A specimen of Abyssalia
新種の巨大単細胞生物 image by:Slim Chraiti/University of Geneva

 暗闇に閉ざされた海の深淵には我々の想像もつかない奇妙な生き物が潜んでいる。

 今回、太平洋の深海で発見された新種は、単細胞生物でありながら20センチにも及ぶ種がいることで知られる「クセノフィオフォラ」という原生生物の仲間だ。

 新種は4種で、そのうち3種のために2つの新しい属まで設けられた。
スポンサードリンク

未知なる生物たちのホットスポット


 ハワイ南方、太平洋海底に横たわる「クラリオン・クリッパートン断裂帯(CCZ)」は、キリバスとクリッパートン島とほぼ同じ緯度を東西7240キロに渡って走る広大な断裂帯で、貴重な有価金属やレアアースが豊富に存在することで注目されている。

 だが、お宝は鉱物資源だけではない。水深5キロの深海に潜む、未知の生物たちである。

 たとえば、CCZの深海平原にはクセノフィオフォラという有孔虫の仲間がいる。外来物を殻として身にまとい、単細胞生物でありながら20センチにも達する仲間がいる奇妙な生物だ。

 初めて記載されたのは19世紀のことだが、何しろ海の奥底に潜んでいるために、詳しいことはあまり分かっていない。

4種の新種と2属の発見で、CCZに生息するクセノフィオフォラの記載数は17に増えました。ですが、知られていながら記述されていない仲間がまだたくさんいます

と、生態学者のアンドリュー・グッデイ氏(イギリス、国立海洋学センター)は話す。

 17という記載数はクセノフィオフォラ全体の2割を占める数で、彼によれば、CCZはクセノフィオフォラのホットスポットであるという。

4
これまでに発見されているクセノフィオフォラの一種 image by:NOAA

深淵に潜むもの


 海洋観測艦キロ・モアナ号による2018年の調査で発見されたクセノフィオフォラの新種は全部で4種。

 そのうちの2種「Abyssalia foliformis」と「Abyssalia sphaerica」は新しい属の仲間で、新たに「Abyssalia」属が設けられた。海の深淵(abyss)に潜んでいることにちなんだ名称だ。
 
 クセノフィオフォラの特徴の1つは、体の分泌物と外部の膠着物がくっついてできた殻(テスト)だ。Abyssalia属の仲間の場合、テストは海綿骨針の均一なメッシュでできており、はっきりと区別される表面層はない。

1_e9
Abyssalia属に分類された新種 image by:Slim Chraiti/University of Geneva

 一方、やはり新種の「Psammina tenuis」と「Moanammina semicircularis」は、デリケートな薄い板のようなテストを持つ。

 前者はすでに知られている「Psammina」属の仲間だが、後者はもう1つの新属の種。新しい属の名称「Moanammina」は、ハワイやマオリをはじめとするポリネシアの言葉で「海(Moana)」を意味する言葉にちなんだものだ。

2_e4
新種 Moanammina semicircularis (Jennifer Durden and Craig Smith, DeepCCZ Project)

泥団子のようなクセノフィオフォラ


じつはさらに新種と思わしきクセノフィオフォラも発見されていたそうだ。

 こちらはまるで泥団子のような奇妙な姿をしていたのだが、残念なことにきちんと調査する前に溶けてしまったとのこと。デリケートで謎に満ちた深海生態系のメタファーのようだ。

3_e2
正体不明の泥団子のような生き物 image by:Gooday et al., EJP, 2020

これらの発見は『European Journal of Protistology』(2020年8月、75巻)で報告された。
Xenophyophores (Rhizaria, Foraminifera), including four new species and two new genera, from the western Clarion-Clipperton Zone (abyssal equatorial Pacific) - ScienceDirect
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0932473920300456
References:eurekalert/ written by hiroching / edited by parumo

あわせて読みたい
Twitterで発見された新種の寄生菌、Twitterにちなんだ名前が付けられる


新種の生物に秘密基地、難破船にピラミッドなど、世界の海底に隠された10のミステリー


北極海の海の底でクラミジアの近縁種を発見(スウェーデン・オランダ共同研究)


ひと噛みで人間の肉を腐らせる恐怖の毒グモの新種が発見される(メキシコ)※蜘蛛出演中


水が濁っていると、混乱した交尾によって新種を創り出してしまう魚の存在が確認される

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年07月08日 22:42
  • ID:CDFThtqu0 #

そろそろ海底2万マイルをリアルでアトラクションにせん?まだ無理?
宇宙旅行より海底観光がしたいよ前澤えもん〜

2

2. 匿名処理班

  • 2020年07月08日 23:16
  • ID:GmEtsWh00 #

世界最大の単細胞生物はダチョウの卵。であることを思えば
まあ、そこまで大きいわけでもない。

3

3. 匿名処理班

  • 2020年07月08日 23:27
  • ID:mmc1Quen0 #

※1
気持ちは分かるが、
多発する光害により陸の生物だけでなく海の生物も
生体機能がおかしくなることがわかっているから、
(発光生物だけでなく他の海洋生物もおかしくなる)
専門の人の科学的探査に留めるくらいがいいのだと思うよ

4

4. 匿名処理班

  • 2020年07月08日 23:34
  • ID:a7o0K4aB0 #

まるで海のケセランパサランと海のグルートJr.みたい

5

5. 匿名処理班

  • 2020年07月08日 23:48
  • ID:ZMEwf9O00 #

この単細胞めが!!

6

6. 匿名処理班

  • 2020年07月08日 23:55
  • ID:W3jvrDUe0 #

※2
ダチョウの卵はほとんどが卵黄(栄養)で細胞は1ミリ以下のサイズだよ

7

7. 匿名処理班

  • 2020年07月09日 00:43
  • ID:NSbeaeZC0 #

こういうのはミトコンドリアとかの器官も大きいのかな?

8

8. 匿名処理班

  • 2020年07月09日 00:48
  • ID:rHaRzfZe0 #

Oh…

9

9. 名無し

  • 2020年07月09日 01:09
  • ID:6xvZSsb10 #

殻ということはそれなりに硬いのだろうね。
採取されて溶けてしまったとは死んでしまったのか。
かわいそうに。

10

10. 匿名処理班

  • 2020年07月09日 01:29
  • ID:UynowhjE0 #

「こう見えて私、単細胞なんです」

11

11. 匿名処理班

  • 2020年07月09日 01:39
  • ID:pv8e3DKu0 #

身近なとこでは海ぶどうが単細胞生物だよ

12

12. 匿名処理班

  • 2020年07月09日 01:49
  • ID:GUVjPYmV0 #

単細胞ではあるけれど多核…これって発生的にはどうなのかな?
群体性生物の細胞膜が消失してできたとか、そういうことなんだろうか…?
シロウト丸出しのコメで恥ずかしいんだが…Orz

13

13. 匿名処理班

  • 2020年07月09日 03:14
  • ID:XsytEgrc0 #

かき揚げにしたら美味しそうな。。。
泥団子の方はちょっと・・・

14

14. 匿名処理班

  • 2020年07月09日 05:47
  • ID:AMyYfygM0 #

自力で移動できる単細胞生物では真性粘菌が最大なのかな。大型の単細胞生物の多くは多核だから個体と群体の区別も曖昧だが。

15

15. 匿名処理班

  • 2020年07月09日 06:13
  • ID:y2J.sFXP0 #

画像のやつよく家の中で見かけるぞ。カーペットとか家の隅にいる灰色だけど。

16

16. 匿名処理班

  • 2020年07月09日 07:27
  • ID:EPav7dJ10 #

私も巨大単細胞と呼ばれてますけど

17

17. 匿名処理班

  • 2020年07月09日 07:49
  • ID:tVMY.H1r0 #

アンドロー梅田
「全く、単細胞はこれだから参っちゃうんだよな〜」

18

18. 匿名処理班

  • 2020年07月09日 09:37
  • ID:IFy6cp4R0 #

これだけでかい単細胞生物を生かしたまま捕獲できれば、細胞内器官の調査研究がススム君ですな。

19

19. 匿名処理班

  • 2020年07月09日 10:01
  • ID:aXmm8uuI0 #

くせ〜の

20

20. 匿名処理班

  • 2020年07月09日 10:31
  • ID:v3.FiJLT0 #

深海のじっと動かない生き物は、ゆうに百歳を超えていそうなイメージ。
超巨大な単細胞生物、何歳なんだろう!

21

21. 匿名処理班

  • 2020年07月09日 12:28
  • ID:n3OJMzqf0 #

最初の写真は沖縄とかの海でよく見るサンゴに似てるね。

22

22.

  • 2020年07月09日 12:29
  • ID:xmFmQF.J0 #
23

23. 匿名処理班

  • 2020年07月09日 12:35
  • ID:HvTtLGBE0 #

深淵を覗く時、深淵もまたこちらを覗いているのだ
こいつらか

24

24. 匿名処理班

  • 2020年07月09日 19:29
  • ID:d7XFrDe80 #

ゼロの怪物ヌル

25

25. 匿名処理班

  • 2020年07月09日 23:39
  • ID:MrGh1ujV0 #

運ぶ間に溶けるって何事なの…

26

26. 匿名処理班

  • 2020年07月10日 01:41
  • ID:7r4oJFCJ0 #

>>25
深海生物だとよくある
深海では詳しい分析できないから研究所に運ばないといけないけど、深海環境を維持したまま運ぶ技術がまだどこにもない
熱帯や北極圏の生物を研究所に運べるようになったのも20世紀からという難しい作業

生物の中には環境変化に弱いやつも多いからね
特に水中にいるやつは、まわりの水と成分やらを合わせたほうが省資源になって有利なので、ちょっとの環境変化で耐えきれなくなりがち
深海はちょっとの環境でもないし

27

27. 匿名処理班

  • 2020年07月10日 18:48
  • ID:OI.D4.lH0 #

ここまでクトゥルフネタがなくてちょっと驚いた

28

28. 匿名処理班

  • 2020年07月10日 21:02
  • ID:qdFiwQx90 #

なんか色々と遠すぎて、どういう生き物なんだか全然ピンとこない……

29

29. 匿名処理班

  • 2020年07月11日 16:31
  • ID:fKMoipIy0 #

>>15
まっグレーぐれすけw

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク