no title

 今月末はハロウィーンということで、既に9月からその盛り上がりを見せている地域も少なくないだろう。特に本場アメリカでは、ハロウィーンにちなんで様々なイベントが目白押しだ。

 そんな中、ミシガン州でとんでもない出来事が起こった。

 ある女性が、ハロウィーンイベントのためにゾンビメイクをし終わった直後、パニック発作を起こして緊急搬送されたのだが、病院側はクオリティの高いそのメイクを、激しい外傷を負っていると勘違いし、外傷治療センターへ運ばれてしまった。

 それほどまでに女性のメイクはリアルだったということだ。ということで臨場感あふれるゾンビメイクの女性がでてくるので閲覧注意でお願いしたい。
スポンサードリンク

3時間のメイク後、発作を起こす


 9月30日、ミシガン州に住むプロのダンサー、ジェイ・フィアースさんは、予期せぬタイミングで、不運にもパニック発作に襲われてしまった。

 今は亡きアレサ・フランクリンやチャーリー・ウィルソンなど、数多くの有名歌手のバックダンサーとしてステージ経験を積んでいるフィアースさんは、もちろん普段からメイクをする機会は多く、慣れていた。

 その日は、ハロウィーンシーズンということで、Glam Goreのマーケティングキャンペーンに参加。プロのメイクスタッフに、3時間かけてゾンビのメイクを施してもらっていた。

 完成したフィアースさんの顔は、まさにゾンビそのもので、鼻から下が焼けただれたように肉が削げ落ち、メイクとは思えないほどだった。

 フェイクには見えないメイクをしたという点では、スタッフの腕はかなりのものだった。しかし、これがフィアースさんに予想外のショックを与えてしまったようだ。

 撮影までもうすぐという準備段階になった時、フィアースさんは突然パニック発作を起こしてしまったのだ。



ゾンビメイクのまま、病院へ緊急搬送


 すぐにローヤル・オークにあるボーモント病院へと緊急搬送されたフィアースさん。事態が急であったことから、フィアースさんの顔にはゾンビメイクが施されたままだった。

搬送されてきたフィアースさんを見た病院スタッフらは、それがメイクであることに気付かず、医師はフィアースさんが深刻な外傷を負っていると勘違いし、このようにスタッフに指示した。

すぐにトラウマ(外傷)病棟へ運ぶんだ。患者はかなりショックを受けているに違いない。いったい、何があったんだ。

 この時フィアースさんは、医師らにメイクのことを伝えなかった。医師なのだから、きっとすぐにそれがフェイクであることに気付くだろうと思ったのだ。

 ところが、フィアースさんはそのまま外傷治療の病棟へと搬送された。しばらくして、医師らは顔の傷が単なるメイクであることに気付き、フィアースさんは発作を抑える治療を受けた後、帰されたという。



「偶然、発作が奇妙なタイミングで起こってしまっただけ」


 この一件がソーシャルメディアで拡散されると、米メディアがボーモント病院へ取材をかけた。

「患者の個人的なことには一切答えられない」と前置きしたうえで、同病院側は次のような声明文を発表した。

緊急治療室は、娯楽やゲームの場所ではありません。医師らは、ここで命に関わる深刻な状態の患者をたくさん診ています。彼らは、本当に緊急治療を必要とする患者に集中しなければなりません。

 一方、フィアースさんはメディアの取材で、「メイクがリアル過ぎて、ショックを受けて発作を起こしてしまった」と話しており、フェイスブックにもこのように綴った。

パニック障害は、ジョークや笑い事ではありません。たまたま、奇妙なタイミングで本当にパニック発作が起こってしまったのです。
References:Fox5 Atlantaなど / written by Scarlet / edited by parumo
あわせて読みたい
卓越したゾンビメイクを施したゾンビ以上にゾンビな人々


電車の中から大量ゾンビ!地下鉄に乗るに乗れない超ゾンビの出現でロンドンに激震が走る(イギリス)


本気出しすぎ。ベルギー、ブリュッセルの街を練り歩くゾンビな人々(ゾンビリアリティ注意)


7人に1人は経験する。パニック発作(不安発作)が起きた時の対処法


発達障害によるパニック発作で苦しんでいる男の子に対し、愛猫がとった行動。猫は何をするべきかを知っていたようだ。


この記事に関連するキーワード

キーワードから記事を探す

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
カラパイアの最新記事をお届けします
この記事をシェア :    

Facebook

コメント

1

1. 匿名処理班

  • 2019年10月12日 22:34
  • ID:seVjTpOp0 #

>医師なのだから、きっとすぐにそれがフェイクであることに気付くだろうと思った

2

2. 匿名処理班

  • 2019年10月12日 23:19
  • ID:NGVLNmnm0 #

迷惑すぎる

3

3.

  • 2019年10月12日 23:29
  • ID:iJXpA1oo0 #
4

4. 匿名処理班

  • 2019年10月12日 23:42
  • ID:Q0oUFArk0 #

まぁ死なんでよかったね

5

5. 匿名処理班

  • 2019年10月12日 23:44
  • ID:W4k0x2pH0 #

搬送されるとき状況を伝えないのか

6

6.

  • 2019年10月12日 23:59
  • ID:oCdBJxda0 #
7

7. 匿名処理班

  • 2019年10月13日 00:21
  • ID:EPBxWakp0 #

人騒がせだな

8

8.

  • 2019年10月13日 02:00
  • ID:dm.JAGfY0 #
9

9.

  • 2019年10月13日 02:18
  • ID:EWn.kvZA0 #
10

10. 匿名処理班

  • 2019年10月13日 03:26
  • ID:wC6ZZujm0 #

パニック発作ならそのうちおさまるのに救急車?
初めてなったのかな?

11

11. 匿名処理班

  • 2019年10月13日 04:46
  • ID:YWyATdNn0 #

似たような事件(?)あったよね。
ゾンビ仮装のイベント会場でアクシデントがあって救急車が呼ばれたんだけど、リアルなメイクのせいで誰が負傷者かぱっと見に解らず、現場が混乱したっていうの。

12

12.

  • 2019年10月13日 07:00
  • ID:fZk6SUDy0 #
13

13. 匿名処理班

  • 2019年10月13日 07:33
  • ID:agAQ3zJu0 #

タイミングが悪かったとはいえ迷惑かけてるのに自分は悪くないアピールか。
付き添い居なかったの?

14

14. 匿名処理班

  • 2019年10月13日 07:56
  • ID:N4L2RSi20 #

トレイシーローズが同様のメイクをされて、仕上がりを鏡で見て失神した話を思い出した。
ヘタすると同じことが起こっただろう。

当時はメイクしてから数時間おいて、肌に汗をかいてメイクが浮かないと剥がせないものだった。
そうしないと肌が傷付いてしまう接着材を使用していたという。
いまのはずっとよくなっているはず。

ハロウィンはいろいろ起こるね。
撃たれるよりマシだろうけど。

15

15. 匿名処理班

  • 2019年10月13日 08:00
  • ID:W17RO3Xa0 #

「一方、フィアースさんはメディアの取材で、「メイクがリアル過ぎて、ショックを受けて発作を起こしてしまった」と話しており、」
 自分で自分に施されたメイクでなったのかよ・・・
なんだかなあ。

16

16. 匿名処理班

  • 2019年10月13日 08:24
  • ID:9SHcSfR20 #

気付かないまま手術しなくてよかったね

17

17. 匿名処理班

  • 2019年10月13日 08:53
  • ID:qtKRBuga0 #

※5
搬送される際にきちんと状況を伝えても、一時的なパニックなのかもしれないと判断され上手く情報が伝わらないことはたまにあるらしい
和田アキ子さんは女性だと何回も言ってたのに男性用の尿瓶出されたとか、金田朋子さんは外的ショックで声が高くなってると判断されてしまったとか

18

18.

  • 2019年10月13日 08:58
  • ID:JJDPf99l0 #
19

19. 匿名処理班

  • 2019年10月13日 09:04
  • ID:H4HrD..s0 #

モザイクが掛かってる状態が一番怖かった

20

20. 匿名処理班

  • 2019年10月13日 09:31
  • ID:qd.uyKnL0 #

ドクター「あぶらーげ かっ拐われた気分です」

21

21. 匿名処理班

  • 2019年10月13日 10:28
  • ID:Vdzv.7Jv0 #

正に復活祭

22

22. 匿名処理班

  • 2019年10月13日 11:05
  • ID:WCk5l3c20 #

これどっちが悪いとかなくない?パニック発作が起きた時って本当に死にそうってなるんやから、誰かの迷惑だとか考えれるわけないやろwww
死にそうな時まで誰かの迷惑考えないといけない思考の日本人多過ぎて草

医者は医者で気づかなかったのは、こんなん病院に連れてこられる患者でこんな風になってたらパッと見ただけでやべぇって思うから普通にそうゆう対応とるやろ、迅速な対応でいい病院じゃん。

23

23. 匿名処理班

  • 2019年10月13日 12:35
  • ID:1CW3.fSr0 #

※22
最近は余裕ない人が多いんだ…(´・ω・`)

24

24. 匿名処理班

  • 2019年10月13日 13:51
  • ID:YlN.WtmN0 #

こんなのアメリカでやったら医療費の初診料でも外傷として高額請求されんじゃない?

25

25. 匿名処理班

  • 2019年10月13日 14:14
  • ID:XtBG8Lbh0 #

ブラックジャック「しまった!これは本物の傷ではなくメイクじゃないか!ナム三!」

26

26. 匿名処理班

  • 2019年10月13日 18:36
  • ID:wD5Y7PsW0 #

※25
メイクだと気づいたとき、ピノコの第一リアクションはどうくるだろう
1)あっちょんぶりけ!(吃驚)
2)何なのよのさ!人騒がせなんらから!(とりあえずキレる)

27

27. 匿名処理班

  • 2019年10月13日 20:35
  • ID:FbfDRlRh0 #

むかしさんま御殿で似たような投稿があったなw
ハロウィンで包帯ぐるぐる巻コスプレしたら、途中で階段から転げ落ちて
病院に行ったら騒然となったっていうw

28

28. 匿名処理班

  • 2019年10月13日 22:26
  • ID:kZ.BKH.S0 #

大事に至らずよかった

29

29. 匿名処理班

  • 2019年10月13日 22:50
  • ID:Dbgkcyus0 #

パニック発作、あれだけはなってみないと分からない辛さだと思う。
そのうえ何が引き金になるかも予測できないんだよね…
自分は夏に近所の花火の音を聞いて驚いて、たったそれだけで死ぬ思いをしたことがある。

記事の内容はタイミングがタイミングだけに面白く見えちゃうけど、これはちゃんとした病気。
でも、だからこそ「あのときは迷惑かけたね!」なんて笑い話にできる日が来てほしいね!

30

30. 匿名処理班

  • 2019年10月13日 23:30
  • ID:1koJgGwh0 #

この時フィアースさんは、医師らにメイクのことを伝えなかった。医師なのだから、きっとすぐにそれがフェイクであることに気付くだろうと思ったのだ。

ここに全てが集約されている記事

31

31. 匿名処理班

  • 2019年10月14日 00:03
  • ID:wUO8RD5C0 #

※10
本人は混乱状態で会話できず、何も知らない他人が親切で救急車を呼んじゃうってのは[パニック発作]あるあるなのよ。
それで人騒がせだって逆に非難されて[広場恐怖症]にもかかるっていう。
いつでもどこでも発作は出るからなぁ。
転倒して頭打ったり吐いたものが喉に詰まらなくてよかった。

32

32. 匿名処理班

  • 2019年10月14日 00:27
  • ID:CUQg.pyN0 #

化粧パックしてて、何気なく自分の顔が反射物に写ったのを見てビックリするのと同じだわ

33

33. 匿名処理班

  • 2019年10月14日 13:38
  • ID:SBiyH4tN0 #

>緊急治療室は、娯楽やゲームの場所ではありません。

搬送された側にそんな考えは一切無かったと思うけど?
勘違いしたのはそっちだろ。って気もしなくもない。

34

34.

  • 2019年10月14日 17:52
  • ID:FFNjAgXA0 #
35

35. 匿名処理班

  • 2019年10月15日 13:11
  • ID:UMFaV1QX0 #

ハロウィンの仮装とバカ騒ぎなんてしなくていいよ

36

36. 匿名処理班

  • 2019年10月15日 21:21
  • ID:Ghde6u0h0 #

このあと病院から高額の請求書が届きます。

お名前
スポンサードリンク
記事検索
月別アーカイブ
スマートフォン版
スマートフォン版QRコード
「カラパイア」で検索!!
スポンサードリンク