top

 家族の一員のペットとの別れは、いついかなる形であろうとつらく切なく悲しいものだ。イギリスで愛犬を失った家族のツイートが多くのユーザーの心を揺さぶっている。
 
 今年7月、重病を患った愛犬ロキを看取った一家は、ひどい悲しみに打ちのめされて落ち込み続けた。

 だが、彼らはこのままでは立ち行かないと考え、ロキのいない悲しみに向き合うため追悼式を行い、思い出の散歩道にロキの写真やボールを置くなどして、彼らなりにロキを偲ぶことにしたのだ。
スポンサードリンク

悪性リンパ腫の愛犬を看取った家族


 イギリスのグラスゴーで教師として働くジェニファー・マクナイトさんとその家族は、愛犬のロキを亡くしたばかりだ。

今年7月に悪性リンパ腫で世を去ったありし日のロキ
2
image credit:Jennifer McKnight

 ロキはスタッフォードシャーブルテリアとボーダコリーのミックスで、保護施設から友人を介して2010年にジェニファーさんの所にやってきた。

ジェニファーさんとロキ
5
image credit:Jennifer McKnight

 ロキはすぐ周囲と打ち解ける素晴らしい犬だった。

 しかし、昨年末に悪性リンパ腫を患い苦しむようになり、悩んだ家族は獣医と相談を重ねた末に安楽死を選択。今年7月に自宅で安らかに眠るロキを看取った。


追悼で失った悲しみを受け入れる


 その直後、家族は激しく落ち込んだ。覚悟していたとはいえ、ロキの死はあまりに切なくつらすぎて、いくつもの想いや悲しみで打ちのめされる日が続いた。

 だが、一か月ほど経って、このままではいけない、前向きになる何かが必要だと思った彼らは、親しい人々を招いてロキを追悼し、無限にも思える悲しみを受け入れることにした。

 「8年間一緒に暮らしたロキは本当に良い子でした」とジェニファーさんは語る。「彼は子どもや他の犬たちとも仲良しになれる子で、誰からも愛される最高の犬でした」

3
image credit:Jennifer McKnight

 そんなロキが大好きだったジェニファーさんは、どこに行くときも彼を連れて出かけた。ロキ亡き今は、あるべきものがない喪失感を抱えて暮らしている。


思い出の遊歩道に写真やおもちゃを設置


 さらに一家は追悼式でこんなことを思いついた。

 「私たちはロキのお気に入りの散歩道の途中にテニスボールと綱のおもちゃを置き、他の犬たちに楽しんでもらうことにしたんです」

 彼らはロキが好きだったグラスゴーのケルビン遊歩道にたくさんのテニスボールとおもちゃを置いた。そしてロキの写真に以下のようなメッセージを添えた。

あなたも愛犬を慈しんでください。そしてかけがえのない時間を大切に。彼らと過ごす時間は宝物とおんなじ。どれだけあっても足らないものです


1
image credit:Jennifer McKnight

 するとさっそくおもちゃで遊ぶ犬たちが現れて、心がなぐさめられたという。


大反響で犬と遊歩道に来る人も


 この出来事はツイッターで大反響となり、実際に遊歩道を訪れる人が現れるなど、亡きロキへの家族の思いを通じて、温かい交流の輪が広がりつつある。
 
 
 また家族のもとには動物を愛する多くの人々から、愛らしいロキへの祈りや励ましの声が次々と届いているという。

References:express / expressandstarなど /written by D/ edited by parumo
あわせて読みたい
ペットたちの最初の記録と最期の記録。共に暮らしてきたあの素晴らしい日々の大きさを振り返る


欧米の動物病院にはこんなルールがある。待合室にあるロウソクに火が灯っていたら、「ペットと別れを告げている人がいる」という合図


涙で視界が見えなくなる「もしもボクが人間の言葉を話せたら・・・」犬の最期の想いを綴ったショートフィルム


2匹の愛犬を立て続けに失ってしまい落胆の日々を送る父親へ、家族からの心のこもったサプライズ(カナダ)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名係

  • 2018年09月06日 12:43
  • ID:zD8maZQr0 #

しまった。
職場で昼休みに見ちゃいけない系だった。
でも心は温かくなりました。ありがとう。

2

2.

  • 2018年09月06日 12:51
  • ID:l2BMu..z0 #
3

3.

  • 2018年09月06日 13:39
  • ID:V.8am50b0 #
4

4.

  • 2018年09月06日 14:13
  • ID:zuCRJHS50 #
5

5.

  • 2018年09月06日 14:14
  • ID:85t8Shu.0 #
6

6. 匿名処理班

  • 2018年09月06日 14:22
  • ID:V7s94js50 #

今飼ってるうちの犬にそっくりで目から鼻水が

7

7. 匿名処理班

  • 2018年09月06日 15:13
  • ID:idmb5z4F0 #

こういうの見ちゃうと、犬と暮らしたいなーと思うし、でも別れの時を思って怖くなるなあ。

8

8. 匿名処理班

  • 2018年09月06日 15:49
  • ID:BNJECyX.0 #

ロキもきっと喜んでるよ(T_T)

9

9. 匿名処理班

  • 2018年09月06日 16:09
  • ID:pHvZS1mO0 #

いい顔だ

10

10. 匿名処理班

  • 2018年09月06日 16:13
  • ID:7hYmkhS90 #

自分は今ペットと楽しく過ごしてるんだからこういう相棒の死を想像させるような事はしないで欲しいな。あなただけの遊び場じゃないんだから。

11

11.

  • 2018年09月06日 16:33
  • ID:il.RfE8i0 #
12

12. 匿名処理班

  • 2018年09月06日 16:40
  • ID:JbrN3zkr0 #

目から汗出てきた
犬の寿命は短いけど、その分心の優しさをくれた
この犬っこに感謝をあげたい

13

13. 匿名処理班

  • 2018年09月06日 16:48
  • ID:rXscBmNv0 #

※10
あなたはペットを飼うのが初めてで、まだ日が浅いと見受けられます。
数年後、自分のその書き込みを恥じる日が必ず来ます。

14

14. 匿名処理班

  • 2018年09月06日 18:19
  • ID:1dLmvjJQ0 #

※10
ひねくれてんね、先人の助言は聞いとくもんだよ

15

15. 匿名処理班

  • 2018年09月06日 18:52
  • ID:VsWaCZdu0 #

ああまた泣かせる昼の記事。写真だけで、愛されたいいこなのが溢れでていますね。フォーエバーロキさん。

16

16. 匿名処理班

  • 2018年09月06日 20:20
  • ID:MqoibXmO0 #

愛犬を喪ったばっかりなんだけど、分かち合うどころか、感情のコントロールが出来なくなるのでなかなか犬の話題すら出せないでいる。
このご家族はとてもポジティブで、きっとロキくんにとってもいい家族だったんだろうな。愛犬が元気なうちにこういう事に気づく機会があるのはとても貴重な事だと思うよ、愛犬に老いの影が見えて来てやっとああもう長く一緒にいられないんだなって気づくのって寂しい事だから

17

17. 匿名処理班

  • 2018年09月07日 00:09
  • ID:hnlCDzQK0 #

※10 何のペットか知らないけど、あなたの様な人に飼われて可哀想に。というか実際は何も飼ってないんじゃない?むしろそうであって欲しい

18

18. 匿名処理班

  • 2018年09月07日 00:34
  • ID:DxgNue5z0 #

犬はもうこの世に居ぬ

19

19. 匿名処理班

  • 2018年09月07日 03:01
  • ID:aztQ1yh30 #

※13
実際のところはわからないけど、もしかしたら10さんは愛しすぎて悲しみが深いからこそ、逆にこういった発言になるのかもしれないね。

私はこの記事を見て、ジェニファーさんが本当にロキを愛していたんだなあと、悲しい気持ちになったよ。
受取り方は人それぞれ違うのかもしれないね。

20

20. 匿名処理班

  • 2018年09月10日 07:26
  • ID:8yVct5Os0 #

これほど愛されて逝けたのはロキにとって幸せすぎますよ 

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク