puzzles4_640

 賢い鳥と言えば真っ先に思いつくのがカラスやオウム、インコの仲間なんじゃないかと思う。特に日本では野生のカラスの頭の良さは、よく話題になっているよね。

 ところ変わってオーストラリアでは、日本のスズメやカラスのように、キバタンやテンジクバタンといったオウムたちがそこいらじゅうにいるらしい。

 今回はその野生のキバタンに、立体パズルという難題を解く実験をしてみた映像が話題になっていたのでご紹介しよう。
スポンサードリンク


Can Wild Parrots Solve Puzzles?

 オーストラリアにはたくさんの種類の鳥たちがいるが、中でも日本でペットとして人気が高いカラフルなインコやオウムの多くが、実はオーストラリア原産なんだ。あのセキセイインコもそうだしね。



 今回被験体となってもらうのは、日本のカラス並みに住宅地でもよく見かけるキバタンという鳥だ。パワフルなくちばしで何でも齧ってしまうキバタンは、ニンゲンの住むエリアではちょっぴり迷惑な破壊神でもある。

 この個体は毎日午後になると撮影者さんのおうちにやって来て、オヤツを食べていくんだそう。撮影者さんは「ポパイ」っていう名前を付けているんだって。ポパイ氏は目をケガしており、またかなりご高齢なのキバタンらしい。

 で、そのポパイ氏にはこのパズルに挑戦してもらったよ。
puzzles0_640

 毎日やって来るとは言っても、ポパイ氏は野生のキバタンである。見慣れないパズルに警戒しつつも、中にあるオヤツは食べたい! さあどうする?

 何度か失敗を繰り返すうちに、ポパイ氏はこの木でできたパーツを引っこ抜けば、オヤツが出てくることを学習した。

 一度理解するとあとは早かった。下のパーツもクチバシで器用に抜いて、オヤツにありつくポパイ氏。

puzzles6_640


 だがパズルがしっかりと固定されていなかったため、翌日撮影者さんは改良版を設置した。ところがこの日、ポパイ氏が苦手とするワライカワセミが庭にやって来て、ポパイ氏はテレビのアンテナに避難してしまった。

 そこで代わりにやってきたのが、この若い個体である。仕方がないので被験者チェンジだ。若いだけあって、パズルを解くのにかかった時間はなんとたったの45秒!

puzzles3_640

 だがさらにその翌日やってきたポパイ氏は、迷うことなく11秒であっさりとパズルを解いてしまったそうだ。最初の日に解いたやり方を、ガッツリ覚えていたんだね。

 キバタンの器用さ、賢さ、そして記憶力には、まったく脱帽するしかない。撮影者さんはこれ以外にも、いくつかのパズルを作って実験してみようと思っているそうだけど、視聴者のみんなのアイディアも広く募集しているそうだ。

「これならキバタンもきっと苦戦する!」「でもきっと解けないことはない」という絶妙な難易度のパズルを思いついたら、ぜひ教えてあげてほしい。

written by ruichan

※この記事はカラパイアの姉妹サイト「マランダー」に掲載されたものです。面白い動物情報を集めたマランダーの方にも是非訪れてみてください。
あわせて読みたい
「気になる!」と思ったらもう止まらない!カワセミのしっぽにちょっかいを出しまくるオウム


「ちょっとそこの人、これ頼むわ!」と、ニンゲンに蛇口をひねってもらって水を飲むオウム


回る回るよ、鳥だって回る。やめられない止まらない、換気扇に乗ってぐるぐる回るオウムたち


こちらでは黒いカラス、あちらでは白いオウムとな。オーストラリアの街中にいるオウムたちの日常


オンリーオーストラリア?庭でカササギが密の大集会。



この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    カラパイアの最新記事をお届けします
    この記事をシェア :    

    人気記事

    最新週間ランキング

    1位
    9865 points
    猫氏、無賃乗車が発覚し乗務員に降ろされる

    猫氏、無賃乗車が発覚し乗務員に降ろされる

    2020年10月16日
    2位
    5289 points
    消防士に保護された子猫、飼い犬に囲まれ育ち犬化が加速(ベルギー)

    消防士に保護された子猫、飼い犬に囲まれ育ち犬化が加速(ベルギー)

    2020年10月15日
    3484913226
    3位
    4862 points
    犬氏「こんな可愛い子たちほっとけない!」散歩の途中で出会った子猫を保護する優しいラブラドール

    犬氏「こんな可愛い子たちほっとけない!」散歩の途中で出会った子猫を保護する優しいラブラドール

    2020年10月17日
    834769010
    4位
    3940 points
    ちっちゃかわっ!5匹のコツメカワウソの赤ちゃん生まれたよ(ニュージーランド・オークランド動物園)

    ちっちゃかわっ!5匹のコツメカワウソの赤ちゃん生まれたよ(ニュージーランド・オークランド動物園)

    2020年10月19日
    5位
    3938 points
    人間を信じていいんだ。捨て置かれていた犬が保護され、全ての人にギュッと抱き着いて愛情を示すまでの物語(アメリカ)

    人間を信じていいんだ。捨て置かれていた犬が保護され、全ての人にギュッと抱き着いて愛情を示すまでの物語(アメリカ)

    2020年10月18日
    803834024
    もっと読む
    スポンサードリンク

    Facebook

    コメント

    1

    1. 匿名処理班

    • 2020年09月20日 21:58
    • ID:SVjRHHrH0 #

    ペグ穴から少量こぼれてるのが気になる。
    アクリルの厚みを増やして90°のテーパ穴にすれば改善しそう。

    2

    2. 匿名処理班

    • 2020年09月20日 22:30
    • ID:NC.cAwuv0 #

    俺の方が速い

    3

    3. のらねこ

    • 2020年09月20日 22:59
    • ID:kJfMwLhQ0 #

    ( ^ω^)・・・

    4

    4. 匿名処理班

    • 2020年09月20日 23:53
    • ID:M1E4eneT0 #

    カラスの課題に比べたらかなりカンタン。
    キバタンをバカにするな、て言われそう。

    ちなみにこいつら、声がめっちゃうるさい。

    5

    5. 匿名処理班

    • 2020年09月21日 03:16
    • ID:eca8.gcd0 #

    鳥は賢すぎて、若干憎たらしい。
    大空を支配する特権があるから、人間に必要以上に媚びないよね。そこがいいんだけど。

    6

    6. 匿名処理班

    • 2020年09月21日 04:09
    • ID:SFDifKof0 #

    シドニーのテラス席のあるお店で朝ごはん食べてると、いろんな物強奪していくよ、この子たちは、一回はフォークに刺さってる鳥肉を持ってかれよ「グズだからだよ」って白人のお友達に笑われて「なんてスパルタンな土地なんだ」ってショックを受けたね。

    7

    7. 匿名処理班

    • 2020年09月21日 12:56
    • ID:wFPzSQj40 #

    鳥の何が凄いって学習するところ

    8

    8. 匿名処理班

    • 2020年09月21日 13:11
    • ID:9zR2JuGY0 #

    足さばきがプロw

    9

    9. 匿名処理班

    • 2020年09月21日 19:41
    • ID:VgjrINfO0 #

    おっかなびっくりのももひきが可愛いw

    10

    10. 匿名処理班

    • 2020年09月21日 22:44
    • ID:AoNxOD8m0 #

    パズルかこれ?
    餌が穴に落ちてたり枝に挟まっていたりと
    同じ行動じゃないのかね

    人は幾何学形態だから?って考えちゃいそうだけど
    オウムはそれすら現実の「その」状態って認識だよね

    つまり自然の摂理に従わない構造で
    解決した場合パズルを解いたと言えるのじゃないかね?

    猫が扉のレバーを下げて開けるレベル以下だこりゃ

    11

    11. 匿名処理班

    • 2020年09月24日 02:19
    • ID:zFVwczui0 #

    そうか、そういえばオウムとかインコってかなり長生きなんだった
    これだけ賢くて尚且つ何十年も生きてたら、相当いろんなことができるようになりそうだ

    12

    12. 匿名処理班

    • 2020年09月28日 12:58
    • ID:5Qyf7qaN0 #

    >>2俺と勝負しようぜ

    お名前
    スポンサードリンク
    記事検索
    月別アーカイブ
    スマートフォン版
    スマートフォン版QRコード
    「カラパイア」で検索!!
    スポンサードリンク