0_e4

 中世の時代、人々は次々襲ってくる病気の脅威に常に悩まされていた。衛生知識もろくになく、病気の性質に対する理解も乏しかったこの時代、ひとたび病気が発生すると、たちまち蔓延し、中世の医師たちは頭をかかえた。

 こうした病の多くは、今日ならその仕組みや対処法が解明されているが、今なおその原因がわかっていない謎の病がある。

 イギリスではじまり、ヨーロッパ各地に広がっていった粟粒熱(ぞくりゅうねつ)という疫病だ。
スポンサードリンク

突如ヨーロッパを襲った謎の伝染病「粟粒熱」


 1485年、謎の伝染病がイングランドで発生した。その後徐々に広がりを見せ、ヨーロッパじゅうに蔓延し、最後の記録は1551年となっている。

 その症状は、まず熱が出て悪寒がし、頭痛、首、肩、四肢の激痛、耐えがたい疲労感に苦しめられる。悪寒が30分から3時間ほど続くと、次に熱が出る。やたらと汗をかき、異様に喉が渇いて、うわ言を言い出す。

 脈が異常に速くなり、動悸がして胸の痛みを訴える。しまいには、衰弱して昏睡状態に陥り、二度と目覚めることはない。

 粟粒熱の恐ろしいところは、発病してから亡くなるまでが非常に早いことだ。ほとんどの患者は、最初に症状が出てから18時間以内に死ぬ。最初の24時間をなんとか生き延びた者だけが回復した。


66年間で5回のパンデミック


 粟粒熱は、1485年から最後の記録が残っている1551年の66年の間に5回ほど流行した。

 粟粒熱が初めて発生した1485年は、ヘンリー7世の時代で、ボズワースの戦いのすぐ後だった。わずか1ヶ月の間に1万人以上の人が死んだ。

1_e3

 次の1507年の発生のときは、それほど広まらなかったが、3度目の流行のときは深刻で、人口の半分が死んだ町もあった。

 1528年にはロンドンで4度目の流行が始まり、またたく間にイングランド全体に広まった。ヘンリー8世は病気を避けて、ロンドンから逃げ出し、住まいを転々として毎晩ベッドを変えたと言われている。

 ロンドンと同様、ハンブルグでも突然急速に広まり始め、数週間で1000人以上が死んだ。その後、スイス、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、リトアニア、ポーランド、ロシアにまで広まって、ヨーロッパじゅうで猛威をふるった。1551年以降は、なぜか発生していない。

 この病気の特徴は、とくに裕福な上流階級に広まったことだ。公爵、司教、市長などが皆、犠牲になった。王室も例外でなく、ヘンリー8世の妃、アン・ブーリンも感染したが、治癒したと言われている。ヘンリー7世の長男アーサー・チューダーの不可解な死も、この粟粒熱だったらしいと言われている。

2


ハンタウイルスか?アルボウイルスカ?その原因は特定できず


 現代の学者は、この病気は未知のハンタウイルスによって引き起こされたのではないかと推測している。

 ハンタウイルスは、齧歯類がキャリアになって媒介し、人間に致命的な肺の感染症を引き起こす。発熱、咳、筋肉痛、頭痛、倦怠感といった、インフルエンザのような症状が出る。致死率は36%と高い。

 他にも、蚊やダニによって広まるアルボウイルスではないかと推測する学者もいる。

 粟粒熱は雨が長引いたり、広範な洪水が起こったりした後で発生することが多いため、イギリスのじめじめした気候が原因なのではないかという学者もいる。

 もし、アルボウイルスが原因なら、イギリス諸島の中でも高緯度で寒冷な地域、つまりスコットランドやウェールズでは影響がなかったことの説明になるかもしれない。

 粟粒熱の原因については、食品についていたボツリヌス中毒、菌による食中毒、炭疽菌まで、ほかにもさまざまな説があるが、どれも断定には至っていない。

What was sweating sickness?

突如発生し、突如消滅


 ほとんどの伝染病と同様、この病気も突然発生して、突然消滅した。粟粒熱に似ている病気は、ピカルディ熱あるいは腸チフスだけで、これらは18〜19世紀の間に、ドイツ、ベルギー、オーストリア、スイス、イタリアで何度も発生している。



References:Sweating sickness / amusingplanet/ written by konohazuku / edited by parumo
追記:(2020/03/27)タイトル、本文を一部訂正して再送します。
あわせて読みたい
かつて世界を襲った史上最悪のパンデミック、ワースト10


歴史上数多くの死者を出した6つの疫病を特殊メイクで再現した映像(トライポフォビア注意)


脳を破壊する「ゾンビ鹿病」が人間にも感染する恐れありと専門家が懸念


ヒゲワシにサンキュー!動物の死骸を跡形もなく処理、その骨も砕いて食べる「地球の清掃係」 ヒゲワシはリサイクルの達人


自然災害・疫病・人為ミス・小惑星など、かつて地球を危機に陥れた12の事象

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年03月26日 23:09
  • ID:Yfse.T4x0 #

大した治療法がない時代であって
これほど恐ろしい病気が発病しても3人に2人生き残るという事実
感染して無症状の人もいただろうし
多分高齢者や弱い人が死んでいくわけで
社会全体から見たらそこまでのダメージではなかったかも
いまの新型コロナなんかそこまで無理に抑え込む必要があるのかも思う

2

2. 匿名処理班

  • 2020年03月26日 23:09
  • ID:8S3UgJ6F0 #

1485 1507 1528 1551
大体21、2年周期。
彗星が運んできたんかね。

3

3. 匿名処理班

  • 2020年03月26日 23:11
  • ID:khNI37Ov0 #

人類の歴史って屍累々の連続だね
戦争だけじゃない、疫病も被害絶大
今度のコロナはいつまで続くのやら
人為的に作られた生物兵器ウィルスじゃないことを祈ってる

4

4. 匿名処理班

  • 2020年03月26日 23:37
  • ID:pWaKPyNX0 #

1528年から1551年の間だと1536年にアン・プーリンが斬首されたり
1540年に庶民の娯楽であったフットボール禁止されたりした
地味に嫌な時代だったし、これで病気発生とは踏んだり蹴ったりだ

5

5. 匿名処理班

  • 2020年03月26日 23:41
  • ID:RpxiCNX10 #

バッタもだよ。バッタも。
もう牽引ビームとか使われちゃったら隠しようがねぇよ。
嗚呼

6

6. 匿名処理班

  • 2020年03月26日 23:43
  • ID:a0Gp7gu50 #

一日すらもたないってのが怖いね

7

7.

  • 2020年03月26日 23:52
  • ID:4hmm2r710 #
8

8. 匿名処理班

  • 2020年03月27日 00:16
  • ID:JzGgGoGU0 #

粟粒熱(ぞくりゅうねつ、英語: Sweating sickness、military fever、ラテン語: sudor anglicus)

粟粒と名前がつくなら、皮膚症状があるはずだが、記事の中では書かれて無いね。
鳥肌が立つか、細かな湿疹が出ていたのだろう(元の言語だと汗をかく熱病? 細かな汗を吹いたのかな)。
もう少し詳しい解説が欲しいね。

9

9. 匿名処理班

  • 2020年03月27日 00:17
  • ID:l7KbLN5l0 #

ゲテモノな珍味が貴族の間ではやってたとかはないかな

10

10. 匿名処理班

  • 2020年03月27日 01:06
  • ID:5juJECd00 #

抗体を獲得して流行が収まったのかな

11

11. 匿名処理班

  • 2020年03月27日 01:23
  • ID:zSkNkZEy0 #

特に理由はないが、疫病の突如消滅って何故かゾっとする。

12

12. 匿名処理班

  • 2020年03月27日 04:21
  • ID:3fisLKHQ0 #

読み仮名がぜんぶ「そくりゅう」になってるけど「ぞくりゅう」ですよー

13

13. 匿名処理班

  • 2020年03月27日 06:55
  • ID:pso3A4or0 #

この病気、主に夏に発生し
女性がなることが多く
裕福な人が発症しやすい

なんだがよく分からんね
やっぱりハンタウイルスっぽいが…ハンタウイルスってこんなに感染力が強かったっけ?
一説では兵士が持ってきた病気とされてるらしいが周期と起きた戦争を比べたらなんか分かるかな?

14

14. 匿名処理班

  • 2020年03月27日 07:05
  • ID:laUfoLH60 #

>>1
人は駒じゃねぇんだよ

15

15. 匿名処理班

  • 2020年03月27日 07:06
  • ID:F8.gI2.b0 #

※8
英語版のwikipediaには、「この病気についての主要な史料となっている本を1552年に著した医者ジョン・カイウスを含め、どの観察者も発疹(skin eruptions)について述べていない」みたいなことが書いてあるので、皮膚症状はなかったようだ。

16

16. 匿名処理班

  • 2020年03月27日 09:10
  • ID:JFtzJb4d0 #

※1
医療崩壊してるイタリアでは今致死率10%になってるんですけど、30人の職場があったら3人死ぬような状況ですけど。それでもたいしたことはないと?

17

17. 匿名処理班

  • 2020年03月27日 09:56
  • ID:td23FNs20 #

※16
だから数値を捏造してはいけない理由なんだよね
コロナの中国での感染者数に対しての死者数
どちらを偽ったものか判らないけど致死率の低いものとして数値として残ってしまった
ゆえに参考データにはならず、更にウイルスも変異した可能性まで出てきた

18

18. 匿名処理班

  • 2020年03月27日 10:29
  • ID:CBBNyAPd0 #

ワクチンが無い時代に完全に無くなるというのも考えづらいよな。
仮に動物を媒介するウイルス、細菌から発生するとなると、その動物や遺伝子的に隣接した動物が絶滅しないと完全にはなくならない。
それとかの有名なフランシスコ・ザビエルが1549年に日本に来ていたわけで、そこから鎖国までの間に病人は来れないと思うが、何らかの情報が日本にも伝わっていたのかね?

19

19. 匿名処理班

  • 2020年03月27日 10:30
  • ID:jHWsMsIX0 #

この病を解明するために、この疫病で亡くなったとはっきり
記載されてる書物を探し出し、墓を掘り起こして検体を採取するのだろうか

20

20. 匿名処理班

  • 2020年03月27日 12:02
  • ID:D11QPDzq0 #

世界史を振り返ると100年と言わず50年周期くらいで疫病が流行ってるよね
コロナ以前は世界的にはエイズがそうだし、日本だと結核が未だに蔓延国
今の我々もそうだけど、存在を認識しすぎて逆に疫病だと認識できてない側面もあると思う。天然痘やペストだってかなり長い間人の側にあった
スペインかぜも嗜眠性睡眠も、結局ワクチンや原因究明に至らないまま収束してしまったし、忘れた頃にまたくるかも

21

21. 匿名処理班

  • 2020年03月27日 12:09
  • ID:ioneimsr0 #

※1
その死んでいく中に自分や自分の家族や友人が含まれるとか考えられないのか?
それにこのまま行くと、ウイルスの変異で体力の有る若者でさえ掛かったら死ぬ可能性も有るのに…

22

22. 匿名処理班

  • 2020年03月27日 12:13
  • ID:Km1bA9jI0 #

日本語でネット上だとほとんど情報がなかったから助かる

23

23. 匿名処理班

  • 2020年03月27日 12:42
  • ID:5juJECd00 #

>>20
>>結核が未だに蔓延国

聞きたいのだけど、「未だに」と言い切るって事は結核患者のいない国があると知ってるわけだよね?
どこの国?

24

24. 匿名処理班

  • 2020年03月27日 12:53
  • ID:IzmvhSqx0 #

>>11
急に流行るのとは違う怖さがあるよね、不気味というか

25

25. 匿名処理班

  • 2020年03月27日 13:06
  • ID:D11QPDzq0 #

>>1
戦争より人を殺した病がある。文明を滅ぼした病がある。自己免疫が過剰反応し若者ほど死んでいった病がある。中世でも現代のワクチンのように、類似の病にかかった人の血を健康な人の血に入れて免疫獲得した歴史がある(たとえそれで幾人か亡くなっても、流行病の致死率の方が高かった)

これは全部過去に起きた事実なんだけども、疫病をナメちゃアカンってのがよく分かると思う
疫病の抑え込み方やその重要性は、かつて家族を失った先人達が文字通り必死になって私達に教えようとした事だよ

26

26. 匿名処理班

  • 2020年03月27日 13:17
  • ID:D11QPDzq0 #

>>23
結核患者のいない国=非蔓延国という意味ではないよ
現代ではWHOや各国が諸外国に対して(高、中、低)蔓延国と定義づけしてる。ちなみに厚労省は日本に対して「低蔓延国ではない」と表記してる
今は結核に対してBCGワクチンがあるけども、日本の有効接種率が集団免疫を獲得するためのパーセンテージに達していない地域があるんだよ

27

27. 匿名処理班

  • 2020年03月27日 14:08
  • ID:JzGgGoGU0 #

※15
ありがとうございます。

でもヘンじゃね?
粟粒はどこから来たのか。
もしかして書き写した人や訳者のミスかな。

毛皮の靴→ガラスの靴みたいなこと?

28

28. 匿名処理班

  • 2020年03月27日 15:17
  • ID:axzS.Hw90 #

>>1
騒ぎすぎなんじゃないかと思うのはわかる
コロナは抑え込むというか予防した方がいいと思うけど、メディアも不安を煽りすぎだよね…

29

29. 匿名処理班

  • 2020年03月27日 15:39
  • ID:hnT7QiHE0 #

※11
何らかの要因で爆発的に増殖するけど、そうでないときは休眠するとかで現在は活動していないだけだったら怖いね

30

30.

  • 2020年03月27日 16:27
  • ID:n.aYg7Kv0 #
31

31. 匿名処理班

  • 2020年03月27日 16:57
  • ID:KiuKpOJu0 #

>ヘンリー8世の妃、アン・ブーリンも感染したが、治癒したと言われている。ヘンリー7世の長兄アーサー・チューダーの不可解な死も、この粟粒熱だったらしいと言われている。

ヘンリー7世の長兄→長男ではないですか?
長兄なら、ヘンリー8世の長兄となるはず
細かいところ突っ込んでごめんね

32

32. 蜘蛛のファンです

  • 2020年03月27日 17:36
  • ID:xc9UhP4Q0 #

>>9
中国とかアフリカだけじゃないんですか。
多分、ネズミとかライオンとかの肉でしょ?

33

33. 匿名処理班

  • 2020年03月27日 22:06
  • ID:iM1ZjO0j0 #

※1
高齢者や体力のない人が亡くなっても社会的損失が少ないという考え方は危険です。実際この病気も上流階級=支配層や知識人がが多く罹ったことを見れば、社会に与えるインパクトは大きかったはず。もちろん現代の平等思想からすれば、誰もが等しく、ふりかかる災厄を避けることを望む権利があります。

新型コロナウイルスを、いま必死になって抑えようとしている理由は、「広く蔓延してからでは手遅れ」ということを、この粟粒熱をはじめ幾多の病魔を経験した歴史から学んだからです。その知識を持ちながらも努力を怠ることは、知識を獲得する以前の中世に逆戻りするのと変わりがないことになります。

34

34. 匿名処理班

  • 2020年03月27日 22:20
  • ID:Cx8MSw8.0 #

>>26
では、未だに蔓延国という表現は、非常に不適切な表現って事になりますね
だって蔓延してない国は、無いんだから

35

35. 匿名処理班

  • 2020年03月28日 02:02
  • ID:g2PI5W7.0 #

>>34
日本は結核の中蔓延国であるという事実は調べればすぐに出てきます。
世界の先進国と比較すると相対的に蔓延しているのですよ。
高齢者の結核罹患者が減ることで今後減少することは十分に予見されるので、未だにという表現は不適切とも言えないかと思います。

36

36. 匿名処理班

  • 2020年03月28日 08:46
  • ID:JFLp5qqi0 #

>>35
いえいえ、他の国でも蔓延しているのに、日本だけ蔓延しているかのように書いているのかが問題で不適切であると言うことですよ
まさか他の国では蔓延していないと言うのですか?

37

37. 匿名処理班

  • 2020年03月28日 10:22
  • ID:8Vyvf2E00 #

※27
それすごく不思議。英語の Sweating sickness は「発汗病」だし、ラテン語の sudor anglicus は「イギリス人の汗」だし。

38

38. 匿名処理班

  • 2020年03月28日 11:52
  • ID:PzKcRH4S0 #

※36
※20は「日本だと結核が未だに蔓延国」としか書いてない
これだけで「日本だけ蔓延しているかのように書いている」と読めるの?
…大丈夫か?

39

39. 匿名処理班

  • 2020年03月28日 19:45
  • ID:yN4Mv1nW0 #

※27
大体どの言語でも「(英国)発汗病」みたいな名称で
日本語だけが浮いてるな。どこから来たんだろ?
(ちなみに、同じ漢字圏の中国語では「汗熱病」らしい。)

military fever(兵隊の熱病)という別名もあるそうだが
(薔薇戦争の頃フランス傭兵が持ち込んだと疑われた)、
もしかして、millet(粟)と単純に取り違えて
「粟の熱」と誤訳しちゃったわけじゃないよな…??

急速な発熱・震え、あたりの症状からすると
鳥肌の可能性も無くはないけど、それよりも発汗のほうを
主たる特徴として各国語で挙げている中で、
流行地でもない日本がわざわざ独自の名称をつける意味も無いしな…。

40

40. 匿名処理班

  • 2020年03月29日 00:21
  • ID:i0tlHp2R0 #

>>32
昔の貴族のご馳走のレシピを見ると今では禁猟になっているような変わったジビエが沢山使われているから可能性はあるかも
ローマ貴族のとかフランス貴族のがなんか凄かったきがする

41

41. 匿名処理班

  • 2020年03月29日 00:27
  • ID:i0tlHp2R0 #

廃墟マニアの方がツイで書いていたんだが、地方の廃診療所を探索するとしばしば謎の風土病に関する記録が見つかるとのこと
衛生状態が悪かった昭和中期くらいまでは存在していたが衛生状態が良くなるにつれ消滅した風土病は沢山あったようだからこれもその一つなのかもしれないな

42

42. 匿名処理班

  • 2020年03月29日 01:49
  • ID:1D02fq.w0 #

※19
そう考えると、カタコンベなんかに安置されてる中世の遺体には何か未知のウィルスが潜んでそうで怖いな。

43

43.

  • 2020年03月29日 22:11
  • ID:4CvgMPKh0 #
44

44. 匿名処理班

  • 2020年03月30日 18:28
  • ID:wz.8WijY0 #

※36
同じような書かれ方を他の国がされても全く気にしないのに
日本のことだと「日本の国だけ槍玉に挙げられた!」と突然怒り狂って反論一切受け付けない国士様ほんとうぜぇ

45

45. 匿名処理班

  • 2020年03月31日 13:55
  • ID:ITiatOOQ0 #

>>41
だけど罹患したのは上流階級という謎

46

46. 匿名処理班

  • 2020年04月04日 04:56
  • ID:m2KjLoZC0 #

>>38
「未だに」が付いていると、他の国では起こっていない、または起こっている国は少ないというニュアンスになるよ

47

47. 匿名処理班

  • 2020年04月04日 09:22
  • ID:c0hA1Tfr0 #

結核の話、横だけど
「蔓延国」っていう言葉のインパクトからして要解説かと…蔓延て聞けば誰でも懸念するし
調べたらWHOの定義だと「蔓延国」に相当しない国は事実上世界に無いわけで、用語の定義に疑問がある
「中蔓延国」の定義もブレがあったり
変な用語を恣意的に遣えば印象操作は簡単だよ
WHOの評定によれば、日本は低に近いギリ中蔓延国
実際んとこ日本国の結核罹患率は世界でずっと7番目に低い
欧米と違って近隣に中・高蔓延国だらけの割に、日本ならまさにこんなもんじゃなかろうか
でも「グローバル化」のお陰で近年結核罹患率が上がっていた、それをまた頑張って下げてたようだ…
けど何かもうコロナといい
日本はとばっちり天国

※44
他人のこと国士とか言って笑ってるけどあんたのスタンスも面白いね

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク