつだったのかなあと思う。
めちゃくちゃ恐ろしい体験だったが同時にまたあれを体験してみたいと思っている自分もいる…。

34

34. 匿名処理班

  • 2018年12月19日 05:35
  • ID:E.BMAuZA0 #

白隠が禅病を脱するのに用いた内観の法はヨーグルトが頭から全身に染み渡っていくイメージ。

35

35. 匿名処理班

  • 2018年12月19日 07:11
  • ID:Jl.t.d0d0 #

自律訓練法や自己催眠術の極致かな

36

36. 2

  • 2018年12月19日 07:31
  • ID:bJLjig5G0 #

食べたことのない料理を色々語る風で
実際に瞑想してみないとほとんど解らない
多くの人がやったほうがいいとは思うのだけれど
数多の宗教と同じで余りに偽物や騙しが多くてスタートのハードルが厳しいのよな

37

37. 匿名処理班

  • 2018年12月19日 07:52
  • ID:xuHS2AaG0 #

前世の記憶を持つ者か、小さな子供の話す空の記憶が一番信憑性あるって

38

38. 匿名処理班

  • 2018年12月19日 11:22
  • ID:aq5vSI4b0 #

じゃあやっぱり、
俺もあの時、、、。

39

39. 匿名処理班

  • 2018年12月19日 12:58
  • ID:dnwRw.580 #

俗人なので、修行でそんな無理しないで!と思ってしまう

40

40. 匿名処理班

  • 2018年12月19日 13:23
  • ID:d20eHR.q0 #

※32
死にかけるような苦行は意味がないと気づき、苦楽中道を説いた人が釈迦なのです。

41

41. 匿名処理班

  • 2018年12月19日 14:08
  • ID:pLpw5Dqi0 #

※40
そこはそれ、死にかけるような苦行を経たからこそのその結論ですし。

本当に死にそうな修行は、今の日本の仏教にもあるみたいよ。

42

42. 匿名処理班

  • 2018年12月19日 14:52
  • ID:d20eHR.q0 #

※41
釈迦が結論を出しているのに、死にそうな修行をつづけているのなら、仏教徒として間違った修行をしているのです。死ぬほど過酷な修行を弟子にさせていた、某仏教団体の教祖と幹部がついこのまえ死刑になりました。これもまちがった修行の結果かもしれませんよ。

43

43. 匿名処理班

  • 2018年12月19日 16:17
  • ID:pLpw5Dqi0 #

※42
あるってだけのことよ。
私に言われてもどうしようもない。
お釈迦様だって「俺の言ってることは絶対ではない」というスタンスだから、お釈迦様を盾に何かを禁止するのはどうだろうねってなりそう。

ちなみに私は周りから「もっと必死になれ!」とよく言われます(どうでもいい)。

44

44. 匿名処理班

  • 2018年12月19日 16:39
  • ID:GV58DxlV0 #

魂をあの世に飛ばす為なんじゃないかな。
神仏と対話出来るかも知れないわけだから。

45

45. 匿名処理班

  • 2018年12月19日 16:41
  • ID:s3LW1uV.0 #

魔境の事だな。
長い事瞑想やると誰でも起こりうる。

46

46. 匿名処理班

  • 2018年12月19日 17:10
  • ID:Upq4OlqN0 #

脳の状態をコントロールできる事と、自律神経をコントロールしてると思う。修行の賜物なんだろうなぁ。

47

47. 匿名処理班

  • 2018年12月19日 17:35
  • ID:FyUe.awM0 #

おれの友達を調査すればいいと思うな笑
いわゆる神秘体験のコントロールだけじゃなくいわゆる画像記憶とか写真みたいな描画力とか絶対音感を一から瞑想で習得したっていう変人がいる

48

48. 匿名処理班

  • 2018年12月19日 20:13
  • ID:Sb6javKH0 #

※28
ああ、高校生の頃にまさにそれになった事がある
深層無意識に潜ろうとして失敗して自分が3個ぐらいに割れてしまった(ように感じた)
自分じゃない自分に身体の支配権を取られてパニックになったが、半年後ぐらいにあるきっかけで幸い再び元に戻る事が出来たけど、もし戻れなければ病院行きだった
あんまり適当にこういう事をやるもんじゃないなと学んだ

49

49. 7cg3

  • 2018年12月19日 23:49
  • ID:lKPAQ9Sx0 #

>>1
なお、トンスラはカトリックの修道士のヘアスタイル。
てっぺん剃って河童風に髪を残したザビエルを思い出してね!

50

50. 匿名処理班

  • 2018年12月20日 11:37
  • ID:44FeCOS20 #

※43
 そこは仏教としては間違ってる団体だと言っただけのことよ。
 「俺のいってることは絶対ではないと釈迦が言ってる」のは、原理主義に陥るなという戒めであって、破戒を容認したり正当化したりするためにあるわけではないと思うけどな。釈迦の言葉を盾にしているのはあなたじゃないかね。
 仏教に限らず、どんなルールであれ、自分に都合よく無視・曲解していられるうちは、「必死」になる必要が生まれない。どうにでもなるという余裕があるからそうしているのだろうけど、あなたの周囲の人々にはそうは見えないようだね。

51

51. 匿名処理班

  • 2018年12月21日 16:54
  • ID:ou4wnhzf0 #

※15
私も同じように疑問に感じました。
そもそも臨死、死に臨んでいる体験というなら、その時の高僧の肉体は実際に仮死状態になっているのでなければ、臨死体験とは言えないと思います。

52

52. 匿名処理班

  • 2018年12月26日 02:26
  • ID:YlU96E8L0 #

潜在意識をポジティブに書き換えられた人とかいるだろうけど、陰は消えないもんでさ産まれた時からずっと引き継いで死ぬまで持つ、陽は新たに血となり肉となり身についていくもの。

意識や記憶を書き換えられた人間が僧である場合
私はその人の個性を観察する、誰かのコピーでは無いかとひたすら観察する。自分は必ずサシで会って話してきた高僧は記憶から消さないようにしている。ロボット脳以外の僧だけはね。

53

53. 山頂に聖地があった

  • 2018年12月26日 02:42
  • ID:YlU96E8L0 #

>>17
ただ潜在意識を書き換えられただけ。護摩供は書き換えしやすい。得度に入って直ぐに暗い何も見えない場所に1週間から10日間閉じ込められ布団や毛布も無い そんな事を急にやられたら(押し付けられたとしたら)どうだろう?その人間の意識を書き換えしやすい局面でもあるけど。
仮に17歳で兄弟子の行の為に涙こぼした阿闍梨さんがいたとして意識改革は既に完了されていたと思わざる終えない。17で誰かの為に涙、仏性の涙が備わるとは当然思えないから。

54

54. 匿名処理班

  • 2018年12月26日 03:01
  • ID:YlU96E8L0 #

瞑想については瞑想できない 瞑想をする集中力すら無い人はヘ●●●ク系で洗脳というか意識を書き換えられてきたら良いかも

そこの研究所はCIAも洗脳技術を磨く為に利用しているからw 催眠洗脳は時としてエキセントリックな体験をする

55

55. 匿名処理班

  • 2019年06月11日 02:16
  • ID:FTh8EUbg0 #

あの世の世界を垣間見みるよ
神界の神様を覗き見したり、
亡くなった犬の魂だとか親族だとか、
神様とハグもしたよ

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク