top

 偶然出会った1匹の子猫に、命と人生を救われたというアメリカの元軍人のエピソードが話題になっている。

 戦場で心身に深い傷を負い、PTSDとなり絶望から命を絶とうとしていたジョシュ・マリーノのもとに突然現れた小さな猫。

 スカウトと名付けられたその子猫は、ジョシュに生きる希望を与え続けた。一時行方不明になるも、奇跡の再会を遂げ、ジョシュを励ました。

 子猫の支えで社会復帰も果たし結婚することとなったジョシュ。それをすべて見届けた子猫は天に旅立っていったのだ。
スポンサードリンク

Josh & Scout, a Mutual Rescue™ Film

戦場で体と心に傷を負った軍人


 これは、ジョシュ・マリーノが体験したスカウトとの思い出をMutual Rescueという非営利団体がYoutubeやフェイスブックで今年5月に公開したものだ。

 ジョシュ・マリーノは元軍人だ。かつて米軍に入隊したての頃、ジョシュは母国の旗がついた軍服に袖を通し、国に尽くすことを誇りを持っていた。

スカウトに会う前のジョシュ
01
image credit:youtube

 だが彼はその後、戦地で恐ろしい体験を味わうことになった。

 バグダッドに派遣されたジョシュは、ある日至近距離で受けた迫撃砲の影響で脳の一部を損傷し、PTSDにも悩まされるようになった。

 戦地から帰還した彼は深刻な傷とPTSDに苦しみ続けた。戦場で負った見えない傷で物事への集中力をも失ったジョシュは、日常生活をまともに送ることができなくなっていた。


自らの命を絶とうとしたその時、子猫が現れた


 そしてある雨の日、ジョシュは限界を迎えた。もう耐えられなかった。暗い部屋で手持ちのナイフの中から1本を取り出した後、パソコンに遺書をしたためて外に出た。

 雨に濡れながら階段に座り、最後の煙草に火をつけて心の中でつぶやく。 「・・これですべて終わりにしよう」

04
image credit:youtube

 と、その時。彼の耳にかすかな猫の鳴き声が飛び込んできた。
 
 ふと目をやると茂みから黒と白のオスの子猫がぶらりと歩み寄ってきた。驚いている彼の足に体をすりつけるとなでて欲しそうに彼を見た。

05
image credit:youtube

 そうか、この子猫は知ってるんだな。どうにもできなくなった自分のことを知ってて、それでも励ましてくれてるんだ・・・。

 その瞬間、こらえきれなかった想いが一気にあふれてジョシュは号泣した。こんな自分をまだ必要とする存在がいる・・そう思うと涙が止まらなかった。


子猫との出会いで希望が生まれたジョシュだったが・・


 それからというもの、ジョシュは自分が抱えている問題に頭を悩ますのを一時中断し、外で待つ子猫の世話を始めた。

 ツナ缶や軍で配られる食事をやってかわいがっているうち、子猫も彼の声を覚えてくれた。
 
 そうこうしているうちに、ジョシュは外に出るのが楽しみになった。子猫が彼に希望を与えたのだ。

 子猫はジョシュから何かを奪ったりはしないし、ジョシュが抱える傷や欠点も見ない。それが彼を安心させた。

 しかしある日のこと、子猫が姿を見せなくなってしまった。突然の別れにジョシュはひどく意気消沈して荒れた。

07
image credit:youtube

 ジョシュはそこであることに気づく。

 自分が子猫を助けてたんじゃなく、実は自分も子猫に助けられてたんだな・・と。ジョシュはそこでいろんなことが見えてきた。

 それ以後、彼は消えた子猫との出会いに感謝し、会えないことをさびしく思いながらも、自分の面倒を見てくれていた周囲の人々にも感謝するようになった。


偶然立ち寄ったイベントで奇跡の再会を果たす


 それからしばらくして、ジョシュはベッキーという同郷の女性とつきあい始めた。そしてある日、彼女と保護動物の里親探しのイベントに立ち寄り、ケージが積まれた施設の中に入った。

 するとジョシュの身に信じられないことが起きた。

 ケージから何かがジョシュの左腕を何かがつかみ、彼を立ち止まらせた。

 とっさに驚いた彼がケージを覗き込むと、ずっとずっと会いたかったあの白黒の子猫がいたのだ!

09
image credit:youtube

 彼は即座に子猫を出してぎゅっと抱きしめた。すぐに手続きを済ますと自宅に連れていきスカウトと名づけて共に幸せに暮らした。

010

 それから1年後、ジョシュはベッキーと結婚し、彼女の3匹の猫も家族に迎えてにぎやかに過ごし始めた。

011
image credit:youtube

スカウトに励まされ社会復帰。だが悲しい異変が・・


 新しい家族とスカウトに見守られながらジョシュは日常をとりもどした。自転車に乗り、食事にも気を配り、いろんなことに取り組んだ。

 学校にもどり、修士の学位やリハビリとメンタルヘルスのカウンセリングの資格も取り、同じような経験をした退役軍人のために働けるようになった。

スクリーンショット-(3839)
image credit:youtube

 しかし、そんなある日のこと、スカウトの体調にある悲しい異変が見つかった。

 だるそうにし始めたスカウトに気づいたジョシュとベッキーがすぐに獣医に連れていくと、猫の白血病だったことが判明した。


大好きなスカウトがジョシュに教えてくれたこと


 すぐに獣医に輸血などの治療を施してもらい、懸命に夫婦で見守り看病していたものの、スカウトは2週間後の夜に呼吸困難に陥いり、急きょ獣医のもとに向かう途中、ジョシュの腕の中で旅立ってしまった。

013
image credit:youtube

 その時のつらい別れの記憶は今もジョシュの胸を激しく締めつける。

当時を振り返り、苦しそうに声を震わせるジョシュ
014
image credit:youtube

在りし日のスカウト
018
image credit:youtube

021
image credit:youtube

 心を損ねていたジョシュにいろんな気づきやチャンスを与えてくれたスカウト。ジョシュは今でもこの奇跡のような出来事を思わずにはいられない。

019
image credit:youtube

017
image credit:youtube

 スカウトは私の猫になる前から私をよく知っていて、命を救ってくれました。そして私を別な道に導き、すべての逆境から立ち直る自信を与えてくれたんです。

0120
image credit:youtube

 もうジョシュは自分に見切りをつけたりはしない。全てをあきらめかけた自分を救ってくれたスカウトに感謝し、楽しかった彼との日々を胸に大切な家族と支え合いながら、前を向いて生きていく。

via:lifewithcats / consciouscat / facebookなど / translated by D/ edited by parumo
あわせて読みたい
激戦の続くシリアで放置された猫を救う反政府軍の「猫大佐」(追記:画像追加)


動物が人間を救うシリーズ。火事から家族を救ったクロネコのルナ(アメリカ)


猫様すげぇ!人間にとって猫が必要な25の理由


家族を見捨てることは絶対にできない。住み家を奪われ命からがら逃げてきた避難所に猫を連れてきたシリアの家族


運命が引き寄せた出会い。命を救った猫に命を救われた飼い主の物語(アメリカ)


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 11:45
  • ID:qCsI0xbq0 #

こんなんあかんやん
絶対泣くやつですやん

2

2. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 11:51
  • ID:oSZoJsDi0 #

白いお髭がチャーミング

3

3. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 11:54
  • ID:e9U9GbNE0 #

あれ、おかしいな。
タイトル読んだだけで目から汗が。

4

4. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 12:02
  • ID:uJLKCXwB0 #

ニャンコとの間の絆もすごいし、この飼い主さんの、不屈の精神力に感動した。

5

5.

  • 2017年10月16日 12:03
  • ID:.FjKbY2l0 #
6

6. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 12:07
  • ID:69Thursm0 #

自身が全力で生きて生きて生き抜いて
そしてついに虹の橋を渡る時、スカウトが橋で待っててくれるさ

と思いつつ・・・誰だよ玉ねぎ切ってるのは・・・

7

7. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 12:11
  • ID:2h0Y9fD70 #

おお、そうだ
自分もどれほど飼い猫に癒やされていただろう
失って尚更、尊さが分かるというものだ

8

8. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 12:18
  • ID:yEvhRF.Z0 #

スカウト「ジョシュはワシが育てた」

9

9. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 12:22
  • ID:JujkSUmR0 #

おいおい月曜日の昼間からなんてものを見せてくれるんだよ…
スカウト、虹の橋の向こうでどうか幸せに
そしてジョシュと家族もずっと幸せでありますように

10

10. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 12:26
  • ID:bH1bxH8.0 #

いかん、職場なのに涙腺が…
猫って人間か「それ以上の何かの存在」を内に秘めて生まれてきている気が幾度となくする

11

11. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 12:42
  • ID:vlY7TCji0 #

幸せに過ごせますように

12

12. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 12:46
  • ID:lz0WInez0 #

お昼ごはんがことのほかしょっぱいのですが・・・・

13

13. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 12:59
  • ID:TBLaXnrK0 #

「スカウトがジョシュの腕を掴んだ」で泣いた…。゚(゚´ω`゚)゚。

14

14. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 13:03
  • ID:4S16HAgN0 #

その絵は元兵士が描いたのかな?いやなんか伝わるからいいけど
スカウトはなんか天命を受けてやってきたのかな
時間経過から考えると五年くらいで社会復帰させて結婚相手まで作らせるとはなかなか仕事人の猫だな

15

15. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 13:05
  • ID:Anj14zX20 #

映画化決定だな。
タイトルは「スカウト〜君がいたから〜」

戦場で傷ついた一人の青年が一匹の子猫との出会いで立ち直っていく感動の物語。
きっとまた合える。

スカウト君に合掌。ご冥福を祈ります。ジョシュさんの家族に今後とも幸あれ。

16

16. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 13:07
  • ID:sOUAYP9Q0 #

あーあ、泣いちゃったよもう。仕事中だよもう。素敵な記事をありがとう。

17

17. ワニさん

  • 2017年10月16日 13:11
  • ID:1qB0hCNW0 #

 自分を必要とする存在を失って初めて
自分に相手が必要だった事痛感させられるワニね

18

18. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 13:19
  • ID:J849xVT90 #

(´;ω;`)ブワッ

19

19. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 13:21
  • ID:Hq5YPxxI0 #

スカウトに救われたジョシュさんが
たくさんの退役軍人たちを救っている
スカウトはたくさんの人々を救ってるんやなぁ

20

20. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 13:28
  • ID:2AgtoIKW0 #

スタバで涙腺が…こういう記事を見ると世の中いい面もあるなと、心が軽くなります。ジョシュさん、スカウトちゃん、記事を紹介してくれたパルモたん、ありがとうございます。

21

21. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 13:31
  • ID:toMQiUtX0 #

げにまっこと、事実は小説より奇なりとは言うけれど
こんな数奇な人生を送る軍人さんと猫の話もあるもんさね
でも本当にこの猫を見送ったのがあの軍人さんでよかったなぁ、うん……

22

22. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 13:32
  • ID:jvIC2xor0 #

こういう出会いってあるよな。
ただの偶然や勘違い・しょうもない妄想だったとしても、それで救われたなら万事OKだわね。
動物とは言葉を介さないぶん、直に心が動くのだろうな。

23

23. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 13:37
  • ID:Pf3At1cS0 #

ジョシュの奇妙な冒険

24

24. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 13:52
  • ID:hBNPLJ200 #

迫撃砲を至近距離で受けるとそうなるんだな。職務への集中力を失ってまともな生活をとはなんと気の毒なことか。ネコがいて本当によかったもんだ

25

25. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 13:56
  • ID:XjCVL3N90 #

戦争の後遺症は辛いね。一度は命を絶とうとしたけど、
小さな命を慈しむ気持ちが残っていてよかった
きっとスカウトも幸せだったはず
また、スカウトがウチのに激似で余計泣ける

26

26. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 13:58
  • ID:rLeAfr3F0 #

前を向いて行動する事が結局自分を救う事に繋がるんだなぁ
保護施設に行く気に成った此の人と、此の人を見かけた猫の逃すまいとした咄嗟の行動
ドッチも重要だった

27

27. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 14:04
  • ID:O8xfDhLm0 #

いい記事をありがとう。

28

28. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 14:15
  • ID:1.d9jbXQ0 #

コメント欄を見て更に泣く。暗いニュースが続くけどこの世界だって捨てたもんじゃない。

29

29. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 14:17
  • ID:VVb0UQ1D0 #

寒くて巻いてたマフラーがビショビショ・・・。

30

30. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 14:35
  • ID:iYPzMRng0 #

猫はただ猫であるのみだけれど、人にとって猫ってのはある種の天使なんだわね。

31

31.

  • 2017年10月16日 14:40
  • ID:3VqJ.Pne0 #
32

32. 護国防人

  • 2017年10月16日 14:54
  • ID:BS.PRL920 #

疲れ目かな?ドライアイ!?涙が出て・・・・・・アレッ・・・止まらないや(号泣)

天使やん!猫の姿をした天使やん!

33

33. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 14:58
  • ID:qXx3k0vy0 #

コメント欄の皆さん、会社で見過ぎですよぉもうー
ふいに訪れる目に汗の話しだってあると分かってるはずじゃないですかぁ(´;ω;`)ブワッ

34

34. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 15:13
  • ID:qq517.Zz0 #

ケージの中からジョシュに手を伸ばす子なんだもの
きっとあたらしい毛皮に着替えて帰ってくるよ

35

35. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 15:20
  • ID:qxTt0oQ90 #

ここから奇跡の物語が始まる「僕のニャンダフル・ライフ」

36

36. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 15:22
  • ID:zTh0fqbf0 #

NNNはやはりいい仕事するな

37

37. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 15:24
  • ID:4BdUWSAO0 #

全俺が泣いた・・・

38

38. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 15:33
  • ID:tA2fOS5Q0 #

NNNもやってくれるじゃーなイカ!
こんなにも大変な状況から、立ち直る一歩を支えるとは。
人間だけじゃできなかった、素直に認めるよ!
(あ、そんなウツの自分を支えてるのも、シッポズだったー。)

39

39. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 15:49
  • ID:XMWzvhGd0 #

保護施設のイベントで偶然の再会とか凄すぎる!
運命の赤い糸って異種族間にもあるんだね。
ジョシュさん、元気になれてほんとに良かったね。
スカウトさん、どうぞ安らかに。そしてありがとう。

40

40. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 16:00
  • ID:2e35Eefq0 #

絶望の果てにあった時、人は自分の為だけには生きられないって事なのかなぁ。
色々考えさせられる。
こんな奇跡が起きる事もあるんだね。
素晴らしい!

41

41. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 16:08
  • ID:hCY.AOmb0 #

ネコって不思議と具合が悪かったり気分が沈んでいたりするのに気付いてケアしてくれるんだよね
普段素っ気ない分余計に響く

42

42. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 16:12
  • ID:46nvrcAL0 #

NNNは猫のためのネットワークとおもいきや、
人間にも優しい組織だったのだな……。

43

43. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 16:18
  • ID:6EqxdDY10 #

スカウトは絶対に幸せだったと思うぜ

44

44. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 16:22
  • ID:kOMJwFc90 #

この記事、永久保存する。人生でこれから何度もこの記事を
読み直すと思う。戦争行ってないけど、ほぼ自分のリアルと同じ
です。猫が教えてくれるものは大きすぎる。

45

45.

  • 2017年10月16日 16:47
  • ID:5V6rQUmF0 #
46

46. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 17:07
  • ID:TD5c2Sb30 #

ネコ




47

47. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 17:32
  • ID:Mb07ZROk0 #

猫神様じゃ。
猫神様に違いない。

48

48. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 17:42
  • ID:4GCaQm6H0 #

ウインクしてる写真で確信した
絶対これ中身はどっからか遣わされてきたやつやん!

49

49. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 17:44
  • ID:mHgTmvBt0 #

何だか神がかった顔をしている。
輪廻転生を繰り返して菩薩に近づくと、こんな顔になるのかな。
動物との出会いは決して偶然ではないと感じる。
人生と猫生が交錯する、互いに助け合い救い合う、、

50

50. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 18:07
  • ID:BI5ULmxJ0 #

NNNがまた一人と一匹を幸せにしたんだな。

51

51. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 18:13
  • ID:HwUDguSA0 #

まさか覚えてたとは…

52

52. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 18:39
  • ID:n6.jRY4l0 #

一番辛いときになぐさめてくれて
やっと乗り越えて色々片付いたときに病気で亡くなってしまったうちの猫を思い出した
忘れたことなんかないけど
うちの猫は自分を励まして守ってくれてたんじゃないかと今でも思うよ
話せないだけで猫はそういうところ絶対あるよね

53

53. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 18:51
  • ID:4BdUWSAO0 #

ネコ





54

54. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 19:10
  • ID:Dym84xYu0 #

一度は退場し
運命に再会まで仕込むとは…
誰も逃げられない。
そう、NNNからは。

55

55. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 19:31
  • ID:zL.PPyLF0 #

た、たまねぎが…

56

56. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 19:36
  • ID:Tkznz1uZ0 #

一方俺は飼い猫と自堕落なニート生活を送っていた

57

57. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 19:44
  • ID:Rl6myMN.0 #

ドライアイが潤う…なんでだろう

58

58. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 19:56
  • ID:JHwX2kmJ0 #

この人が自分の問題を一度脇に置いても子猫を気に掛けたからこそ最善の結果に至ったんだろう。ただの通りすがりの子猫で終わったかもしれないのに。
たとえすべてが偶然の産物でも、それが生かされたことが尊く感じる。

59

59. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 20:02
  • ID:NjZqSclg0 #

あー帰宅途中の電車の中なのに涙が止まらんやないか。周囲の人に不審がられてるわ。

60

60. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 22:29
  • ID:pahvvAgL0 #

ジョシュの心の奥底の「でも生きたい」という深層心理が具現化したような存在だ。

61

61. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 22:37
  • ID:R1JDkWXD0 #

こんなん泣くやん

62

62. 匿名処理班

  • 2017年10月16日 23:04
  • ID:Cmwktyfo0 #

あかん、最後のインタビューの所で泣いた

63

63. 匿名処理班

  • 2017年10月17日 00:45
  • ID:SDxxAJTn0 #

こんなこともあろうかとハナからこの手の記事は仕事場で読まないワイ高みの見物。
安心して(´;ω;`)ブワッ

64

64. 匿名処理班

  • 2017年10月17日 01:14
  • ID:LABHQWc30 #

最近辛い事があり凹んでいたんですが、この記事を読み、ドス黒くピリピリしていた心が何だか浄化されました。
哀しくて切ないけれど、温かくて愛おしくなれる素晴らしい記事をありがとうございました。
久々に、綺麗な涙を流せました。

65

65. 匿名処理班

  • 2017年10月17日 02:25
  • ID:stSqK3y80 #

かつてシェルショック症と言われた典型的戦時ストレス障害の一種ですね。
でも記事読んだ自分は5年前に自分の闘病を支えた後に癌で旅立った相棒を思い出し、典型的ペットロス症で涙がこらえられませんわ…

66

66. 匿名処理班

  • 2017年10月17日 03:10
  • ID:myugx3U20 #

NNN「緊急事態である!今にもタヒにそうな顔色の人間を発見した!まだ専属下僕を持たない会員は至急急行し、ナデナデを要求するように!繰り返す、多少強引でも良い、ナデナデを強要して抜けかけた魂をこの世に引き戻すのだ!」

67

67. 匿名処理班

  • 2017年10月17日 05:51
  • ID:uNjqlQzQ0 #

。゚(。ノωヽ。)゚。神様のイヂワル

68

68. 匿名処理班

  • 2017年10月17日 07:27
  • ID:slOMGpI70 #

目と鼻から水が・・・。
どんなときもこんなときもあんなときも・・・。
傍にいたいよ〜〜(ノω<。)


69

69. 匿名処理班

  • 2017年10月17日 08:13
  • ID:9gKz85Nt0 #

スカウトの魂に平安あれ。

70

70.

  • 2017年10月17日 08:59
  • ID:5DfX6cxQ0 #
71

71. 匿名処理班

  • 2017年10月17日 14:44
  • ID:smMm1QAL0 #

彼はこうして立ち直ることができたけど、彼のような米兵に愛しい人を殺されたイラクやアフガンの人は、猫を飼う余裕すらない極貧に追いこまれ、自爆テロの尖兵となって復讐するより他に道がなくなる……美談で終わらせちゃいけない話だよこれ

72

72. 匿名処理班

  • 2017年10月17日 14:45
  • ID:S7IzfdkE0 #

もふもふは何時も人を救うね…

73

73. 匿名処理班

  • 2017年10月17日 21:42
  • ID:2NqPlT2g0 #

マジで泣いてもうた

74

74. 匿名処理班

  • 2017年10月17日 21:50
  • ID:Nm19sX9c0 #

ジョシュさんが何もかもあきらめてたから目に入った命でもあると思う
あなたもスカウトを立派に救ったんですよと伝えたい
スカウトさん、彼を孤独から救ってくれてありがとう
PTSDを抱える人に必要なのは人を態度や見た目で判断しない純真無垢な他者ということが往々にしてあると思う
スカウトさん彼のそばに居てくれてありがとう

75

75. 匿名処理班

  • 2017年10月17日 22:47
  • ID:o4jZ.ag50 #

イイハナシダナー
この一言がこんなに合う話もない

76

76. 匿名処理班

  • 2017年10月17日 22:53
  • ID:4E1Y2Afo0 #

(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)ウウウ
スカウトさんは役目を果たして帰って行ったんだね。

鼻水ズルズルーーーーーーーーーー💧





77

77. 匿名処理班

  • 2017年10月18日 00:07
  • ID:ZICCnq3s0 #

家でよかった涙が止まらんやんけ

78

78. 匿名処理班

  • 2017年10月18日 14:20
  • ID:46hr60Tr0 #

ベッドから起き上がれなくて 会社を休んで
スマホを見てたらこの記事で。号泣した。
亡くなったウチの猫が 天国から励ましてくれてるのかな。辛い事ばっかりだけど、
もうちょっと頑張ってみようかな。
スカウトの冥福を祈ります。うちの子も。
ありがとう。

79

79. 匿名処理班

  • 2017年10月18日 19:56
  • ID:liyve4oq0 #

今の俺は心が荒んでいるのか何も感じなかったぜ

80

80. 匿名処理班

  • 2017年10月18日 20:59
  • ID:dAW5zeI60 #

※79
目から流れる汗をふいとけ

81

81. 匿名処理班

  • 2017年10月19日 00:53
  • ID:l95MLifA0 #

ひどいうつ病で精神障害者保健福祉手帳3級もらって自宅療養してたとき、黒い子猫を譲ってもらった。自殺しないように、自分でかけた保険替わりだった。
アルバイトできるようになるまで3年半。その間、ものすごくゆっくりだったが、優しくて甘えっ子な子猫に支えられて回復していった。
それからは順調で、心療内科にもいかなくてよくなった。それどころか、社会復帰もできて、期待すらしていなかった結婚もできた。
気がつけば、猫と共に暮らして10年経っていた。
猫はいつもとても幸せそうな表情をしていて、よく寝るようになった。
そして、ある日突然亡くなった。
今の自分がここにいるのは彼のおかげだ。
もうすぐ1年になる。
この話で思い出して涙が出てきた。
他人事とは思えないなあ。

82

82. 匿名処理班

  • 2017年10月19日 20:48
  • ID:YoM.WA1f0 #

米兵だって行きたくて戦地に赴いてる人ばかりではないし、皆が人を殺したくて殺しているわけではない。
双方を不幸にしているのは一部の権力者や支配者のエゴなんだから、ジョシュさんのような人も被害者。その立ち直りを讃えることとイラクやアフガンの窮状に心を痛めることは何の問題もなく両立しうる。
ともかく、ジョシュさんとスカウトさんの出会いに祝福を。

83

83. 匿名処理班

  • 2017年10月20日 18:26
  • ID:dvANX4Hc0 #

何か使命を与えられて、この世に現れた猫の気がする
気高い顔立ちの、猫だね

84

84. 匿名処理班

  • 2017年10月21日 11:43
  • ID:v1zC3fxm0 #

子猫と書いてあったから期待して開いてみたら立派な大黒ネコさんが・・・。
充実した生活を送る自信を持った猫が見せる「何見ているんだ、あ〜ん?」
「ごろにゃーおん(ネコナデ声)」「さあ、くつろぐかぁ」の顔を
見せているからスカウトにとってもジョシュは良いパートナーだったんだと思う。
一人と一匹の写真は奥さんが撮影したのかな?修士までとって本人の立ち直り
婚活支援までしたNNNの手法に畏敬を払わざるを得ない。

85

85. 匿名処理班

  • 2017年10月22日 05:16
  • ID:zQHH1ucw0 #

※71
イラクやアフガンが一方的な被害者でアメリカは加害者、だからジョシュさんとスカウトの話も美談で終わらせるなって?
国際的な政治情勢はそんな単純で簡単なものじゃないし、そもそも国同士の思惑は一兵士と猫の物語に全くかかわりのないこと
自分がどれだけ偏ったものの見方をしてるか、ちょっと自分自身を突き放して考えた方がいいよ

個人的には、すでに現代においては戦争は政治手段としてナンセンスだと思ってるし巻き込まれるのはごめんだが
君みたいな啓蒙者気取りは大変迷惑だと言っておく

86

86. 匿名処理班

  • 2017年11月06日 17:00
  • ID:OZ9Lau.B0 #

それに
この映像の仕立が絶妙だ

私も鬱病で猫に救われたクチだけどね

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク