猫コロナから回復
フランス初のコロナ感染猫が無事回復 image credit: youtube

 フランスで初めてコロナウイルスに感染したペットとして報じられたサビ猫の“パピーユ”が、病から無事に回復した。

 パピーユのコロナ検査を行った獣医師は、人間から動物への感染は非常に稀であることを説いた上で、「もし感染の疑いが見られてもどうか放棄せず守ってやってほしい」と話している。『Cyprus Mail』などが伝えた。
スポンサードリンク


9-year-old French cat survives coronavirus

猫の飼い主一家、コロナを発症


 フランス、パリ郊外アティス=モンスに住むブライアンさん(24歳)一家が、新型コロナウイルスに感染したのは3月下旬のことだった。

 最初に、ブライアンさんが発症し、仕事を辞めて両親と同居している家で自己隔離をして療養していたが、その数日後に今度は母親のフローレンスさんが発症した。

 倦怠感と高熱に見舞われたフローレンスさんが、コロナウイルスの検査をしたところ陽性と出たため、フローレンスさんは自宅の寝室で療養に入った。

 この間、一家のペットでサビ猫のパピーユ(9歳)は、回復中のフローレンスさんの傍にずっと寄り添っていたという。

3 cat_e
image credit: youtube

パビーユもコロナに感染、検査で陽性に


 パピーユの体調に変化にいち早く気付いたのは、フローレンスさんだった。

 食欲不振になったパピーユは、いつものように餌を食べなくなり、軽い咳をするようになった。

 吐く行為も見られるようになると、ブライアンさんとフローレンスさんは「まさかコロナじゃないよね?」と心配するようになった。

 数日間は様子を見守っていた一家だったが、パピーユの体調は思わしくない。4月13日、パピーユは立ち上がる気力も失い、名前を呼ばれても反応を見せなくなってしまった。その「まさか」を確認するため、ブライアンさんは、パピーユを当番医のもとへ連れて行った。

 その後、パリ南東にあるアルフォード国立獣医学校で検査をしてもらったパピーユは、新型コロナウイルスに感染していることがわかった。

neko_e
image credit: youtube

コロナを克服し、完全回復したパピーユ


 フランスで初めて、人間からコロナウイルスに感染した猫となったパピーユは、必然的に注目を集めてしまうこととなった。その為、ブライアンさんのもとには、見知らぬ人からの嫌がらせや誹謗中傷が相次いだという。

 心無い言葉に傷ついたブライアンさんだが、パピーユがコロナウイルスを克服し、今はすっかり元気になったという事実が何よりも尊く一番大事なことなので、気にしないようにしているという。

2 cat_e
image credit: youtube

 パピーユを診察・検査した獣医学校のルノー・ティシエ獣医師は、次のように話している。

人間から猫への感染はあるにはありますが非常に稀です。猫から猫へと感染することは確認されていますが、猫から人間に感染したという報告はまだありません。現時点では猫から人間に感染するという証拠は出ていません。

ですから、猫を飼っている方々には、恐れないでほしいのです。

潜在リスクがあるからという理由で、猫や犬などペットを捨てる人が実際にいますが、それは誤った行為です。

万が一ペットに感染の疑いがみられた場合は、家族や大切な人を守るのと同じように、どうかペットを守ってケアしてあげてください。


Meet Papille, the French cat who survived coronavirus

 ともかく、パピーユがコロナから完全に回復することができて本当によかった。

written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
パンデミックの中、別の土地へ避難する飼い主に置き去りにされた犬(アメリカ)


新型コロナウイルスで武漢に取り残されたペットの救助活動に奔走するボランティア(中国)


ひどい感染症で誰も触ろうとしなかった子猫。保護されて1年後、今ではこんな立派な猫に(アメリカ)


ペットの猫が新型インフルエンザ感染、世界初


猫の寄生虫が人間の思考と行動を変える?失敗を恐れない起業家とトキソプラズマの関係(米研究)


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年06月04日 11:42
  • ID:2AQmjex90 #

助かって良かった!
中国が新型コロナ流行でロックダウンされた街で、猫を投げ捨て殺された風景みて悲しい通り越して怒りが沸いたけど、このニュースで救われた。

2

2. 匿名処理班

  • 2020年06月04日 11:43
  • ID:E.r9O40y0 #

罹患した猫にどのような治療を施したのか、
猫が回復するまでにどのような経過をたどったのか
もっと情報が欲しかった。(自分でも探してみる)

3

3. 匿名処理班

  • 2020年06月04日 11:45
  • ID:.nuJgGPu0 #

ヒト↔ヒト間での感染のほうが圧倒的に多いからね。
珍しいからニュースになったのを、「ペットは危険だ」と判断してしまう。

4

4. 匿名処理班

  • 2020年06月04日 11:56
  • ID:6uEbOlW80 #

治って良かったけど初めてではなくない?
2月にもベルギーだかイタリアで猫の感染あったでしょ

5

5. 匿名処理班

  • 2020年06月04日 11:57
  • ID:QEYO3M7s0 #

人間を看病し感染してしまった猫🐈

6

6. 匿名処理班

  • 2020年06月04日 12:06
  • ID:1hl.AJLt0 #

※2
それ欲しいですよね。うちも猫がいるので、感染した時にどう対処していくのか知りたい。

7

7. 匿名処理班

  • 2020年06月04日 12:08
  • ID:D6YCYZCb0 #

うわあああああ良かったパピーユさん!長生きしてね

8

8. 匿名処理班

  • 2020年06月04日 12:32
  • ID:33tC1UmW0 #

猫無双

9

9. 匿名処理班

  • 2020年06月04日 12:33
  • ID:C0JBFpkx0 #

猫は人間ほど重症化しないらしい

10

10.

  • 2020年06月04日 12:42
  • ID:D08HYG.g0 #
11

11. 匿名処理班

  • 2020年06月04日 12:43
  • ID:PXwXLlhc0 #

人間以外は罹患しても症状が出ないと思ってたら、思いっきり発症してたのね。助かって良かった。

12

12.

  • 2020年06月04日 13:02
  • ID:a.4EkHp30 #
13

13. 匿名処理班

  • 2020年06月04日 13:07
  • ID:.n1jZyhG0 #

※4 『フランスで』初めてってことでしょう、何でベルギーとか出てくるのそこで

14

14. 匿名処理班

  • 2020年06月04日 13:08
  • ID:Gj9s4j.P0 #

ネコの咳って見たこと無い気がする。
(クシャミはよくする)。

15

15. 匿名処理班

  • 2020年06月04日 13:22
  • ID:NL.ZNWgy0 #

>>4
フランスでは初めてとか。

16

16. 匿名処理班

  • 2020年06月04日 13:28
  • ID:gM2n7HMu0 #

がんばったねぇ!よかったね!

17

17. 匿名処理班

  • 2020年06月04日 13:51
  • ID:igg3NrRj0 #

みんな助かってよかった
この経過もまた重要なサンプルになるな

18

18. 匿名処理班

  • 2020年06月04日 13:55
  • ID:E7h2Li7V0 #

>>4
ベルギーだかイタリアはフランス領だった…!?

19

19. 匿名処理班

  • 2020年06月04日 14:06
  • ID:BQTaX4A40 #

> その為、ブライアンさんのもとには、見知らぬ人からの嫌がらせや誹謗中傷が相次いだという。

どこにでも心ない人はいるんだな…
人間も猫も無事で良かったよ

20

20. 匿名処理班

  • 2020年06月04日 14:28
  • ID:qDZDNlth0 #

猫もコロナにかかるとしんどいのか可哀そうに

21

21. 匿名処理班

  • 2020年06月04日 14:33
  • ID:M.skazC60 #

アメリカで動物園のトラも感染してなかったか?
トラたちは回復したのか?
猫科がり患しやすいとかなんかあるのかな

なんにせよ、ペットがコロナになったからって捨てるなんてもってのほか
飼い主をバッシングするのも筋違い

22

22. 匿名処理班

  • 2020年06月04日 15:00
  • ID:OomuuzvY0 #

>>14
首を前後に振りながらコッコッコッコッと細切れに鳴くのを見た事があります。多分それが咳だと思う。渋〜い顔に思わずヨシヨシと背中を撫でたが、見た目はゼンマイ仕掛けのオモチャみたいで、可愛かったわ。

23

23. 匿名処理班

  • 2020年06月04日 15:38
  • ID:BUiE4c0m0 #

>>見知らぬ人からの嫌がらせや誹謗中傷が相次いだという。

コロナよりも人間が怖い。最近は特に世界的に怖すぎる。
害獣である人間駆除に地球がウィルスを使ってるんじゃないかって
そう思えてくる。

24

24. 匿名処理班

  • 2020年06月04日 15:50
  • ID:a8wBlo1.0 #

猫も咳をするんだね

25

25. 匿名処理班

  • 2020年06月04日 15:54
  • ID:uTKgqRDx0 #

とにかく治ってよかったニャ−(=^・^=)

26

26. 匿名処理班

  • 2020年06月04日 18:42
  • ID:jRsOtZqz0 #

仕事を辞めてってあるけど、コロナになったと分かった瞬間解雇されたんだろうなあって思った。転職しやすいメリットはあるけど、日本型雇用とどっちが幸せなんだろうか。にゃんこちゃんもそういう不安定な時でも見捨てなかったところがすごくいいね。最高の飼い主だと思う

27

27.

  • 2020年06月05日 01:22
  • ID:bF8ppDzk0 #
28

28. 匿名処理班

  • 2020年06月05日 07:04
  • ID:pkQN1lfm0 #

動物が感染するとかより、動物がウイルスを運ぶ場合ってのは十分ありえる
第一に極力外にださないってことと、飼い主の特にウイルス排出場所を舐めさせないのが重要
多くのペットは飼い主の口や鼻とか笑っちゃうくらいよく舐めてくるからな
感染飼い主とペット同士でよろしくやるのはいいんだが、他者の顔を舐めたら免疫力次第じゃ感染させる可能性はあるだろう

29

29.

  • 2020年06月05日 07:36
  • ID:ey00Uq2Q0 #
30

30. 匿名処理班

  • 2020年06月05日 09:09
  • ID:rcyNKIGm0 #

※23
猫様のお世話係のニンゲンは害獣に含まないでくれろ

31

31. 匿名処理班

  • 2020年06月05日 09:22
  • ID:qq.CRtW40 #

>>13
タイトルを見て
世界で初めて感染した猫@フランス
と思って読み始めちゃったんじゃないかな?
(私がそうでした…)

本当は、
他にも感染した猫はいたけど、フランスでは初めての猫
だったんですね(;´・ω・)

32

32. 匿名処理班

  • 2020年06月05日 10:47
  • ID:5A4zzaLA0 #

※31
そんな場合は「初めてコロナに感染したフランスの猫」と書くでしょう。少なくてもパルモさんならそう書くはず。
もっとも「世界」という言葉を付け加えるは、さすがに脳内補正能力を発揮しすぎかと。そしてこの「勝手に補正」というのも、ネットでのトラブル原因の一つになってると思います。個人によって(勘違いか、読解力の無さか、故意かはしりませんが)勝手に補正・追加された文章が真実というように伝えられ、やがてデマに。
日本語が残念なタイトルが増えたせいなのか、読解力が低下した読者が増えたせいなのかはわからないけど、最近はそうしたことで勘違いする人が多いなと思いました。
ちなみに英語では、
A French cat infected for the first time.(初めて感染したフランスの猫)
The first cat to be infected in France.(フランスで初めて感染した猫)
ニホンゴ、トテモ、ムズカシイネー

33

33. 匿名処理班

  • 2020年06月06日 16:01
  • ID:sLLTAUGe0 #

コロナの飼い主を心配して寄り添ってたら感染しちゃったのか・・・
やさしい子

34

34. 匿名処理班

  • 2020年06月07日 04:27
  • ID:8ZfeR3P20 #

※33
さびちゃんは優しい子が多いからね
でも辛くても、コロナのときはネコさんのことは突き放した方がいいね

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク