一度は絶滅したと思われていた亀が奇跡の復活
一度は絶滅したと思われていた亀が奇跡の復活 image credit:Steven Platt/Facebook

 笑ってるわけではないのだが、笑っているように見える動物は人間を幸せな気分にしてくれる。オーストラリアのクアッカワラビーなんかがそうだ。

 かつてはミャンマーの自然に広く生息していた「ビルマオオセダカガメ」も笑っているように見える動物だが、20年以上も前に絶滅したと考えられていた。

 しかし、その後3匹のビルマオオセダカガメが発見され、保護プロジェクトにより繁殖や保護対策が行われたおかげで、現在は1000匹ほどに個体数が増えたという。『The New York Times』などが伝えている。
スポンサードリンク

絶滅したとされたビルマオオセダカガメ、生存が判明し保護される


 口角がキュッとあがっているために、笑っているかのように見える亀「ビルマオオセダカガメ」は、かつてミャンマーを流れるエーヤワディー川の河口や山に広く生息しており、“巨大なアジアの川のカメ”として知られていた。

 しかし、1990年代にはその個体数が激減。魚の乱獲によって釣り具に引っかかったりして命を落とすカメが増えたのだ。

 一度は「絶滅」とみなされていたビルマオオセダカガメだったが、2001年に川沿いの村で住民に食べられた跡とされるカメの甲羅が発見され、研究者がミャンマー森林局の協力を得て個体数を確認したところ、3匹だけ生存していることが判明した。


 その後、残り僅かな野生のビルマオオセダカガメのために、森林局や野生生物保護協会、カメの国際的保護団体『Turtle Survival Alliance』の協力によって、計画された飼育繁殖や保護対策、および最終的には野生への再導入を伴う保護プロジェクトが発足した。


Restoring the Burmese Roofed Turtle in the Chindwin River

繁殖に成功し、現在は1000匹ほどが生存


 ビルマオオセダカガメは、マンダレー市内の動物園に移され、人工繁殖が勧められた。

 その結果、見事に成功。現在は、ミャンマーにある3つの施設で1000匹が生息しているそうだ。

 野生生物保護協会の獣医学者スティーブン・G・プラット博士は、メディアで次のように語っている。

2001年に残りわずかなカメが発見された時点で、我々が保護しなければ、間違いなく絶滅は免れなかったでしょう。

 ビルマオオセダカガメの生態においては、まだ不明なことも多く、そのため保護活動は決して容易ではないようだ。

 だからこそ、Turtle Survival Allianceの会長リック・ハドソン氏は、希少とされるカメの個体数がここまで増えたことに喜びを露わにし、このように話した。

この事例は、おそらく世界で最も優れたカメの保護成功例のひとつといっていいかもしれません。


 なお、増えたカメの何匹は、5年前から既に川へと戻されているという。

 いつも笑顔を絶やさないビルマオオセダカガメ。そのかわいらしい笑顔が絶えることがなくなって本当によかった。


A critically endangered female Burmese roofed turtle (Batagur trivittata) at the Singapore Zoo.

追記(2020/09/16)記事内を編集して再送します。
written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
日本の江戸時代から今日まで生きている長生きカメのジョナサンは今年で182歳


「あの時助けていただいたカメです」カメを治療した獣医が数年後、偶然そのカメと再会。その姿に感無量(アメリカ)


「亀がのろいだと?おまえら何もわかってねえ」世界最速の亀


仲間は助ける!割とかなり全力でひっくり返った仲間を助けに行くリクガメ


コロナで飼い主を亡くした53歳の亀に新たなる飼い主が見つかる(アメリカ)


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
5100 points
犬を引き取りに来たら猫がついてきました。施設に出向いた女性に子猫が猛アピール(アメリカ)

犬を引き取りに来たら猫がついてきました。施設に出向いた女性に子猫が猛アピール(アメリカ)

2020年9月26日
2604805233
2位
3207 points
ベンガルキャットの「ばぁばですよ、はじめまして!」愛娘が産んだ孫たちと初めて対面するおばあちゃん猫

ベンガルキャットの「ばぁばですよ、はじめまして!」愛娘が産んだ孫たちと初めて対面するおばあちゃん猫

2020年9月24日
2962896015
3位
2855 points
保護施設で少年にロックオンして16年目。20歳となった猫と青年の絆は今も変わらずソウルメイト(アメリカ)

保護施設で少年にロックオンして16年目。20歳となった猫と青年の絆は今も変わらずソウルメイト(アメリカ)

2020年9月24日
1492672529
4位
2505 points
目撃者多数!上空で光を放ちながらホバリングする謎の円盤型飛行物体(アメリカ)

目撃者多数!上空で光を放ちながらホバリングする謎の円盤型飛行物体(アメリカ)

2020年9月26日
1292320452
5位
2228 points
屈強な元プロレスラー、停電で開かなくなった電動ゲートをレンガの門扉から素手で剥ぎ取る(アメリカ)

屈強な元プロレスラー、停電で開かなくなった電動ゲートをレンガの門扉から素手で剥ぎ取る(アメリカ)

2020年9月22日
9561188480
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年09月16日 15:35
  • ID:sXjjB0Ra0 #

笑顔に見える生き物の写真集とか出ないかな?

2

2. 匿名処理班

  • 2020年09月16日 16:26
  • ID:.KqWYW250 #

かわいいw

3

3. 匿名処理班

  • 2020年09月16日 16:28
  • ID:w.BI1.ej0 #

こういうニュースを読むと、本当に嬉しくなります。
生き物を絶滅に追いやるのも人間ならば、絶滅から救い出せるのも人間。
地道な努力が少しでも実を結んでいきますように。

4

4. 匿名処理班

  • 2020年09月16日 16:56
  • ID:rOc10Bc30 #

川に戻したら また住人に食べられたりしないか..!?😦

5

5. 匿名処理班

  • 2020年09月16日 17:00
  • ID:uaF.kqxL0 #

:                   ::

6

6.

  • 2020年09月16日 17:26
  • ID:EKs.Lztg0 #
7

7. 匿名処理班

  • 2020年09月16日 17:35
  • ID:TcUAXKry0 #

良く絶滅を食い止めてくれました。
今後も油断なく、また、他の種にも絶滅の危機が無いか調べてください。
自分も人種だけど、人種はやはり業が深い。

8

8. 匿名処理班

  • 2020年09月16日 19:30
  • ID:bq6eQ7GH0 #

一番上の画像がビルマオオセタカガメだよね?
下の画像はオオセタカガメの小さいで
三番目の子ガメもセタカガメ。
最後の動画の子ガメがビルマオオセタカガメ?
なんでこんなCG映像みたいな微妙な取り方で短いか疑問だけど

9

9. 匿名処理班

  • 2020年09月16日 21:18
  • ID:oMmfi8C.0 #

こういうの関係者の人の思いや努力が偲ばれてジーンとくるな。
やっぱり、クローンで復活するのは違うんじゃないかなと思ったり。

10

10. 匿名処理班

  • 2020年09月16日 21:26
  • ID:S2zx9pBw0 #

絶滅危惧種を食べちゃったのか。地元の人達……

11

11. 匿名処理班

  • 2020年09月16日 22:01
  • ID:LM05LINR0 #

キャラデザが植田まさし

12

12. 匿名処理班

  • 2020年09月17日 04:52
  • ID:u4033Z.c0 #

ミシシッピのあいつらと同じで環境が合ってるなら簡単に増えるんかな

13

13. 匿名処理班

  • 2020年09月17日 11:06
  • ID:izvfRgX40 #

一回に産む卵の量がけっこうあるから飼育下なら案外簡単に増えるんだろうな

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク