fire cover_e
image credit:NSW RFS/Twitter

 昨年9月から猛威を振るっているオーストラリアの森林火災は、今年に入ってからも終わりが見えない。ニューサウスウェールズ州では、熱波による火災が再び発生。新年早々、夜を徹して消火活動が行われた。

 ニューサウスウェールズ州だけで8000頭近くのコアラが命を奪われ、動物の犠牲は5億匹にのぼるという。

 だが中には、助かった命もある。同州ターメイル付近で、荒れ狂う山火事の中さまよっていた1匹の犬が、消防士によって救助・保護された。その翌日、犬は離れ離れになっていた飼い主と無事再会することができたという。
スポンサードリンク

激しい山林火災で自宅から逃げ出した犬が救助・保護される


 ニューサウスウェールズ州南東部のターメイルで、消防士らが荒れ狂う山火事に必死の消火活動を行っていた12月4日、1匹のダックスフントがさまよっているのを発見した。

 消防士はすぐに犬を救助し、バーリル湖の本拠地に連れ戻し、翌5日に飼い主の追跡にあたった。


 そして、ついに、犬は無事飼い主と再会することができたのである。


数時間後には兄弟犬も発見


 ウィルバーというダックスフントは、飼い主ポールさんに無事引き渡されたが、この時ポールさんは自宅から逃げてしまったもう1匹のビーグル犬オリーを探していることを消防士に伝えた。


 その後、消防士らはオリーを捜索。数時間後、オリーはポールさんの自宅があるターメイルから16kmも離れた場所で発見された。

 幸いなことに、オリーもウィルバー同様に怪我をしている様子はなく、元気な姿で飼い主との再会が叶った。

 ニューサウスウェールズ州では、11月に自力で避難できなかったコアラが住民によって救助・保護されたが、ひどいやけどを負っており回復の見込みがなく、残念ながら安楽死となったことがニュースでも報じられた。


 激しい山火事が広がる地域では、ウィルバーやオリーのように一旦行方不明になってしまった犬たちが飼い主と再会できることは、まさに奇跡と呼べるだろう。

 終わらない火災に、オーストラリアの消防士たちは夜を徹して消火活動を行っており、アメリカやカナダのベテラン消防隊員たちも支援に駆けつけているという。

References:latestly.comなど / written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
山火事で救出されたオス馬が、母馬と子馬を助けるため、危険が迫る火災現場へ戻っていく(アメリカ)


山火事に巻き込まれ、ヒゲを失いながらも、弟猫を必死に守り続けたお姉さん猫(アメリカ)


米カリフォルニア州で山火事が多発。その絶望的な光景が明らかに


山火事で焼け落ちた家の跡地から離れず、いつまでも家を守ろうとしていた犬(アメリカ)


パニック映画さながらの恐怖。メラメラと燃える山火事に挟まれた道路を走る車の車載カメラ映像(ロシア)


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

人気記事

最新週間ランキング

1位
14726 points
負傷して横たわる演技をしていた俳優を心配し、必死に助けようとした野良犬(トルコ)

負傷して横たわる演技をしていた俳優を心配し、必死に助けようとした野良犬(トルコ)

2020年9月17日
50114159660
2位
6658 points
ギブソンのギター風、V字型次世代航空機「フライングV」の試作モデルがフライトテストに成功(オランダ)

ギブソンのギター風、V字型次世代航空機「フライングV」の試作モデルがフライトテストに成功(オランダ)

2020年9月15日
3位
5859 points
心の芯まで癒されました。子鹿を保護したところ、隣の家の猫と大親友に。体を寄せ合ってスリスリエンドレス(アメリカ)

心の芯まで癒されました。子鹿を保護したところ、隣の家の猫と大親友に。体を寄せ合ってスリスリエンドレス(アメリカ)

2020年9月18日
3205517418
4位
3040 points
3万年前のホラアナグマのミイラが永久凍土から完璧な状態で発見される(ロシア)

3万年前のホラアナグマのミイラが永久凍土から完璧な状態で発見される(ロシア)

2020年9月17日
1662848224
5位
2668 points
飼い猫と仲良くなった野良の子猫、家に招待され家族の一員に(オランダ)

飼い猫と仲良くなった野良の子猫、家に招待され家族の一員に(オランダ)

2020年9月16日
2312413222
もっと読む
スポンサードリンク

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2020年01月07日 11:31
  • ID:wXCvUBO30 #

アマゾンの大火災はどうなったんだ?

2

2. 匿名処理班

  • 2020年01月07日 11:46
  • ID:V6UGwWo90 #

野生化して増えたラクダが水を求めて人間の住宅に押し寄せるだろうからって、事前にころして間引きするらしいですね。
カンガルーも増えすぎて害獣扱いだって言って間引こうとしてたし。
ぜーんぶ仇になったな。ありえない。

3

3. 匿名処理班

  • 2020年01月07日 12:34
  • ID:x9v6MEDw0 #

でもカンガルーは平気で駆除するんですよね?

4

4. 匿名処理班

  • 2020年01月07日 13:07
  • ID:tg9NQV4Q0 #

コアラ焼けちゃったのかわいそうだけど

コアラって草食だし焼いたら食べられるのかな?

ユーカリ食べてるしフグみたいに毒あったりするのかな

5

5. 匿名処理班

  • 2020年01月07日 13:25
  • ID:6STZBZTN0 #

気温が上がりすぎてユーカリの自然発火で火事が拡大してるとのニュースもあったよね
タスマニアまで危ないらしいから続報も載せてくれると有り難い

6

6. 匿名処理班

  • 2020年01月07日 13:52
  • ID:W04byOxY0 #

・・・動物の犠牲は5億匹にのぼるという。

5億匹・・・絶滅危惧種も含まれてるのでは

人間が犯した「超環境破壊」という大罪の前には、こういうささやかな美談なんて無意味

7

7. 匿名処理班

  • 2020年01月07日 14:12
  • ID:gQqNMvM70 #

大変な被害規模だね…
助かった野生動物がやがて自然に帰ろうにも森の再生には時間がかかるだろうな。

ともかく一刻も早い鎮火を願います。

8

8. 匿名処理班

  • 2020年01月07日 15:10
  • ID:V6UGwWo90 #

※5
ユーカリは燃えやすいんだってね…悲しすぎる。
ところで、ついさっきオーストラリアに待望の雨が降ったって聞いたんだけど、なんと5ヶ月ぶりの雨だとか…

9

9. 匿名処理班

  • 2020年01月07日 15:47
  • ID:zzb7hI6k0 #

確か地球の酸素が1%減るだけで哺乳類はヤバイんだよね

10

10. 匿名処理班

  • 2020年01月07日 17:28
  • ID:WR8QORyx0 #

火災の原因はほとんど放火らしい

11

11. 匿名処理班

  • 2020年01月07日 18:30
  • ID:6bAJV7zG0 #

早く鎮火して欲しい。コアラの安楽死とか心が痛すぎる。貴重な生物の宝庫だし。

12

12. 匿名処理班

  • 2020年01月07日 19:55
  • ID:NrMXhfXT0 #

なんか本当はオーストラリアって定期的に野焼きしなきゃならないらしいんだけど、一部の地方政府はそれと樹木の伐採を禁じたんだってな
田舎の一軒家とかだと家の周囲の木を切って防火帯作ってたのも禁止でやったら罰金だとか
それで環境保護団体とか意識高い系都会人は拍手喝采だったみたいだけど、何もしないとどんどん燃えやすいユーカリは蓄積していく訳だ
それでkonozamaだとか

13

13. 匿名処理班

  • 2020年01月07日 20:42
  • ID:zSFdF6Uq0 #

※10
森林火災は落雷のが多い

14

14. 匿名処理班

  • 2020年01月07日 20:48
  • ID:FkAttueM0 #

絶望だって希望の手前、て事か

15

15. 匿名処理班

  • 2020年01月07日 21:16
  • ID:hxcXPO1s0 #

※3 平気かどうかは分からないよ・・・
増えすぎるとまた生態系が変わっちゃうんじゃない?
増えれば駆除、減れば保護は、悩ましいモンダイ。

16

16.

  • 2020年01月08日 00:29
  • ID:EKH.dE540 #
17

17.

  • 2020年01月08日 12:32
  • ID:EKH.dE540 #
18

18. 匿名処理班

  • 2020年01月08日 12:32
  • ID:BRDDwzDt0 #

※2
日本でも、日本猿を観光の呼び物にし、増えすぎたからと、数匹ずつ折に閉じ込めて湖に沈めて殺していました。
その村、呪われろ、と心から思いました。

19

19. 匿名処理班

  • 2020年01月09日 09:11
  • ID:zLx080Oz0 #

飼い主が犬との再会?画像をよく見ると、日本の鳥居風な丸太で作られたゲートの入口、その両脇に、大仏と、見ざる言わざる聞かざるの巨大な置物がある。

20

20. 匿名処理班

  • 2020年01月09日 14:15
  • ID:hfXl6eBB0 #

オーストラリアの森林にユーカリの占める割合が7割だと聞いた
それはつまるところこういうのが前提の自然環境ってことになる
山が燃える>ユーカリばかり生き残る>ユーカリ増える>山が燃える
この負のループ
忌地を引き起こすセイタカアワダチソウなんかは外来種なので切られるが元から生えてるからっていってユーカリをこのまま受け入れるべきか一度考え直すべきじゃないのかな?

21

21.

  • 2020年03月19日 14:02
  • ID:tgtWd3T40 #
お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク