0_e1

 ハンガリー王国の貴族で、吸血鬼伝説のモデルとなった女性がいる。バートリ・エルジェーベト(1560年8月7日-1614年8月21日)は、「血の伯爵夫人」という異名を持つ歴史上もっとも殺人を犯したとされる人物だ。

 1585年から1609年の間、バートリはおびただしい数の若い娘たち(多くは農民)を幽閉、拷問して、殺害した。バートリの残虐な犯罪の根源について歴史家たちは長いこと論争してきたが、なぜ彼女がトランシルバニアの由緒ある貴族から、血の伯爵夫人に変わってしまったのか、だれにもはっきりしたことはわからない。

 それでも、彼女の罪は明白だ。逮捕された日、バートリのまわりには死体が累々、幽閉された瀕死の娘たちがたくさん見つかったという。
スポンサードリンク

 バートリーは15歳のときに、ハンガリーでも指折りの富豪フェレンツ・ナーダシュディ伯爵と結婚。結婚祝いに伯爵からチェイテ城をもらい受けた。

1_e1

 バートリによる殺人はほとんどがこの城内で行われたが、少なくともほかの4か所の所有地でも残虐な殺しを行ったという。

2_e1

 伯爵が妻の血への渇望について知っていたかどうかはわからない。結婚生活の大半、伯爵は戦争に明け暮れて不在。戻ってくると子作りにはげんで、再び城を後にした。

 伯爵が1604年に亡くなるまでに、ふたりの間には5人の子供ができた。

3_e0

 伯爵は死の間際、自分の財産と妻のことを親友のジェルジ・トゥルゾーに託した。バートリがなにかおかしいと最初に気づいたのは彼だった。

4_e0

 自分の勘が正しかったことを、トゥルゾーは知るよしもなかった。

 ある時、粗相をした侍女を折檻したところ、その血がエルジェーベトの手の甲にかかり、血をふき取った後の肌が非常に美しくなったように思えた。

 そのことがあってから、若い処女の血液を求め、侍女を始め近隣の領民の娘を片っ端からさらっては生き血を搾り取り、血液がまだ温かいうちに浴槽に満たしてその中に身を浸す、という残虐極まりない行為を繰り返すようになった。その刑具として「鉄の処女」を作らせ、用いたと言われている。

 24年の間にバートリは、650人もの女性たちを殺し、彼女たちの手を焼いたり、顔や腕の皮膚を食いちぎったりして拷問し、凍えさせたり飢えさせて死に至らしめることに喜びを見い出していた。

5_e0

 噂では、バートリは若さを保つために処女の生き血風呂に入っていたというが、真偽のほどは定かではない。

 300人以上の証人が、血の伯爵夫人に不利な証言をした。彼らは目撃者や生存者だけでなく、娘たちをさらってきてバートリに差し出した共犯として起訴された者もいた。

7_e

 一般人ならば、このような犯罪を犯したらすぐに処刑されるはずだが、バートリは貴族ゆえに命だけは救われた。しかし、1614年に死ぬまでチェイテ城に幽閉されたという。

 バートリはとにかく血が流れることを好んだ。被害者の皮膚をかじって血肉を喰らう行為、淫乱で黒魔術を好み悪魔崇拝をしたという証言から、吸血鬼のイメージが付加されるようになった。

via:Legend Has It That This Woman Killed More Than 650 Victims In Her Day/ translated konohazuku / edited by parumo
▼あわせて読みたい
イギリス史上最悪と言われているシリアルキラー、エンジェルメーカーの異名を持つ「アメリア・ダイアー」


世界を震撼させた10人の凶悪連続殺人犯、シリアルキラーたち


15人のシリアルキラーに関する驚きの事実


シリアルキラーはすぐそこに潜んでいる。犯罪学的に見る連続殺人犯の5つの特徴


ポーランドでまた、吸血鬼の墓が発見される。ポーランドの民俗信仰「吸血鬼伝説」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 20:42
  • ID:rCVswcaB0 #

ベルばらの番外編で知って、そのあと澁澤龍彦の本で読んだ

2

2. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 20:47
  • ID:5Povc8or0 #

ベルばらオスカル「退治しておいたぞ」

3

3. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 20:48
  • ID:3hPWjo.g0 #

この手の陰惨な話ばかり集めた小説を読んだ事があるけどこの人と青髭の2人は抜きん出て残虐だったな
青髭は対象が子供だった上に殺し方がまた残虐すぎてここに書けないくらい
今の時代不況だなんだ言ってるけどこの時代に生まれてきた事を感謝しないといけないね

4

4. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 20:52
  • ID:oK4hvR.60 #

この話の詳細は「孔雀王・退魔聖伝」で知りました。

5

5. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 20:53
  • ID:nklsdKgb0 #

メアリー・チューダーも相当極悪
カクテルで有名なブラッディー・マリーの名を遺した
イギリスの女王。プロテスタント弾圧で死の床
であっても命令出して約300人焼き殺した
ストレスとかいろいろ原因あったみたいだけど
怒らせると女性のほうが冷酷になるみたいだ

6

6.

  • 2017年02月13日 20:56
  • ID:WYiuYbwK0 #
7

7. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 20:56
  • ID:LFeCtEo70 #

この伝説、犠牲者の遺体をはじめとして「直接的な証拠」は見つかってないとか聞いたけど? そもそも過去に読んだ文献には、彼女に子供がいたことすら書かれていなかったし。
いろんな部分が眉唾に感じるんだけど、さて…?

8

8. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 21:08
  • ID:55F.A8jc0 #

本人は行為を一切否定、加担者の証言は拷問による取調べ、捜査の背景にはお家騒動もからんでると実際どこまで本当か分かってないんだよな。

中世の貴族兼シリアルキラーは結構いるけどバートリーだけやたら具体的だし。

9

9. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 21:11
  • ID:Tzi.mHmz0 #

確か、王族に繋がる大貴族だったので小部屋に幽閉…窓と扉は漆喰で塞ぎ、明かりはなし。
食事は扉に開けた小さな入り口から差し入れる。

で、15年ぐらい生きていた…。
亡くなった後の部屋はそれはひどい悪臭で、使用に耐えるものではなく封印された。
だの、
壁は糞尿が擦り付けられていた。
だのと本に書いてあったような…。

まあ、伯爵が生存時から居城に軟禁されていたようなものだったとも書いてましたね。
夫不在のため社交にも出れず、 又夫も社交会に出ることを許さなかったので、田舎の居城で閉じ籠ってたとか

10

10. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 21:13
  • ID:dcAU.0PC0 #

ジルドレェの「名誉回復のために所領を掘り返したら史実の数十倍の児童の遺骨が出てきて名誉回復の会が頭を抱えた」って話も嘘くせぇよな。いくら調べてもソースが見つからん
噂の発端になったツイート見ても「俺も伝聞なんだけどね」とか言ってたし

11

11. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 21:14
  • ID:lb8cex720 #

最近ではすっかり萌えキャラと化してしまったのう

12

12. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 21:19
  • ID:UhkPidPH0 #

昨日『ゴーストハント』大人買いして読んだばかり
その中のひとつにこの人のエピソードがあって
あまりにタイムリーで驚愕した

13

13. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 21:21
  • ID:ucPoC3Hh0 #

こういう残忍で凄惨な人物がアイドルみたいなキャラにゲームでるような今は平和なんだとつくづく思う

14

14. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 21:25
  • ID:eu7xLgc60 #

アイドルみたいなのはエリザベートバートリーのころねw
血の〜のころは名前もカーミラになってアイアンメイデン鎖で縛って担いでるし。

15

15. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 21:26
  • ID:wrdjP84E0 #

ちょっと前に若い血に若返り効果があるって研究結果の記事があってこの人思い出してある意味効果としては正しかったのか?って思ったけど、今ぐぐったらその研究結果否定されてた

16

16. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 21:28
  • ID:9rvrUkNJ0 #

夫の遺産相続の問題で、再婚を希望した彼女を政治的に潰そうとしたってのが真相みたいだけどね
実際、バートリの凶行に対する証言は「バートリの召使い達を拷問して自白させた」って資料にあるくらいだしw

17

17. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 21:30
  • ID:2UREEqSZ0 #

※12
今の時代は決して平和なんかじゃないと思うが?俺らの住む先進国のみが「平和」と言えるんだぞ。
しかもその「平和」を維持するために後進国の人々は地獄を見てるわけで。
ここでどうこう言った所で何かが変わるとは思えんが、ちょっと認識が甘くないか?

18

18. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 21:32
  • ID:OXTEBra50 #

Fateで知った

19

19. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 21:39
  • ID:jcMVEBCF0 #

名前のカナ文字が、バートリ、バソリー、バートリー、それからエリザベートとかエリジェベートと、書籍で色々違うんだが、統一してほしいですな

20

20. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 21:42
  • ID:m6sP1Uhz0 #

※8
彼女は他家から嫁いだ女性だったのと、夫没後に再婚しようとしたら、夫側の親戚達が自分達の財産の取り分がへってしまうと大反対されたり、政治的にハプスブルクと敵対してたりと結構、敵だらけな状況だったのは確かな様子。
何か事件はあったかもしれないとは思うけど、結構内容は盛られてたと思う。

21

21. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 21:44
  • ID:I0aVZMEt0 #

この人とかジルドレとかは、政治的な理由で殺人鬼に仕立て上げられたんじゃないかなぁ…とか思ってしまう
ヴラド・ツェペシュも結構な名君だったみたいだし

22

22. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 21:44
  • ID:kdeht7Oz0 #

島田荘司の小説で読んだな
しかし血液風呂なんか用意するには一回に50人分以上の血液がいりそうだけど
24年で650人、1年あたり27人程度の犠牲者
伝説はかなり脚色されていると思う

23

23. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 21:57
  • ID:Johld5HB0 #

※17
植民地政策真っ盛りならいざ知らず、後進国への支援も行っている中で一方的に先進国のみが利を貪っている訳でもないのでは?

24

24. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 22:08
  • ID:Hl.0lrFL0 #

メタル好きなら一度はググってる名前。個人的にはHammerheartが好き。いわゆるヴァイキングメタル、フォークメタルの源流だと思う。

25

25. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 22:08
  • ID:UGYpVi1w0 #

欧州ではハンガリーだけが日本と同じ姓名の順番なんだけど、それをきちんと表記してるパルモたんさすがです。

26

26. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 22:09
  • ID:0QqZj3Ar0 #

このことから命は生まれながらに不平等だということが学べるね

27

27. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 22:17
  • ID:FNowYDAi0 #

さすがに全て冤罪で無実と言われると?だな。話1/10でも極刑に値するのは間違いないし

28

28. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 22:20
  • ID:mGFm99uv0 #

貴族は、ほっとくと子供産んでどんどん増えていって領地がなくなるから、ちょいちょい王族などに滅ぼされてるよね。理不尽な理由をつけられ、拷問されて皆殺しみたいな。これもその一環だったんかな?

29

29.

  • 2017年02月13日 22:32
  • ID:S.is5jpN0 #
30

30. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 22:33
  • ID:WdxnOYIi0 #

ベルばらって書きにきたら既に書き込まれていて安心した

31

31. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 22:46
  • ID:U0NZqWT60 #

今でも似たような情報操作あるもんね
「大勢の人を虐殺した」という情報は世論を納得させるために昔から使われていたんだね

32

32. めしねこ

  • 2017年02月13日 22:54
  • ID:Cp8nAtNS0 #

残虐な行為があったとしても確実な証拠がないと
なかったことにされるって怖いことだよ。

無くなった人達が浮かばれん。

33

33. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 22:56
  • ID:9qvn52Bh0 #

セラミューにも登場してたな。あのシリーズが一番好きだったのに、あのシリーズだけDVD化されなかった・・・。

34

34. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 22:58
  • ID:.GdLelkb0 #

中世色のまだ濃いこのころのハンガリー社会を、今の倫理観で考えても仕方ないが、
たとえ数人数十人でも、アンチエイジング化粧品(血)欲しさに殺した(殺させた)人妻。
同じ貴族(敵対)につるし上げられて、ようやく幽閉までこぎつけたが、
敵対勢力でさえ、名門バートリ家の女性を死刑にはできなかった、そんな時代です。

35

35. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 23:07
  • ID:9NO426Aj0 #

XJAPANの曲
ROSE OF PAINの歌詞がこの人をモチーフに作られたというので
学研ポケットムーシリーズの怪奇人間を古本で買って読んでみた18の夜

36

36. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 23:15
  • ID:Z5j..XX.0 #

そもそも、英語Wikiじゃハンガリー独立運動に熱心な人物で、ハプスブルグ家にはめられた被害者って結論になってるね。
日本Wikiの記述は殺人鬼と決めつけていて異常だわ。

英語の方は、生き血風呂も悪質な都市伝説って結んでる。真面目に生い立ちとか経歴、政治活動についてとかも書いていて、あっちの方がよっぽど信頼の置ける記述だろうね。

だいたい、血ってむちゃくちゃ腐りやすいんだから、そんなモノに浸かったら感染症で全身疥癬だらけになるよ。

37

37. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 23:19
  • ID:O03Le4Ll0 #

24年間で650人だと毎年27人が行方不明なんだけど、トランシルバニアのド田舎でこのペースで娘がいなくなるのは、ちょっと目立ちすぎるんでないかしら。娘が一人もいなくなってしまったりしない?

38

38. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 23:20
  • ID:4P.uKYJN0 #

個人的には『本当は恐ろしいグリム童話』の青髯に出てくる、新妻のその後の行動に似てるなぁーと思った。確かこんな感じだった気がする。

39

39. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 23:22
  • ID:TbhIDfx70 #

wiki情報から
※16
彼女の逮捕や取り調べにはバートリ一族の者も加わっていて、敵対勢力により証言が誇張された可能性はあるけど事実無根と考える研究者は殆どいないみたい

40

40. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 23:31
  • ID:2UREEqSZ0 #

※22
16だが
確かに支援はしている。しかし、現実は全て上位階級がカネを吸収している。
国民の大半である低所得者層が幸せで無いのなら、とても平和とは言いがたい。

ウィッグだってあれ労働者達の髪の毛を抜いたものに色塗ってるだけなんでしょ?映像見たがかなりエグい

41

41. 匿名処理班

  • 2017年02月13日 23:40
  • ID:oMrxVg050 #

こういう話大好きだ
歴史の清濁併せ呑む感がたまらん

42

42. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 00:09
  • ID:G7NsD9tO0 #

ロシアにも似たような貴族いなかった?エカテリーナが死刑廃止にしようとしてた時で結局お咎めなしになったやつ。

43

43. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 00:09
  • ID:3h0yBLoE0 #

※5
その父親の方が鬼畜だろうよ

44

44. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 00:09
  • ID:7R6ZVzW.0 #

エリジェベトたんは第一書記ンゴ?

45

45. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 00:43
  • ID:FPLZZ7to0 #

※17
少しでもシリアの惨状知っていれば今が平和などと言えないよね。恒常的に人が餓死してる国もあるし。自覚の有無に関わらずそれを肯定してる人が現代の殺人鬼。

46

46. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 00:48
  • ID:t.PtEsBF0 #

白暮のクロニクルで知った

47

47. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 00:53
  • ID:FPLZZ7to0 #

※36 ※39
言語や言語圏が違うと流布されてる「事実」も全く異なるんだろうね。
日本語やせいぜい英語の記事だけを見て事実を知った気になるのは危なそう。

48

48. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 01:27
  • ID:9pzWjy2c0 #

650人殺害が本当か、それとも夫の遺産相続問題ではめられたかどちらが真相だったにしても、この時代の貴族は本当に特別な存在だったこと理不尽な拷問受けて理不尽に殺された名も無き存在がいたことは間違いないのだろうな
※8
それが本当なら死刑より恐ろしい

49

49. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 01:43
  • ID:xeoGnE2W0 #

生きてる鳩の腹を断ち割って内臓を顔に押しつける美容法ちゅーのは貴婦人の間でホントにあったらしい。コワっ。

50

50. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 01:54
  • ID:MtJqMa.R0 #

cradle of filthの鬼女と野獣は〜

51

51. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 01:59
  • ID:mXF84Dkt0 #

ダンス・マカブルで知った

52

52. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 02:25
  • ID:RjjpRBp00 #

※5
そんな事言ったら豊臣秀吉はじめキリシタンを拷問の上処刑しまくってきた日本の諸大名は極悪人になるぞ〜。
結局、ブラッディメアリーなんてのもプロテスタントのエリザベス女王が生き残ったからあてつけでつけられただけで、彼女はちょっと頭の足りてない平凡な女性だったんだよねぇ。

53

53.

  • 2017年02月14日 02:43
  • ID:dp3TdinX0 #
54

54. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 05:42
  • ID:NVR1RVX30 #

まぁ100%作り話だと思う。私も海外版wiki見て見たけど慈善事業とかにも熱心な人だったみたいで、多分財産管理を任されてた夫の親友とかハプスブルク家とか色んな的に嵌められたんだろうなぁという所感。

55

55. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 07:52
  • ID:4RJ.XwiC0 #

デジタルデビル物語に出て来たな

56

56. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 08:33
  • ID:xICmrEUa0 #

※5
何故こんなにも大々的に取り上げられるのかといと、珍しいからだよ

57

57.

  • 2017年02月14日 09:12
  • ID:5cJv.P5u0 #
58

58. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 09:36
  • ID:VNyEfPLH0 #

※12
自分もかつての悪霊シリーズで知った。浦戸は怖かったなー

59

59. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 09:39
  • ID:nfy.QDTO0 #

誇張はあると思うが、まんざらでもない。
当時の爵位なら、立場を利用して性癖を満たすことも容易だろう。
究極の話、無垢ならこんな話しが出ること事態がありえない。ありえるから、その妄想や願望が今も昔も権力を持つ者には可能だから、実際にあった話しだと思う。

60

60. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 10:17
  • ID:qtivYdfP0 #

ジャックちゃんといい、こーいうガチな殺人鬼を美化や女体化して愛でるのは好かんよー

61

61. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 10:41
  • ID:izH9xC9f0 #

※36
日本のWikipediaは結構間違ってるよね。
他に結構大きな間違いは、ツタンカーメンの身長。
日本だと165cmで英語版だと180cm。
180cmの方はエビデンスとしてCTスキャンして測定した結果とある。
そのエビデンスの文献にもリンクから飛べる。
日本版はエビデンス無し。
困ったもんだよ・・・

62

62. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 13:03
  • ID:Ak.6Rld80 #

いや、どう考えても本物だろうw
領内の最高権力者なんだから、証拠隠滅なんてお手のものだよ。領民なら言う事をきかないという選択肢はないだろうし。「はめられた」「なかった」って言っている人は物事を単純にみすぎw

63

63. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 13:05
  • ID:imxf8Nv70 #

この手の歴史秘話は、オカルトと変わらないから、話半分に聞いておいた方がいい。

64

64. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 13:13
  • ID:9LBCyAYI0 #

※25
ジェルジ・トゥルゾーが逆になってる(ジェルジが名前、トゥルゾーが姓)。
個人を示すのに名前のエルジェーベトじゃなくて家名のバートリで書かれてるし表記が混乱してる気がする。

65

65. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 14:17
  • ID:F9f4FscS0 #

バートリ・エルジェーベト(1560年8月7日-1614年8月21日)
彼女が一生を送った時期は、ヨーロッパで魔女狩りが最も勢いのあった時期。
彼女もそれに巻き込まれた可能性はあるんじゃないかな、と思う。

Wiki情報で恐縮だけど、ハンガリーでは最盛期は少し遅れて18世紀とあるが、下地としてはあったんじゃないかなとも。

66

66. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 14:21
  • ID:7IyBlBnQ0 #

※21
それは自分も感じた。ブラド・ツェペシ公の例の「串刺し」は、敵に対してかなり有効な戦略だし、凄惨な行為に快楽を得てした行動じゃないしね。
いつの時代も民衆は、自分に火の粉の及ばない派手で惨たらしいお話を喜ぶものだと思うから、事実かなんて関係なく語り継いでくれるし。

67

67. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 14:23
  • ID:7IyBlBnQ0 #

※32
そもそもその「残虐な行為」が作られたお話(冤罪)である可能性も指摘されてるわけで。

68

68. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 14:48
  • ID:nE.Mt0bi0 #

この人、当然だが子孫がいる。
しかもハンガリー独立の英雄と称えられるような人だったりする。
ろくな証拠もなしに残忍な人間に違いないとか、吸血鬼呼ばわりされるとか、ハンガリーの人たまらんだろうな

69

69.

  • 2017年02月14日 14:52
  • ID:RXFcZCpi0 #
70

70. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 16:05
  • ID:Aeqx8eEj0 #

※5
女性擁護というわけじゃないが、犯罪心理学では女性はグロを好まない傾向があり他殺では毒殺が主流。自殺ですら銃を使って頭を吹っ飛ばすなど血が飛び散るやり方は殆どが男。

米国国勢調査局の『International Data Base』によればシリアルキラーの割合は男9割、女1割。
更に日本の法務相の発表でも凶悪犯罪の割合は男9割という現状で、怒らせたら女の方がこわい…というのはちょっと無理があるかな。

71

71. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 16:09
  • ID:Aeqx8eEj0 #

※58
根拠がないのに自信満々だな。
時代的に魔女裁判のあたりだけど、魔女もどう考えても本当にいたと思う?
数えきれない数の女が処刑されてるけど、魔女や魔法なんかないのに何でだと思う?
今と違って誰かがそうだと言ったら即判決っていう時代だからだよ。

72

72. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 16:34
  • ID:4UljEnaP0 #

XのROSE OF PAINで知ったわ。

73

73. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 17:51
  • ID:i7.ntGtc0 #

流石に600人の若い女性が領地から消えたら少子化で困るだろ
伝説は事実の何百分の一くらいな話で聞いていけば間違いない
回春のために若い女性の血をすすったくらいのことはあるかもね程度じゃね

74

74. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 18:05
  • ID:t3oBc6Yg0 #

他人の感情を理解できない、共感もしない、自分の事にしか興味のない究極のサイコパスだろうなぁ。

75

75. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 22:02
  • ID:6iwuiYf90 #

幽閉だけで済んだというところが、この時代の社会を端的に物語っていて怖いな。(ブルブル)

76

76. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 22:34
  • ID:P1ryNaCN0 #

※32
ほんとにそう。
単に相続関連で陥れるためだったらこんな大がかりな嘘はつく必要はない。
大方、見かねた誰かが、同格以上で仲の悪い貴族に対応してもらったことを指してが「陥れられた」と言っているんだろうね。
子孫がまだ「名門」なら地元の人は悪く言えないだろうし。

77

77. 匿名処理班

  • 2017年02月14日 23:51
  • ID:5Dy0HmuF0 #

結局、勝てば官軍。死人に口無しというかさ。歴史って改竄されていくものって認識があるからなぁ。どこまでが本当なんだろうね。財産を奪われて嵌められたうえで、上手く政治利用されたんじゃなかろうか。

78

78. 匿名処理班

  • 2017年02月15日 00:01
  • ID:Hx2.XlvV0 #

※17
返信先、間違ってるぞ。

79

79. 匿名処理班

  • 2017年02月15日 01:36
  • ID:eRAuGwzD0 #

画家上手いなあ
きちんと知的障害の特長を捉えてる
日本にも快楽殺人ネバダちゃんやマリアがいるけど、あれときちんと同じ特長が描かれてるのが凄い

80

80.

  • 2017年02月15日 03:56
  • ID:KF6vfKFe0 #
81

81. 匿名処理班

  • 2017年02月15日 17:06
  • ID:ftHuT8hE0 #

美内すずえの「魔女メディア」で知った。これが一番古い?

82

82.

  • 2017年02月15日 17:42
  • ID:UMTnEP.60 #
83

83. 匿名処理班

  • 2017年02月15日 17:54
  • ID:N3ABsGzb0 #

※75
幽閉といっても戸と窓を全て漆喰で塞いで光が一切射さない
厳しいものであっという間に死んだみたいだけどね。
実質死刑とあまり変わらない

84

84. 匿名処理班

  • 2017年02月15日 20:52
  • ID:zx1x781a0 #

悪女伝説的なので必ず出てくる人だけど、お家騒動説とかこの※欄で初めて知った

85

85. 匿名処理班

  • 2017年02月16日 00:49
  • ID:NZUVrfXD0 #

どっからどこまでが本当かはわからんけど
そんなに大量の、しかもそこらの農民の血を浴びまくったら疫病のひとつにもかかりそうだし
ろくに光も入ってこない部屋でトイレや風呂もない状況で15年も生き延びられるとは思えないから
相当盛ってそうだなとは思う

86

86. 匿名処理班

  • 2017年02月16日 01:32
  • ID:.xO0I8Kp0 #

※75
この人が幽閉された塔の上には見せしめの為に絞首台が設置されてたとかなんとか。

親族も頭のおかしい人が多かったみたいだね。
この時代のヨーロッパの貴族は血統を守る為に近親婚を繰り返してきたから、極端に病弱だったり奇形だったり、ヤバイ性格の子供が生まれる事が少なくなかったらしい。

87

87. 匿名処理班

  • 2017年02月16日 03:42
  • ID:zllgBGwy0 #

この人、田中芳樹の小説でも紹介されてたな

88

88. 匿名処理班

  • 2017年02月16日 10:29
  • ID:3EpFQvbD0 #

>>38
「本当に〜」は本来のグリム童話のお話じゃなくて(原作ですらない)、作者が内容をセンセーショナルにするために脚色・創作してると聞いた。
おそらく、このエリザベートの話を結末に継ぎ足したんじゃない?

グリム童話のファンや、原書に詳しい人はこの本の作者に相当怒ってる様子。
「妄想を本当(原作にあったこと)かの様に書くな!」「デタラメ書くな!」って。
その話を聞いてから、あの人の「本当は〜」シリーズは同人の二次創作だと思うようにしてる。

89

89. 匿名処理班

  • 2017年02月16日 14:53
  • ID:mBO4Elvm0 #

最後まで寂しかったかもね

90

90. 匿名処理班

  • 2017年02月17日 11:35
  • ID:DiOgFjeO0 #

※71
本文趣旨とちょっとズレるけど魔女裁判は手続きをちゃんと踏んで行うものが多かったよ
処刑されないことも多かった
ただ、マシュー・ホプキンスみたいに非情な方法で魔女判定を行うものもいて、大勢の人が亡くなったのも事実だけど(彼はこの魔女刈りで大金を稼いだ)
ちなみに男性も魔女刈りの対象にされてたよ。ロシアでは魔女とされたのは男性の方が多かったし、カトリックがプロテスタントを魔女として処刑したのは男性が多数だった

91

91. 匿名処理班

  • 2017年02月17日 12:56
  • ID:8EQAex9o0 #

※36
そもそもWikipediaは正確な情報を書く場所ではなくて個人の偏見で好き放題編集できちゃうからさ
鵜呑みにする だけだよ、あんなの信用するのは

92

92. 匿名処理班

  • 2017年02月17日 13:36
  • ID:oLJrluYZ0 #

この時代に生まれなくて良かったと心から思う。今の時代のこの国は平和であることを感謝しなければ。

93

93. 匿名処理班

  • 2017年02月17日 14:39
  • ID:uGA6cwCK0 #

当時の貴族から財産や土地を奪うには罪を着せて幽閉や処刑をするくらいしか無かったから真実は藪の中だ
男はダメだって言われて若い性欲を発散するために夜な夜な娼婦を呼び寄せ
明け方返していた事から明け方に帰る時は目撃者がいなくて邪推されたりしたんじゃないかとか妄想は楽しい
例えば社交会を禁じられて茶会もままならない日々に若い女性をなんとかお上品にして
自分の寂しさを紛らわそうとしてコルセットを締めさせてお茶のお作法を教え込んだら
普通の下働きや子供はコルセット苦しすぎて衰弱するし学も覚悟もない少女なら礼儀作法の指導も意地悪でしかないので「おら拷問されただよ」と言わせる事は容易いんだよね

94

94. 匿名処理班

  • 2017年02月18日 16:45
  • ID:.RYs0wcu0 #

70年代のオカルトブームの時に人気のあった佐藤有文著の吸血鬼百科に実在の吸血鬼として紹介されていた。石原豪人氏のイラストが怖かったな。怖がりにとって佐藤有文氏が厄介なのは、後年別の本などでエリザベート バートリーが幽閉されていた城の付近で吸血鬼騒ぎがあって調べにいったら壁に穴が開いていたとか記事にするところ。ガキだったので半信半疑でも怖かった。

95

95. 匿名処理班

  • 2017年02月18日 21:33
  • ID:c5yFToG.0 #

※70
王家に連なる家柄なので、反逆罪で王の勅許がないと殺せない。

昔読んだ本には、エリザベートは『逃がし屋組織』に参加してたと書いてた。
意に染まぬ婚姻や、DV等から逃げるために、当時の女性は修道院に逃げ込んだ。
其処から国外に脱出させる秘密の組織があった。
高位の貴族も参加していて、協力者の領地伝い+ロマの路を通して逃がしていた。(貴族の領地を通るときは、館に赴いて挨拶が必須)
女性だけじゃなく、駆け落ち者や独立運動家も同じ路を通って国内外を行き来してた。

エリザベートの領地は辺境で、国境に近かったそうだ。

96

96.

  • 2017年02月18日 22:03
  • ID:0E9NTgye0 #
97

97. 匿名処理班

  • 2017年02月19日 01:53
  • ID:9J8stFWI0 #

※60
某髭とか、たまーにそれはちょっとなんかアレかな〜〜…てなるのあるよね
やめろとか禁止とかじゃなくて、正直隠れてひっそりこっそりやる方が良いと思う

98

98. 匿名処理班

  • 2017年02月19日 04:29
  • ID:oj.JKL0J0 #

悪性のレプタリアンだな。

99

99. 匿名処理班

  • 2017年02月19日 10:11
  • ID:N631eaU40 #

初めて知ったときはエリザベス・バソリーって記載されてたけど、
いつの間に発音変わったんだ?

100

100. 匿名処理班

  • 2017年02月19日 18:27
  • ID:oCX0Ftv10 #

※3
今同じ事を考えてたわ。
この時代とここに生まれただけでも感謝しないといけないんだと。

101

101. 匿名処理班

  • 2017年02月20日 00:34
  • ID:Ot3f7Xhi0 #

※99
彼女の出身であるハンガリー語での読み方がバートリ・エルジェーベト
当時オーストリア配下にあったため、ドイツ語読みではエリーザベト・バートリ
エリザベス・バソリーは英読みでは

102

102. 匿名処理班

  • 2017年02月20日 05:32
  • ID:fDXObPcL0 #

「24年間で650人殺害」というハイペースさであれば、さすがに最初の数年間のうちに、既に地元民衆間には事実が知れ渡ってたんだろうな。
しかし、そこは権力と策謀/根回しで黙らせる。裁判所や教会やその他有力者を抱き込んで。「皆知ってるのに、公の場では決して口にできない」という。。
「公式に証言した者」が300人以上であって、実際、潜在的な証人(証言能力のある人物)はその数倍もいただろうね。
あと、欧米社会においては現代でも、相変わらずサタニズム(悪魔崇拝)的な儀式行為を行ってる連中が実際いる(まあ、ここまであからさまでないにしろ)。しかも、コレに参加する連中というのが、欧米資本/産業界の中枢を占める層であり、なおさらタチが悪く、なんとも根が深い。

103

103. 匿名処理班

  • 2017年02月26日 07:38
  • ID:H.XrpAgX0 #

いつの時代も人が悪人と仕立て上げる存在と言うのは実は善人である場合が多い。
自らの悪行をひた隠しにするため真相を知るものに罪をなすりつける、尻尾を切る。
魔法のようなパフォーマンスを見せる人は素晴らしいと思いがちだが、タネを明かせば実はたわいのない事なんだよな。賞賛どころか批判にあたるような。

104

104. 匿名処理班

  • 2017年02月26日 23:50
  • ID:5T1fAL.k0 #

その小説を読んでみたい

105

105. 匿名処理班

  • 2017年03月13日 21:10
  • ID:ys4erqhx0 #

※3
いや、書いて

106

106.

  • 2017年06月07日 06:00
  • ID:HqVlaCeu0 #
107

107. 匿名処理班

  • 2017年08月12日 20:30
  • ID:qHRtibCt0 #

エリザベート本人の死体すら見つかってないしな

108

108. 匿名処理班

  • 2017年08月20日 06:31
  • ID:08bmwQ6b0 #

桐生操の「綺麗なお城の残酷な話」という本で読んだな。
実際はもはや事実を確認しようもないけど「権力のある美しい女性が若い娘たちの血を求めた」っていうのは「お話し」として完璧だよね。

109

109.

  • 2017年09月24日 07:22
  • ID:tYVMvZX60 #
110

110. 匿名処理班

  • 2017年10月10日 03:41
  • ID:cp9zYSID0 #

血の風呂は絶対嘘だと思う
右手ケガして血出た時に、左手にちょっとかかってほっといてたら超かゆくなったもん
風呂なんて入ったら全身かゆすぎて死ぬね

111

111. 匿名処理班

  • 2017年11月04日 21:43
  • ID:mB7.DQ7K0 #

血の風呂に入ることで劣化していく皮膚をなんとかしようとしたんだろう
欧州では吸血鬼とは死せるもの、つまり死体ですでに年を取る状態ではないのに
死んでないという貴族から見たら理想の存在だからな
それを狂気で信じたというわけだ

アメリカで有名なブリザードという会社がエリザベスバートリーを
ゲーム中で登場させたろ
忘れられし塔
あの伯爵夫人が本人だよ 白人圏のトップのアメリカ様が事実だと見破ってるんだ、
99パーガチってことさ
もっともそういうことを知ったうえで毒をもって毒を制すみたいな展開
あるかもだが

112

112. 匿名処理班

  • 2017年11月17日 19:19
  • ID:wtOij26V0 #

冤罪だとしたらこの人が一番可哀想だな
ジル・ド・レにしてもそうだけどこの人も基本裁判の記録しかないんじゃない?
裁判の記録だけというのは、逆に言うと信憑性がない。という見解があるから歴史学的には果たして真実か?っていう言われ方もしてるんだろうしね。

多少ヒステリーだったり、少年趣味があったり、とかそういうのはあったとしても
下手に地位がありすぎて、悪知恵とか貴族社会での根回しができないような地味タイプだと陥れるのなんて逆に超簡単とも言えるし。

マリー・アントワネットもそうだけど裁判で息子に関係を強要したとか罪状にあげられてるくらいだし
有名なパンがなければブリオッシュをって件も、アントワネットが言った言葉ではないそうだし。

物語としてのセンセーショナルさで言われてるんだとしたら、ちょっと可哀想かなって思うね。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク