0_e3

 ジャイアントサイやジャイアント・シベリアユニコーンとも呼ばれるエラスモテリウム(E. sibiricum)は、鮮新世後期や更新世にユーラシア地域に生息した絶滅したサイの仲間である。

 260万年前の記録もあるが、最近発見されたほとんどの化石は2万9000年前頃のもので、マンモス並みの体の大きさを持ち、毛に覆われ、額から大きなツノが生えていたと考えられている。

 シベリアユニコーンの名はこれに由来する。最近の記述によると、体高2メートル、体長4.5メートル、体重はじつに4トンにも達したという。

 ここではエラスモテリウムの歴史とその巨大な角や絶滅の謎、更には世界各地に伝わる一角獣伝説に関して見ていこう。
スポンサードリンク

エラスモテリウム(シベリアユニコーン)の歴史を紐解く


 エラスモテリウムの名は1808年、モスクワ大学のヨハン・フィッシャー・ヴァルトハイムによって授けられた。

 彼が論じたのは、エカテリーナ・ダーシュコワによって寄贈された下顎のみであった。しかしここから種は命名され、研究が続けられた。

1_e11
”モスクワの下顎”。エラスモテリウムの正基準標本 image credit:Public Domain

 
 2016年3月、カザフスタンのパヴロダル地域で保存状態のいい頭蓋骨が発見され、35万年前に絶滅したというそれまでの説に反して、2万9000年ほど前の更新世までエラスモテリウムが生きていたことが明らかとなった。

・これが伝説のユニコーン!?2万6,000年前に人類と共に暮らしていた一角獣の頭蓋骨を発見(カザフスタン) : カラパイア

 頭蓋骨の大きさと状態から推測すると、非常に歳をとったオスのものだと考えられたが、死因ははっきりしない。

 広大な草原に生息し、大きさは全長5メートル、全高2.2メートルくらいと考えられている。

7_e3
image credit:youtube

 だが、エラスモテリウムの姿や食生活などの習慣については、さまざまな説が提唱されている。

 馬のようにギャロップしたという説もあれば、バイソンのように頭を地面に垂らした、あるいはカバのように沼地に潜んだといった説もある。

2_e8


エラスモテリウムの角に関する議論と絶滅の謎


 角に関しては活発に議論が交わされている。よくあるのが角は1本だけだったのかどうか、どのくらいの大きさだったのか、またその用途は何だったのかといったことだ。

 角の機能については、身を守る、交尾の相手を惹きつける、競争相手を追い払う、草原の雪を払う、水や草の根を口にするために穴を掘るなど、さまざまな説がある。

 現代のサイと同じく、エラスモテリウムも草食動物だったので、角で獲物を襲って殺すといったことはないかもしれない。

 乏しい標本から得られる状況証拠は、ツノがあったのかどうか、毛が生えていたのか、あるいはハゲていたのかどうかしか教えてくれない。だがマンモスのように体毛に覆われていたという証拠がいくつかある。

3_e10
エラスモテリウムの想像画 image credit:Apokryltaros

 エラスモテリウムには実際に角が生えていたことを示唆する主な証拠は、頭蓋骨の前頭骨突起だ。これは19世紀の古生物学者の注目を集め、すぐさま角が生える土台の部分だと解釈された。

 証拠は角が円形ではなかったことも示している。このことは頭蓋骨の土台で見つかった治りかけの刺創(一般には他のオスとの決闘でつけられた傷とされる)によっても裏付けられている。

4_e8
ロンドン自然史博物館に展示されているエラスモテリウムの化石 image credit:CC BY SA 3.0

 オス同士は縄張り争いをしただろう一方で、生息域はドン川から現在のカザフスタン東部にまで渡っていた。また西シベリア平原南東でも長く生息していたことが示されている。

 しかし絶滅した理由は定かではない。これまでのところ、専門家は特定の環境要因に着目している。というのも、それは数々の種が絶滅した謎の回答であるからだ。


世界各地に伝わる一角獣伝説


 伝説のユニコーンは、中国やヨーロッパ東部で大昔から伝えられてきた。中国の霊獣である”麒麟”はトルコやモンゴルの言語や伝承に訳された。

 こうした言語の著者らはこの獣の姿を知らなかったが、1つ特徴的だったのが1本の角と大きな背丈だ。

 戦国時代の青銅の器には、エラスモテリウムと言われる洞窟壁画に描かれているものとよく似た動物があしらわれている。それは草を食むために頭を垂れ、額からは角が突き出て、頭部と肩は下げられている。

 1866年、ワシリー・ラドロフは、1本の槍で殺される大きな黒牛の伝説がシベリアのヤクート族に伝わっていることを知る。

 その獣には角が1本生えており、あまりにも大きいためにソリを使わないと運べなかったと伝えられる。同じ地域に伝わる別の伝説は、たいていが額から巨大な1本の角を生やした白か青の毛に覆われた巨大な牛に関するものだ。

5_e6
上:フランス、ルフィニャックの洞窟壁画。エラスモテリムと考えられている(Public Domain)下:エラスモテリウム(DiBgd/ CC BY SA 3.0


 中世のロシア北部には、ゾロアスター教に起源を持つがキリスト教調に変えられた「Golubinaia kniga(鳩の本の意)」というバラッド(伝承されてきた物語や寓意のある歌)が伝わっている。

 これらのバラッドは正義のユニコーンが嘘を象徴するライオンと戦う場面を描く。ここに登場するユニコーンは聖なる山に暮らしており、あらゆる動物の父であり母であると考えられている。

 ユニコーンは角できれいな水を湛えた泉を掘り、世界を干ばつから救った。また夜は平原を歩き、その角で道を作った。
 
 同じ動物が他の宗教文献にも登場しているが、それは通常は実在の存在というよりは象徴的な生き物だとみなされる。

 アラブ・ペルシャのユニコーンを表す言葉は、ユニコーンとサイを融合したもので、サイを世界に真実と善をもたらす存在とみなす。キリスト教では、1本のツノは一神教の象徴だ。

6_e5
15世紀のタペストリー「貴婦人と一角獣」image credit:Public Domain

 伝承はこの生物が実際に存在したことを指し示しているかもしれないが、それは状況証拠でしかない。

 この獣が実際にはどのような姿をしていたのか、あるいはユニコーンが実在したのかどうかをきちんと知るためには、さらなる研究と証拠が必要となるだろう。

References:thescipub / mnn / en.wikipediaなど/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
「そんな生物いるわけない」。かつて存在自体が否定された7つの生物


これが伝説のユニコーン!?2万6,000年前に人類と共に暮らしていた一角獣の頭蓋骨を発見(カザフスタン)


北朝鮮で伝説の生き物「ユニコーン」の巣が発見される?(北朝鮮歴史研究所)


ロマンはあるけども...剥製を利用して作られた8の伝説上の生き物


これが伝説のドラゴンか?スペインの海岸に体長約4メートル、角のある巨大生物の死骸が打ち上げられる

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2018年07月18日 20:37
  • ID:Uuce6Uiy0 #

最近まで生きていたということはやはり人類の影響で絶滅したのではないか?

2

2. 匿名処理班

  • 2018年07月18日 20:38
  • ID:p17aZaQt0 #

外見が立派であればあるほど人間が狩り殺してしまったのではないかという気がして恐ろしくなる

3

3. 匿名処理班

  • 2018年07月18日 20:53
  • ID:CuIgPQ.d0 #

現実のユニコーンはマッチョで毛むくじゃら?

4

4. 匿名処理班

  • 2018年07月18日 20:56
  • ID:XbvwTe6O0 #

さしずめゲームモンスターやねー。o(^▽^)o

5

5. 匿名処理班

  • 2018年07月18日 21:16
  • ID:5cAekvVR0 #

モンハンにしか見えない

6

6. 匿名処理班

  • 2018年07月18日 21:30
  • ID:M3sJmWe50 #

今日の記事は「狼男」だったり「蝶々」だったり「エスラモテリウム」だったりしてSMARTBRAIN関係が多いな

7

7. 匿名処理班

  • 2018年07月18日 21:37
  • ID:p.UZHNXW0 #

貴婦人と一角獣!!!

ユニコーンガンダム!

8

8. 匿名処理班

  • 2018年07月18日 21:37
  • ID:aKE0wyWZ0 #

エラスモテリウムオルフェノク

9

9. 匿名処理班

  • 2018年07月18日 21:45
  • ID:rYAdcYb10 #

学者「鋭い角だな…、シベリアとんがりコーンと名付けよう」

10

10. 匿名処理班

  • 2018年07月18日 21:52
  • ID:tANgx5Kv0 #

※9
途端に口の中に塩味を感じましたわ。

11

11. 匿名処理班

  • 2018年07月18日 22:03
  • ID:YfVXJbUU0 #

何この主力戦車の装甲でも貫通できそうなフォルム

12

12. 匿名処理班

  • 2018年07月18日 22:09
  • ID:.mBG.T.30 #

世界の終わりとハードボイルドワンダーランド

13

13. 匿名処理班

  • 2018年07月18日 22:19
  • ID:VPVw5k3C0 #

「サイノの角はただのイボ」だそうな。

14

14. 匿名処理班

  • 2018年07月18日 22:55
  • ID:P36iP2l20 #

春秋戦国(周)時代あたりの青銅器だと、普通に犀の可能性の方が高いと思うけどなぁ
商(殷)の頃には犀や象がまだ中国にはいたって話だし、その頃の図像を写してるだけって気もするけど

あと、麒麟の角って基本後ろ向きで、エラスモテリウムみたいに前向きにつけてるのはサブカル系のような特殊な例だと思うけど

15

15. 匿名処理班

  • 2018年07月18日 23:16
  • ID:49eyhWls0 #

※13
毛の一種じゃなかったっけ?

16

16. 匿名処理班

  • 2018年07月18日 23:33
  • ID:SJR3C7E50 #

一角サイ

17

17. 匿名処理班

  • 2018年07月19日 00:31
  • ID:NFHxLqPS0 #

※14
中国では清朝あたりでもゾウやワニは普通に生活の中に描かれてるし(今でも生き残ってはいるらしい)、サイだってベトナムには今世紀までいた
今でこそ辺境に追いやられたサイだけど、昔はユーラシア大陸で普通の動物だったのです

18

18. 匿名処理班

  • 2018年07月19日 00:33
  • ID:1tBFhgvY0 #

※15
そうケラチン質だから毛や爪と一緒なんだよね。
最近、流行の『ざんねんないきもの事典』だとイボってことになってるので書いた。
イボはウィルス性だから違うと思うんだけどナー。

19

19. 匿名処理班

  • 2018年07月19日 01:40
  • ID:3YQxVoK90 #

最初のユニコーン

20

20. 匿名処理班

  • 2018年07月19日 01:59
  • ID:SOj.t7Mr0 #

再現された姿のロストワールド感がスゴい。

21

21. 匿名処理班

  • 2018年07月19日 02:01
  • ID:Pd626DNV0 #

穢れと共に世界を知るとバイコーンになるそうな

22

22. 匿名処理班

  • 2018年07月19日 04:04
  • ID:XAEfLz.u0 #

大迫力だ〜

23

23. 匿名処理班

  • 2018年07月19日 06:41
  • ID:i542tTke0 #

絶滅動物は、絶滅の理由と共に興味をそそられるテーマだ
でも現生のサイ類とは角の位置が違うのは、どうしてなんだ?
とは思う。角が大型化すると、鼻先に角が有ると首への負担が
増えてしまうので、多少でも負担が少ない頭頂部へ角を生やす
というのは、むしろ理に敵っているのかも知れんがね

この種はとにかく角が大型だから、衝突時の衝撃の吸収だけでも
大変なものだと思うよ。だからなんだと個人的には思っている

24

24. 匿名処理班

  • 2018年07月19日 07:37
  • ID:24zMo5Oz0 #

DNAを採取して
クローンで再生でき
ないものだろうか?

25

25. 匿名処理班

  • 2018年07月19日 09:52
  • ID:jch91pCn0 #

一本の大きな角を持つ生き物ってロマンがある
私も額に長い角が欲しい

26

26. 匿名処理班

  • 2018年07月19日 11:23
  • ID:Yt21JsTu0 #

※17
その通り

だから青銅器に描かれたソレがエラスモテリウムだ、ってのは無理があるんじゃないかってのが※14の趣旨なんだけど

27

27. 匿名処理班

  • 2018年07月19日 14:27
  • ID:HQ2ZSvDt0 #

再現されてる顔がナマケモノっぽい…

28

28. 匿名処理班

  • 2018年07月19日 14:55
  • ID:qmfEgVdk0 #

※25
私も頭部にふさふさの毛がほしい

29

29. 匿名処理班

  • 2018年07月19日 15:07
  • ID:FtIEHeR20 #

サイのツノは皮膚が変形したもので、牛や鹿のツノとは違う。
クジラのイッカクは牙。
どの動物もツノなら二本が普通なのに、なぜ妄想の一本ツノにこだわるのか。

30

30. 匿名処理班

  • 2018年07月19日 15:22
  • ID:wNPEIJrX0 #

※3
そもそもユニコーンが馬に角生やしただけの見た目重視デザインになったのは大分後の話ですからね。

31

31. 匿名処理班

  • 2018年07月19日 19:30
  • ID:JsGxRdX90 #

アフターマンにもこんなのがいたね

32

32. 匿名処理班

  • 2018年07月19日 20:49
  • ID:XEKz60k90 #

正直、頭蓋骨とツノがキチンと繋がってないから、ツノじゃなくて象みたいな牙か骨格の一部な気がする。象の頭蓋骨も昔サイクロプスかと思われてたし…

33

33. 匿名処理班

  • 2018年07月19日 22:45
  • ID:Yt21JsTu0 #

※32
そもそも、犀(およびその仲間)の角は化石として残ることは滅多にありません
エラスモテリウムの頭骨化石に添えられている角は、おそらくこのような形状及びサイズであっただろうという想像復元模型に過ぎません
ただし、現生の犀の頭骨の比較等から、それなりの論拠があるものではあります

気がする、と言って簡単に否定する前に、どうしてそうなっているのかを調べてみては如何でしょう
気がするとだけ言って調べないのは、それこそ象の頭骨をサイクロプスと言い張るのと全く同じ行為でしょう

34

34. 匿名処理班

  • 2018年07月19日 23:05
  • ID:cfb3KMhY0 #

サイが現存してなかったら、ちょっと信じられない見た目かも

35

35. 匿名処理班

  • 2018年07月20日 07:59
  • ID:pigZVwlm0 #

これはサイの仲間だから角が骨では無く角質だからなんだろうけど、
一方アルシノテリウムの角は骨で、見た目に反してサイの仲間では無いそうだ。

36

36. 匿名処理班

  • 2018年07月24日 18:08
  • ID:MIhGgMv.0 #

※18
そこを残念というのは筋違いだろって話がただでさえ目白押しなのに
ますます書籍自体こそ残念だって事になるな

37

37. 匿名処理班

  • 2018年07月25日 19:34
  • ID:ZfMiGHZj0 #

首と肩のコリに悩まされたのかな?

38

38. 匿名処理班

  • 2018年07月26日 10:27
  • ID:rmM15eC10 #

仮面ライダー555の劇場版のやつかな?

39

39. 匿名処理班

  • 2018年07月30日 09:36
  • ID:NHdGtoYV0 #

冒頭の写真、どこの写真なのか探したけど結局見つからなかった…

40

40. 匿名処理班

  • 2018年10月27日 10:50
  • ID:vEidNK5e0 #

デストロイモードに進化する事は出来なかったか…

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク