0_e1
image by:Museum of Fine Arts of Rennes

 フランス、レンヌ美術館に所蔵されている2500年前の古代の猫のミイラをCTスキャンしたところ、中に入っていたのは1匹だけではないことがわかった。3匹分の猫の体の部位が出てきたのだ。

 ミイラの頭の部分に猫の頭はなく、代わりに丸めた織物が詰められており、頭蓋、椎骨、肋骨などもなく、その代わりに3匹分の猫の後ろ脚の骨が5本収められていたことがわかった。
スポンサードリンク

2500年前の猫のミイラをCTスキャン


 古代エジプトで猫のミイラは珍しいことではない。これまでにも何十体もの猫のミイラが埋葬地から見つかっている。古代エジプトでは、ペットが飼い主と一緒に埋葬されるのは普通だった。

 神への供え物として動物を永久に保存したいと願う気持ちから、動物のミイラを作る仕事が産業として確立され、7000万体以上が作られたという。

 最近、フランス国立予防考古学研究所(INRAP)の研究グループは、フランス、レンヌ美術館に所蔵されている2500年前の古代エジプトの猫のミイラを分析した。

 ミイラを巻いている布をほどくことなく中身を知るために、そのままCTスキャンにかけて3次元デジタル画像を作成し、透明な3Dプリントを再構成した。


Video: Incredible digital introspection shows ancient mummified cat


ミイラの中に入っていたのは3匹の猫の体のパーツ


 その結果は驚くべきものだった。ミイラの頭の部分には猫の頭ではなく、丸めた織物が詰められていた。頭蓋、椎骨、肋骨などはなく、その代わりに3匹分の猫の後ろ脚の骨が5本収められていた。

 骨は砕けてバラバラで、虫食いの穴だらけだったと、研究チームのメンバー、ニコラス・テオファーンは語る。  

6_e0
image credit:IRISA/INSA Rennes

ミイラの中身が正しいミイラとは限らない


 「猫のミイラは非常にたくさん見つかっていますが、骨がすかすかだったりと、極度に劣化した状態のものも多いのです」ニコラスは語る。

 必ずしも見た目と中身が一致していなかったり、完全な一匹のミイラの場合もあれば、中はまったく空だったり、骨のかけらだけということもあるという。

 神への供物として作られたより大きなミイラは、高く売るため、多くのミイラは実際の動物の体よりも大きく見えるように作られたようだ。まったく中身がないミイラもあり、代わりに革や砂利などの有機物を詰めてある場合もあった。

 なぜ、レンヌの猫ミイラに3体分の骨が収められていたのか、その理由ははっきりしない。

 ずるがしこい神官によって仕組まれた古代の詐欺だったのではないかと邪推する研究者もいる。神官なら、ぞんざいなミイラ作りを画策することができたし、見ただけでは実際の中身まではわからない。儀式で、猫の姿をしたミイラが徐々に実際の中身をこえた現実の姿として見えてくるためだ。

 だが、ニコラスら研究チームは、必ずしもそれが真実だとは思っていない。「わたしたちは、むしろ動物のミイラを作る方法は無数にあって、これもまたミイラのひとつだったと思っています」

 研究チームは、内部の3次元再構成を3Dプリントされたミイラの模型に投影した。

2_e0
見る人に中身のレプリカが見えるように、3Dプリントされたこの猫のミイラは透き通っている。織物の玉や複数の猫のたくさんの骨が見える。
image credit:MBAR

 この鮮やかなミイラ模型は、先月にスウェーデンで開催された「ヨーロッパ遺産デイ2019」のイベントで披露された。レンヌ美術館でもいずれ展示されるだろう。

References:Ancient Egyptian 'cat mummy' preserved in French museum has three tails and five hind legs/ written by konohazuku / edited by parumo
あわせて読みたい
古代ピラミッドの墓の中から数十体の猫のミイラが発見される。他にもスカラベなど珍しいミイラが続々と


苦痛にあえぐ姿のままミイラに。古代エジプトの「叫ぶミイラ」の謎を解明か?(※ミイラ出演中)


チリで発見された超小型のミイラ「アタカマ・ヒューマノイド」に関する議論が再熱。研究手法の欠陥や倫理的問題が浮上


約5300年前のミイラ、アイスマン(エッツィ)の胃袋の中を探った結果、昔から人類はこってり系が好きだったことが判明


岩塩坑で発見された古代イランの塩漬けミイラ「ソルトマン」(※ミイラ出演中)

この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    カラパイアの最新記事をお届けします
    この記事をシェア :    

    人気記事

    最新週間ランキング

    1位
    4065 points
    ディズニーのファンタジーかな。同じ柄を持つ大親友トリオ、馬とポニーとダルメシアンの種を超えた絆が美しい(オランダ)

    ディズニーのファンタジーかな。同じ柄を持つ大親友トリオ、馬とポニーとダルメシアンの種を超えた絆が美しい(オランダ)

    2021年1月11日
    9573091314
    2位
    3965 points
    永久凍土が解け、毛が残された状態のケブカサイの子供が発見される(ロシア)

    永久凍土が解け、毛が残された状態のケブカサイの子供が発見される(ロシア)

    2021年1月5日
    5643358340
    3位
    2859 points
    ハイエナだって甘えたい。もっと撫でてとおねだりするよ

    ハイエナだって甘えたい。もっと撫でてとおねだりするよ

    2021年1月4日
    1972616244
    4位
    2380 points
    人間の犯した過ちで50年間燃え続ける巨大なクレーター、トルクメニスタンの地獄の門

    人間の犯した過ちで50年間燃え続ける巨大なクレーター、トルクメニスタンの地獄の門

    2021年1月6日
    2752031767
    5位
    2202 points
    ずっと見てられるやつ。ビーバーが作ったダムを横断する野生動物たちの1年間を早回しで(アメリカ)

    ずっと見てられるやつ。ビーバーが作ったダムを横断する野生動物たちの1年間を早回しで(アメリカ)

    2021年1月8日
    2691901725
    もっと読む
    スポンサードリンク

    Facebook

    コメント

    1

    1. 匿名処理班

    • 2019年11月08日 22:43
    • ID:Kef7owvn0 #

    確かに1体作るのに3匹分の部位を調達してたんじゃ余計に手間だわな
    詐欺よりはペットが複数匹いた場合の様式だったとか何らかの理由があると考える方が無難か

    2

    2. 匿名処理班

    • 2019年11月08日 22:47
    • ID:ijtaY0t00 #

    僕の心が汚れているのだろうか…?

    3

    3. 匿名処理班

    • 2019年11月08日 23:08
    • ID:.ozLDvff0 #

    ミイラじゃない
    ただのぬいぐるみもあったのね

    4

    4. 匿名処理班

    • 2019年11月09日 02:13
    • ID:Dw1dJ.im0 #

    幸せに生きた猫達だとよいな

    5

    5. 匿名処理班

    • 2019年11月09日 03:38
    • ID:ja4U6Tvw0 #

    家畜なら肉取っても骨が残るから利用すれば済むが、ペットは自然死待つのは効率悪いからな。
    商売としては詐欺かも知れないが、動物にはむしろ良心的なのかも。

    6

    6. 匿名処理班

    • 2019年11月09日 04:03
    • ID:Z93V721n0 #

    単純に余ったパーツをまとめて一つ仕上げたのかも

    7

    7. 匿名処理班

    • 2019年11月09日 07:04
    • ID:MGtt0VEq0 #

    愛猫と一緒に葬られたいって希望を無視して、その猫は逃して、砂利や関係ない死体から調達した骨を詰めてたって事かな?
    それならむしろ詐欺ミイラの方が温情かな…

    8

    8. 匿名処理班

    • 2019年11月09日 07:09
    • ID:xSOLDjWV0 #

    太古の封印を解いてしまったら、世界中にネコがあふれてしまう ! !

    9

    9. 匿名処理班

    • 2019年11月09日 07:45
    • ID:GcwEJ.F30 #

    猫は人が分からない場所で死ぬはずだけど道連れにしたんかね

    10

    10. 匿名処理班

    • 2019年11月09日 09:20
    • ID:WwdtfJgk0 #

    >猫の後ろ脚の骨が5本収められていたこと

    遺骨の一部を専用の容器に入れて、部屋に置いたり持ち歩いたりすることってあるもんね
    ミイラ作りが盛んな国なら、骨を収めてミイラのようにするのも当然かもね
    古代の人々も愛猫への思いは同じだったんだろうか

    11

    11. 匿名処理班

    • 2019年11月09日 09:58
    • ID:7F4LpD2z0 #

    飼い主「この子たち3匹とも可愛いから肉球保存したい…」

    12

    12. 匿名処理班

    • 2019年11月09日 10:57
    • ID:9pXWVrb40 #

    サムネとか小さめの画像で見ると…ちょっと・・・カタチが。

    13

    13. 匿名処理班

    • 2019年11月09日 13:40
    • ID:8fAY1sbb0 #

    >>8
    ハムニャプトラ
    古代の墓から猫の大群が……

    14

    14. 匿名処理班

    • 2019年11月09日 15:05
    • ID:cMyMmoJI0 #

    死んだ猫の骨を取っておいて、これじゃあ一緒に行けないから違うのかな

    15

    15. 匿名処理班

    • 2019年11月09日 16:22
    • ID:xInnzlvU0 #

    3Dプリンタじゃなければ、こういうモデルを正確に作るのは困難だな
    今まではコンピューター画面内で見るだけだったが、博物館などで実物に併設したりすれば誰にでも分りやすい
    こういうのが作れるようになったのは良いね

    16

    16. 匿名処理班

    • 2019年11月09日 18:23
    • ID:JO6SxibK0 #

    ペットがまだ生きてる状態で飼い主と心中じゃ可哀想だからテキトーに調達してきた、とか
    別に生前ペット飼ってなかったけど猫でも一緒に、っていう希望かなんかだったのか
    考えようと思えば理由はいくらもありそうね
    色々あったんだろうな事情が

    17

    17. 匿名処理班

    • 2019年11月09日 19:39
    • ID:o48CIKEt0 #

    飼ってたペットと死後も過ごしたいとか、ペットが天国へ行けるようにという供養のためのものなんじゃない?
    三匹ってのも、同時に殺したとかじゃなく、自然死したもので骨をとっておいて一緒に入れたんじゃない?骨壷みたいな感じで、三体作るのは高いから、一体でまとめて。骨もたくさん保存しとくのは大変だから、小さい骨だけ取っていたとか。

    18

    18. 匿名処理班

    • 2019年11月09日 20:08
    • ID:Gqcr1svE0 #

    いくら遺体でも骨になっちゃってても、
    ペットの体の一部だけをもぎ取るなんて無理…
    😭

    19

    19. 匿名処理班

    • 2019年11月09日 20:27
    • ID:hWcuVBQX0 #

    >>12
    貴様の心は穢れておるわ!!

    20

    20. 匿名処理班

    • 2019年11月09日 21:50
    • ID:TZUBCF.h0 #

    3匹とも埋葬したいけど容器か設置スペースに限りがあるから
    1部分だけでも一緒に埋葬してあげたってだけなんじゃないの?

    21

    21. 匿名処理班

    • 2019年11月10日 22:10
    • ID:4APM5iVr0 #

    生きている 猫の足を 使ったのかな?

    三匹 同時に 亡くなるのかな?


    まてよ
    足だけなら 本体は 長生きしたのかも

    22

    22. 匿名処理班

    • 2019年11月11日 02:24
    • ID:YjF8rKkC0 #

    エジプトにバステトという猫の顔の女神がいたよね?飼主に殉死させるくらいなら神殿に預けそう。事故死した猫の合同葬?みたいな?

    23

    23. 匿名処理班

    • 2019年11月26日 12:10
    • ID:Xct0ptvK0 #

    >>8
    なにそのヘブン

    お名前
    スポンサードリンク
    記事検索
    月別アーカイブ
    スマートフォン版
    スマートフォン版QRコード
    「カラパイア」で検索!!
    スポンサードリンク