0_e6

 アリルシクロヘキシルアミン系の解離性麻酔薬であるケタミンは、日本では2007年より麻薬及び向精神薬取締法の麻薬に指定されている。

 薬物として位置付けられているケタミンだが、最新の研究によると、ケタミンを鼻腔用スプレーとして使用すると、最初の24時間でうつ症状に”有意な”改善が見られることが判明したそうだ。
スポンサードリンク

ケタミンの鼻腔用スプレーでうつ病に顕著な効果


 これまでもうつ病に対し効果があると言われていたケタミンだが、ジョンソン&ジョンソン社のヤンセン研究開発とイェール大学医学大学院からの報告によれば、製薬会社がケタミンをうつ病の治療薬として研究するのはこれが初めてだという。

 試験は、差し迫った自殺の危険性がある68人の患者を対象とした。患者全員を病院に入院させて、ケタミンを投与した。その半数は鼻腔用スプレーでエスケタミン(ケタミン分子の一部)が、残り半数にはプラセボが投与された。

 するとエスケタミンを投与されたグループでは、投与からの4週間でうつ症状にはるかに大きな改善が確認された。ただし25日目になると効果は落ち着いた。

relationship-2822420_640_e


ケタミンの即効性に注目


 研究チームは、重度のうつ状態にあり、差し迫った自殺の危険性がある人々に即効性のある治療薬となりうる可能性があると述べている。

 ほとんどの抗うつ剤の効果がきちんと発揮されるまでには4〜6週間かかることを考えれば、初期段階の治療としても有効だろうと考えらえる。

 スプレーは製品化を目指して、現在、臨床試験のフェイズ3を実施中だ。専門家によると、これが特に重要である理由は、製薬会社によって実施されている研究であり、将来的に市販される可能性が高いからだ。


乱用の危険性


 臨床試験において、エスケタミンの依存症や乱用に関する報告はない。しかしその可能性についてはさらに多くの研究が必要であり、今後の臨床試験ではこの点も調べるべきだと著者は警告する。

 乱用の危険があるのは、鼻腔用スプレーによって手軽に服用できるからだ。気軽に服用できることから、必要以上に薬を使ってしまう恐れがある。

 したがってイギリスの国民保険サービスで処方された場合は、重度のうつ病患者で、他の薬剤があまり効かない場合において、電気ショック療法の代替治療として使われるだろうという。

 イギリスではケタミンの経口や静脈注射による投与法も研究されてきた。しかし経口の場合、胃を通過するためにそれほどの効果が発揮されなかった。

 一方の静脈注射は効果があるが、鼻腔用スプレーはそれよりも若干緩やかに効くため、投薬量をコントロールしやすいというメリットがある。

References:.bbc/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
うつ病の元となる肉体的根源を新発見。うつ治療におけるブレークスルーになる可能性(世界研究)


腸内細菌がうつ状態を改善させる。乳酸菌がうつに効果があることがマウス実験で明らかに(米研究)


うつ病は万病のもと。病気と障害の主要原因はうつ病であるとWHO(世界保健機構)が発表


面倒・退屈・キレやすい。うつ病かもしれない7つのサイン


日本でもついにうつ病が血液検査で調べられる時代に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 09:13
  • ID:rgEnjHbv0 #

まあ、うつ病の原因のストレスが解消されない限り、うつ病が治癒しても、再発するわけだから、こうした「うつ病の特効薬」が開発されても環境が改善されない限りは、どうしようもないんだよね。

家庭・仕事・お金・イジメetc…。

こうした特効薬も、度々服用すれば、それに慣れてしまうから、量を増やす事になるかも知れないし、結局は環境改善が一番の治療になるんだよねぇ。薬は対処療法かな。

2

2. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 09:30
  • ID:5UFfyjGa0 #

鬱だなと感じたときは涙を流して泣くと結構元気出るよ

3

3. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 09:30
  • ID:4sULdUze0 #

それはラリッてるだけではないのか?w

4

4. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 09:43
  • ID:YbW8RPcy0 #

電気ショックなんて非科学的な療法より頼りになりそう

5

5. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 10:07
  • ID:yKKrN8Ul0 #

アッパー系のドラッグってだけでは・・

6

6. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 10:24
  • ID:E6RlzmDb0 #

化学療法の副作用で鬱と言うのがあって経験したけど
泣いたからって別に気は晴れないし何の変化もない
布団の中で泣いて絶望してそのまま沼に沈んでいくようなイメージだ
泣いて元気になるのはただの気分障害で鬱ではないし
それに必要なのは薬でも病院でもなく気晴らしでしょ
うつ病からの脱出は正しい投薬と結局は時間しかない気がする
メインは時間経過で投薬はその間落ちないように握ってる
綱みたいなもん

7

7. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 10:28
  • ID:UXVBLhAq0 #

ケタミンは麻酔薬としてはちょっと特殊ではあるんだよね。

普通、麻酔薬の作用はボーっとするだけなんだけなんだけど、ケタミンは同時に交換神経を刺激し高揚感があり幻覚剤としても作用する。
ちなみに、悪名高きPCPも基本はボーっとするだけで切れ目に痛覚がないまま不安感が増大する。

こういったケタミンの効用からうつ症状の改善は見込めるのは予想できるんだけど…
周知の通り、うつ症状ってのは原因が千差万別なんで根本的な原因解決にはならない。
ケガして痛み止めを飲むのと同じだな(元々麻酔薬だが…)

でも、記事内にある通り「差し迫った自殺の危険性がある人々」に対しては精神安庭剤がぶ飲みさせて抑え込むよりも有意なんだろうね。

8

8. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 10:54
  • ID:mMsAGMK20 #

アフガンに派遣されたパラレスキュージャンパーの番組で
IED攻撃を食らって手足が吹っ飛んだ負傷兵にケタミン使ってたなあ
軍病院に到着したらどれだけ使ったか軍医に細かく伝達を行ってたし
使用には慎重を要する薬品なんでないのか?軽々しく使うもんじゃないだろ

9

9. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 10:57
  • ID:KmWbtjbR0 #

※4
電気痙攣療法は希死念慮の強い抑うつ状態や緊張状態を伴う混迷に対する奏効率が今でも一番高いという事実は無視ですかそうですか...

10

10.

  • 2018年04月23日 11:14
  • ID:etIdUJ020 #
11

11.

  • 2018年04月23日 11:20
  • ID:hI.Jap760 #
12

12. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 11:43
  • ID:WtQe62cP0 #

元々ペット用の麻酔薬だったのがドラッグ(Kと呼ばれていた)として流通して大変な事になった(Kにハマると戻って来れなくなって廃人のようになる)くらいに強烈な作用あるから

13

13. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 12:22
  • ID:0da1yHK60 #

※9
電気痙攣療法。
実績はともかく、作用機序がよくわかんない、って意味では非科学的だろ。
「ビリっとやったら、なんか具合が良くなったよ」ってことだ。かなり原始的な科学だ。

14

14. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 12:23
  • ID:jfZw3raC0 #

うつ病の人は「俺ってもしかしたら、うつ病なのかも」とか思わないんじゃないかと思うんだけど、どう?

15

15. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 12:36
  • ID:o2y8mhQB0 #

薬じゃなくて環境なんだよなぁ…
認知的な問題がうつを引き起こしてるわけなんだから
製薬会社が儲けたいだけじゃん
見えない病だからいくらでも虚飾してこれが必要ですよって
平穏な心を保ちたい…

16

16. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 12:51
  • ID:uoFjpw180 #

ケタミンがうつ病に効果があるってのは昔から言われてたよね。ただケタミン中毒があるから研究はあんまされなかったが。

あと、イギリスでシロシビンっていう幻覚剤で難治性うつ病を8年から30年患ってた患者12人に投与したら患者の半分が寛解したそうだね。
しかも依存性や継続的な投薬も必要無し。

ケタミンも幻覚見えるらしいけど関係あるのかな?

17

17. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 13:22
  • ID:ghdmKKht0 #

麻酔薬=麻薬だぞ。
ラリってるの間違いでは・・・。
抗うつ剤の効能としての信用は低い。
習慣性も有りそうだし。

18

18.

  • 2018年04月23日 13:31
  • ID:SXQtCghw0 #
19

19. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 13:32
  • ID:V5QQqEzj0 #

※13
そんなこと言いだしたら作用機序のわからん薬や治療なんかいくらでもあるぞ
全身麻酔も作用機序分かってないの多いんだから手術時には麻酔なしでやってみてね

20

20. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 13:36
  • ID:V5QQqEzj0 #

※5
ドラッグが医療用に使われるのはよくあること、大麻とか

21

21.

  • 2018年04月23日 13:52
  • ID:L80rsZx90 #
22

22. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 14:08
  • ID:g8ZORu6E0 #

>>13
吸入麻酔その他の経験的に使われている医療技術も同じく非科学的な原子科学になるな

23

23. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 14:17
  • ID:LIilXuYw0 #

ケタミン!いいの?
台湾住みなんだがケタミン中毒たくさんいる。安価で手に入りやすい。
が、副作用…。
詳しくはわからないが、オムツ使わなくちゃならなくなるって聞いた。

24

24.

  • 2018年04月23日 15:02
  • ID:Rj3fM9EM0 #
25

25. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 15:11
  • ID:w88.HemQ0 #

ジョンソン&ジョンソンって綿棒とベビーオイル以外の研究もしてるんだな

26

26. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 15:12
  • ID:6vkEbdFJ0 #

※12
馬の麻酔薬なんだよね

27

27. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 15:33
  • ID:eX8TZH4t0 #

※5※20大半は順序が逆じゃね?もともとは軍用医薬品だったのが、いつの間にか裏でドラッグとして流通するとかよくある。

※23そんなん言い始めたら咳止めだって悪用する奴はいるし……医師の指導のもとで厳密に使うのと、ラリりたくて溺れた結果は一緒にしちゃいかんだろ。

消毒用アルコール盗み飲みして中毒になっても、消毒アルコールをドラッグ扱いはしないじゃん。すべては量と使用法だと思う。

28

28. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 15:57
  • ID:YAXUmTse0 #

 「差し迫った危険性がある」…というのはつまり、今ここを切り抜けないと機能予後も副作用も何も話にならない状況。他の科で例えれば、「胸骨が折れてもいいから心臓マッサージ」というような超急性期なわけで。

 この段階で有効な治療法が増えるのなら、これは純粋によいことのような気がする。薬の流通や管理には気をつけないといけないけれど。

29

29. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 16:15
  • ID:g8ZORu6E0 #

※15
気持ちはわかるけど今回の試験ではプラセボ(=偽の薬)を投与した組と比較してるから
思い込みよりは効くんでしょう

30

30. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 16:30
  • ID:wEKnZb9J0 #

やむをえぬ緊急手段ってのは逆に考えると命の防波堤ってことだよな
一度しか使えなくてリスクが大きいとしても無いよりはきっとマシなんじゃないかな

31

31. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 16:56
  • ID:mJTmtagA0 #

ついさっき見た、ツイッターの投稿に、「うつの患者さんの多くは「諦めること」が苦手である。」と書かれていて、なんか、「目からうろこが落ちる」気がした。

それも、何十枚も。

結局、鬱の人がいろんなことを引きずって、生きづらさを感じてしまうのは、いろんな物事に執着して「諦めることができてないから」なのかもしれない。

もし、いろんなことを「諦める」ことができていれば、過ぎ去った過去に執着して、それに苦しめられることもないのだろうし。

そうやって考えてみると、どこかのスポ根マンガで超有名な監督さんは、うつの人の傷口に塩を塗ることしかしてないのかもしれない。

32

32.

  • 2018年04月23日 17:53
  • ID:BSDehOG30 #
33

33. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 18:21
  • ID:mJTmtagA0 #

※31の続き
こうやって考えてみると、諦めることで「そこで試合終了」にして、過去を引きずらないようにすることが、うつ的な傾向を持つ人にとって、「今と向き合う」ために、必要なことなのかもしれないし。

だとすると、「諦めるな」とかいうセリフは、うつ的な人にとって、害悪しかもたらさない無責任な発言になるし。

34

34. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 18:40
  • ID:RZicqkDS0 #

鬱は根が深い問題だけど、
対処療法だろうとなんだろうと、瞬間の解決方法があるかないかだけで、
ことが変わることもある。

根本から治す以外の治療に否定的なのは、完璧主義すぎないかい。

35

35. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 19:34
  • ID:nGdmoB4h0 #

自分は依存症になりそうで怖い。
でも試したい。
ほんとうにツライ時が度々来る。

36

36. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 19:40
  • ID:ewjZQlet0 #

鬱が多少マシになってもヤク中になってたら意味ないし

37

37. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 21:43
  • ID:a8eMBmFv0 #

※17 ※23 ※36
ガン患者に鎮痛剤として使う医療用麻薬なんかも、
常人が陶酔感を得るために使う場合と違い
現にある激痛を緩和させる程度の用法なら依存性はない
と言われているし、重症の鬱病を軽減するケースでも
きちんと投与量を管理すればそんな感じなのかもよ?

38

38. 匿名処理班

  • 2018年04月23日 22:54
  • ID:JCzSMe0y0 #

乱用すると腎臓悪くなるらしいぞ

39

39.

  • 2018年04月24日 01:15
  • ID:aU.XSe2G0 #
40

40. 匿名処理班

  • 2018年04月24日 01:30
  • ID:taWHCimQ0 #

※26様
少しでも、心が軽くなる時があるのは良いことですよ。
お大事に〜

それにしても、この薬は違う気がする。
どちらかと言うと麻薬みたいに依存性が高そうな気がする。
麻酔=脳が働かないイメージなので…そう感じるだけかなぁ?

41

41.

  • 2018年04月24日 05:02
  • ID:gJph6Tc80 #
42

42. 匿名処理班

  • 2018年04月24日 05:17
  • ID:7mjZrWhD0 #

ジョン・C・リリー先生はいつも機嫌悪そうだったって聞くけど

43

43.

  • 2018年04月24日 05:39
  • ID:wVjetmxW0 #
44

44.

  • 2018年04月24日 06:48
  • ID:FGpBY0uV0 #
45

45. 匿名処理班

  • 2018年04月24日 09:42
  • ID:Bu5mwhKy0 #

麻痺によって軽減するってことはネガティブな状態にさせる物質が溜まってるって事なのかな?

46

46. 匿名処理班

  • 2018年04月24日 11:35
  • ID:cwRKgWYz0 #

そりゃ効くでしょうよ、
未来の幸せを今使う薬なんだから。

47

47. 匿名処理班

  • 2018年04月24日 12:10
  • ID:cuD21yiY0 #

※40
実際に東南アジアでドラッグKとして大流行して廃人を大量生産した実績があるんだってば
日本にも入って来て問題になってたし
痛み止めのモルヒネはWHOが中毒にならない処方の目安を出してるけどケタミンにはそういう基準も無いしね

48

48. 匿名処理班

  • 2018年04月24日 12:59
  • ID:Y0NZH2Ap0 #

結局ストレスの原因≒他人に近寄らない以上の特効薬は存在しないぞ

49

49. 匿名処理班

  • 2018年04月24日 15:05
  • ID:yWBhorFN0 #

お辛い時は寝れば緩和されるんだよ
ぐっすり寝ないからお辛いままなんだ

50

50. 匿名処理班

  • 2018年04月24日 16:14
  • ID:74GtZlpT0 #

ちゃんと使えば有用な薬って
いっぱいありますよね。

日本はダウナーな薬ばかり処方するより、
こういうやる気の出る薬にもっと積極的に
なるべきかなと。

とかゆうても、日本ではいろいろ
ハードル高いんやろなあ。

処方箋なしで薬局でガンガン売ればいいのに。

51

51.

  • 2018年04月24日 17:44
  • ID:auaFYd9G0 #
52

52. 匿名処理班

  • 2018年04月24日 18:21
  • ID:4OYgxC9n0 #

※23 情報ありがとう!
※27 その「量と使用法」を守るのがカンタンじゃないんだなー。
(ドラッグストア・カーボーイ)
※31 自分も過去、心理の先生に「諦めるというのは積極的な選択」
と言われ、かなり気持が変わったよ。

53

53. 匿名処理班

  • 2018年04月24日 20:59
  • ID:blSfFrCS0 #

※52自分も慢性のマイナーな病気持ってるけど、予算があれば治療できる医師と設備のある場所へ引っ越しちゃうのも手だぜ。あとは難易度上がっちゃうけど自分で論文当たって、地元周辺で調べものと新規治療へのチャレンジが得意な医師を根気強く探して、治療頼んでみるとか(自分はこっちにした、症状かなり楽になったよ)。
貴方は一人じゃない、回復できるよ。

54

54. 匿名処理班

  • 2018年04月24日 21:10
  • ID:S3QScBlt0 #

鬱になるには原因がある。
その原因を取り除くなり解決するなりしないかぎりどんな治療や薬も意味はない。

55

55. 匿名処理班

  • 2018年04月25日 10:29
  • ID:k2Y.08ZG0 #

※54
「何かあったから鬱になる」ばかりじゃない
殆どは「鬱になったから普通なら何らかの対処をとれるはずの何かに対処出来なくなる」んだよ
例を言うと「パワハラのせいで鬱になった」んじゃなくて「鬱のせいでパワハラに対処出来なかった」んだよ

56

56. 匿名処理班

  • 2018年04月26日 13:53
  • ID:.eqkxLJU0 #

※23
麻酔科の泰斗である諏訪先生が一般向けの啓蒙書で以前書かれていたことだけれども、
ケタミンって極彩色(というかサイケデリックな)幻覚が出るんだそうな。そういうところはペヨーテの主要な薬理成分であるメスカリンと似ているみたい。先生の自験例だと、大人はほとんどか悪夢だった訴えるけれども、子供はほとんどが楽しかったと教えてくれるらしい。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク