古代メソアメリカの文明

 人間の心臓を摘出して生贄として捧げる儀式は、古代メソアメリカ(マヤ、テオティワカン、アステカ文明などが繁栄した中央アメリカ一帯)で広く行われていた宗教行為だった。

 特定の神をなだめ、崇めるために、力を見せつけてすごむと同時に、献身と感謝の表れとして、生贄が捧げられた。

 人間の生贄を捧げるときは、その社会の選ばれし者たちが、高度で複雑に構成された儀式を執り行った。こうした儀式は、象徴的で重要な意味が込められた数々の手順によって進められた。

 儀式に使う特殊な技術、使用する道具、犠牲を必要とすることが根底にある神話は、その文明によってそれぞれ異なる。

 メキシコ、ユカタン自治大学のヴェラ・ティーズラーと、メキシコ国立自治大学のギレム・オリヴィエは、メソアメリカじゅうにあった多様な生贄儀式に着目した。

 ふたりは、古典期と古典期以後における人間の生贄を捧げる儀式の手順と宗教的意味合いについて、よりきめ細かい洞察を得るには、異なる分野である科学的、人文的な証拠を織り込んだ学際的なアプローチが必要だと主張している。

 
スポンサードリンク

生贄の骨格を解剖学的に分析し心臓摘出手順と比較


 ティーズラーとオリヴィエは、生贄にされたとされる骨格の解剖学的分析を行い、体系的に確かめられている歴史的情報源や、古代の写本に記されている200以上の心臓摘出手順の例と比較してみた。

 生贄の心臓や血液を除去するための、胸部に開ける穴の位置を特定するために、ふたりは、骨に残されている折れた跡や傷を調べ、刃物が入れられた刺入創の特徴や、使われたと思われる道具を推測した。

メソアメリカ時代の生贄の骨格
古代メソアメリカの生贄 image by:CINVESTAVMERIDAUNIT

 この研究は『Current Anthropology』誌に掲載された。
Open Chests and Broken Hearts: Ritual Sequences and Meanings of Human Heart Sacrifice in Mesoamerica
https://www.journals.uchicago.edu/doi/abs/10.1086/708189


3つの心臓摘出法があった


 元になる資料が幅広く、多様な学問分野からのアプローチがあることから、研究者の間で盛んに議論が交わされている。

 考古学的な記録は、こうした儀式の証拠を提供してくれるが、プロセスの象徴性など、儀式の具体的な要素は少なく、識別するのは難しいかもしれない。

 人間の生贄や心臓摘出に関する説明は、実際に見た者の証言が記述されているし、メソアメリカの図像の中でも見ることができるが、とくに摘出穴の位置については、さまざまな記述があって、一貫性がない。

 民族歴史学の分析と組み合わせた法医学データを使って、ふたりがまとめた心臓摘出法は3つあった。

]捷直下を切開する横隔膜下開胸
2本の肋骨の間を切り開く肋間開胸
6珊を水平に切って心臓にアクセスする横両側開胸

 これまでの研究では、横隔膜下開胸が一般的だったとしているが、ティーズラーとオリヴィエは、肋間開胸と横両側開胸を再構築して、既存の文献を発展させた。

4_e

開胸術と神への供物としての人体の概念化に新たな解釈


 この研究は、心臓摘出技術やその道具について総合的に理解を深めるだけでなく、開胸術と、活力の源、神への供物としての人体の概念化との関係に新たな解釈を与えている。

 生贄の心臓と血液は、宇宙が創造される間の太陽や地球を表わす神々の糧として、捧げられた。古代メソアメリカの言葉の分析などのデータは、こうした儀式が義務、交換、再現の行為として行われたことをはっきり示している。

 この研究は学際的な特質があるため、アンデスやインドなどその他の古代文明の生贄儀式を分析する体制が整えられれば、将来の研究がより可能になるだろう。

References:Examining heart extractions in ancient Mesoamerica | EurekAlert! Science News/ written by konohazuku / edited by parumo
あわせて読みたい
生きたまま皮を剥がれた人の遺体を生贄として捧げた神「シペ・トテック」を祀った寺院と像が発見される(メキシコ)


宇宙をモデルにした1000年前の石造祭壇が発見される(メキシコ)


インカの目覚めより先に?湖底で発見された遺物により明らかとなった謎めいた南米の文化(ティナワク)


墓だと思ったら風呂だった。マヤ文明時代の人々が使用していた2500年前の蒸し風呂が発見される(グアテマラ)


マヤ文字誕生の謎が記された2000年前の石碑(グアテマラ)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年05月08日 20:51
  • ID:WWbmYArO0 #

メソアメリカは大型の草食動物が絶滅した都合蛋白源が少なく、生け贄の儀式はソイレントグリーン的な資源の確保用だった、てどっかで読みましたな

2

2.

  • 2020年05月08日 20:57
  • ID:3P561iQt0 #
3

3. 匿名処理班

  • 2020年05月08日 21:00
  • ID:LhRhcQcP0 #

キリスト教以前の各国の宗教と言うか信仰だと
割とどこの国でもいけにえの文化は共通していたと思う
日本もそうだけど、神様やそれに類ずる存在に対して
花嫁をささげるとか人柱をとか
いま考えるとそれ自体がすごい人間的な価値観で作られた
ささげものだよなって感じるので
やはり宗教は人間が作り出した物なんだなと感じる

4

4. 匿名処理班

  • 2020年05月08日 21:34
  • ID:rEQnA7Ik0 #

ケツァルコアトルくんは結局本当に生贄反対派だったのかどうなのか

5

5. 匿名処理班

  • 2020年05月08日 22:07
  • ID:M.rmQZyP0 #

神に捧げものをする儀式なんだしミスは許されない気がするけど練習とかしたんだろうか?

6

6. 匿名処理班

  • 2020年05月08日 22:08
  • ID:mnZ.uZos0 #

残酷だが、当時の文化だもんなぁ。
大切なものだからこそ、捧げる価値がある、ということか。

7

7. 匿名処理班

  • 2020年05月08日 23:03
  • ID:xqDbcaPx0 #

絵図の左上の通りに逆エビ反り上に寝かせて横隔膜付近で開腹
そのまま胸骨を割るように切り上がれば邪魔な他の内蔵が心臓側に落ちてこない状態で解剖できて作業性が良さそう
だから123が異なる手法じゃなくて順番に見えるのよね
開腹→切り上がり→胸骨割りと

8

8. 匿名処理班

  • 2020年05月08日 23:18
  • ID:ZfBouF1A0 #

メソアメリカって日本で研究してる人すげー少なそう

9

9. 匿名処理班

  • 2020年05月08日 23:30
  • ID:76NXEH5z0 #

…何か怪獣みたいなのがいるけど気のせいか?

この古代の外科手術とは違うけど昭和の頃信じられてた心霊手術思い出すな
平成生まれは知らんかな?
痛みもなく皮膚に傷も付けずに素手で病巣部の内臓抜き取るって奴 昭和の頃は信じてたわ(笑)
漫画のブラックジャックにも心霊手術師出てきたかな確か?
昭和のオカルト特集番組はユリ・ゲラーとか心霊手術とかやたら取り扱ってたな

10

10. 匿名処理班

  • 2020年05月08日 23:45
  • ID:9dF7PIY.0 #

※5
していたとしたら、だけど
猿、罪人、敵の死体で練習できるのでは。
あとは見て覚えるとか、神官の家系でコツ・やり方を
代々伝えていってたとか、そんなところかなあ。

11

11. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 00:02
  • ID:VS38YhuX0 #

どこだかの古代遺跡にその摘出された心臓を乗せる皿持った石像あったでしょ
昔検索するとヤバいとか見ると呪われるとか言われた画像(アステカの祭壇など)がネット上で流行ったけど、当時あの石像見るのほんと怖かった

12

12. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 01:00
  • ID:Y6mD.fPC0 #

自然現象=神が(今の価値観で)マジキチクレイジーなほど過酷な環境で生きてたってことなのかな

13

13. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 01:02
  • ID:CpOM.fZH0 #

生贄を捧げます・・・神
生贄を捧げます・・・悪魔
神=悪魔
でも一番の主犯は人間なんだなぁ

14

14. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 04:28
  • ID:9PABGzEW0 #

TVシリーズの事件記者コルチャックを思い出した・・・。

15

15. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 07:57
  • ID:d.LlVsYy0 #

30何以上昔、『太陽の子アヴァン』ってアニメがあって、その最後にいつもこの辺の文化を撮影したものが放映されてですね、私が最後に見たのはちょうどこの儀式の映像だったんですよ。

綺麗な女の人がボーッとしながら檻の中で過ごして、体洗って綺麗にされて、最後、寝かされて上から刃物が振り下ろされると同時にすごい悲鳴ってところでおしまい。

あれ、偽物の映像だったんかなぁ?

16

16. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 08:29
  • ID:MZY1E.qa0 #

生贄儀式を動物や物で代行するようになる現象が古今東西で見られるのは何をしても結果はわからないしみんな死にたくないからなんだろうな

17

17. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 09:03
  • ID:0h3vbuhb0 #

一種の外科手術だよね。
もし仮にこれが文明黎明期から行われていたとしたら、
メソアメリカは孤立した文明でありながら、
大陸側とほぼ同時期に外科手術のノウハウを確立していたと言える。

18

18. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 10:42
  • ID:MoZAHV5R0 #

※17
彼ら0の概念も独自に発見してたりしてなかなか面白いよ

19

19. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 11:34
  • ID:yBJTpNBp0 #

生贄になるのは名誉な事っていうけど
こういう生贄って他国で捕まえた戦争捕虜とかだからね

こういう事しまくってた事に対して周囲のヘイトが高まりまくってたのも
アステカが滅亡した原因の一つ

20

20. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 12:34
  • ID:vBESTF0J0 #

※19
その他国とはお互いに生贄を取り合う前提での競技戦争を行っていた上にその戦争捕虜が生贄になることを望んでるぞ
まあ土壇場で拒否った時の対策がマニュアル化されてたりもするんだけど

21

21. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 13:40
  • ID:fmLMWp9B0 #

一流の神官は貫手で痛みを感じさせる事なく心臓を抜き取るとか
ソースは漫画

22

22. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 13:50
  • ID:zW6hJTee0 #

私はいつ神に捧げられるんでしょうか? ええーー 明日てか!

23

23. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 15:06
  • ID:ls1KlxUm0 #

>>15
太陽の子エステバンですな
観光客向けの演出ではないかと

生け贄台でもがく女性は、初めて性を目覚めさせてくれましたよ・・・

24

24. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 15:41
  • ID:p0nQv1ZK0 #

>>5
ぶっつけ本番で失敗したら本人が次の生け贄になるとかだったりして

25

25. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 16:27
  • ID:fLOuK.zp0 #

>>21
いや素手は無理ゲーでしょ(マジレス)
肋骨を回避して横隔膜側から攻めても筋肉を通過しなきゃいけないし、何より心臓は筋肉の塊だから動脈を切断するのは不可能だと思う
因みに肋骨側からだと骨の破片が刺さる

26

26. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 17:02
  • ID:CFIoJ1mK0 #

ユカタン自治大学「次は新たに出土したこの石仮面を検証してみよう」

27

27. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 18:48
  • ID:hgNQ8jqN0 #

アポカリプトって映画を見よう

28

28. 匿名処理班

  • 2020年05月09日 23:45
  • ID:z7ModQD30 #

※22
…Y田くん、ザブトン全部没収して♪w

29

29.

  • 2020年05月10日 01:39
  • ID:U3EKzm6n0 #
30

30. 蜘蛛のファンです

  • 2020年05月10日 19:58
  • ID:UGV6YHsh0 #

>>21
キルア

31

31. 匿名処理班

  • 2020年05月12日 14:29
  • ID:jgd1y9jV0 #

>>19
戦争捕虜を使ったのも間違いないんだが、その捕虜たちも案外それを望んでもいたってのもあるにはある
生け贄にされるのも捕虜から選ばれた者たちで、一週間だか二週間だか忘れたけど、饗宴やら女やら楽しんだりした後に栄誉ある生け贄になったってのもある
なんだろ、斬首はやめて切腹させてって感覚に近いんだろうか
戦争関係なく生け贄に志願した人たちとかいたり、球技で勝ったチームが生け贄とか、そんな文化圏で育つと受け止め方も全く異なるのかもしれん
周辺の敵意を買ったのも生け贄に対する恨みと言うより、単純に常に敵対的国家として戦争を仕掛けられた事そのものの恨みで、生け贄という風習に対するものではないかもしれない
なんせ、栄誉ある死が奪われたと憤っていたようでもあるし

32

32. 匿名処理班

  • 2020年05月12日 14:34
  • ID:jgd1y9jV0 #

>>3
キリスト教以前にユダヤ教が生け贄を禁じてるね
他の民族は神々に子供とか生け贄に捧げているようだが、お前たちはそれをやったらダメ
生け贄を欲しいなんて心にのぼった事無い 忌まわしい
って神からの命令として書かれている

逆に言えばやはり生け贄はありふれた儀式だったって事だね
ただまあ、この文明ほど大規模且つ体系的継続的に栄誉ある儀式として執り行っていたのは稀だとも思うけど

33

33. 匿名処理班

  • 2020年06月01日 15:29
  • ID:5BoNuZln0 #

>>31
年1の祭りの生贄とかだと、1年間手厚く持てなされて暮らすんだよな

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク