アラスカのオーロラ
謎の失踪事件が相次ぐアラスカトライアングル / Pixabay

 「バミューダトライアングル」の名前は聞いたことがあるだろう。昔から船や飛行機、その乗務員のみが消失してしまうという伝説の魔の三角形の海域だ。

 だが、こうした謎の事件は、バミューダだけに限らない。この数十年、アラスカでも同様の不可解な失踪が続いていて、「アラスカトライアングル」、もしくは「アラスカのバミューダトライアングル」と呼ばれている。

 
スポンサードリンク

未踏の荒野にあるアラスカトライアングル


 問題の「アラスカトライアングル」は海ではない。北岸のバロウとアンカレッジと南岸のジュノーを結ぶ三角形の未踏の荒野にある。

 広大な森が広がり、氷に覆われた山の頂がそびえたち、人に侵入を拒むツンドラの地では、確かになにが起こってもおかしくない。毎年のように何度も捜索・救助隊が出されているが、遺体はおろか、なにも見つけることはできていない。

mountains-1334841_640
Pixabay

飛行機の相次ぐ消失、1万6000人以上が行方不明


 アラスカトライアングルが初めて注目されたのは、1972年に米下院院内総務のヘイル・ホッグスの飛行機が、アンカレッジとジュノーの間のエリアで忽然と消えたことだ。

 軍用機40機、民間機50機を動員して39日間の大規模な捜索が行われたが、飛行機の残骸も、人間も遺体もなにも見つからなかった。なお、この事件の後、すべてのアメリカの民間機には救命無線機の装備を義務づける法律が可決された。

 行方不明になった航空機は他にもある。1950年には、44人の乗員を乗せた軍用機が跡形もなく消え失せ、1990年には、パイロットと4人の乗客が乗ったセスナ340が消えた。

 1988年以降、1万6000人以上がこのアラスカトライアングルで失踪している。アラスカの人口の1000人に4人が行方不明になっている計算で、これは全米の行方不明者数の2倍以上という異常事態だ。

 失踪者らは、アラスカの大地をさまよい続け、自然の猛威のせいで死んだという結論を出すのは簡単だ。だがその数があまりにも多すぎる。

landscape-4946313_640
Pixabay

気候や地形によるものなのか?


 航空機が消えてしまう原因のひとつとして、気候や地形が絡んでいる可能性はある。

 例えば、1947年、ブリティッシュ・サウスアメリカン航空(BSAA)のランカストリアン旅客機スターダストが、アルゼンチンのブエノスアイレスから、チリのサンティアゴへ向かっている途中で消えた。

 その消息は、50年たってもわからなかったが、1998年、ふたりのアルゼンチン人登山家が、トゥプンガト山を登頂しているときに、航空機の残骸を見つけた

 調査の結果、スターダストは、ほぼ垂直の氷河に衝突して雪崩を引き起こし、あっという間に埋まってしまったという結論に達した。

 しかし、アラスカトライアングルで消えてしまったすべての航空機が、同じように雪崩で埋まってしまったとは思えない。とすると、科学的に根拠のある説明はあまりできず、だんだん怪しげな話になってくる。

aurora-borealis-1002259_640
Pixabay

アラスカのUMA「クシュタカ」によるものなのか?


 デニス・ウォラーという作家が、『クシュタカの探索──アラスカのもうひとつのビッグフット、トリンギットインディアンが語るカワウソ人間』という自著の中で、アラスカ南東部に住む先住民トリンギット族やツィムシアン族が語る、謎の未確認生物のことをとりあげている。

 「クシュタカ」とは、カワウソ人間のことで、アラスカのビッグフットとも言われる。知り合いや子どもの声を真似て、近くの川に人間をおびき出しては八つ裂きにして殺したり、吸血鬼のように犠牲者をクシュタカ仲間にしてしまうと言われている。数々の失踪はこの生き物の仕業ではないかという説もある。


Cryptids and Monsters: Kushtaka

氷河の幻惑なのか?


 もっと根拠のありそうな説は、アラスカの美しい氷河に幻惑されて、多くの人々や航空機が飲み込まれたというもの。

 氷河は固い氷に見えるが、実はその内部はハチの巣のような構造になっていて、見えない部屋が隠されているという。そうした家やビルよりも大きな見えないクレバスが、北国の降雪と相まって、失踪者を覆い隠してしまうのではないかというのだ。

glacier-bay-80644_640
Pixabay

 確かにアラスカトライアングルでは、"煙のように跡形もなく消えてしまう"ことが、自然によって埋められてしまうという意味と同じなのは、ありえないことでもなさそうだ。

 とはいえ、いまだに真相はわからない。とにかく、アラスカの大自然に足を踏み入れるときは安全第一を心掛け、もし、なにか見つけたら、アラスカ失踪者情報センターに連絡することを忘れないように。

References:Thousands of People Have Mysteriously Disappeared in Alaska's Bermuda Triangle | Discovery/ written by konohazuku / edited by parumo

 先日「マツコ&有吉 かりそめ天国」でひっさびさに『川口浩探検隊シリーズ』の一部を見たのだが、子供の時に見たあのドキドキとワクワクが蘇ってきた。今のご時世では制作できないだろうし、ネットでフルボッコにされそうではあるが、昭和には作り物ドキュメンタリーであるモキュメンタリーを楽しむだけの心の余裕がみんなにあったのだろう。無性に探検隊シリーズ見たくなってネットで見まくりだったわ。

 で、何がいいたいのかというと、アラスカトライアングルの謎を藤岡弘、師匠あたりに解き明かしてもらいたいってことなんだ。あと見たことない人も是非一度見てほしいな。ヤラセって言葉だけでは片づけることのできない不思議な魅力ってあるから。
あわせて読みたい
オーストラリア最大の未解決事件の捜査が再開。男性の遺体が掘り起こされる「タマム・シュッド事件」(1948年)


失踪ミステリー。忽然と姿を消した人が最後に残した意味深な言葉


ポルターガイスト、UMA、幽霊船、UFOなど、カナダで今も語り継がれる10の未解決ミステリー


イギリスで記録された最も奇妙な偶然の一致。船の沈没事故に巻き込まれ、必ず生き残る「ヒュー・ウィリアムズ」の伝説に関する事実


バミューダトライアングルの謎に決着か? 失踪事件の一部は巨大な暴れ波が原因であるという新説(英研究)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年06月17日 20:41
  • ID:9l4twk0x0 #

ケーブルのヒストリーチャンネルで見たな

2

2. 匿名処理班

  • 2020年06月17日 20:44
  • ID:v50CnxLs0 #

アラスカは極高圧帯に属するから極東風の強烈なダウンバーストで墜落するのかもね。

3

3. 匿名処理班

  • 2020年06月17日 20:48
  • ID:xHnMrVRF0 #

いや、さすがにこの数は人為的なやべーことやって何か隠してるだろ

4

4.

  • 2020年06月17日 20:49
  • ID:q8VTDKXK0 #
5

5. 匿名処理班

  • 2020年06月17日 20:53
  • ID:ynygN2F80 #

普通に地形が危険なだけだと思うんだが…

6

6. 匿名処理班

  • 2020年06月17日 20:54
  • ID:tnWoJGwP0 #

いや流石に1988年以降1万6000人以上は盛り過ぎなんじゃないかなあ

7

7. 匿名処理班

  • 2020年06月17日 20:58
  • ID:micXod3Y0 #

何かしら事故りやすい原因はあるだろうけど、数字が当てにならん気がする
こういうオカルト染みたのはデータが基本ねつ造ってのが多い
有名になれば嘘通報も多いだろう

明確なデータがあってのことならすげぇ気になるけどな

8

8. 匿名処理班

  • 2020年06月17日 21:11
  • ID:VAjT.zMO0 #

ググるとすぐにこの数時間程度の間にこの話を取り上げてるサイトの類が出てくる方が怖い

9

9. 匿名処理班

  • 2020年06月17日 22:05
  • ID:yRNTcvb.0 #

航空機の件はひとまず置いといて。

日本の山岳遭難と単純には比較できないが、だいたい年間200〜300人が死亡または行方不明となっている。

記事では32年間で消息不明者が16000人とあり、年間500人ほどの計算になる。観光やトレッキング、クライミング目的と明記されていないので、別の事情による死者も含んでいる可能性もあるかも。

アラスカトライアングルが、だいたい州の4分の1の面積を占め(日本の山岳地帯をはるかに凌ぐ広さ)、過酷な自然環境であるうえにデナリやユーコンなど、名の知れた風光明媚な土地も含んでいる。

足を踏み入れたまま戻らない遭難者の数として、さほど驚く数字ではないと思うが、どうだろう。「川口浩探検隊:恐怖!伝説のカワウソ人間は実在した!!」はぜひ見たいけど。

10

10. 匿名処理班

  • 2020年06月17日 23:06
  • ID:afYmHJ7w0 #

何万年か経ってこの地方の氷河とか雪が全て消えたら…
かなりの量の飛行機の残骸が出て来るのだろうか?
数万年後の研究者達は『数万年前の機械類の貴重なサンプルだ』
とか言って残骸を捜し出しに行くかも知れんな?

11

11. 匿名処理班

  • 2020年06月17日 23:53
  • ID:1nzdObNL0 #

結局謎は謎のままだけどパルモたんが藤岡弘探検隊推しなのは分かった

12

12. 匿名処理班

  • 2020年06月18日 00:06
  • ID:VBlHv3qU0 #

バミューダ海域も結構前に謎とかれてたなそう言えば。忘れてしまった………

と言うか。昔はテレビなんかヤラセで当たり前と大人が思ってたよね。テレビの真似しない!って良く怒られたし。
今は、真似させたくない親が子供を叱るんじゃなくてテレビ局にクレーム入れる時代だもん。
そりゃおかしな世界になるよね。
言葉狩りもそうだし、色々気を使う世の中ですよ。

13

13. 匿名処理班

  • 2020年06月18日 01:41
  • ID:v92GmBDc0 #

こういう超常現象は現地人があっさり理由知ってるのをマスゴミが面白おかしく報道しない自由行使するパターンが多いからなー
日本の小笠原も遭難事故多くて海外メディアからドラゴン・トライアングル呼ばわりされたが普通に台風報道しろや

14

14. 匿名処理班

  • 2020年06月18日 02:07
  • ID:Anocpo6Q0 #

バミューダトライアングルも面積あたりの船舶遭難事故件数としては平均的と聞くし
これもそういうことなのではないだろうか
遭難と飛行機事故を合わせれば人数も増えるだろうし

15

15. 匿名処理班

  • 2020年06月18日 06:53
  • ID:ju0fHRX60 #

やばいおじさんに襲撃されて喰われたんでしょ

16

16. 匿名処理班

  • 2020年06月18日 08:04
  • ID:QXSKAtwq0 #

※2
磁極に近いと、方位も分かりにくくなって
航法も特殊な熟練を要する技術になるしね。

北極じゃなく南極側だが、ニュージーランド航空が昔
観光用の飛行機を飛ばしていたが、
真っ白で何も見えない中 経路が少しズレていて
南極の端にある島の山に激突して墜落した事例もある。
それでニュージーランド航空は南極観光から撤退した。

17

17. 匿名処理班

  • 2020年06月18日 08:20
  • ID:Y4H7.GxV0 #

現実と虚構をうまく行き来して"遊ぶ"方法を忘れてしまった人が多いのかもしれない
最近画面隅に「これはCM上の演出です」とかテロップされるのを見るとホント悲しくなるんだよな...
そんなこともわからないと思われてるんだとかそんなことまで書かなきゃわからない人が本当にいるんだとか

18

18. 匿名処理班

  • 2020年06月18日 09:46
  • ID:iUNXSmW20 #

きっと、異世界にでも行ったんだろう。

19

19. 匿名処理班

  • 2020年06月18日 10:53
  • ID:6fnkQEvf0 #

※17
それは根底で自分のことをわかっている側だと思っているだけですよ。自分にはなんらかの番がやってこないと思っているだけです。

オレオレ詐欺や架空請求や還付金詐欺なんて、もはや警鐘を鳴らし尽くされたようなとんでもない虚構が未だに通用し昨年度も 200 億円以上の被害額を叩き出しています。
こちらは耳タコでも,まだ「そんなこともわからない」人間が万単位でいらっしゃいます。

演出がわからない、そんなこともわからない人間でものんびり生きられるほど社会が多様性に配慮する余裕を有し、成熟したと肯定的に捉えられますよ。

20

20. 匿名処理班

  • 2020年06月18日 12:22
  • ID:OmGl9SsB0 #

>>3
多分、噂とかで数を盛ってるだけだろ
バミューダと同じ

21

21. 匿名処理班

  • 2020年06月18日 13:46
  • ID:jf5y.wBU0 #

行方不明の人をここに行ったと報告すれば・・・
犯罪の臭いしかしません

22

22. じょん・すみす

  • 2020年06月18日 16:21
  • ID:M3ancwBe0 #

※16
ニュージーランド航空のDC-10が、エレバス山にぶつかった事故な。
あれは意外と闇が深くてな。
悪天候時にどの様に飛行するか、と言う
マニュアルがあったんだが、それがちょっとミスコースしてたんだ。
そのマニュアルを使うのがその飛行が初めてで、ミスコースには誰にも気が付かず、
ミスしたコースを飛行するとエレバス山にぶつかり、ニュージーランド航空は
その事実を隠蔽したんだ。
ちなみに”エレバス”と言うのは、その山を見つけた探検隊が使ってた
船の名前で、冥府の神の名前なんだ。

23

23.

  • 2020年06月18日 18:13
  • ID:QGyyZEW40 #
24

24. 匿名処理班

  • 2020年06月18日 21:52
  • ID:vrBfjkSS0 #

※19
それは少し話が違うのでは?
一般に周知されたとはいえ被害発生の恐れから注意喚起のためあえて情報を繰り返すことと一見して物理的にありえないCG映像にまで「※CM上の演出です」と表示することにはまったく異なる意図が感じられる
前者はたしかに様々な社会的環境下におかれた他者に対する行き届いた配慮なのだろうけど後者は何か言われてからでは遅いという企業側の行き過ぎたリスク管理ではないだろうか

25

25. 匿名処理班

  • 2020年06月19日 00:31
  • ID:653SOBRL0 #

※13
台風っていうか、大きな三角波で船がポッキリ折れて遭難・沈没してたっぽいですね。
小笠原周辺ではそういう事故が多発してたらしいです。
最近の貨物船は三角波対策で丈夫に作るはず。

wikipediaの「巨大波」あたりを読んでみて。

26

26. .

  • 2020年06月19日 08:44
  • ID:n8VMvGnA0 #

近年では起こっていないから、特に不思議な理由はないんだろうな

27

27. 匿名処理班

  • 2020年06月19日 13:25
  • ID:seQe6Nkd0 #

アラスカのバミューダトライアングルって千葉の東京ディズニーランドみたいな

28

28. 匿名処理班

  • 2020年06月19日 20:09
  • ID:DshJJaic0 #

飛行機が忽然と消えるなんて
そんなことアラスカ(名古屋弁)

29

29. 匿名処理班

  • 2020年06月24日 21:05
  • ID:v2Qmerc70 #

※26
藤岡弘、が激闘の末クシュタカを倒したに違いない

30

30. 匿名処理班

  • 2020年07月01日 18:19
  • ID:cAKTBj3c0 #

藤岡隊長のはヤラセとわかってても見たい番組だわ。むしろヤラセだよってわかるように作ってくれてるとしか思えない探検隊の演技力の無さw子供がそれで興味を持ってこうしてオカルト好きになるのも良し、大人が突っ込みながら見るも良し、ガチ番組のフリしてヤラセでしたで大炎上みたいなのより潔くて好き。今だからこそ放送してほしいわ

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク