no title

 かつて見世物小屋と呼ばれるものがあった。海外ではフリークスショーと呼ばれ、珍奇さや禍々しさを売りにして、日常では見られない芸、変わった獣や人間を見せるアトラクションだった。

 1900年代、アメリカで特に人気だったのが「首なし女(ヘッドレス・ガール)」と「蜘蛛女(スパイドーラ)」である。

 こうした奇怪な見世物トリックの歴史に少し分け入ってみよう。
スポンサードリンク

頭は人間で体は巨大なクモ。蜘蛛女(スパイドーラ)


4_e

 「スパイドーラ」は1800年代後半に、イギリス・ロンドンのヴォードヴィルショーの魔術師ヘンリー・ロルテアによって考案され、1930年代後半にアメリカのコニー・アイランドで絶大な人気を博した。

 頭は実物女性だが体は巨大なクモという驚きの見世物アトラクションだった。

 ジョー・ニッケルの2005年の著書『Secrets of the Sideshows』によると、彼は子供のころにコニー・アイランドでスパイドーラの初期のショーを繰り返し見たという。

3_e
巨匠アドルフ・フリードレンダーによるスパイドーラのヴィンテージリトグラフ

 スパイドーラのショーはとても人気があり、観客がこれから目にするものを宣伝するショーの客引きの口上のセリフまでニッケルは覚えている。

寄ってらっしゃい、見てらっしゃい、クモ女スパンドーラのお目見えだよ! 頭と顔は美しい女性。ところが体は醜いクモ。彼女は男から決して愛されることのない悲惨な人生を生き抜いている

 客引きは、見世物として生きてきたスパンドーラは、本物のクモと同様にハエや昆虫を食べるとも語る。

 スパンドーラにはいくつかの改作版がある。最悪の場合、クモの体を描いた箱からぞんざいに首だけ突き出している女性を見るだけだ。

2_e
1938年、ヴァージニアでの見世物ショーのスパイドーラ

 だが改良版では、白い撚糸でできたクモの巣やフェイクファーを使ったクモの体や足で多少工夫の様子が見られるクモ女が歓待してくれることもある。

 足はチューブになっている場合もあり、スパイドーラが自分で足を本当に動かしているように見せることができる。

5_e

6_e

7_e

 スパイドーラ役の女性の実際の体は、クモの巣やクモの胴体に見せかけた箱の壁の後ろに隠れていて、頭だけが不気味に怖いもの見たさの観客のほうに向けられている。

 スパンドーラの存在は、蝶人間、ヘビ女などその他のたくさんの人間と動物のハイブリッド誕生の刺激となった。

8_e


首なし女(ヘッドレス・ガール)


 1939年、ドイツ、ハンブルグ出身の自称医師、ハイネマン博士(エゴン・ハイネマン)は、アメリカ・ニューヨークのワールドフェアで初めて「首なし女」を披露して観客たちの度肝を抜いた。

 首なし女のショーは、怖ろしいほどリアルに見えるトリックショーだ。首なし女「オルガ」はロンドンで店のショーウィンドウに展示され、この首のない女性の胴体を目にした者をぎょっとさせた。

9_e
エゴン・ハイネマンと首なし女「オルガ」(1930年代後半、イギリス、ブラックプール)

 この女性の喉からはチューブが伸びていて、彼女の食べ物の摂取を管理する仕掛けにつながっているという。

 スパイドーラと同様、この首なし女オルガもまた、ほかの魔術師に模倣されて、ティナと名づけられたリ、優雅にマドモアゼル・イヴェットと呼ばれたりした。

 首がないにもかかわらず、栄養補給チューブや説明のつかない技術によって"生きている"とされた。写真で見るとわかるように、首のない女性の姿は視覚的に非常に戸惑う。

10_e
アイオワ州のステートフェアに登場した首なし女


 首なし女が本物だと思わせるためか、多くのショーではどうして彼女が頭を失うはめになったのか、ということについて、サメに襲われたとか、トラックに轢かれて胴体と頭がバラバラになった不幸なショーガールといった、悲惨な裏話が必ずついてまわった。

19_e

 インターネットの"サイドショー・ワールド"によると、首なし女の出し物は1980年代にはアメリカや世界中で広がり続け、2002年にはオズフェスト(アメリカで毎年行われているロックフェスティバル)にもお目見えした。

 やはり、オルガや彼女のたくさんのライバルたちやコピーの不気味さが、思わず足を止めてしまう究極の出し物だったのだ。

11_e
1939年、ニューヨークのワールドフェアにて、小説家で編集者、魔術師でもあったクレイトン・ロースンと首なし女。ロースンは1940年にミステリ小説『首のない女』を書いている。

12_e
ニュージャージーでラジオのインタビューを受ける首なし女

13_e
頭が隠れる鏡のティアラをかぶる首なし女。テントの壁に反映されて見る者の目を欺く。古い車の部品や圧縮モーターといった機械類は、彼女の機能を維持し続けるためのものだという。

00

当時の映像も残されている。


Olga, The Headless Girl. SECRET MEDICAL MIRACLE!
References:dangerousminds/ written by konohazuku / edited by parumo 
あわせて読みたい
フリークスと呼ばれた人々。かつてのアメリカの見世物小屋で最も人気を博していた、ヒゲ女と犬少年の物語


人間が見世物とされていた時代。アメリカの人間動物園の目玉となったフィリピンのイゴロテ族(1905年)


半分キツネ、半分人間。パキスタンの動物園で人気のキメラ、キツネ人間「ムムターズ」


GIFアニメーションで見る、見世物小屋が舞台となった恐怖のホラー映画12選(閲覧注意)


戦争・文明・文化・権力。24の歴史的写真

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2018年02月11日 20:44
  • ID:H1yPmSWM0 #

蜘蛛女は45度に傾けた鏡を使ったトリックだね。
「手品のひみつ」みたいな本で見たことある。

首無し女も鏡のトリックぽい。顔の前に二枚の鏡をV字に置いてるんじゃないかな。
背景暗くすればまず鏡とはわからない。

2

2. 匿名処理班

  • 2018年02月11日 20:53
  • ID:4dPGPq8J0 #

人間の感性は常に変化しているんだなぁ・・・

当時のシュールとされていたもの以外にも創始時のディズニーとかの初期カートゥーンやピエロなんかも現代の人間が見ると拒否反応が出るけど、
逆に100年後なんかは現代のpopな「グロかわキャラ」とかいうやつでも同じ反応をされるかもしれない。

3

3. 匿名処理班

  • 2018年02月11日 20:56
  • ID:FoJyOvPP0 #

正直もうこんな感じでもいいから どっかに楽な仕事ない?

4

4. 匿名処理班

  • 2018年02月11日 21:25
  • ID:junIJoLR0 #

ちょっと笑っちゃったw
どうやったらこんなこと思いつくんだろう?

5

5. 匿名処理班

  • 2018年02月11日 21:30
  • ID:86mkqPbt0 #

首なし女は動画を見れば作り物とわかるけど、
白黒写真だと確かにギョッとする。
子供の頃「見世物小屋」という響きと得体の知れなさに
怯えたものだが大人の今なら少し見てみたいかも。

6

6. 匿名処理班

  • 2018年02月11日 21:44
  • ID:Hp1Mh1tw0 #

>1938年、ヴァージニアでの見世物ショーのスパイドーラ

これはさすがに…当時の人もわかっていて楽しんでいたと思いたい程ぞんざいな出来…

7

7. 匿名処理班

  • 2018年02月11日 21:46
  • ID:HNLonqxs0 #

さぁさぁ かわいそうなのはこのワイだよ親の因果が子に報い 生まれ出たる金無し男
もう財布には三千円しかないという やっと決まった配送のバイト その金入るの一月後
生きるか死ぬかだよお立ち会い

8

8. 匿名処理班

  • 2018年02月11日 22:04
  • ID:iiOy51Py0 #

「三本足の女」っていうのもあって、その口上が『足の付け根までご覧にいれます』だった。
当然、R指定だが怖いもの見たさとエロが癒合したこの出し物は大人気を博したそうだ。

9

9. 匿名処理班

  • 2018年02月11日 22:25
  • ID:fsCXHyrP0 #

イランの出し物で有名な羊男(女)と同じですね。

10

10. 匿名処理班

  • 2018年02月11日 22:30
  • ID:C03jAQL60 #

なんかすごいなぁ…
その時使える技術で魔法みたいなんを作り出すってのは発想力も改変力もいるしさらに行動に移すとなると技術力もいるからなぁ。
最初ちょっとやばめのネタかと思ったけどブラックなマジックショーやった

11

11. 匿名処理班

  • 2018年02月11日 23:31
  • ID:sXd.w0jY0 #

丸尾末広の方にもくもおとこあるけど、あれは今だと(というか本来ずっとだけど)もうアウトだね。

12

12.

  • 2018年02月12日 00:05
  • ID:ASxXSvuD0 #
13

13. 匿名処理班

  • 2018年02月12日 00:12
  • ID:tIL183BG0 #

ラジオのインタビューを受ける…って(笑)頭ないのにどうやって受け答えできるんだよ(笑)

14

14. 匿名処理班

  • 2018年02月12日 00:24
  • ID:p0uQ.ck00 #

見る人が見ればタネは分かりそうだし、本気で信じるのは子供と世間知らずだけな気がするな。種が分からなくても見世物の口上を素直に飲み込むとも思えないし。
昔の人も現代のネットに散らばった真偽不明の話みたいに楽しんでたんだろうか?

15

15. 匿名処理班

  • 2018年02月12日 01:03
  • ID:16iyJefs0 #

※1
動画だと首無し女は全然動かない。ただの人形だね・・・。

16

16. 匿名処理班

  • 2018年02月12日 05:57
  • ID:TaF1w16k0 #

首なし鶏マイクを思い出した

17

17.

  • 2018年02月12日 08:29
  • ID:O4sdCfZF0 #
18

18. 匿名処理班

  • 2018年02月12日 08:41
  • ID:SERKnfXK0 #

この二つを合体させて、頭チューブで体がクモのやつ作ろうぜ

19

19. じょん・すみす

  • 2018年02月12日 08:44
  • ID:hEgDHyil0 #

※14
口上を聞くのが楽しい、って見世物じゃないんですかね?
バナナのたたき売り、とかみたいなさ。

20

20. 匿名処理班

  • 2018年02月12日 11:20
  • ID:Y81FG7PY0 #

※3
その前に美しくないと務まらないから・・・

21

21. 匿名処理班

  • 2018年02月12日 11:35
  • ID:cHQ9Pdex0 #

※7
見世物役なのに金がないから口上まで兼任してて草
頑張って生き抜くんやで!

22

22. 匿名処理班

  • 2018年02月12日 11:59
  • ID:LT0feuo.0 #

※18
いやそれただの頭のないクモの人形

23

23. 匿名処理班

  • 2018年02月12日 13:07
  • ID:M1LAXZpA0 #

創意工夫の賜物だね
何故かこういうシュールで不気味、かつアナログなビジュアルってとても魅力的にみえてしまうんだ
昔の人も本気で信じていたというよりは、こういった不思議な魅力にぞわぞわする感覚を楽しんでいたんじゃないかな

24

24. 匿名処理班

  • 2018年02月12日 13:22
  • ID:14DSxfet0 #

脳がないと生きられないだろ、と思ってしまう現代では思いつかない興行だな。

25

25.

  • 2018年02月12日 13:24
  • ID:b70V9WjW0 #
26

26. 匿名処理班

  • 2018年02月12日 15:50
  • ID:gN.agXU10 #

蜘蛛女を紹介してるボーダーの服に帽子のおじさん、ロバート・カーライルにそっくり。

27

27. 匿名処理班

  • 2018年02月12日 16:52
  • ID:TYeDxxqe0 #

山田奈緒子さん、出番です。

28

28. 匿名処理班

  • 2018年02月12日 16:56
  • ID:CVPjw9W50 #

首なし女は、頭だけ後ろのカーテンに隠しているって読んだような…
身体を入れた箱を左右にずらす手品と同じトリック

29

29. 匿名処理班

  • 2018年02月12日 18:04
  • ID:0fhETOpA0 #

ティム・バートンの映画に出てきそうだけど見たことないな。

30

30. 匿名処理班

  • 2018年02月12日 19:30
  • ID:nCAhmO8c0 #

首無し女の画像見たらクーロンズゲート思い出した。

31

31. 匿名処理班

  • 2018年02月12日 21:03
  • ID:FxdXovFn0 #

自分子供の頃花見に行った際に見世物小屋に遭遇したことがある
頭が人間の女性の牛女がメインだったと記憶してる
怖がりなので自分は入らなかったが姉といとこが見に行った
今その見世物小屋はお化け屋敷になってしまった
ちなみに今でもあるのか調べたら2012年一件だけ残ってあそうだけど今どうなだろう

32

32. 匿名処理班

  • 2018年02月12日 21:32
  • ID:wYxiK6cs0 #

おいおい※欄に現代のフリークスがいるじゃないかw

33

33. 匿名処理班

  • 2018年02月13日 10:44
  • ID:RCeZItxd0 #

現在だと、差別や人権侵害の名で絶対に興行できない。
言うのは良いが、仕事を奪われた人が行き着く先が用意されてないのはどうかと思う。

34

34. 匿名処理班

  • 2018年02月13日 12:05
  • ID:U3cv.CSp0 #

こんなの信じていた
のどかな時代だな

35

35. 匿名処理班

  • 2018年02月13日 13:51
  • ID:pac9GAWU0 #

ピュアっピュアだったんだなぁ

36

36. 匿名処理班

  • 2018年02月13日 17:21
  • ID:31LwuZwR0 #

見世物小屋は「騙された〜アハハ」も込みで楽しめるようにならないと

37

37. 匿名処理班

  • 2018年02月13日 18:07
  • ID:fq8mA1Ff0 #

日本でも20年位前まではお祭りで見世物小屋ってあったんだよね
おどろおどろしい看板と呼び込みで牛女とか蛇女とか見たな

38

38. 匿名処理班

  • 2018年02月13日 18:47
  • ID:Smjsclz.0 #

スパイドーラは流石にネタだよね…
首なし女はたしかにびっくりする

39

39. 匿名処理班

  • 2018年02月13日 19:49
  • ID:hfAxEru40 #

止まるんじゃねえぞ・・・・💃

40

40. 匿名処理班

  • 2018年02月14日 00:26
  • ID:rc9LxuJv0 #

※37
30年ばかし昔、初詣の参道に蛇女がいたよ。幼心に見たいやら恐いやらですごい印象に残ってる
お胸丸出しだったから子供向けではなかったようだけど、もう見れないとなると見とけばよかったな

41

41. 匿名処理班

  • 2018年02月15日 10:24
  • ID:VteUUjE.0 #

※22
首が取れた状態で生き続けたアヒルか何かいなかったっけ

42

42. 匿名処理班

  • 2018年02月18日 15:43
  • ID:7tW2xJ.j0 #

蜘蛛女は私も見世物小屋で見たな。
おばあさんで、もっとチープだったけど。

43

43. 匿名処理班

  • 2018年02月19日 09:22
  • ID:kGMB7wMj0 #

※33
何のために国の福祉政策があると思ってんだよ
自分が失業したら見世物になんのか?何が、どうかと思う、だ

44

44. 匿名処理班

  • 2018年02月26日 23:51
  • ID:yLrPAesW0 #

7
ワロタ
無駄な才能w

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク