0_e20

 車に乗り込み学校へと向かうフラミンゴ。え?フラミンゴ?思わず二度見してしまう光景だろう。

 ベネズエラから北に約60km。カリブ海に位置するキュラソー島で昨年10月、ひどい怪我を負い、獣医であるオデット・ドゥーストさんに助けられたフラミンゴのボブは、助けてくれたオデットさんの元を離れようとしなかった。

 元々人間に飼われていたのだがどうやら途中で投げ出されてしまったようなのだ。野生に戻すのは難しそうだ。

 以来ボブは、オデットさんと共に危機に直面している野生動物たちのことを知ってもらうため、学校や施設を回り、生きた美しい野鳥の見本として講義に参加する。

 ひどい怪我を負って回復したボブは、キュラソーの住民たちに野生動物保護の大切さを教えてくれるのだ。
スポンサードリンク

フラミンゴ、ボブとの出会い


 オデットさんがボブを知ったのは、ボブがホテルのプールのそばの窓に衝突して倒れたことがきっかけだった。外来生物の獣医であるオデットさんは、野生動物のリハビリもやっているが、フィイスブックで事件を知って現場にかけつけた。

 そして治療後、オデットさんはボブを野生に返すことは難しいと気づいた。ボブは個人が所有する群れの一員として人間に育てられたものの、飼い主によって野に放たれた鳥だったのだ。

 彼はたすけてくれたオデットさんに興味を示し、オデットさんから離れようとしない。

 野生に返すのは難し。そう判断したオデットさんは、ボブを彼女が保護している鳥軍団の一員に加えた。

 オデットさんの家の庭や、オフィスの隣のポーチを改造した鳥小屋には、ほかにもコンゴウインコ、ナスカカツオドリ、カラカラなどの鳥がいる。


野生動物を知ってもらうため。オデットさんと共に施設めぐり


2_e24
image credit:Jaspar Doest

 野生動物写真家のジャスパー・ドゥーストさんは、オデットさんの従兄だ。彼女の家にいたボブのカリスマ性に魅了されてしまい、その多忙な毎日を記録することにした。

 オデットさんはボブを学校やメディアの支局に連れて行って、地元の人たちに鳥について講義したりする。

 キュラソー島には、250種類ほどの美しい鳥が生息しているが、16万の住民のほとんどは鳥たちのこと、彼らがさらされている脅威を知らない。


子どもたちの待つ学校へ


3_e24
image credit:Jaspar Doest

 オデットさんは、ボブと、翼をなくしたペリカンと一緒にユリアーナドルプにあるゴイロ学校に到着する。

 フラミンゴを見るのは生まれて初めて、ましてや間近で見ることなどないという子どもたちが多い。

4_e22
image credit:Jaspar Doest


危機に瀕しているフラミンゴたち


 キュラソーでのフラミンゴと人間の関係は緊迫している。リゾート開発のせいで、鳥たちの餌場や営巣地が侵害され、放し飼いの犬に襲われて怪我をするケースもある。自撮り行為が鳥たちに害を及ぼすこともある。

 オデットさんによると、鳥が飛ぶ完璧な写真を撮ろうと、石をやたらと投げつける人がいるという。

 なじみのない生徒に車まで連れていかれても、ボブは平然としている。これまで人間と一緒にほとんどの時間を過ごしてきたからだろう。

5_e20
image credit:Jaspar Doest

 オデットさんもジャスパーさんも、本当はボブに野生の中で自分の人生を送って欲しいと願って
いる。だが野生を知らないボブにそれは難しい。

 野生動物保護の象徴としてのボブの役割に慰めを見いだしている部分もある。ボブは地元のニュース番組に出演して、さらに社会との関わりをもった。

7_e8
image credit:Jaspar Doest

 ボブは干潟にいるすべてのフラミンゴのため、状況を改善しているのだ。

8_e7

 オデットさんはもともとリハビリの仕事のために自腹で資金を提供していたが、鳥たちの世話には多くの費用を必要とする。そこで、寄付を募るための団体をたちあげた。彼女は常時保護した鳥たち4〜5羽の治療を行っている。

via:metafilte / neatorama/ facebook / translated by konohazuku / edited by parumo
あわせて読みたい
フラミンゴがピンク色になる理由がわかる、アフリカの真っ赤な塩湖「ナトロン湖」


失われた自然と野生動物を取り戻すために人生をささげたカップル。26年後、その願いがかなって豊かな森へ(インド)


動物に優しい国はどこ?世界各国の動物への優しさ度を現した動物保護指数インデックス


こりゃ野生では無理だわ。保護したオポッサム、甘えん坊が過ぎてついに家族の一員に(アメリカ)でファミリー化決定


干ばつで水の飲めない野生動物に毎日水を与え続ける男性「ウォーターマン」(ケニア)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2017年09月09日 11:39
  • ID:3uchfM6E0 #

野鳥に石を投げるなんて言語道断
投げていいのは塵取りくらいだって

2

2. 匿名処理班

  • 2017年09月09日 12:30
  • ID:nz3z8zPt0 #

自己顕示というくだらない事の為に石を投げるのに生理現象のフンをぶつけられキレるのはおかしいよなぁ?

3

3. 匿名処理班

  • 2017年09月09日 12:39
  • ID:vd3hfkad0 #

オデットさんなんて鳥好きそうな名前だな

4

4. 匿名処理班

  • 2017年09月09日 12:41
  • ID:JRWm41nn0 #

バレンティンの地元やな

5

5. 匿名処理班

  • 2017年09月09日 13:12
  • ID:q8zhqYeU0 #

人間の側を離れないってのがなんか悲しい
いい人に出会ってよかったね

フラミンゴって水かきあるの初めて知った
そういや水鳥だった

6

6.

  • 2017年09月09日 13:21
  • ID:ReE.EzQl0 #
7

7. 匿名処理班

  • 2017年09月09日 13:38
  • ID:8mMtA.sZ0 #

そんな馬鹿馬鹿しく下らない理由で石を投げる馬鹿がいるんか・・・
そういう奴らこそ石の雨に打たれてしまえばいいと思ってしまう。

8

8. 匿名処理班

  • 2017年09月09日 14:57
  • ID:JFxQ6mNf0 #

フラミンゴ生で見た事ないなぁ
上野動物園にいるかしら

9

9. 匿名処理班

  • 2017年09月09日 15:27
  • ID:6DLDzJQ40 #

フラミンゴでも、車に乗るとお外を見たがるのだな。
娘が可愛がってるカメも、車に乗せると首をいっぱいに伸ばして飽くことなく外を見てる。
連中も、やっぱり楽しいのだろうな。

10

10. 匿名処理班

  • 2017年09月09日 15:27
  • ID:.PevFHPI0 #

フラミンゴのピンクはね。
尻の上の分泌腺から出るピンク色の油を身体に塗りつけてるからだよ。

もし、人間が鳥から進化したなら、
今頃、尾てい骨辺りから、みんな油が出てるんだな。たぶん。

で、ズボンの後ろが油まみれだと「ほら、アイツ、尻に油浮き出てんぞ。ズボン洗ってなくね?」とすぐに判るからな。

そして全国のおばちゃんは『翼を下さい』を唄いながら、二の腕でスーパーの特売日に羽ばたいて行く。

11

11. 匿名処理班

  • 2017年09月09日 15:31
  • ID:ibQ8.zqv0 #

フラミンゴってめちゃめちゃ首細いなぁ
水掻きが綺麗なピンクでかわいい
野生に帰れないならせめて、優しい人のそばで幸せに過ごしてほしい…

そして野鳥に石を投げてまで写真撮ろうとするバカは許せない

12

12. 匿名処理班

  • 2017年09月09日 16:49
  • ID:EvwJBjGk0 #

フラミンゴがオデットでおじさんがボブかと思ったら逆か(笑)
白鳥の湖かと思ったのに(笑)
偶然ってすごい

13

13. 匿名処理班

  • 2017年09月09日 16:50
  • ID:EvwJBjGk0 #

しかもオデットさんおっちゃんじゃなくておばちゃんじゃないか(笑)

14

14. 匿名処理班

  • 2017年09月09日 17:37
  • ID:dkTm5DYE0 #

いいなあ
フンなんかいっぱいしてもいいしなんなら新聞紙敷き詰めておくから弊社にも来ないかなフラミンゴ

15

15. 匿名処理班

  • 2017年09月09日 17:47
  • ID:4Qu43egb0 #

フラミンゴってどんな味するのかな?

16

16. 匿名処理班

  • 2017年09月09日 18:24
  • ID:uT.xIRZj0 #

※10
フラミンゴの色は餌の色です
尾脂腺の脂に色はありまてん

ボブさんとじかに会える人たちうらやましいなぁ
たいていの鳥には仲良くしてもらえるのだけど
フラミンゴの雄にだけは好かれたためしが無い…

17

17. 匿名処理班

  • 2017年09月09日 20:18
  • ID:RK8aant30 #

フラミンゴは大勢の集団で暮らしているので、数が少なくなると元気がなくなっちゃうんだって。で、鏡を置いて配慮している動物園がどこかにあった。(上野じゃないと思う。)ボブはきっと自分も人間と同じ姿と思ってるかも。ともあれ、人間をナカマと認識して、そばにいたいのは間違いないね。

18

18. 匿名処理班

  • 2017年09月09日 21:33
  • ID:oco8FOGV0 #

※16
通常だと好かれる好かれない以前の問題だと思うの
16は一体なにものなの

19

19. 匿名処理班

  • 2017年09月09日 23:44
  • ID:T.wm3oaK0 #

※17 群れが小さい→危険→子育ては無理でしょと思うようです
鏡を置いて群れを大きく見せたら繁殖が始まったそうですよ

20

20. 匿名処理班

  • 2017年09月10日 21:52
  • ID:fJWZ87bE0 #

※9
なんかすごい文学的センスを感じるんだが
正直大好きかも

内容、流れ、簡潔性、シュールな〆、全部ツボ
文章のプロの人なのかなぁ

21

21. 匿名処理班

  • 2017年09月10日 22:05
  • ID:LXuNCBnJ0 #

フラミンゴ抱っこって不思議の国のアリスみたいw

22

22. 匿名処理班

  • 2017年09月12日 03:40
  • ID:eP7WuAD80 #

こういう活動は素晴らしいけど、トランプは環境局の予算を削減したんだよな。
影響がないといいけど。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク