top_e

 バルセロナへ旅行する人は、まずサグラダ・ファミリアを訪れ、そして次にバルセロネータビーチでその美しい光景を目に焼き付けるというのが定番だ。だがそれだけでは、バルセロナの貴重なものを見落としていることになる。

 町のいたるところで足元には、素晴らしい配色とパターンで構成されているおしゃれなタイルが張り巡らされているのだ。ドイツ人の写真家、sebastian errasが撮影した、『pixartprinting』シリーズの『バルセロナの床』では、バルセロナの街の通りやランドマークの建物内の床をクローズアップ。鮮やかで複雑なモチーフのモザイクタイルから地域社会や文化を紐解いていくことができる。

スポンサードリンク

1. generator hostel

1_e

 都市構造の主な特徴の一つはカタロニアモダニズムの象徴としてのモザイクである。着色されたセメントから作られたこれらの装飾的な床のタイルは、バルセロナのカフェ、ホテル、教会に見られるように、豊かな色彩と複雑な装飾を通じて強い個性を出している。

2. restaurante mussol

2_e


3. toto restaurante

3_e


4. hotel praktik

4_e


5. mercado el nacional

5_e


6. entrepanes diaz

6_e


7. casa lleo morera

7_e


8. café tenorio

8_e


9. casa lleo morera

9_e


 それぞれの場所も公開されている
10_e
via:Man explores the beauty of Barcelona through its floor patternsbarcelona floors: sebastian erras uncovers the city's vibrant culture from the ground up
translated byいぶりがっこ / edited by parumo


▼あわせて読みたい
そこには文化があり個性がある。ヨーロッパ各地のドアと窓の違いが判る「世界の窓・世界のドア」


これぞ天井美。イランにあるモスクや建物の美しい天井パターン


すべて手作業。こんなにも手間暇がかかっていたモザイクタイルの作り方


128年たった今でもまだ建設中の世界遺産、「サグラダ・ファミリア教会」(スペイン)


一人の男が33年かけて自力で作った巨大な塔「ワッツ・タワー」(米・ロサンゼルス)



この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2016年04月07日 19:08
  • ID:RpOOL4xi0 #

足元にこういうオシャレなのがあると散歩も楽しいだろうな

2

2. 匿名処理班

  • 2016年04月07日 20:48
  • ID:yd2W1MWH0 #

昭和のころの台所の床っぽい

3

3. 匿名処理班

  • 2016年04月07日 23:40
  • ID:yUYB9VKt0 #

柄も良い
靴も良い

4

4. 匿名処理班

  • 2016年04月07日 23:50
  • ID:lxbtK.n.0 #

下見て歩いていたら目が廻りそう

5

5. 匿名処理班

  • 2016年04月08日 01:50
  • ID:WShNVhXW0 #

20年ほど前にバロセロナに観光へ行った時、観光名所の写真をたくさん撮ったけど
足元の素晴らしいモザイクタイルには気がつかなかったなぁ!
スペインは偉大な芸術家が生まれるひとつに、街中にあふれている芸術作品に影響されているのかもしれない…。ちなみに、グエル公園にあるトカゲちゃんがとてもかわいいよ。

6

6. 匿名処理班

  • 2016年04月08日 02:02
  • ID:GpQ1KRAF0 #

素敵だ

7

7. 匿名処理班

  • 2016年04月08日 11:04
  • ID:84r7v51q0 #

エッシャーのタイリングもスペイン旅行がきっかけだったんだから、どこかにエッシャーのタイリングをした床を作ってくれないかなあ。

8

8. 匿名処理班

  • 2016年04月08日 14:51
  • ID:2J2ChrXl0 #

写真の撮り方も見事だなぁ
なんというシンメトリ

9

9. 匿名処理班

  • 2016年04月08日 18:30
  • ID:riDp66yg0 #

※5
私は 25 年前にバルセロナに行きました。 ガウディのデザインした建物を見に行きました。 ギュエル公園のトカゲちゃんはかわいかったですね。 あそこで水を飲んでいる ホームレスのばあちゃんがいたので、そこまで勇気がなかった私は駅の水道の蛇口の水を水筒に詰めることにしました。 今はどうか知らないですけど、当時は水道の水も飲むな、飲むなら、ボトル詰めの水を飲むべしといわれていましたが、貧乏なバックパッカーだったので、日本から行った私には、水を買うことに抵抗があったのです。 でも、現地の人が公園の噴水の水を飲めるなら、水道の水くらい行けるんじゃないかと思った次第。

10

10. 匿名処理班

  • 2016年04月09日 02:40
  • ID:qvhADevO0 #

ついでながら、撮影者の靴もオシャレ。

11

11. 匿名処理班

  • 2016年09月09日 21:51
  • ID:yENwKh7R0 #

いいな〜カラフルでオシャレ〜

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク