液体金属構造
形状記憶する液体金属構造が考案される image by:Pu Zhang

 持ち運ぶときはギュッとコンパクトに圧縮し、使うときには加熱すれば本来の形状にふわっと戻る。そんなターミネーターのT-1000を彷彿とさせる金属デバイスがもうじき開発されるかもしれない。

 その液体金属構造は、「フィールド合金(Field's alloy)」という既存の金属を3Dプリンターで格子状に出力することで作られる。ここにさらに、真空鋳造法とコンフォーマル・コーティングという技法でゴム・コーティングを施せば完成だ。
スポンサードリンク

62度で溶ける液体金属、フィールド合金


 発明者のサイモン・ケレン・フィールド氏に因んだ名を持つこの金属。「フィールド合金」は、ビスマス、インジウム、錫の合金で、金属でありながらわずか62度で融ける。

 ここから作られる液体金属格子は、周囲の温度が62度未満ならば固体としてその形状を維持する。そして、62度以上にまで加熱すれば融けて液体になる。

 しかし、それをコーティングするゴム層から漏れることはない。この状態でならまっ平に潰したりと自由に変形させることができるので、冷却してやるだけでその形状のまま固体になる。

 元の形状に戻したいなら、再び加熱して中の合金を融かすだけでいい。ゴム層が最初の形を憶えているので、ふわっと本来の形に元どおりだ。あとは冷やせば、オリジナルの形状を復元できる。

1_e1
Pu Zhang

宇宙船の着陸用ショッアブソーバーにも


 液体金属構造を開発したビンガムトン大学(アメリカ)の研究チームは、サンプルとしてクモの巣状のアンテナやサッカーボール、ハニカム構造、さらにはT-1000を彷彿とさせるグローブのようなものまで作り出している。

3_e0
Pu Zhang

 研究チームのプゥ・ジャン氏(なお、ターミネーターを観たことはないそうだ)によると、宇宙船が着陸するときの衝撃を和らげるショックアブソーバーとしても応用できるだろうとのことだ。

 通常、こうした用途にはアルミや鉄鋼が利用されるが、この場合、着陸した途端に変形してしまうので再利用ができない。しかし液体金属格子なら加熱するだけで元に戻るので、繰り返し利用することができる。

 この研究は『Additive Manufacturing』(5月付)に掲載された。
Multifunctional liquid metal lattice materials through hybrid design and manufacturing - ScienceDirect
https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2214860419324923

References:Liquid metal research invokes ‘Terminator’ film — but much friendlier | Binghamton News/ written by hiroching / edited by parumo
あわせて読みたい
弾丸が木っ端微塵に砕け散る。軽量の発泡素材が開発される(米研究)


ターミネーターのT-1000からインスピレーションを受けた液体金属ロボットが開発中(中国)


猫のことかと思ったら・・・「固体」であり「液体」である、物質の新たな状態があることを発見(英研究)


沈まない船ができるかも?蜘蛛とアリからヒントを得た水に浮く金属が開発される(米研究)


液体の永久磁石が偶然に開発される。史上初(米研究)

/ written by hiroching / edited by parumo

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 20:36
  • ID:ktrLuATE0 #

蓮コラのようなゾクゾク感。

2

2.

  • 2020年05月09日 20:37
  • ID:mQl1yw6E0 #
3

3. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 20:42
  • ID:6SkBtkrQ0 #

サムネが生理的に無理

4

4. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 20:45
  • ID:5gsqWBt.0 #

強トライポ反応出ました!

5

5. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 20:46
  • ID:NRwoFOYV0 #

見た目がオサレじゃあないんで、ターミネーターの勝ちでいいと思う

6

6. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 20:57
  • ID:aDqiPVS50 #

ゴドラ星人を思い浮かべた方、素直に手を挙げなさい。  ノ

7

7.

  • 2020年05月09日 21:09
  • ID:wOV0g.Pg0 #
8

8. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 21:43
  • ID:UwtY7yDr0 #

コーギーよりこっちのサムネにモザイクかけてほしいです(切実)

9

9. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 21:53
  • ID:DZRTDxQp0 #

>>6
ハ〜イ先生!(。・_・。)ノ

10

10. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 22:13
  • ID:MyDRnPCy0 #

形状が崩れる→衝撃を散らす
ではあるけど、吸収剤として使うには結構工夫要りそうだなぁ

11

11. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 22:23
  • ID:RvLwYNzk0 #

サンゴのサギみたいできもい!申し訳ないがきもい!

12

12. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 23:27
  • ID:XwYh.umJ0 #

ゴム自体の強度や耐熱温度が問題というかボトルネックになるのかな?

13

13. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 23:47
  • ID:y3PKy7AF0 #

斬艦刀の実現にまた一歩近づいたわけか

14

14. 匿名処理班

  • 2020年05月10日 00:25
  • ID:Dt4P024t0 #

あかんゾワゾワする

15

15. 匿名処理班

  • 2020年05月10日 00:31
  • ID:sOMLDul40 #

おええええええええ!!(@Д@;)
無理無理無理無理!!
蓮コラじゃん
見た瞬間ゾワワってきたわ(@Д@。)

16

16. 匿名処理班

  • 2020年05月10日 03:20
  • ID:fhadI8YI0 #

こんな感じになる皮膚病があるのよ
こわひわあ

17

17. 匿名処理班

  • 2020年05月10日 04:19
  • ID:uVpb0qMR0 #

封印再度

18

18.

  • 2020年05月10日 04:24
  • ID:PhOsYN290 #
19

19.

  • 2020年05月10日 04:35
  • ID:3yuVzr8z0 #
20

20.

  • 2020年05月10日 05:01
  • ID:W2arwAjd0 #
21

21.

  • 2020年05月10日 07:02
  • ID:C8DYMiuR0 #
22

22. 匿名処理班

  • 2020年05月10日 11:11
  • ID:zHvvvGSC0 #

見た目をなんとかできれば収納可能な嫁さんができそう

23

23. 匿名処理班

  • 2020年05月10日 16:32
  • ID:gfzSEcUi0 #

よくわからないから動画が見たい

24

24. 匿名処理班

  • 2020年05月10日 22:55
  • ID:rqCV4Cuw0 #

無理、技術的には凄いのかもしれんが、見た目がキモ過ぎて無理。

25

25. 匿名処理班

  • 2020年05月11日 07:42
  • ID:PfdfjY4W0 #

※1
今の技術ではこれくらいの網目しか作れませんけど、技術が進めばもっと細かい毛細血管のような網目が作れて、肉眼ではハス穴っぽいのは見えなくなるかな。

要は高温になっても耐えられる柔らかくて伸びてもとに戻るような材料(今はゴム)があれば、できるんじゃね?というアイデアですね。車載用のエラストマーは 130 ℃は普通に耐えられそうですので、お湯につけるとかそういうのでできそう

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク