9

 先史時代の後半、メソポタミア北域で農耕が始まったとされる新石器時代(約8,000年前から7,000年前)を生きていた女性の腕力は想像以上に強かったようだ。

 それは今日のトップアスリートすら上回るという。これは世界で初めて当時の骨を比較した研究から明らかになったことだ。
スポンサードリンク


Prehistoric women’s manual work was tougher than rowing in today’s elite boat crews

当時の女性の骨が物語る、過酷な重労働


 この発見は、当時の人たちは男たちが外で重労働を担い、女たちは家庭で家事のような軽作業を行なっていたというこれまでの歴史観を覆すもので、実は女性たちの生活も重労働だらけだったということを裏付けている。

 これまで、我々の祖先の暮らしぶりを示すはっきとした記録は一切なかった。だが遺物や岩壁画、そして骨といった手がかりはあった。この骨が雄弁であったのだ。

3
image credit:youtube

 骨は体にかかる負荷に反応する生体組織である。

 「物理的衝撃と筋肉活動は骨に負荷をかけます。骨はこうした反復される負荷に反応して徐々に形状や曲率、厚みや密度を変化させます」

 この研究を率いた英ケンブリッジ大学考古学人類学学部のアリソン・マッキントッシュ博士はそう語る。


女性の骨に顕著に表れる変化


 女性の骨を男性の骨と比較した研究は以前にもあった。しかし男性の骨は女性のものに比べて、ストレスや変化に対してよりはっきり明白に反応するという問題があった。

 例えば、人類が狩猟採取生活から農耕を営む定住生活へ移行するにつれて生じた変化が、脛骨の構造に見て取ることができる。その変化は男性においてずっと顕著である。

 しかし先史時代の女性の骨と現代の女性アスリートの骨を比較することで、当時の女性たちの活動について精確なイメージを掴むヒントを得られる。
 
 「定期的に身体を酷使しており、その内容が分かっている存命中の人の骨の特徴を解析し、それを古代の骨の特徴と比較すれば、我々の祖先が先史時代に行なっていた労働の種類を推測できるようになります」

5
image credit:youtube

現代のアスリートよりも強い腕力


 マッキントッシュ博士のチームは、ケンブリッジ大学のアスリート(ボート選手やランナーなど)とあまり運動をしない人を対象に、CTスキャンで腕と足の骨を解析。さらに3Dレーザー撮像とシリコン成形で新石器時代の脛骨モデル89本と上腕骨モデル78本を作成した。

 その結果、脚力に関しては数千年前と今とでそれほど大きな違いはないが、腕力についてはそうでないことが分かった。

 新石器時代の女性の腕力は現代のボート選手より11〜16パーセント、運動をしない人との比較では30パーセントも強かった。
 
 また青銅器時代(約4,000年前から3,000年前)の女性の場合は、ボート選手より9〜13パーセント強かった。

4
image credit:youtube

石臼で穀物を粉に挽くには強い腕力が必要


 どのような作業によってこれほど腕力が強くなったのかは定かではないが、石臼で穀物を粉に挽く作業などによるのではないかと推測はできる。この作業は1日に長ければ5時間も行われていた可能性があるのだ。

6
image credit:youtube

 「数時間石臼で挽くという作業を繰り返し行えば、ボート漕ぎという力のいる前後の動作を行った時と似たような負荷が腕の骨にかかるでしょう」

 しかも当時の女性の仕事はそれだけではない。

 「鋤が発明されるまで、農業には手で畑を耕し、作物を植え、収穫するといった作業がありました。また女性たちは家畜の餌やり、乳搾り、肉の処理、毛皮や羊毛で布を作るという作業も行なっていたでしょう」

10
image credit:youtube

 農作業は基本的に力仕事だ。必然的に腕力が鍛えられていったのだろう。更に時代が進み、10世紀、暗躍したヴァイキングのリーダーは実は女性戦士であったことがDNAで判明したという研究結果が報告されたが、先史時代に培った腕力が遺伝子に引き継がれ、それが生かされたのかもしれない。

関連記事:屈強なヴァイキングの戦士、しかも高位軍のリーダー。実は女性だったことがDNA調査で判明(スウェーデン)

via:.sciencemag / Cambridge University/ translated by hiroching / edited by parumo

あわせて読みたい
2200年前の匈奴の女性戦士の遺体から宝石がちりばめられたベルトのバックルが発見される


先史時代の人類が戦ったであろう恐るべき10の動物


先史時代に存在していた3つの近代的発明品「原子炉・望遠鏡・衣服」


古代文明の歴史を覆すかもしれない!ロシアで発見された「シギルの偶像」は世界最古の木造彫刻であることが判明(共同研究)


俗にいう「男の仕事」を愛し、プライドを持ってその仕事に従事している女性たちの力強い写真

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 09:12
  • ID:iGdKcCGw0 #

記事の本筋ではないんだけど、
ボート選手と一般女性って筋力15%しか違わないの?

2

2. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 09:46
  • ID:bp7uWgV60 #

かかあ天下(物理)
女性は強かった(物理)

3

3. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 09:54
  • ID:zEv0n6L.0 #

8000年前はイモトだらけか!

4

4. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 10:09
  • ID:bp7uWgV60 #

強いのは腕力だけで、脚力は今と変わらんのか
ということは逆に、当時の男は今の男よりも脚力が強かったのかね

5

5.

  • 2017年12月04日 10:14
  • ID:j8EPkMKq0 #
6

6. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 10:27
  • ID:o3G3L.SN0 #

そんな時代は、男女問わず現代以上に人力が求められたのだろう。
当時は女性だけでなく、当然の事だが男性も腕力等の筋力は優れていたでしょう。

7

7. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 10:36
  • ID:PQr1n4Op0 #

現代でも特に発展途上国には幼いうちから長時間肉体労働してる人がたくさんいると思うから、それが腕力の強さの主因だとは思わない

8

8. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 10:59
  • ID:wq0X2Yxo0 #

女性が畑仕事、家畜の世話担当というのは今でも原始的農耕・狩猟民などで見られるね(昔のインディアンも)

9

9. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 11:00
  • ID:sT4OXr8x0 #

1500年代のアイルランドで発行された良き妻の本を
見たら手足がムキムキになるのは仕方ない
大体採用試験でよく死人が出るSASの訓練と比べて
この時代に働くごく普通の主婦のほうが過酷って
信じられんよ

10

10.

  • 2017年12月04日 11:08
  • ID:0aBzMQYB0 #
11

11. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 11:24
  • ID:yBtPaGkq0 #

昔の日本女性も体重以上の米俵担いでるしね
日常生活全てが重労働だった時代の人間は凄い

12

12. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 11:35
  • ID:Q4QHxw5u0 #

女子力(物理)っていうのは先史時代からの伝統だったのね

13

13. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 11:39
  • ID:NCqKbOrN0 #

なるほど、だから妻に尻に轢かれるわけだ・・・

14

14. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 11:54
  • ID:zEv0n6L.0 #

昔は皆強かったじゃなくて、昔は強い者しか生きられないだけって知ってても驚くよな。

15

15. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 12:37
  • ID:TGU6XS5M0 #

農業でも漁業でも、ちょっと体験するだけでも過酷な重労働なのに…
機械力無しで全てを行うって、そりゃ強くないと生き延びられないでしょうよ

16

16. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 12:46
  • ID:L3ULA6Xz0 #

日本の縄文人の骨で、関節が一つ多い奴が発見されたことがあるそうです、それはスネの骨なんですが。なんでも、何らかの理由で骨折した人が、骨折してるにも関わらず、生活環境が厳しすぎて、休む間もなく働き続けなくてはならなくて、折れた骨に負荷をかけ続けた結果、なんと!ヒザの下にもう一つヒザができてしまった。と言う話でした、その骨もたしか女性のものだったと思います、古代の女性って強いのね。

17

17. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 12:53
  • ID:IBjsmZd90 #

青銅器時代が約3500年前。
牛耕が始まったのが約7000年前。
それより前は石鍬使って人力で耕すしかないからね。そりゃー鍛えられますわ。

18

18. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 12:56
  • ID:BOxAJFI20 #

今も変わらず奥様方はみんな力持ちだと思うけど・・・

19

19. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 12:56
  • ID:F2KZS7mn0 #

荒川弘の「農民貴族」で
農家の娘さんと婚約した会社員の男性が
農作業を手伝おうとしたが牧草の束が持ち上げられず
義父に「うちの娘なら軽々持ち上げるのに」とつぶやかれる
機械化が進んだ現代ですらここまで鍛えられるのですから。

20

20.

  • 2017年12月04日 12:59
  • ID:Y9NFpNUp0 #
21

21. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 13:15
  • ID:K6vVbUTq0 #

女の子育てパワーは男の理解を越えてるから

22

22. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 13:24
  • ID:bp7uWgV60 #

石で穀物を粉に挽くのは実際にやったことあるけど、
「この作業で消費したカロリーを、この穀物で補えるのか・・・?」って
作業中に考えてしまうくらいにはハードな作業だったぞ

23

23. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 13:28
  • ID:F2KZS7mn0 #

※19
すいません 百姓貴族です

24

24. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 13:30
  • ID:uMEb6vpb0 #

カカア天下

25

25. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 14:23
  • ID:rlk.j7NY0 #

日本でも戦前までは米俵五俵(300kg)担いでた農家の女性もいたみたいだしね
5人ぐらいの女性を担いで曲芸してる女の人の写真も残ってる

26

26. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 14:42
  • ID:j15w4mgc0 #

現代でも機械を使わない家事は肉体労働だよ。
病気して筋肉落ちた状態から料理したら肉や野菜を切る作業けで、手首から腕にかけて負荷が物凄かった。
毎日の作業で鍛えられ支ええてくれる筋肉に感謝だった。

柔らかいゴマでも擂り粉木すると普段使ってない筋肉がプルプルする。
さらに硬い穀物を擂り引く作業って、凄い労力だよね。

27

27. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 15:46
  • ID:8JZeSxkz0 #

「八重の桜」の新島八重は13歳の時に米俵を両脇に抱えて運んでいたとか
さすがに当時でも、驚かれるほどの怪力だそうだけど
生活環境って人間にとってそれほど大きなものだというわけだね

28

28. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 16:21
  • ID:5sfRfPE20 #

というか、家事こそ重労働なんだけど
昔の刃物は切れ味悪いし、何をするのにもすべて手作業
というか小さいお子さんのいる母親の筋力って半端ないぞ。10キロぐらいの子供を反動無しでだっこしたまま座った状態から立ち上がれるこわい

29

29. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 16:25
  • ID:hOHiZ.wV0 #

昔は麦の粉を挽き、今は夫を尻に敷き

30

30. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 17:10
  • ID:E2PNu9D.0 #

女性が華奢というイメージは、近代以降の都市文明の中の女性のことではないのかな。農村の女性はずいぶんと丈夫だった感じがするけどね。

31

31. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 17:39
  • ID:KUFq5UJN0 #

狩猟民俗のリーダーは女が多いとかなんとか読んだな

32

32. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 17:56
  • ID:ipnHhczA0 #

その筋力と引き換えに利便性と知識を手に入れたのが現代人だからね……

33

33. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 18:53
  • ID:atC8uxFa0 #

5キロの子供ずっとおんぶかだっこしながら家事や買い物して、抱っこひも卒業して歩き回る上の子の面倒みてた専業主婦時代のうちのかーちゃんの昔話聞いてもやべえなってなるから、なんかもうかーちゃんってすごい。

34

34. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 19:42
  • ID:jXVmFstV0 #

今も昔も変わらんやん!
まるで、うちのかみさんのことやで。
何かでもめて、一度も勝ったことがない気が・・・。
こう言うんは勝ち負けやないからな(強気)
「ワザと負けてやるのも大変だゼ、キリッ」(小声)
ゴメンナサイ・・・ウソです。・・・だから年末お小遣いあげて(切実)

35

35. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 19:56
  • ID:.2ly2aDS0 #

こわい

36

36.

  • 2017年12月04日 20:50
  • ID:I0Avnqgc0 #
37

37. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 20:51
  • ID:joFm5.cF0 #

※4
ただし 現代アスリートの脚力だぞ 

38

38. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 22:04
  • ID:7LmiDtfm0 #

「のんびり木の実を集めてくるだけ」「家で軽作業するだけ」ですむわけないよなあ

39

39. 匿名処理班

  • 2017年12月04日 23:40
  • ID:Q1JNL5Gu0 #

※33
「ずっと」って、赤子が5キロの時期なんか
ものの1ヶ月も続かないと思うが…??
6〜7キロぐらいまではあっという間に行くだろ?
そこからは伸びが鈍化するが。

仕事柄、いろんな月齢・体格の赤子を世話してきたが、
自分や同僚の経験的に言うと、7キロぐらいまでの子は
抱っこしててもおんぶしてても
空気を抱いてるみたいにふわっと軽いよ。
9〜10キロぐらいからズシッときだす。

40

40. 匿名処理班

  • 2017年12月05日 00:15
  • ID:ZWvHIYYI0 #

縄文人のドングリ拾いだって屈むから腰は痛いし帰りはものすごく重くなるし家に着くと製粉作業が待っている。余ったドングリは2mくらい穴を掘って埋める。ものすごい重労働だわな。

41

41. 匿名処理班

  • 2017年12月05日 00:51
  • ID:.Nwh2Ipz0 #

農耕が始まると、男の寿命は延びるのに、女の寿命は劇的に短くなったらしいな
定住化出産頻度の上昇が定説だったが、家内労働の激化も一因か?!?

42

42. 匿名処理班

  • 2017年12月05日 01:18
  • ID:ZBCmGaot0 #

確かに今も凄いけど昔の母ちゃんはもっと凄かったな、ぎりエレベーターの無い4階に居たころ普通に米かついで階段登ってたし、車は一家に一台の時代で親父が仕事に使ってて無いからどこ行くにもチャリだったけど今思い出すと前と後ろに自分達兄弟乗っけて片道30分はかかる病院とか安売りスーパー行ってたな(今は3人乗りダメなんだっけ?)

43

43. 匿名処理班

  • 2017年12月05日 08:18
  • ID:3rZXFDNs0 #

インフラの整ってない国では今でも水汲みは女子供の仕事らしいけど
水は重いから、水汲みだけでも結構な筋肉がつきそう
皮をなめしたりするのも全部人力だもんね

44

44. 匿名処理班

  • 2017年12月05日 09:08
  • ID:fTWvfQu.0 #

沢山空気吸いそうな鼻してるよな。

45

45. 匿名処理班

  • 2017年12月05日 09:22
  • ID:NFCcKbIo0 #

まあ普通に考えて、酸素濃度とか引力の違いなどが重だろうな
それと古代では人間の遺伝子が一番濃い時代で、現代では人間が薄まってる状態、その辺りも、関係してると思う
重い物を持っただけで強くなるというのは現代的な意見で
もう少し多方面から見る必要があると思う

46

46. 匿名処理班

  • 2017年12月05日 09:49
  • ID:Tru.b0kL0 #

食い物も違うだろうから相当馬力出ただろうね。日本人も麦食ってた頃は腸内細菌の影響でビタミンBが潤沢に使えるため力持ちだった。米食が主流になってビタミンBが不足したらいわゆる「脚気」「江戸患い」になった。腸内細菌の影響で芋しか食えないのに筋骨隆々の部族とかも居たよな。当時の人たちは何食ってたんだろうな。

47

47. 匿名処理班

  • 2017年12月05日 09:50
  • ID:CRQ.WU6r0 #

知り合いのカーチャンも10キロ近い赤子おんぶして3歳の子と5歳の子を追いかけてるんだから凄い。腰の負担がかなりのものらしいけど…。

48

48. 匿名処理班

  • 2017年12月05日 11:23
  • ID:Cem6pj2f0 #

縄文時代で考えても固い団栗を挽くだけで重労働だと思う。

49

49. 匿名処理班

  • 2017年12月05日 12:14
  • ID:Jns7dWFb0 #

※1
筋肉量が15%違うと筋力は2倍程度になります。
例えば一般女性(20-24歳)の平均腕力は28.22kgですが、15%筋肉量が増えると56.44kgなので同じく一般男性(20-24歳)の平均腕力47.31kgを軽く上回りますね。
ちなみに男性だと筋肉量50%差ある人も居り(筋肉量の上限は人によって異なる)、その人は一般男性の4倍以上の筋力を発揮するみたいです。

50

50. 匿名処理班

  • 2017年12月05日 15:34
  • ID:cctTmFj30 #

嫁が某吉田沙保里さんを超える戦闘力を持つとイメージすれば良いのかな

色んな意味で家の守りが万全そう

51

51. 匿名処理班

  • 2017年12月05日 18:33
  • ID:Cem6pj2f0 #

※50
そりゃ目から監視ビームもでるな。

52

52. 匿名処理班

  • 2017年12月05日 19:12
  • ID:VTHjygzd0 #

土偶のぽっちゃり体系は贅肉ではなく筋肉の塊だったのかもなぁ

53

53. 匿名処理班

  • 2017年12月05日 20:11
  • ID:Tdskx3nD0 #

バイキングのリーダーが女ってマジか
ジャンヌダルク伝説も色々と理由づけして整合性を見出そうとする奴がいるけど、案外普通に男より強かったのかもな

54

54. 匿名処理班

  • 2017年12月05日 22:55
  • ID:aQkRJcXq0 #

※43
途上国の水汲みって、なんとなく
主に頭の上に大きな壷を載っけてるイメージあるけど
(体幹に垂直に載せた方が腕や肩に無駄な力が掛からない)、
ああいうのって、関節への負担とか大変そうだが
筋力がつく云々とはまたちょっと別物の気も。

まぁ、自分の体重+重い荷物を支えて長い距離歩けば
脚の筋肉はつきそうだけど。

55

55. 匿名処理班

  • 2017年12月06日 09:26
  • ID:SvytRqHB0 #

※41
昔読んだ本では、穀物の石臼挽きで背骨にヘルニアができた人が結構いたらしい
これが寿命を縮めた原因の一端かもしれないね

56

56. 匿名処理班

  • 2017年12月07日 00:12
  • ID:cinMCgCC0 #

※39
ツッコミありがとうございます…投稿してから違和感を感じていたのですが、訂正し辛くてそのままでした。すみません。
冒頭の5キロの前に最低でと付け加えさせてください。
※33は、母と私の「あんたが小さい頃は家事や買い物の間もずっとだっこかおんぶしてたんだから!あんたはベビーカーを嫌がってねえ。」「えっ生まれたときが3キロでしょ、首がすわる頃には5キロはあるよね!?重くない!?」「重かった!」という感じの話をふわっと紹介しようとして失敗したものです。
ツッコミ所が多いですが、大目に見て頂けると幸いです。

57

57. 匿名処理班

  • 2017年12月08日 06:49
  • ID:Tn0UFDUD0 #

※42
米って、団地の4階に住居むような人だと
昔みたいな60kgの米俵とかじゃなく
店で売ってるせいぜい5kgや10kgの袋だよね?

※28の人を見ても思うけど、
その程度をすごいと思う現代っ子の弱体化ってヤバくない…?
中年世代の自分からすると、1歳ちょいぐらいの子なら
抱いて無反動で立ち上がるって「ごく普通」としか。
赤子なんか、昭和30年代ぐらいまでだと
10歳くらいの小学生の兄姉でもずっと背負ったまま遊んでるし。

椅子から片足を浮かせたまま立ち上がって
ぐらつかないかどうかとか、中高年向けの
寝たきり老人リスクの簡易テストで、
今の20代の若い女性は軒並み50〜60代レベルの悪成績
とかいう話も聞いたことあるけど、
マジでどうにかしないとこの先ヤバいと思う。

58

58. 匿名処理班

  • 2017年12月08日 12:44
  • ID:5GXl7YVi0 #

平均的な体格の日本人女性でも、筋断面積や背筋力から推定すると体重120~130kg程の人をおんぶできる計算になります。
実際は重心や水平方向のバランスをとる必要があるので、練習しないと難しいかもしれません。
発展していない国では痩せている子供が重い水などを運んでいたりしますが、筋力よりもうまく重心をとる能力や筋持久力が優れているのでしょう。

59

59. 匿名処理班

  • 2017年12月08日 14:41
  • ID:GVG53vy40 #

※57
君は否定と悲観しかないなあ

60

60. 匿名処理班

  • 2017年12月08日 20:11
  • ID:3Lr.CR8g0 #

そんな昔の人たちなら「人」というより人の脳を持つ野生動物に近い気がしますね。
それでも厳しい自然界のなかで生き抜いたのは筋力よりも頭脳が発達していたからでしょうね。

61

61.

  • 2017年12月10日 14:16
  • ID:7diQo4CW0 #
お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク