0_e3

 メッセージ・ボトルを知っているだろうか?これは瓶の中にメッセージを入れ、海に流して見知らぬ誰かにその思いを呼んでもらうというものなのだが、ボトルの中には、そのボトルを流した人の思いが込められている。

 この物語は実際に海でメッセージボトルを拾った人がその思いに感動し、フェイスブックで語ったものである。


スポンサードリンク

 そこにあるのは運命なのか?インターネットで不特定多数にメッセージを伝えることができるこの時代、いまだメッセージボトルにその思いを託した人がいる。そしてそれを拾った人がいる。

 つい最近、メッセージボトルを拾った人は、その思いをみんなに伝えるために、ボトルに入っていた手紙を公開した。それは美しく、家族愛にあふれる内容だった。

5_e3

モスビーチ カリフォルニア 2014年8月17日
私の名前はメルです。私には3人の素晴らしい子供たち、連れ添って54年目になる美しい妻がいました。私は海をこよなく愛し、海釣りを愛し、息子とアワビを取ったり、家族みんなで潮溜まりを訪れたりするのが大好きでした。

 本日、私の家族は私の魂の安らかなることを祈り、私を見送ってくれました。そして私の魂は、今海で新たなる旅をしています。このメッセージ・ボトルを見つけたら、私のフェイスブックページを開いてみてください。そこにあなたの写真と、どこで私を見つけたか投稿してくれませんか。その後このボトルにメッセージを入れて私を旅に戻してください。

 このボトルは緩和ケア(余命いくばくもない人が安らかな死を迎えるための治療)を受けていたメルが、直ぐに訪れるであろう死の直前に、その思いを託したメッセージが込められていたもので、その思いを受けた彼の家族が海へと流したものだった。

 このボトルを拾った男性らは、メッセージにきれいな色のゴムをつけて封をし、メルが大好きだった海へと再び戻した。

6_e4

 そして今、メルのメッセージボトルは、再び航海中である。次はどこへ流れ着くだろうか?メルの思いを乗せてメッセージボトルはメルの大好きな海で漂っている。あなたがもしこのボトルを見つけたなら、是非メルのフェイスブックを訪れ、次に伝えてほしい。そうすればメルはネット上で永遠に生き続けることになるのだから。

メルのフェイスブック:Melvin's Journey
10_e24

11_e16


▼あわせて読みたい
12歳で突然の死を迎えた少女。彼女の部屋には未来の自分に宛てた手紙が残されていた。


クリスマスの日の朝。父親が25年間、階段から降りてくる子どもたちの様子を撮影し続けたある家族の記録


父親の愛情があふれ出ている映像。「パパ、数学で合格点取ったよ!」で男泣き。


残された時間がわずかとなってしまったおばあさんと片時も離れたくない猫のいる光景


今この瞬間は一度しかない。幸せになるためにあきらめない25のこと。






この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2014年09月27日 14:34
  • ID:f2sZkdRA0 #

わくわくして開けた途端に切なくなっちゃう(´・ω・`)

2

2. 匿名処理班

  • 2014年09月27日 15:04
  • ID:lju60zgr0 #

切ない…でも世界中の人々が彼に出逢い、生きることの尊さを再認識するんだろう。
彼の魂の旅に幸多からんことを。

3

3. 匿名処理班

  • 2014年09月27日 15:06
  • ID:62J..UIa0 #

ガラスだと船とかにぶつかって割れちゃいそうだから、樹脂系の柔らかいものに入れたほうが…って思ったけど樹脂だと劣化しちゃうのかな。
今後何十年も何百年もメルさんが大好きな海を旅できますように(*´ω`*)

4

4. 匿名処理班

  • 2014年09月27日 15:06
  • ID:JM1BzKTk0 #

涙が出た
次もきちんと英語のわかる人の元へ届くといいなぁ…

5

5. 匿名処理班

  • 2014年09月27日 15:24
  • ID:gf6nRHap0 #

良いアイデアだな。子供の頃、風船に手紙と花の種をつけて飛ばしたことを思いだした。

6

6. 匿名処理班

  • 2014年09月27日 16:05
  • ID:Sldh8k2J0 #

浜辺で拾ったメッセージボトルを空けたら小さなメモが・・・
URLが手書きで書かれており、ドキドキしながら検索をすると・・・
amazon.jp「メッセージボトルを開けたはこの商品を買っています!」

7

7. 匿名処理班

  • 2014年09月27日 16:16
  • ID:z.bkVClC0 #

宇宙人がそのまま地球圏外まで持って行き
惑星の海を旅するなんて想像してしまった

8

8. 匿名処理班

  • 2014年09月27日 17:52
  • ID:8gQ3.Mfz0 #

どうか、このボトルがそのままゴミ箱にINするような、悪意の塊みたいな人物に拾われませんように。

9

9. 匿名処理班

  • 2014年09月27日 19:19
  • ID:WZTWLB7G0 #

ウミガメとかが食べてしまわないくらいボトルが大きいのがまたいいね

10

10. 匿名処理班

  • 2014年09月27日 19:38
  • ID:.Qlur.Vt0 #

良い話だね
メルが亡くなってからも、ずっと続くといいね
きっと、ご家族は、アップされる写真を楽しみにするよね

11

11. 匿名処理班

  • 2014年09月27日 19:43
  • ID:lHqsYjqs0 #

でも日本人がやってたら叩いちゃうんでしょお前ら

12

12. 匿名処理班

  • 2014年09月27日 21:42
  • ID:lmeh040w0 #

♪I hope that someone gets my message in a bottle....

13

13. 匿名処理班

  • 2014年09月27日 23:09
  • ID:2jhQS7l30 #

・・・・・・・・・やってみたいな(・ω・)
遠いどこかの人が自分の物を偶然読むなんて
死んでも生きてる・・・そんな感じがするな

14

14. 匿名処理班

  • 2014年09月28日 00:32
  • ID:GW3vWIZI0 #

おお…なんか感動した。フェイスブックのぞくと涙出てきたぉ。

15

15. 匿名処理班

  • 2014年09月28日 03:55
  • ID:FqAhkQyx0 #

だいぶ前に、ボトルメールってサービスあったな

16

16. 匿名処理班

  • 2014年09月28日 05:51
  • ID:VOgfBhg50 #

有名な作家でなくとも、物語を紡ぐと読み継がれて永遠になる。
百年前の人の考えを知ったりする。
手紙も同じで、その中にあるその人を感じる。
まだ、旅の途中。
彼ならそう私達に語りかけるだろう。

17

17. 匿名処理班

  • 2014年09月28日 13:29
  • ID:qqekskGT0 #

海にゴミ捨てるのやめちくり〜(๑◕ܫ◕๑)

18

18. 匿名処理班

  • 2014年09月29日 01:38
  • ID:oQ4bwDuM0 #

この人はmelって綴りだけど、メル(mer)ならフランス語の牾き瓩里海箸世

19

19. 匿名処理班

  • 2014年09月29日 06:02
  • ID:6AP4UXI50 #

メッセージボトルに入っていた手紙に「ばーか!」と
書いてあったので、すさまじい執念と莫大な予算を
つぎ込んで差出人を突き止め、「ばーかばーか!」と
言い返しにいく感動映画とか見てみたい

20

20. 匿名処理班

  • 2014年09月30日 03:33
  • ID:9ORoZrEk0 #

フェイスブックのアカウントを持ってない人が拾ったらどうするんだろう。
自分の顔写真とボトルを見つけた報告の紙を一緒に入れて次の人に託すのだろうか。

21

21. 匿名処理班

  • 2015年06月09日 15:47
  • ID:QUC.MPFS0 #

未練の塊って感じで引いたわ
エゴが強すぎる

22

22. 匿名処理班

  • 2019年04月16日 12:37
  • ID:kDhjv15c0 #

なんと美しい旅だろう。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク