no title

 とある海外のご家庭に、ゴミの中に捨てられていた生まれてほやほやの子猫2匹が運ばれてきた。縁あってこの子猫を引き取ることとなったケリーさん。目も見えない小さな子猫たちにすこしばかり戸惑いを覚えていたがそれはすぐに杞憂であるということがわかった。

 なぜなら誰よりも先にこの子猫たちに興味をしめし、誰よりも熱心にこの子たちのお世話を買って出た存在があったからだ。

 ボクサー犬のスージーさんは、子猫を見た途端、母性炸裂、一瞬にして子育てモードに突入したという。

スポンサードリンク

1_e

 生まれてまだ数時間しかたっていない2匹の子猫がケリーさんの家にやってきたのは1ヶ月以上前のことだ。

 彼女の友人がゴミの中で母親を求めて鳴く彼らを発見し、周りに母猫がいないことを確認したうえでケリーさんのもとに運んできたのだ。

2_e

 彼らはまだ目も見えず、満足に歩くこともできない。母親の保護を切実に必要としていた。家に運ばれてきたダンボールの中に入った子猫たちを見た瞬間、ボクサー犬のスージーさんの母性スイッチがフル回転で起動した。

3_e

 以前から捨てられた子猫を見つけるとケリーさんに知らせるほどだったスージーさん。子猫たちに対し、まるで我が子のように愛情をたっぷり注ぎはじめた。ケリーさんが子猫の食事のために深夜に起きたときには、すでにスージーさんが彼らのそばに陣取っていたという。

 2日もたつと子猫たちは元気になり活発に動き出した。スージーさんは子猫たちが動くたびにケリーさんに吠えて知らせ、ケリーさんが無事を確認する必要もないほどだった。

5_e

 子猫たちは食事をあげようとすると暴れ、トイレも覚えられず床はどんどん汚れていく。うんざりして疲れた表情を見せるケリーさんに対し、スージーさんがひどくがっかりした視線を送るときもあったという。

 そんな時、スージーさんは率先して子猫たちを温める。その間ケリーさんが周りをきれいにして片づけることができる。

 これらのみなしごの赤ん坊にとって母親代わりになる存在はとても大切だ。幼い猫は自分の温度調整をすることができないからだ。そしてスージーはいつも彼らが温かく快適でいるように気を付けていたという。

4_e

5_e

6_e

 実はこの家にはオス猫のクシという先住猫がいる。だが、「小さくて傷つきやすい子猫を会わせるのはまだ早いわ」と判断したらしきスージーさんにブロックされ、しばらくの間は子猫たちとの面会すら許してもらえなかった。

7_e

8_e

 スージーさんの子猫防御は鉄壁だ。たとえ赤ちゃんの見張りでくたびれ果てうたた寝していても、クシが彼らのそばにいくと、目を覚まして彼を追い回したという。

 普段は仲良しな2匹だが、子猫たちの安全を最優先したいのだろう。

 スージーの過保護ぶりに驚いていたケリーさんも、確かにクシと対面させるのはまだ先でもいいか、と思ったようだ。

子猫たちが昼寝しようとするスージーを呼んで鳴いている

@suzie_and_kushiが投稿した動画 -


スージーは彼らを守ることに必死で、腕の中に入れて温めたりする

@suzie_and_kushiが投稿した動画 -


 スージーさんのたっぷりの母性愛で、赤ちゃん子猫たちはすくすくと元気に育った。目が見えるようになってからは探検を覚え始めたという。スージーさんは常に子猫たちをグルーミングし、愛情を注いでいる。

 スージーさんと一緒にいたかったのは子猫たちだけではなかった。現在、スージーさんは子猫たちにクシおじさん(左端)も紹介済みだ。

@suzie_and_kushiが投稿した写真 -



スージーさんと遊ぶこの猫はクシさんではなく、ケリーさんの父親が拾ったサニーだそうだ

@suzie_and_kushiが投稿した動画 -


誰よりも子猫を愛するスージーさん。
さて、この子たちはどれほど犬化していくのだろうか?
今後の成長が楽しみだ。

@suzie_and_kushiが投稿した写真 -


 そんなスージーさんと愉快な猫仲間たちの様子はインスタグラムにて公開されているので要チェックだ。

via:lovemeow・translated D/ edited by parumo

▼あわせて読みたい
犬小屋の中を覗いてみると・・・子犬と子猫が入り乱れ、犬母さんと猫母さんが仲良く一緒に子育てをしていたことよ


犬母さん、猫母さんの子育て奮闘記


生まれてすぐに母親を失った子犬。合点承知で育児を引き受けたのは猫かあさんだった。


完全なる犬化が進んでいたようだ。ハスキーのお母さんに助けられた子猫、ロージーの今


新たなる家族に釘づけになった犬と猫。いつのまにか二人羽織的合体フォーメーション!



この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2016年09月24日 11:52
  • ID:EnUtGsvG0 #

先住猫のクシさんって、三毛だからメスじゃないの? って思って元のインスタグラムを見てみた。「クシ」は別のロシアンブルーっぽいオス猫で、三毛は「サニー」っていうメスだったよ。

2

2. 匿名処理班

  • 2016年09月24日 12:03
  • ID:tdSAxyqj0 #

これ、クシもスージーに育てられてるだろ

3

3. 匿名処理班

  • 2016年09月24日 12:23
  • ID:p1mo4Adw0 #

聖母かよ

4

4. 匿名処理班

  • 2016年09月24日 12:32
  • ID:MGqXsDgy0 #

素敵な愛の話だけど冒頭のゴミ箱から発見されたってとこに戦慄した
この子達がいつまでも幸せでありますように

5

5. 匿名処理班

  • 2016年09月24日 13:05
  • ID:aTEBQhWh0 #

全てを包み込む母性は偉大なり

6

6. 匿名処理班

  • 2016年09月24日 13:41
  • ID:ru6nQDm50 #

すんげー、スージー姐さん、母性全開20000回転だぜ。

7

7. 匿名処理班

  • 2016年09月24日 14:05
  • ID:1zVCV.F40 #

子猫のお母さん、安心して下さい、あなたの赤ちゃんは優しい犬や人に囲まれてスクスク育ってますよ…(´;ω;`)

8

8. 匿名処理班

  • 2016年09月24日 14:10
  • ID:U8F7Pleq0 #

スージーさんにベロンベロンに舐められてビショビショになった子猫が見られるんですね?

9

9. 匿名処理班

  • 2016年09月24日 14:29
  • ID:cnHFD44A0 #

母性愛全開バリバリ!ヴォンボボ!ヴォンボボ!ドキューン

10

10. 匿名処理班

  • 2016年09月24日 16:40
  • ID:NOm.yTs70 #

このチビ猫たちの猫パンチは強力なものになりそう

11

11. 匿名処理班

  • 2016年09月24日 16:52
  • ID:QvM5Lsn00 #

子猫が大きくなると、自分が下僕にされる事も知らないで、
けなげに発育を見守る可哀想なスージーさん

12

12. 匿名処理班

  • 2016年09月24日 17:10
  • ID:7eIxad0y0 #

敬称つけると人なのか犬なのか分かりにくいな

13

13. 匿名処理班

  • 2016年09月24日 17:40
  • ID:y.5Joxs.0 #

動物も種の保存とか関係なく、ただ小さくてか弱い存在を守ろうとするんだね
こういうのとてもほっこりする

14

14. 匿名処理班

  • 2016年09月24日 17:40
  • ID:OZjpB.Mc0 #

ホッコリする話しだけど、ニャンコ達、母猫と一緒に居させてやりたかったな、美談にはならないだろうけどね。

15

15. 匿名処理班

  • 2016年09月24日 18:11
  • ID:g270wNC70 #

異種間の友情とか愛情とかって
知性の証なんだろうなあ って思ったり。
それにしてもいつもいつも管理人さん
こんなんよく見つけてくるよな(゜_゜)

16

16. 匿名処理班

  • 2016年09月24日 18:17
  • ID:9Oh.A2u90 #

スージーさん目がキラキラでおっきくて
セクシーだなぁ....

17

17. 匿名処理班

  • 2016年09月24日 18:21
  • ID:V19hwmPf0 #

もうボクシング卒業

18

18. 匿名処理班

  • 2016年09月24日 18:21
  • ID:zfspB7en0 #

きっと子猫の必死さが分かるんだよ、種族の壁を越えてしまう母性の共感能力は凄い

19

19. 匿名処理班

  • 2016年09月24日 18:44
  • ID:.cluQ3rb0 #

(・´ω`・) こんな顔

20

20. 匿名処理班

  • 2016年09月24日 23:43
  • ID:V4uPxKd40 #

クシさん片目がない、サニーさんも目が見えないのかな
この家庭みんなが愛で支え合ってる

21

21. 匿名処理班

  • 2016年09月24日 23:47
  • ID:FGnMbfU30 #

スージーさんの慈愛に満ち溢れた優しい眼差し・・・。人間よりもずっと愛情が深そうだよね。

22

22. 匿名処理班

  • 2016年09月25日 00:45
  • ID:dI.NXdCA0 #

うちは保護犬の雄だったけど、拾った子猫や犬たちにも優しかったなぁ。
やはり子猫と一緒に寝たりして24時間体制で成長を見守ってた。

23

23. 匿名処理班

  • 2016年09月25日 01:55
  • ID:r4ss54SC0 #

スージーさんはオカンってよりお母様って感じの雰囲気ですね

24

24. 匿名処理班

  • 2016年09月25日 03:47
  • ID:fHbfAiur0 #

猫好きの犬だ

25

25. 匿名処理班

  • 2016年09月25日 12:12
  • ID:ypjqjKA80 #

犬に愛情が溢れている!
うちも子猫を保護したとき、飼い犬がめちゃくちゃ気にしてたわ
目もあいたばかり足もしっかりしてないなら、まだトイレを覚える段階でない
母親(または飼い主)が刺激して出してやる時期でしょ

26

26. 匿名処理班

  • 2016年09月25日 15:09
  • ID:x2KSn58i0 #

ボクサーママの溢れ出る包容力…イイ…

27

27. 匿名処理班

  • 2016年09月25日 20:05
  • ID:3fHdHzjV0 #

優しいなーーー
単純に、優しい

28

28. 匿名処理班

  • 2016年09月26日 15:01
  • ID:y6aDoTW40 #

あんなにちいさいと母親が居ないと普通死んじゃうんだけど
良く育てたなー

29

29. 匿名処理班

  • 2016年09月28日 00:54
  • ID:GGaUxSTj0 #

>>1いやインスタ見なくても管理人はそう書いてるだろ。ただのお前の早とちりだ。

30

30. 匿名処理班

  • 2016年10月10日 18:30
  • ID:Y7MrV.SX0 #

すごいね、ボクサー犬ってこんなに優しい表情するんだ…

31

31. 匿名処理班

  • 2018年02月01日 17:30
  • ID:nfsckYK00 #

スージーさん、見たら結構な高齢犬じゃないの。
長生きしてー。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク