iStock-667379906_e0

 「死」とは臨床的に、心臓の鼓動が停止した後の状態であると理解されている。血流が止まり、呼吸をしなくなり、脳は停止する。

 それがある瞬間(生)から次の状態(死)への境界だ。

 ところが哲学的には、死の定義は少々異なっており、もはや蘇生できない地点を通過することを意味する。50年前までなら両者はさほど変わらなかった。しかし心肺蘇生法が登場したことで、人は心臓が止まり死者となり、再び蘇ることが可能となった。

 蘇生法は救急医療の現場で革命を起こしたが、死の意味についての理解をも揺るがすことになった。
スポンサードリンク

死んでからも数日は意識がある


 死んで蘇る人がいない時代なら、科学的な観点からも、意識は体が死ぬと同意になくなると想定しても自然なことだった。

 しかしここ数年、人が死んでから脳細胞が劣化ゆえに復活できなくなる地点を通過するまで数日かかるという証拠が幾度も得られてきた。

 これはその人が死んでいないということではない。その人は死んでいる。だが脳細胞はそうでないのかもしれない。

02brain-1845962_640_e


体内の細胞が死に向かっていくプロセス


 「面白いのは、人が死んでから、体内の細胞が徐々に独自の死のプロセスへ向かい始める期間があるということです」と米ニューヨーク大学ランゴーン医療センターのサム・パーニア(Sam Parnia)医師は話す。

 「死んだ後も脳や体の一部がまだ機能していると言っているのではありません。しかし細胞はいきなり生から死へと切り替わるわけではないのです。実は細胞は人の死である心停止に対して、これまで考えられてきた以上にずっと柔軟です」

 遺体を対象とする研究者は、死後も遺伝子が活動している場面を観察してきた、とワシントン大学のピーター・ノーブル(Peter Noble)教授は説明する。

 2017年、ノーブル教授らはマウスとゼブラフィッシュの実験で、死後も1063個の遺伝子が活動したままであることを発見した。

 しかも、その一部は死後最大4日間その状態で、活発になったものすらあったのだ。「死後24時間後にサンプルを採取すると、遺伝子の転写が増えているんですよ。驚きです」とノーブル教授は話す。

●死んだ直後、2日間に渡り活発に機能する遺伝子の存在が明らかに(米研究) : カラパイア

iStock-457796621_e


人は異なる速度で各部分が徐々に死んでいく


 そうしたもののうち、かなりの数が発生遺伝子である。このことは素晴らしく、同時に少々心をかき乱す可能性を提起する。

 つまり死んだ直後から、体は人が胎児だったころの細胞状態に戻っているかもしれないということだ。ノーブル教授は、特定の動物細胞が死後、数週間生きていることを発見した。この研究は、人は一斉に死ぬのではなく、異なる速度で各部分が徐々に死んでいくことを示唆している。

 なぜ細胞によって死への弾力性が異なるのか確かなことは分からない。

 2016年の研究では、終末医療期の患者4名の生命維持装置を外し、その後の経過を観察した。

 その結果、死亡が診断(瞳孔散大、脈拍停止、心停止)されてから10分未満の間、デルタ波バーストが持続されたことを1名で確認した。デルタ波は通常、深い睡眠時に検出される脳の電気活動だ。


wormhole-2514312_640_e

臨死体験者が語る客観的な出来事


 パーニア医師の研究は、臨死体験をした人々の証言にも関連があるかもしれない。そうした人たちの話には、明るい光、誰かが手招きしていた、肉体の痛みからの解放、穏やかさといった共通点が見られる。

 そうした体験は主観的なものであるゆえに、幻覚が原因である可能性はある。しかし上手く説明できないのは、手術中や交通事故で臨死体験をした人が、上空から自分を見下ろしていたと証言することだ。

 彼らは自分を救うおうとする医師を眺めており、その時の状況は後で医師本人からも確認を取ることができる。

 一体なぜ死んでいる人間が客観的な出来事を説明できるのか、それは定かではない。また条件が同じでも、死を堪える人とそうでない人がいる理由も同様だ。

 だが、これは脳や体が死ぬ時、意識が、少なくとも直ちには、消えていない可能性を示唆しているように思える。

References:collective-evolution / authentictheology/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
死後、オーブに会う。最新の科学が明かす人が死んでから起こること(ベルギー研究)


死ぬってどんな感じ?6人の臨死体験者が語る死んだ直後に見えたビジョン


人体ミステリー。死後10分間に渡り、脳活動が記録されるという不可解な事例が発生(カナダ)


交通事故により臨死体験をした男性がみた死後の世界


死後の世界は存在するのか?量子力学的にはありえる(米科学者)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2018年03月05日 22:46
  • ID:VllmK5PM0 #

昔読んだ本に、死の間際にはエンドルフィン(だったと思う)が大量放出されて、それまでの痛みや苦しみから開放され、多幸感に包まれる、みたいなことが書いてあって楽しみにしてるんだけど、そこんとこはどうなっちゃんだろう…。

2

2. 匿名処理班

  • 2018年03月05日 22:51
  • ID:114JAYue0 #

医学が進歩すればするほど「死」が恐くなる
以前、夜に考え出すと飛び上がるほど死が恐い時があった
だって自分が消えて永遠になくなるなんて想像しただけで無理ですやん
でも「皆必ずいつか死ぬんだ」と思う事で割り切ってきたのに…

もし「死」を克服する時が来たら、逆にそれは永遠の始まりなのかな?
強制的に必ず迎えるからこそ受け容れられてきた死がそうでなくなる
今度は自分でその時を決めなければならないとしたら?

アカン
永遠も死もどっちも恐すぎるw

3

3. 匿名処理班

  • 2018年03月05日 22:52
  • ID:ar4bfxib0 #

どこからどこまでが臨死なんだろう
脳内出血で倒れて意識が戻るまでは
臨死体験かな?

4

4.

  • 2018年03月05日 23:02
  • ID:CXF.FDw30 #
5

5. 匿名処理班

  • 2018年03月05日 23:15
  • ID:oGludVgp0 #

まれに死亡診断されてから生き返ったって言う例があるのは、こういう細胞の活動が残っていたからなのか…

6

6. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 00:11
  • ID:MsvB..iI0 #

鳥瞰的視点は人間の脳の基本能力やぞ。ワイなぞ1歳半で開眼してたわ。空から自分や周りの人間の配置をすべて把握していたとか直感で出来る技。臨死とは本来関係ないわ。反対に脳の電気的記憶以外にも細胞レベルの化学的記憶ってのは肯定されるべき。遺伝子が化学結合と物理的配置による形状記憶やねんで。脳の電気的記憶も程度により復元あるあるやろな。データがケーブルに残るってのも有るから。

7

7. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 01:17
  • ID:FWakehAn0 #

現世のしがらみなんぞ生きている間だけで十分だ。死んだあとくらいゆっくり休ませてくれよ。

8

8. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 01:21
  • ID:vAt6ZfNJ0 #

生と死の境界はあいまいなのか

9

9. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 01:25
  • ID:yaiJguEz0 #

焼かれる時熱いかもな

10

10. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 01:31
  • ID:zI9T9EY50 #

※5
昔は死亡診断が雑だったって理由もある

しかし臨死体験ってことさら特別扱いするようなことかな?
心臓が停止して血流が途絶えてから脳細胞が壊死するまでにタイムラグがあることは事実だしただの生理現象じゃねーの、で終わるような気も
実際のプロセスには興味あるけど

11

11. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 01:53
  • ID:mtQDwZj40 #

切断などで出血多量ではなく、心臓が止まった→ご臨終の場合
心臓が全く動かなくなるわけではなくて、1時間に数回程度、弱く脈打つことがあるそうな
そういった場合なら、十分あり得るだろうね

12

12. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 02:12
  • ID:RDhAaGIG0 #

猫を飼い始めてから死後の世界を信じるようになった。
自分は天国でも地獄でも、地縛霊でもなんなら消えて「無」になっても構わない。
でも、この子だけは天国で幸せでいてほしい。

13

13. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 02:38
  • ID:lPLgpukG0 #

数日は意識があるのか…四十九日の間はよく気配がすると聞くけど
幽体離脱みたいになってるのかね

14

14. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 02:50
  • ID:UcO9iWrQ0 #

臨死体験に観測的根拠が呈示されたってのは面白いことだ。
京大のカール・ベッカー先生なんかはもうご存じなんだろうか。

15

15. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 03:18
  • ID:kjMc4NAV0 #

心肺停止=死 なんて前提は現代じゃ成立しないと思うが
それが成立していた昔ですら一晩様子を見てから荼毘に付していたわけで

16

16. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 03:20
  • ID:dspbrGRZ0 #

※2
しかしきっとそれは、選べないことよりも、きっとずっと幸福なことだと俺は思う
(個人の感想です)

17

17. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 03:35
  • ID:2hAm.E0o0 #

祖父が死んだ時、死後もヒゲが伸びたりしてたんだけど、そういうこと?

18

18. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 04:02
  • ID:owEqp92.0 #

アメリカの精神科医が催眠退行で得た話を書いた本も面白かった。
「前世療法」オススメ。

※6
それ、君だけの能力かもしれないじゃないか。なぜ基本能力だと断定してるのか詳しく。

19

19. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 04:54
  • ID:eArk0rFF0 #

※9
勘弁してくれ
末期がんで死んだ御袋の死亡診断から24時間後に火葬が完了したけど、意識があるのに焼いたことになってしまう・・・

20

20. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 05:31
  • ID:rh.sYCY00 #

活け造りの魚だって、死んでから時間経ってるのにピチピチ動いて「わ〜まだ生きてる〜」なんて人間ははしゃぐじゃん。それと変わらんでしょ

21

21. Parama000

  • 2018年03月06日 05:57
  • ID:iIWvjnA10 #

余談だが、
真の瞑想トランス状態になると、心肺停止する。
仮死状態にならないと、神や霊を認識出来ない。

22

22. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 06:08
  • ID:b.3S3nd.0 #

※2
同じだわ。子供の頃はそれで泣いてたけど、おっさんになった今でもたまに寝る前とかに考えすぎて無性に怖くなる。
死して「無」になるのも嫌だけど、「集団的無意識」というのも非常に嫌だな。天国、地獄ってのは無いと思うし。

23

23. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 06:33
  • ID:66nGeasy0 #

心臓が止まって肉体の死が始まった状態で生き返っても
いずれは肉体が腐敗して行くわけで、
そんな状態で生きるのも肩身が狭いので
昇天さてくださいお願いします。

24

24. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 07:38
  • ID:AUQjA9El0 #

心停止の後、臨終確認してから人工心肺装置に繋いだらどうなんだろ
脳死にいたってなければ生き返るのかな

25

25. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 07:52
  • ID:Bqd172gx0 #

以前臨死体験(?)したとき、死んだ後のサポートを
克明に教えてくれたし、わざわざ死後にこの世で執着したり
迷う心配もねえ
しかし、あそこまで克明に教えてくれる人(?)って誰だよ
死神にしちゃ人のできた人だったし、夢にしちゃ妙な感じ
あの世行政も昔と違い変わったのかな

26

26. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 07:54
  • ID:9T.i0iBW0 #

私呼吸が止まった(息をしてない状態)になった事がある。
側で看護師さんが「この患者さん息をしていません」って騒ぎ始めた。

息が止まるまでは地獄の様な苦しさ(今思い出しても精神的にかなり辛い)、でもそれが過ぎるとすごく穏やかで幸せなのんびりした気分だった。

27

27. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 08:16
  • ID:QFjmBdHS0 #

人間は多細胞生物であってもともとたくさんの生物の複合体だともいえるから、死んだらもとのバラバラに戻っていくのではないかな。

28

28. 名無し猫

  • 2018年03月06日 08:18
  • ID:MZsHymuX0 #

魂は残る そして輪廻転生を繰り返して 進化向上する

29

29. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 08:23
  • ID:DTpu6ijy0 #

キューブラーロスとか臨床的なデータみたいなものもあるよね。

意識が脳の働きと考えていると受け入れられないだろうし、
逆に脳が意識の働きを受信している。
みたいに考えてみるとありかも?ってなるだろうね。

30

30. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 08:26
  • ID:EU3EFKTk0 #

※6
夢の中で出来る人もいるから脳の処理の一つではあると思う

ただまあこうして同時に臨死体験は霊的なものではなくてただの生理現象ってなっちゃう事にちょっと寂しさを感じる(笑)

31

31. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 08:38
  • ID:Jb6vwIJa0 #

電子機器などに例えれば予備機能が働いていると言うことでしょう。心停止して一日経ったら何がどうなっても蘇生なんかしないけど、何のためにそんな機能があるのか?心霊主義の本では魂は三日さまよってから霊界に行くなんて書いてあるが・・

32

32. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 09:03
  • ID:Fco5.s.F0 #

呼吸止まった後に話しかけたりとかしっかりするべきなんだな
俺の時はそれ盛んにしてやれて良かった

33

33. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 09:43
  • ID:Rp9or0IO0 #

一度死んでみないと分からんね

34

34. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 11:10
  • ID:UrJtsEyZ0 #

人は、死ぬが生命は、永遠に生き続ける。

35

35. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 11:25
  • ID:B7nYBQHF0 #

アレイスター・クロウリーの小説であったわ。
死後も意識があり分子レベルでもそれが残る、その過程を描いた話。
『黒魔術の娘』収録だったと思う。

36

36. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 13:04
  • ID:oRqjMd5k0 #

遅めに火葬してほしいな

37

37. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 13:13
  • ID:3BReRPsP0 #

体は機能停止っていう状態異常だと思えばわかりやすいんじゃなかろうか。
状態異常解除ができれば再起動するのは道理よ

38

38. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 13:18
  • ID:k.m5PGzZ0 #

徐々に細胞が死ぬのなんて当たり前では?
意識が無いんだし無意味

39

39. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 13:36
  • ID:2xBEeb2T0 #

科学的に死を解明しようって話に
どこにでも現れる隙あらばオカルト

40

40. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 13:51
  • ID:.OvO3lBc0 #

死後の世界はなんら証明されてないからな。
ある意味浪漫あるとも言える。

41

41. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 14:07
  • ID:kc.be3Rt0 #

臨死体験も結局は戻って来てるから完全にタヒを体験している訳じゃないからなあ

42

42. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 14:35
  • ID:jn2lG5yg0 #

>しかし上手く説明できないのは、手術中や交通事故で臨死体験をした人が、上空から自分を見下ろしていたと証言することだ。

夢も希望もない話で申し訳ないが、この点は記憶のメカニズムでわりと簡単に説明できる。
人間の記憶は既有知識や他者からの誘導、感情やストレスの状態に影響を受けて簡単に変形・捏造を起こす。しかも無意識に。
「死ぬと魂は天に昇っていく」という言い回しや、「上空から自分を見下ろしていた」というよくあるストーリーが記憶にあれば、それによって自分もそういう状態にあったという記憶を、目が覚めてから作り上げてしまう。という説明がおそらく最も妥当だと思う。

もしも誰からも「地獄に落ちろこの悪党」と思われていた悪人が、臨死体験で「床下から自分や手術に携わる医療スタッフを見上げていた」と一斉に言い出せば、ちょっと考え直す必要もあるだろうけど。

43

43. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 14:50
  • ID:59IdTblE0 #

これがあるから臓器移植とか嫌なんだよね〜

44

44.

  • 2018年03月06日 15:09
  • ID:YBGoEgZ30 #
45

45. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 16:57
  • ID:ZwZmokYv0 #

※17
死んでからも少しの間髪とかは伸びるよ。生きているわけじゃない。

46

46. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 17:46
  • ID:hx1VT8Wh0 #

この分野の科学的研究はもっと行われても良いと思うけど、
死後の世界というだけでオカルト扱いされてしまうのが残念。
科学的に解明できれば、宇宙の始まりや果てを知るより、
人類一人一人により身近で関係のあることなのに。

47

47. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 18:06
  • ID:gVyDF4qt0 #

魂の存在が科学的に確かめられたなら面白いことになりそうだね。

48

48. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 22:08
  • ID:HfUZ4nl60 #

未来で復活するために冷凍保存されている人がいるらしいけど
いつかその人たちが本当に復活できたとしたら何か分かるんじゃないかな

49

49. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 23:09
  • ID:6v5PxNar0 #

死んだら死後空間が徐々にスピードを落としておきながら脳内に映し出されていくのかな

50

50. 匿名処理班

  • 2018年03月06日 23:22
  • ID:.b.XDw2u0 #

※29
キューブラーがアウシュビッツにいた子供たちの描いた蝶の絵を見て
後年、「現世は蛹、死んだら蝶になる」って言っていたけど意味がようやく
理解できた。子供の頃は幼虫のように自由だが、大人になると蛹の中
にいるように雁字搦めになる。だが死を迎えて蛹から蝶へ脱皮した時
に本当の自由が手に入る。

51

51. 匿名処理班

  • 2018年03月07日 04:03
  • ID:FtvJ07M20 #

※2
良い人生遅れてるんだね
色々な宗教や死生観を聞いて調べて回っても俺は死んだ方がずっと楽な世の中だって思ってる
死んで自我が消滅するのが怖い? 俺は死後に来世があるなら二度と転生したくないとまで思ってるよ
永遠と自我を感じることなく無で居たい

まぁ死生観は人ぞれぞれだから…

52

52. 匿名処理班

  • 2018年03月07日 06:40
  • ID:7rI7N5Dg0 #

動けない自分の中に数日間閉じ込められたまま、という事?
嫌だよなぁ、無残な死に様だったら辛すぎだよ

53

53. 匿名処理班

  • 2018年03月07日 07:10
  • ID:9cklPKwI0 #

科学的に考えると、死んだら消滅するなんてエネルギー保存則に反する考え より、輪廻転生の方が正しいよね

54

54. 匿名処理班

  • 2018年03月07日 09:53
  • ID:3v0aaJt60 #

すぐ消滅するわけではないから。
だから亡くなってから数日間に渡って枕経読んで、それから埋葬するんだがな。
チベットだと49日間枕経読んで、送る。

55

55. 匿名処理班

  • 2018年03月07日 18:12
  • ID:7Tz4kAHy0 #

※41
臨死体験における幽体離脱で不思議なのは、聴覚のみで得られないはずの情報が正しく得られているところだ 中には先天性全盲の人が臨死体験時のみ視覚を得た、ってケースもある これはどう説明できるんだ?

56

56. 匿名処理班

  • 2018年03月07日 21:33
  • ID:Z..h3mNP0 #

※55
それは面白い報告だね。
全盲者が後年手術によって視力をえても脳がそれを上手く処理できず
視力を使いこなせず、結局日常目をつぶって生活しているという話を聞いたことがあるから。
死語は脳からも解放されるから問題ないのかな?

57

57. 匿名処理班

  • 2018年03月07日 21:59
  • ID:Z..h3mNP0 #

※45
死後髪やヒゲが伸びるのは死体の乾燥等による皮膚の萎縮だよ。

58

58.

  • 2018年03月08日 02:28
  • ID:kWJuMtSi0 #
59

59. 匿名処理班

  • 2018年03月08日 16:05
  • ID:lFs2hBl90 #

※6
え、すごい。今も意識的にできるの?
例えば、上面しか開いてない箱の中にあるものとか見える?詳しく聞きたい。

60

60. 匿名処理班

  • 2018年03月11日 22:58
  • ID:bsOgLT3H0 #

肉体と魂を分けて考えれば明快なのに。

生まれるときに口から体内に入り、出るときは多少時間をかけて(1週間くらい)肉体から出る。

死後のコースは完全なる消滅と天国から地獄まで様々で、魂によって異なる。

生まれ変わりたい魂にはチャンスもある。
ただ、母親になる人を探さないと…

最近は先進国に生まれ変わるのが難しいし。

61

61. 匿名処理班

  • 2018年03月12日 02:09
  • ID:OR98EiFq0 #

※9 多分痛みは無いと思うよ。痛みは体性感覚野ってところで感じるんだけど、そこには電気信号が運ばれて初めて「痛み」になんのよ。だから、もし死んでから痛いと感じるというのならとっくに発見されてるだろうってこと。

62

62. 匿名処理班

  • 2018年03月13日 23:12
  • ID:jsEXXe950 #

体が死んだのに意識があるとか嫌やん、それこそ地獄

63

63. 匿名処理班

  • 2018年04月26日 13:33
  • ID:8zUfREUa0 #

因みに痛覚もバッチリあるぞい

64

64. 匿名処理班

  • 2018年10月26日 20:46
  • ID:2wpyXwyY0 #

※50
出典がどうしても思い出せなくて申し訳ないんだけど…蝶の絵の話はガセというか、そういう事実が見つからないというのを読んだ記憶がある。「アウシュヴィッツにいた子供が描いた絵」ではなく「(アウシュヴィッツではない別の)収容所の壁」だったので、そもそも違う話かもしれないけど。

蝶というのは西洋絵画に魂とか、そういったものの象徴としてよく描かれてる。蝶を見るたび、死んだひとの魂なのではないかと、つい見入ってしまう。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク