野生生物が50年で3分の2以下に減少
野生生物が50年で3分の2以下に減少 / Pixabay

 私たちが当たり前に思っている暮らしは、実は地球の環境に大きな打撃を与えていたようだ。過去50年で、陸上の4分の3、海の40%が大きく劣化し、地球上の野生生物は50年足らずで3分の2以下にまで激減してしまったそうだ。

 世界自然保護基金(WWF)や国際応用システム分析研究所(オーストリア)のグループは、4000種の脊椎動物を追跡調査し、1970年から2016年にかけて平均68%にまで減少してしまったと『Nature』(9月10日付)で報告している。

 ――その主な原因は、森林や草原の農地への転換だそうだ。

 自然生息域の減少は、人間と野生生物が接触する機会が増えることにもつながり、感染症のパンデミック発生リスクが高まる恐れもあるという。
スポンサードリンク

経済成長に伴う天然資源の爆発的な消費


 近年の経済成長は前例がないほど目覚ましいものだったが、それによって天然資源の消費は爆発的に増えた。

 1970年代まで、人類の「エコロジカル・フットプリント」(人間1人の生活を維持するために必要な陸地・海の面積)は、地球が再生できる容量よりも小さかった。

 しかし、今やそれは地球が持続的に支えることができる容量を半分以上超過してしまっているという。

hands-600497_640
Pixabay

農地開拓により生息域を奪われる野生生物


 侵入生物種や汚染といった要因もあるが、生物多様性の喪失を引き起こす最大の要因は、森林や草原を農地に転換してしまっていることだ。

 増え続ける人口を維持するためには、持続不能なレベルの資源が必要で、現時点では陸地の3分の1、淡水の4分の3が食糧生産のために利用されている。

 同じことが海にも言える。現在、漁獲資源の75%が水揚げされている。

 こうしたことは野生生物にとっては住処を奪われるに等しく、当然のことながら大打撃となって彼らを追い詰める。

 野生生物全体が急速に地上から姿を消しつつあるが、それが特に速い地域もある。たとえば中南米の熱帯地域では、1970年以降に種全体が94%も減少してしまった。

elephants-1900332_640
Pixabay

今ならまだ間に合う


 しかし、これまでにないほど野心的で連携のとれた持続可能政策を広範囲で導入できれば、増加する世界人口を支えながらも、こうした傾向を逆転させることが可能だという。

 たとえば、保全管理される地域を増やし、劣化した土地の回復に努め、風景レベルの保全計画を一般化する。さらに食品の廃棄物を減らし、環境に優しい植物ベースの食事に切り替える。

 こうした抜本的な保全対策を行うことで、2050年までには生息域の縮小によって生物が減少する現在の傾向を逆転せさ、将来的な生物多様性の喪失を3分の2以上回避できる可能性がある。

mist-4551691_640
Pixabay

「今すぐ行動せねばなりません。生物多様性の回復速度は、最近見られる失われる速度よりもずっと遅いのが普通です」と、主執筆者のデビッド・ルクレール氏は話す。

「行動が遅れれば、さらなる多様性の喪失につながり、その回復には数十年を要することでしょう。」

 またマルコ・ランベルティーニ氏は、これまで失われる自然をただ悲しむだけだった人々が、現実的な心配をするようになってきていると指摘する。

 「私たちには地球上の生命と共存するという倫理的な義務を負っています。ですが、今や社会や経済への影響や、当然ながら私たち自身の健康への影響という新しい要素をはらみつつあります。」

 2020年以降の生物多様性保全戦略は、野心的な保全対策と食料供給システムの大転換に主眼がおかれるだろうとのことだ。

Bending the curve of terrestrial biodiversity needs an integrated strategy | Nature
https://www.nature.com/articles/s41586-020-2705-y
References:sciencealert/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
地球は6度目の大量絶滅の渦中にあり、種の絶滅は加速している(国際研究)


絶滅危惧種の今と10年前を地図上で比較できる「新・野生生物絶滅危惧マップ」


ロックダウンが全ての野生動物にとって朗報であるとは限らない。多くの動物は人間に依存して暮らしている


経済成長と環境保護を両立させる「グリーン成長」を成し遂げるのが困難な5つの理由


失われた自然と野生動物を取り戻すために人生をささげたカップル。26年後、その願いがかなって豊かな森へ(インド)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
7502 points
洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

洪水で水浸りの状態でじっと耐えていた犬が海兵隊員に救助され、メンバーとして迎え入れられる(メキシコ)

2020年11月18日
1447327229
2位
6315 points
アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

アルコールを急速に体内から抜く呼吸装置が開発される(カナダ研究)

2020年11月16日
3位
4754 points
地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

地球最強生物クマムシの新種、紫外線を青い蛍光に変え無害化する能力を持っていた(インド研究)

2020年11月17日
9773733638
4位
4531 points
集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

2020年11月21日
764423527
5位
4243 points
3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

3日間行方をくらましていた猫が、借金を背負って帰ってきた!(タイ)

2020年11月16日
8673329344
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1.

  • 2020年09月12日 09:35
  • ID:3XA4rezB0 #
2

2. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 10:03
  • ID:hXJv8dyA0 #

はっきり言って回復は無理でしょ。
最後のチャンスみたいなこと散々言ってきたじゃん。

もう何もかも食い潰すか、謎の新技術で共存共栄か、宇宙進出くらいしかない。
あと世界大戦で各国人口大幅削減。

3

3.

  • 2020年09月12日 10:04
  • ID:9jgkR26T0 #
4

4. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 10:15
  • ID:ttpGbhlb0 #

その野生生物には細菌とか古細菌とかは含まれていないんだろうなーと。

5

5. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 10:21
  • ID:dd8CsAL30 #

先進国の奴らですらアマゾンは自然豊かだと勘違いしている奴いるし
現地の奴らじゃ木いっぱいだぶった切って焼き畑にするぜという妙な
正義感に沸くのもしょうがねえと思う
仮に保全林作っても、北斗の拳の雑魚じゃないが今がよきゃいいんだ
イヤッホーとその場で叩き切って同じ荒廃した土にかえるし無駄だ

6

6. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 10:24
  • ID:VKyL1tJX0 #

そもそも、これ以上世界人口を増やす必要があるのかね?
先進国の出生率は低下してるんだし、20世紀までのペースで増えること自体がエラーだったのでは…

7

7.

  • 2020年09月12日 10:27
  • ID:cJeI1IrS0 #
8

8. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 10:42
  • ID:v0IYhkZr0 #

日本の地方で見ると過疎化のおかげで野生動物は確実に増えてるよ

9

9. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 10:50
  • ID:2xMsGSxZ0 #

地球の自浄作用で、天変地異からの北斗の拳ルートだな

10

10. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 10:50
  • ID:lX7QnsNF0 #

質量保存の法則の生命版
生命量保存の法則だからそうなるでしょ。

11

11. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 11:02
  • ID:PYD2fslp0 #

コロナで人間が半減するのが一番効果的なんだから、俺はマスクしないで人の多いところに平気ででかけてるぞ

12

12. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 11:22
  • ID:YNpdjXcz0 #

中国とかまだ人口の半分以上が月収100ドルぐらいだけどその層まで先進国レベルの生活したら世界終わりそう

13

13.

  • 2020年09月12日 11:35
  • ID:iXNfrPNM0 #
14

14. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 11:37
  • ID:zvsPLs2i0 #

ソロソロ好い加減経済は成長させる物じゃなく維持する物、廻すものって事にしませんか
上澄みの方々
けど地球が完全に枯渇しても価値観変わらんのだろうなと最近諦めてる
その時の為に宇宙進出への技術開発頑張ってるんだろうし

15

15. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 11:38
  • ID:6kodLhC00 #

50年前と今の野生動物と家畜の比率も見ないとなんとも言えない。

16

16. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 11:47
  • ID:szn0xybe0 #

>>2
人口削減は、時と共にまた増えて同じことするからただの延命にしかなんないと思う
未来の新技術か滅亡の2択かなあ

17

17. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 12:08
  • ID:OSzBaSJK0 #

地球「たかが1/3くらいですごいと思ってんの?」

18

18. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 12:25
  • ID:cqr3tCgK0 #

>>17
うーんこの強者

19

19. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 12:30
  • ID:ZeRrQSlt0 #

相当、根本的なところで世界の意識、社会のシステムが変わらない限り悪い方へ行くところまで行くしかないのかな。
一人一人にできることはものすごく微力でもましにすることぐらいかな。
新技術とか言っても今のままで突き進んでもディストビアの予感しかないし。
今の現代の知識の及ばないところで奇跡的になるようになってくれるわけにはいかないか。

20

20. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 12:39
  • ID:oUTigSGM0 #

人口が10分の1になり、かつサンクチャリ(禁則地でもいい)を大きく儲けて(日本なら20箇所、面積の合計が長野県とか福井県くらい)にしないと駄目だし
海はやはり進入禁止領海を…

まあ無理だね。

逆に今、普通の人々が出来ることって何だろ?
ゴミの分別はしてるし、小型の電子機器は電気屋で家電回収して、家の外の照明はUVカットに、風呂の水は一晩残して植木と朝のトイレに使ってる。
もちろんエコバックにしたし…
でも、これで改善したとは思えない。

21

21. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 13:51
  • ID:CNqITz3y0 #

カラパイアでも野生の生き物が人間に助けを求めている記事をいくつか読みました。
彼等は本能的に何者だったら助けてくれるのかわかっているのでしょうか。
だとしたらことさら切ないです。

22

22. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 13:54
  • ID:Jn0sPQwU0 #

なにかの本で読んだけれど、農耕文明以前の状態であれば、人類が地球上で生存できる数は一億数千万がせいぜいとうことだった。
また、農耕文明以前でも、道具を発明した人類は、大型動物を次々と絶滅に追いやってきた。
文明を発明して以降の人類は、それ自体が、本来あるべき地球上の生態系や自然のバランスにとって異様な負荷となり、歪めてきてしまっている。ここ数十年の出来事は、それに拍車を掛けたに過ぎない。
映画『マトリックス』のせりふにあったように、「人間は地球にとってのウィルス」なのだろう。
他の惑星への移住? そのためにどれほどの資源とエネルギーを消費し、地球にさらに負荷をかけるというのか?

とはいえ、「だから人類は数を減らすべきだ」と気楽に口にすることはためらわれる。それを言うあなたやわたしはどうなるのか?という問いを突きつけられるからだ。神でもない身で、そのような発言を行うことも、傲慢ではなかろうか。
「地球環境を改善し野生動物を少しでも救うために、わたしは命を絶ちます」という人などいるわけがないのだから。

人類を文明以前に戻すのが不可能である以上、地球と自然にとっての病の進行を少しでも遅らせるために、ごくわずかの努力を行うしかないのだろう。
ごくわずかの努力、ごくわずかの成果で満足するしかない。過激な自然保護派の唱えるようなことは、全人類が共有することなどできないから、結局は絵に描いた餅にしかならないからだ。
(全人類に飛行機の搭乗を禁止して船で旅せよ、とでも言うのですか、グレタさん。全人類に完全菜食を押しつけるのですか、一部ヴィーガンの人たち。理想は大切ですが、理想は手段とはなりえないのです)
誰にでも可能な、ごくわずかな努力を、全人類として積み重ねることこそ、最良かつ唯一の手段だと思う。

23

23. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 13:58
  • ID:cfSo.JnN0 #

とりあえず発展途上国の発展を止めればいいんじゃないかな?

24

24. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 14:18
  • ID:Q9l0vMnH0 #

環境問題は人口が増えすぎることが根本問題であり、そうしてみると日本の少子化ってのは地球生物全体の存続から見れば時代の要請に沿っていて、いわゆる‶地球に優しい”ことなのではないのかな?
環境に極度の負担をかけるほど増えすぎた人口を、殺すとかそんな野蛮なことをせず自然に減らして適正値までもっていく。まさに環境問題解決への素晴らしい回答!
日本は少子化を誇るべきだ!?
そういえば天の配剤か、時代はAIやロボットなどの科学技術の発達によって少ない人口でも生活水準を保てるかさらに上昇させる未来も見えてきた。
これらの状況が意味するところは、日本は時代が要請する最先端を走っている!
日本は自信を持て!日本の進んでいる道は正しい!!!

25

25. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 14:44
  • ID:GNzt71f70 #

※8
昔、山間の田んぼや畑だった場所が耕作放棄ですっかり雑木林になってるんだよなぁ。熊やイノシシより子供を見かける方が超貴重という・・・

26

26. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 15:27
  • ID:IJopd7Vr0 #

飽食のど真ん中で農業を批判した自然保護を叫ぶ?

27

27. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 17:56
  • ID:FkIHQdCB0 #

地球を破壊し動物を殺めながら人間同士で無残にも殺し合いをするこの世界とは
人間は近く滅ぶ生き物であるべきなのかも知れませんね

28

28. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 18:20
  • ID:wdE.7pLu0 #

>>24
日本はともかく、人口減少は自分も賛成。
テクノロジーの発達もだけど健康年齢も上がっているし。

29

29. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 18:37
  • ID:zD47ZAJW0 #

そもそも資源や環境の持続可能な人類の適正人口は10億人が限界という試算もあるからなあ
多すぎるから人口減少は極めて正しい道だから、日本も1500万人くらいまで減っていい

30

30. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 18:59
  • ID:4UQhfzMH0 #

※8
猪と鹿は特に大増殖していますね
保護獣のツキノワグマも
で増殖した鹿の食害は凄まじく山の可食物は減り、それに押された猪も熊も人里に降りてきます

31

31. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 19:11
  • ID:cCWQh6MU0 #

先ず隗より始めよってね

32

32. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 19:14
  • ID:BshSF7r20 #

最近環境の話を聞くたびに思うこと
よく地球のためにとは言うけど水も植物も地球にとってはあとから出てきた邪魔物でしかないのではと思うことなある。
地球環境の保全という言葉は本来火山しかなかった太古の状態に戻すことなんじゃないの?

33

33. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 19:17
  • ID:qp5AtwPK0 #

そらこの50年であれだけ爆弾落としたらそのぐらい減るでしょ

34

34. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 19:19
  • ID:vn7CM2Vv0 #

100万年前と現在では種はほとんど入れ替わっている
10万年単位で温暖化と氷河期を繰り返してるたびに大絶滅が起きている
人類という環境に適応できた種は反映し出来ない種は滅んでいくわけだが
人類が適応できない種を守る?何のために?

35

35. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 20:40
  • ID:EEp9inC30 #

そのくらい誤差だと何度言えばいいんだよ

36

36. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 21:48
  • ID:V.j2iT3Z0 #

パルモさんは「自然淘汰を待ちわびて」いるんですよね

ワタシもです

37

37. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 22:44
  • ID:9sB6fjZV0 #

※35
宇宙スケールでみりゃ、そりゃそうでしょ。
てか地球も太陽膨張でいずれ消滅。それ以前に氷河期の到来や不可抗力な隕石の墜落でも悲劇的環境破壊は確実に起こるわな
そのレベルで物事を見て判断したら、我々の存在すら「些末」で意味を持たなくなる。

要は今を生きる人類にとって「最適環境(都合の良い環境)とは」が問われてると思う。価値観の闘争なのかも。
自分は環境維持派であり復活要望派。なぜなら「全宇宙における我々生命の希少さ」は「地球内のダイヤや金の希少さ」どころのレベルじゃないことが判明してきているから

38

38. 匿名処理班

  • 2020年09月12日 23:38
  • ID:DyfeZ24i0 #

人類だけの力じゃあ自滅すら儘ならないというわけです

39

39. 匿名処理班

  • 2020年09月13日 00:10
  • ID:i56cVd.P0 #

やってるのは一部の人間なのに、人類全体の責任みたいに言ってる内は予防は不可能だろ

40

40. 匿名処理班

  • 2020年09月13日 01:28
  • ID:JsWo6evZ0 #

希少な野性動物を国の資源と考えるか、邪魔者と考えるか。


41

41.

  • 2020年09月13日 11:45
  • ID:XHy02Rkk0 #
42

42. 匿名処理班

  • 2020年09月13日 14:05
  • ID:nAevPve30 #

※17
ノアの時は一組を除いて、オールリセットでしたね♪

43

43. 匿名処理班

  • 2020年09月13日 16:35
  • ID:kEOjRald0 #


バッタ
スズメバチ
カラス
ゴキブリ
ネズミ
マダニ
ヒアリ

むしろ増えている気がするのは気のせいか

44

44. 匿名処理班

  • 2020年09月13日 19:53
  • ID:Je5jtICZ0 #

※43
外来種、特に侵略的外来種は、たまたま繁殖に適した条件に合致することにより、在来の生物を駆逐して個体数を増やすことがあります(例:ブラックバス)。生物の全体の生息数は増えていても、多様性が失われることによる影響のほうが懸念されますね。

カラスやネズミなどは都市に順応する種もあるので、人間が目にする機会が多いという要因もあります。

45

45. 匿名処理班

  • 2020年09月13日 21:26
  • ID:.zMa9aSA0 #

>>6
後進国に、お前らもう充分だから産むな!って誰が言えるのかね?
働き手がいないと困るって農村に、地球全体の人口ガーつって聞いてくれるか?

46

46. 匿名処理班

  • 2020年09月13日 21:27
  • ID:.zMa9aSA0 #

>>2
そもそも恐竜も滅んだけど回復なんて必要ないわけで、滅びそう、または滅びた種も保存したいとかいうのも人間のエゴな気がするんだよなあ。

47

47. 匿名処理班

  • 2020年09月14日 01:11
  • ID:tX4MlN.Q0 #

>>14
上を望める人が維持なんて望むわけもなく
維持か落ちていく人だけが維持を望むだけよ。
100の資源を50人で分けてる時に力ある者が5人で40位奪っても知らずに残りの45人で60の資源で満足してたけど人口が100人に増えたから1人1ずつね!って言っても1人で8もらってた人達が満足する訳がない。
8貰ってたから9欲しいし10欲しい。残りの50を95人で分けろ、ってなるだけ

48

48. 匿名処理班

  • 2020年09月15日 21:14
  • ID:.BDMG5Is0 #

>>34
人間のためさ

49

49. 匿名処理班

  • 2020年09月17日 19:47
  • ID:766FSq0C0 #

植物が減り酸素が不足するという懸念がある。
食べ物はIPS細胞で何とかなる。

50

50. 匿名処理班

  • 2020年09月20日 01:24
  • ID:RX.tttR30 #

約35億年前、地球に光合成生物が初めて出現し、その発する酸素によって、地上と海中の生物のほぼすべてが死滅した時代があった。が、今は酸素を前提とした非常に多様な生態系がある。

なら人類が出現し、その経済活動によってほぼすべての生物が死滅したとしても、やがて人類を前提とした非常に多様な生態系が再び現れるだろう。

51

51. 匿名処理班

  • 2020年09月24日 14:01
  • ID:5szR2SsQ0 #

※24
先進国は日本だけじゃなく少子化してる。途上国では中国もそうだ
インドだけかな最悪なのは

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク